検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

amazon-web-servicesの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)1908 件中 1 - 40 件目

  • Amazon EC2 でオンデマンドキャパシティー予約の提供を開始

    オンデマンドキャパシティー予約を使用して、希望する期間で Amazon EC2 のキャパシティーを予約できるようになりました。Amazon EC2 では、幅広いインスタンスタイプが提供されており、世界中の 50 を...

    Amazon EC2 でオンデマンドキャパシティー予約の提供を開始
    • AWS シンプルアイコン - AWS アーキテクチャーセンター | AWS

      アーキテクチャーダイアグラムは、設計やデプロイ、トポロジーを伝達する手段として優れています。以下では、AWS アーキテクチャーダイアグラムの作図に役立つ AWS 製品アイコン、ツール、リソースの公...

      AWS シンプルアイコン - AWS アーキテクチャーセンター | AWS
      • 第 4 話:リアルタイムのチャット機能を実装しろ! ( 1 / 4 ) マンガで学ぶ AWS 『なな転び八起の AWS 開発日記』| AWS

        八起ななこ(やおき・ななこ)は新米プログラマー。 AWS Amplifyを使って比較的簡単にサービスをアプリ化したななこ達は、問い合わせ対応のために、アプリにリアルタイムのチャット機能を実装したいと ...

        第 4 話:リアルタイムのチャット機能を実装しろ! ( 1 / 4 ) マンガで学ぶ AWS 『なな転び八起の AWS 開発日記』| AWS
        • Amazon EFS、AWS VPN とリージョン間 VPC ピアリングをサポート

          リージョン間 VPC ピアリング接続を使用して他の AWS リージョンの EC2 インスタンスから、また AWS VPN 接続を使用してオンプレミスサーバーから、Amazon EFS ファイルシステムへ接続できます。 AWS V...

          Amazon EFS、AWS VPN とリージョン間 VPC ピアリングをサポート
          • AWS Elemental MediaLive が入力タイムコードを使用して冗長パイプラインを同期

            AWS Elemental MediaLive により、マッチング埋め込みタイムコード付きの入力があるライブチャネルは、HLS と Smooth Streaming を出力するために同期した動画セグメントを制作できるようになりました...

            AWS Elemental MediaLive が入力タイムコードを使用して冗長パイプラインを同期
            • 『FINAL FANTASY XV POCKET EDITION』を支える AWS サーバーレス技術

              • Amazon ElastiCache が、メモリを最適化した次世代型の汎用 Amazon EC2 M5 および R5 ノードのサポートを開始

                Amazon ElastiCache が高性能アプリケーション用途に、メモリを最適化した次世代型の汎用 Amazon EC2 M5 および R5 ノードのサポートを開始しました。M5 および R5 ノードはどちらも AWS Nitro System ...

                Amazon ElastiCache が、メモリを最適化した次世代型の汎用 Amazon EC2 M5 および R5 ノードのサポートを開始
                • Amazon RDS が MySQL 8.0 をサポート

                  Amazon RDS for MySQL で MySQL Community Edition のメジャーバージョン 8.0 がサポートされるようになりました (全 AWS リージョン対象)。MySQL 8.0 はメジャーバージョンの最新リリースであり、新し...

                  Amazon RDS が MySQL 8.0 をサポート
                  • Announcing the general availability of Bring Your Own IP for Amazon Virtual Private Cloud

                    Amazon Virtual Private Cloud (VPC) now allows you to bring your own publicly-routable IP address prefixes to AWS and advertise them on to the Internet. You can create Elastic IP addresses...

                    Announcing the general availability of Bring Your Own IP for Amazon Virtual Private Cloud
                    • Amazon RDS now supports MySQL 8.0

                      Amazon RDS for MySQL now supports MySQL Community Edition major version 8.0 in all AWS Regions. MySQL 8.0 is the latest major version release and offers new query functionality and enhanc...

