• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
G1Xir3um G1Xir3um 相居飛車で2手目34歩は横歩取りになりやすいから、というのはあるかも。現在、ソフトだと横歩後手番は相当勝ちづらいらしい。ただ、今後結論が変わる可能性もあるので、まあ。/って、本文に全部書いてあるな。

2019/04/18 リンク

moonbeam44 moonbeam44 alphazeroだと初手76歩より78金が優位なのも衝撃。

2019/04/17 リンク

BigHopeClasic BigHopeClasic これも今の所アルファゼロが「先手後手とも相掛かりがベストじゃね?」と言っているだけなので、さらにソフトが進化することで評価は全然変わる余地がある。特に振り飛車の再評価。

2019/04/16 リンク

UME UME いろんな後手振り飛車が死んでしまうぞ・・・

2019/04/16 リンク

kagehiens kagehiens 先手と後手の差がだんだん開いていくとゲームとして悲しくなるなぁ。

2019/04/16 リンク

inoken0315 inoken0315 これからまだまだ状況は変わっていくのだろうけど、こういう傾向になる時もあるのか、面白いな。

2019/04/15 リンク

KoshianX KoshianX ほほー、興味深いなあ。どういう序盤を作るんだろう。

2019/04/15 リンク

yowa yowa 少し前に「居飛車派なのは過学習では?」みたいな話があったことし、これもあまり意味を見出すような話ではない気もする

2019/04/15 リンク

sadamasato sadamasato 後手番で角換わりを避けるなら普通は2手目84歩は指せないけど、34歩が悪手ならどうするべきなんだろう…?

2019/04/15 リンク

odakaho odakaho これは人間にもある、一種の流行とか印象点の可能性が高いかと。85飛とゴキ中が隆盛だった頃は、人間でも「2手目84歩指す人って何考えてんの?www」状態だったよ。

2019/04/15 リンク

miraiez miraiez もう全然わからない

2019/04/15 リンク

kazatsuyu kazatsuyu 強いソフトには人間が見えないものが見えてるんだなと思いながら読んでいたが、コメントの "藤井聡太も2手目は84歩しか指さないよ" というのを見て感想が変わった

2019/04/15 リンク

field_combat field_combat ものすごいスピードで戦術が更新されてるんだな。前にコンピューター将棋がプロの人たちに普及して、戦術がガラッと変わったって話を前に聞いてワクワクした

2019/04/15 リンク

fukken fukken 人間を超えた(34歩が実際に悪手である)、とは思わないが、このような可能性を開拓していくことは、将棋ソフトの意義のひとつだよなぁ

2019/04/15 リンク

prdxa prdxa うへー。

2019/04/15 リンク

su_rusumi su_rusumi 究極的には後手必敗なのだろうが、そこまで行くのにあと何億ノード探索かかるだろう

2019/04/15 リンク

junjun777 junjun777 選択肢の主導権を相手に渡すのが嫌なんじゃないかと。

2019/04/15 リンク

unpontan unpontan 角交換したらいっぱい考えなくちゃいけないから嫌なんじゃない?

2019/04/15 リンク

nagaichi nagaichi 俺も序盤の角交換は嫌いだから、角交換してくるなよと念じながら3四歩を突く派だけど、振り飛車が死んだらしいことには全く納得していない。(勿論そんなレベルの話ではないが)

2019/04/14 リンク

hageatama- hageatama- プロ棋士でも敗着は2手目△8四歩という時代もあった(?)事を考えると感慨深い。

2019/04/14 リンク

    関連記事

    最新の将棋ソフトが2手目34歩を悪手だと言い始めた件 | やねうら王 公式サイト

    近年の将棋ソフトは2倍の思考時間を使えばR200程度強くなる。ということは、家庭用PCで15分切れ負けの対...

    ブックマークしたユーザー

    • G1Xir3um2019/04/18 G1Xir3um
    • moonbeam442019/04/17 moonbeam44
    • mkzk2019/04/17 mkzk
    • t-kuroki2019/04/17 t-kuroki
    • demandosigno2019/04/16 demandosigno
    • Nyoho2019/04/16 Nyoho
    • BigHopeClasic2019/04/16 BigHopeClasic
    • otanuft2019/04/16 otanuft
    • tyoro12102019/04/16 tyoro1210
    • amanomurakumo2019/04/16 amanomurakumo
    • asakura-t2019/04/16 asakura-t
    • s444s2019/04/16 s444s
    • UME2019/04/16 UME
    • niwaradi2019/04/16 niwaradi
    • delimiter2019/04/16 delimiter
    • daruyanagi2019/04/16 daruyanagi
    • kagehiens2019/04/16 kagehiens
    • t_thor2019/04/16 t_thor
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 100テラショック定跡、公開しました | やねうら王 公式サイト

