• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    コラム | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

    「 首相加計氏に便宜との批判は疑わしい 愛媛県職員作成文書は一体何なのか 」 『週刊ダイヤモン...

    ブックマークしたユーザー

    • makoto261025kun2016/06/22 makoto261025kun
    • check512014/07/01 check51
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 「 科研費の闇、税金は誰に流れたか 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

      1 usersyoshiko-sakurai.jp

      『週刊新潮』 2018年5月3・10日合併号 日本ルネッサンス 第801回 山口二郎氏と言えば2015年の平和安全法制に反対する集会の中で「安倍に言いたい! お前は人間じゃない! 叩き斬ってやる」と演説したと報じられた人物だ。4月20日の「言論テレビ」で衆議院議員の杉田水脈氏が、その山口氏に以下のように巨額の科学研究費補助金(科研費)が支給されていたことを報告した。 02年から06年までの5年間に亘る研究、「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」には4億4577万円、07年から11年の「市民社会民主主義の理念と政策に関する総合的考察」には9854万円、12年から17年の「政権交代の比較研究と民主政治の可能性に関する考察」には4498万円となっている。山口氏は16年連続で科研費を獲得し、その合計は6億円近くに上ったわけだ。 東京工業大学特任教授の奈良林直氏が驚いて
    • 「 この国の本当のワルは誰だ 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

      1 usersyoshiko-sakurai.jp

      『波(新潮社)』 2001年9月号 小倉昌男・櫻井よしこ対談 菊の御紋の方程式 櫻井:  『日本のブラックホール 特殊法人を潰せ』を執筆するために改めて特殊法人問題を取材して感じたことは、この国の体制の理不尽さです。日本の本当のワルは官僚なのだという結論に達しました。小倉さんはこういうことを何十年も前に感じていらっしゃったことでしょう。 小倉:  原稿を拝読して官僚には悪知恵があると、再び強く感じました。非常によく取材してありますね。私は「特殊法人」を「行政産業」と呼んでいます。国の予算はそれほど使わずに、業者から奉加金を集めて、みんなを食わすという仕組みががっちりできているからです。この『運輸省関係公益法人便覧』で丹念に調べたところ、総数は841でしたが、役員はともかく職員ゼロという団体が結構ありました。仕事をやっていないということです。 櫻井:  全て、お数えになりましたの? 小倉: 
    • 「 第二の国鉄、社保庁改革を急げ 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

      2 usersyoshiko-sakurai.jp

      週刊『週刊新潮』 2007年6月14日号 日本ルネッサンス 第267回 かつて、旧国鉄の職員らは、昼食時に80分の休憩をとった。夏の暑い日には60分の昼寝をした。日々、30分の入浴をした。 彼らはこれら全てを勤務時間内に行っていた。勤務時間を仕事もせずに過ごしながら、彼らは残業と称して職場に残った。1時間の残業でも、超過勤務手当は一律8時間分が支払われ、加えて翌日の午前中も休みとして与えられた。 「国鉄労使『国賊論』」(『文藝春秋』1982年4月号)を書いて、旧国鉄の問題点を抉り出した屋山太郎氏が語る。 「こんなふざけた勤務が罷り通っていたのがかつての国鉄です。世間の常識からかけ離れたこうした慣行は国鉄労使が結んでいたヤミ協定によるものです。旧国鉄が現在のJRに生まれ変わったとき、この種のヤミ協定はもうなくなったかと思っていましたが、社会保険庁にそっくりそのまま、存続していたのです」 5,
    • 「 弾圧に耐えるチベットの人々 暴虐を隠蔽し続ける中国共産党 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

      1 usersyoshiko-sakurai.jp

      『週刊ダイヤモンド』 2018年3月3日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1221 中国共産党の弾圧を逃れたチベット仏教最高位のダライ・ラマ法王14世が、インド北部のダラムサラに亡命政府を樹立したのが1959年である。今年から来年の1年間をチベット亡命政府樹立から60年と位置づけ、ロブサン・センゲ首相が国際社会にチベットの自由への闘いの意味を語る旅を続けている。来日した首相が強調した。 「チベット問題はどの国にとっても遠い問題ではありません。日本の問題とも重なります。チベット問題を放置すれば、日本もやがて同じ運命をたどりかねないでしょう」 センゲ首相の来日も、発言もわが国の地上波テレビや大手新聞はあまり取り上げない。そこで私はネット配信の「言論テレビ」にお招きした。首相はこの60年間、中国の弾圧は厳しくなる一方だと強調した。 「中国内のチベット人は約600万人です。チベット人が3

    【競馬】競馬 ディープインパクト産駒 戦績と傾向 2014年(7月12日/7月13日) - みんなのお金儲けアンテナ

    1 users http://okane-antena.com/

    義兄嫁がうちの猫の爪の処置に気づいて虐待だと大発狂してえらい事になった。「動物愛護団体に訴える」と興奮して迷惑すぎる | アンテなう!

    1 users http://antenow.com/