                      Amazon RDS now supports MySQL 8.0
                      • Amazon Virtual Private Cloud で、BYOIP の一般利用を開始

                        Amazon Virtual Private Cloud (VPC) で、公的にルーティング可能な、ユーザー所有の IP アドレスを持ち込み (BYOIP: Bring Your Own IP)、インターネット上で公開することができるようになりました。...

                        Amazon Virtual Private Cloud で、BYOIP の一般利用を開始
                        • Amazon EKS で Kubernetes のダイナミックアドミッションコントローラをサポート

                          Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (EKS) は、ダイナミックアドミッションコントローラをサポートするようになりました。これにより、お客様はカスタムウェブフックをデプロイして、AWS...

                          Amazon EKS で Kubernetes のダイナミックアドミッションコントローラをサポート
                          • Amazon Connect が、サービスにリンクされたロールのサポートを開始

                            本日、Amazon Connect は AWS Identity and Access Management (IAM) のサービスにリンクされたロールを使用するためのサポートを導入しました。これはユーザーが容易に AWS サービスにアクセス権限を...

                            Amazon Connect が、サービスにリンクされたロールのサポートを開始
                            • AWSにおける形式手法 - masateruk’s blog

                              AWSにおける形式手法の記事(https://lamport.azurewebsites.net/tla/formal-methods-amazon.pdf)を読んだ。特に重要だと思われる示唆を3つあげると以下の通り。 産業界では長年形式手法は多大な工数...

                              AWSにおける形式手法 - masateruk’s blog
                              • Amazon CloudWatch Events に組織内のすべてのアカウントでイベントを共有する機能を追加

                                組織を指定して CloudWatch Events の共有をその組織内すべてのアカウントに渡って設定できるようになりました。これにより、イベントバスのポリシーステートメントにおいて複数のアカウントを指定する...

                                Amazon CloudWatch Events に組織内のすべてのアカウントでイベントを共有する機能を追加
                                • Amazon ECS CLI、サービスディスカバリをサポート

                                  Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コマンドラインインターフェイス (Amazon ECS CLI) は、サービスディスカバリをサポートするようになりました。 Amazon ECS サービスディスカバリは、...

                                  Amazon ECS CLI、サービスディスカバリをサポート
                                  • Amazon WorkMail でカスタムドメインを追加して詳細な DNS 検証をさらに簡単に

                                    Amazon WorkMail は、カスタムドメイン設定用のリアルタイム診断チェックの提供を開始しました。これでお客様の独自ドメインが Amazon WorkMail でさらに使いやすくなります。 お客様はすでに独自ドメ...

                                    Amazon WorkMail でカスタムドメインを追加して詳細な DNS 検証をさらに簡単に
                                    • AWS Direct Connect で Amazon Virtual Private Cloud トラフィックのジャンボフレームをサポート

                                      AWS Direct Connect では、Virtual Private Cloud (VPC) とオンプレミスの間のネットワークトラフィックでジャンボフレームを使用できるようになりました。 ネットワーク接続の最大転送単位 (MTU) は、...

                                      AWS Direct Connect で Amazon Virtual Private Cloud トラフィックのジャンボフレームをサポート
                                      • Amazon Transcribe、完了した文字起こしジョブの削除をサポート

                                        Amazon Transcribe は、音声をテキストに変換する機能をアプリケーションに簡単に追加できるようにする自動音声認識 (ASR) サービスです。このたび、完成した文字起こしジョブを削除する、便利な機能が...

                                        Amazon Transcribe、完了した文字起こしジョブの削除をサポート
                                        • Amazon EC2 R5 と R5d インスタンスが追加の AWS リージョンでご利用可能に

                                          このたび、Amazon EC2 R5 インスタンスがアジアパシフィック (シンガポール) リージョンと欧州 (パリ) リージョンでご利用いただけるようになりました。R5 は世界の次の AWS リージョンでご利用いただ...

                                          Amazon EC2 R5 と R5d インスタンスが追加の AWS リージョンでご利用可能に
                                          • Performance Insights が Amazon RDS for MySQL 5.6 で一般利用開始

                                            Amazon RDS Performance Insights が、Amazon RDS for MySQL 5.6 release 5.6.41 およびそれ以降のバージョンで一般提供されます。このデータベースのパフォーマンスをモニタリングする高度な機能を使...