      1 useryaneuraou.yaneu.com

      100テラショック定跡公開しました。 ■ ダウンロード https://github.com/yaneurao/YaneuraOu/releases/tag/BOOK-100T-Shock ■ これは何? 100T(100テラ = 100兆)局面を調べて作成したやねうら王用の定跡です。 その昔、ネオジオというゲーム機で「100メガショック」というCMがあったのですが、それにちなんでいます。 ■ 使い方 bookフォルダに添付のuser_book1.dbをコピーして、やねうら王のエンジン設定で以下のように設定してください。 BookFile : user_book1.db // この定跡のDBファイルを選択します。 BookDepthLimit : 0 // この定跡では、depthを特別な意味に用いており、depthとして0のものが含まれるため。 ■ 定跡の見方 深さ : その指し手を指し
    • 今年のWCSC29の見どころは? | やねうら王 公式サイト

      12 usersyaneuraou.yaneu.com

      WCSC29(第29回 世界コンピュータ将棋選手権)まであと1ヶ月を切りました。今年の見どころをざっと確認しておきましょう。 ※ WCSC29 公式URL : http://www2.computer-shogi.org/wcsc29/ まずは、何と言ってもガチDeep Learning勢。(以下DL勢と略す) tanuki-チームのNNUE評価関数もDeep Learning勢と言えなくもないですが、GPUを用いていないこと、そして、AlphaZeroが採用していたResNetからはかけ離れているので、「ガチDeep Learning勢」からは除外しておきます。 注目は、Team Aoba Zeroチーム。このチームは、Bonanzaの保木さん、YSSの山下さん、囲碁のRayの作者でもある小林さんの3名によるタッグチームで、保木さんのコンピュータ将棋方面への復帰に古参の開発者からは歓迎の
    • NNUE評価関数のような非線形な評価関数は何故有効なのですか?その4 | やねうら王 公式サイト

      2 usersyaneuraou.yaneu.com

      前回記事の続き。この連載、今回で最終回。 今回は、入玉宣言勝ちについてです。 Bonanzaが最強の将棋ソフトであったころ、将棋ソフトは入玉将棋が下手だと言われていました。これは、プロの棋譜から学習させていたため、入玉のときのデータが少なかったためです。 これに対して、NDF[2014]のKPP次元下げによって、必要な教師数を大幅に減らしたのですが、それらも結局はノイズになってしまうので、その後は、自己対局によって大量の教師棋譜を生成し、その棋譜から(次元下げなしで)学習させる時代にシフトしていきました。 それでも、2016年ごろになっても将棋ソフトは入玉模様の将棋が下手(アマ高段者レベルではあるけど、プロよりは下手)でないかと言われることが多く、「入玉模様になると別のゲームになる」「入玉専用の評価関数が必要だ」などと言われていました。 入玉専用の評価関数というアイデア自体は面白いのですが
    • 『やねうら王 with お多福ラボ 2019』 アピール文書 | やねうら王 公式サイト

      2 usersyaneuraou.yaneu.com

      WCSC29(第29回 世界コンピュータ将棋選手権)ではアピール文書を3月末までにいったん提出しないといけないらしい。 そこで昨日『やねうら王 with お多福ラボ 2019』のアピール文書を書いて提出したので、それをそっくりそのままここに掲載しておく。なお、この文書は実験中の内容などを含むため、大会開始日までに最終的な内容を反映させて更新する。 教師局面の生成効率の改善 『やねうら王 with お多福ラボ 2019』(以下、「やねうら王」と記す)では、教師局面の生成部に工夫を施した。 やねうら王では、自己対局を行い、それを教師として機械学習により学習させる。このとき学習に用いるのは、WCSC27でelmoが採用したelmo式である。 ※ 『elmoがもたらしたオーパーツについて』 elmo式には勝敗項と勝率項がある。勝敗項は、その局面から同じぐらいの棋力のプレイヤーが対局を引き継いだ時に

    【MMDけもフレ】 ニホンオオカミ アプリ版 【モデル配布】

    2 users https://www.nicovideo.jp/

    【パワプロアプリ】みんなこのキャラさえ自前でいれば…ってキャラいる?? | パワプロスマホアプリまとめ

    1 user http://pawapuro-matome.jp/