はてなブックマーク

トップへ戻る

  • 能登を元気に!

    • 輪島塗の歴史 輪島塗の起源にはさまざまな説がありますが、現存する最古の輪島塗は河井町にある「重蔵権現本殿の朱塗扉」で、室町時代の大永4(1524)年の作といわれています。漆 器の技法そのものは縄文時代にまでさかのぼることができます。長い時間をか...
    • 2008/03/16 12:45
キーボードショートカット一覧
j
次のブックマーク
k
前のブックマーク
l
あとで読む
e
コメント一覧を開く
o
ページを開く