                                            Performance Insights が Amazon RDS for MySQL 5.6 で一般利用開始
                                            • Amazon EC2 R5 インスタンス – メモリ負荷が高いコンピューティングワークロード

                                              Amazon EC2 R5 インスタンスは、Amazon Elastic Compute Cloud 向けの次世代のメモリ最適化インスタンスです。  R5 インスタンスは、ハイパフォーマンスデータベース、ウェブ規模の分散型インメモリキ...

                                              Amazon EC2 R5 インスタンス – メモリ負荷が高いコンピューティングワークロード
                                              • ServiceNow 向け AWS Service Catalog コネクタが新機能を発表

                                                AWS Service Catalog が、ServiceNow 向け AWS Service Catalog コネクタの新機能を発表しました。このコネクタは、厳選された製品、ポートフォリオ、制約、タグ付けなど、既存の AWS Service Catalog ...

                                                ServiceNow 向け AWS Service Catalog コネクタが新機能を発表
                                                • Auth0+DynamoDBでユーザ認証基盤を作る - Qiita

                                                  概要 ユーザDBとその認証認可をセットで提供しているサービスはたくさんありますが、一つの問題としてそのサービスにユーザデータがロックインされちゃう問題があります。 それを回避するためには自分...

                                                  Auth0+DynamoDBでユーザ認証基盤を作る - Qiita
                                                  • What's New in Redis 5

                                                    Learn about new open-source Redis 5 features such as streams, sorted sets pop operations, cluster manager inside redis-cli, and HyperLogLog algorithm. Congratulations to the community on ...

                                                    What's New in Redis 5
                                                    • AWS Systems Manager のコンプライアンスダッシュボードの機能を強化

                                                      AWS Systems Manager を使用すると、パッチグループや環境など、お客様が定義した論理グループによってパッチや設定のコンプライアンスを監視できるようになり、コンプライアンスのワークフローが簡素...

                                                      AWS Systems Manager のコンプライアンスダッシュボードの機能を強化
                                                      • Amazon RDS バックアップを復元する際は、パラメータグループを指定してください。

                                                        スナップショットからのAmazon RDSまたはAmazon Auroraのデータベースを復元、もしくは一定期間内においてのデータベースを復元する際に、データベースのパラメータグループを今日から指定することがで...

                                                        Amazon RDS バックアップを復元する際は、パラメータグループを指定してください。
                                                        • 週刊Railsウォッチ(20181015)Rails初心者と一発でバレる書き方、次のVue.js構想、RubyのOpenStruct、Twilioほか

                                                          週刊Railsウォッチ(20181015)Rails初心者と一発でバレる書き方、次のVue.js構想、RubyのOpenStruct、Twilioほか こんにちは、hachi8833です。Pixel 3がちょい気になっています。 各記事冒頭には⚓でパ...

                                                          週刊Railsウォッチ(20181015)Rails初心者と一発でバレる書き方、次のVue.js構想、RubyのOpenStruct、Twilioほか
                                                          • AWS Dev Day Tokyo 2018 | AWS

                                                            AWS Dev Day Tokyo 2018 は、アプリケーションデベロッパーのために世界主要都市で開催される、テクノロジーカンファレンスです。クラウド上でのアプリ開発における最新のテクノロジーとトレンドを、40...

                                                            AWS Dev Day Tokyo 2018 | AWS
                                                            • Webサービスを新規開発をする時にやっておいたほうがよいこと(Rails+AWS)

                                                              新規開発というタイトルにしましたが、特に新規開発でなく既存サービスの開発でも取り入れると良いものです。ただ0ベースの開発だからこそ導入がしやすいというのはあるので、新規開発で意識できると...

                                                              Webサービスを新規開発をする時にやっておいたほうがよいこと(Rails+AWS)
                                                              • Amazon Athena が SELECT クエリの結果を使用して CREATE TABLE (CTAS) のサポートを追加

                                                                Amazon Athena はインタラクティブなクエリサービスで、Amazon S3 内のデータを標準 SQL を使用して簡単に分析できるようになります。Athena はサーバーレスなので、インフラストラクチャの管理は不要...

                                                                Amazon Athena が SELECT クエリの結果を使用して CREATE TABLE (CTAS) のサポートを追加
                                                                • AWS Lambda enables functions that can run up to 15 minutes

                                                                  You can now configure your AWS Lambda functions to run up to 15 minutes per execution. Previously, the maximum execution time (timeout) for a Lambda function was 5 minutes. Now, it is eas...

                                                                  AWS Lambda enables functions that can run up to 15 minutes
                                                                  • Amazon Athena adds support for Creating Tables using the results of a Select query (CTAS)

                                                                    Amazon Athena is an interactive query service that makes it easy to analyze data in Amazon S3 using standard SQL. Athena is serverless, so there is no infrastructure to manage, and you pa...

                                                                    Amazon Athena adds support for Creating Tables using the results of a Select query (CTAS)
                                                                    • Amazon Aurora Databases Support up to Five Cross-Region Read Replicas

                                                                      最大 5 つまでの AWS リージョンで Amazon Aurora データベースのリードレプリカを作成できるようになりました。この機能は、MySQL と互換性を持つ Amazon Aurora で利用できます。 クロスリージョンリ...

                                                                      Amazon Aurora Databases Support up to Five Cross-Region Read Replicas
                                                                      • Network Load Balancer now supports Inter-Region VPC Peering

                                                                        Network Load Balancer で、クライアントから、さまざまな AWS リージョンのピア接続された VPC の IP ベースのターゲットへの接続がサポートされるようになりました。以前は、リージョン間のピア接続...

                                                                        Network Load Balancer now supports Inter-Region VPC Peering
                                                                        • AWS Lambda で最長 15 分間実行に要する関数の取扱いが可能に

                                                                          AWS Lambda 関数を最長 15 分間の実行時間に設定できるようになりました。これまでは Lambda 関数の最長実行時間 (タイムアウト) は 5 分間でした。長い実行時間を使用して、ビッグデータ分析、バルク...

                                                                          AWS Lambda で最長 15 分間実行に要する関数の取扱いが可能に
                                                                          • Amazonが、AWS CloudFormationに関して、AWS Lambdaで実行されるMacrosによる拡張を発表

                                                                            現在地: InfoQ ホームページ ニュース Amazonが、AWS CloudFormationに関して、AWS Lambdaで実行されるMacrosによる拡張を発表 Amazonが、AWS CloudFormationに関して、AWS Lambdaで実行されるMacrosに...

                                                                            Amazonが、AWS CloudFormationに関して、AWS Lambdaで実行されるMacrosによる拡張を発表
                                                                            • Amazon RDS for MySQL now supports global transaction identifiers (GTIDs)

                                                                              Amazon RDS for MySQL now supports global transaction identifiers (GTIDs), which uniquely identify each transaction on the server and within a replication setup. Traditional MySQL replicat...

                                                                              Amazon RDS for MySQL now supports global transaction identifiers (GTIDs)
                                                                              • 予告 – アジアパシフィック (東京) AWS リージョンで Amazon Connect が利用可能に

                                                                                Amazon Connect が、数か月以内にアジアパシフィック (東京) AWS リージョンで利用可能になります。これによって日本の企業が、可能な限り最高のカスタマーサービスを顧客に提供できるようになります。...

                                                                                予告 – アジアパシフィック (東京) AWS リージョンで Amazon Connect が利用可能に
                                                                                • Amazon RDS for MySQL がグローバルトランザクションアイデンティファイア (GTID) へのサポートを開始

                                                                                  Amazon RDS for MySQL がグローバルトランザクションアイデンティファイア (GTID) のサポートを開始しました。GTID はサーバー上、レプリケーションセットアップ内の各トランザクションを一意的に特定...

                                                                                  Amazon RDS for MySQL がグローバルトランザクションアイデンティファイア (GTID) へのサポートを開始