検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

バノンの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)718 件中 1 - 40 件目

  • トランプ暴露本『Fear』が伝える本当の恐怖、もう日本も傍観者ではいられない | 渡辺由佳里 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

    <初日に90万部以上が売れたというボブ・ウッドワード著の暴露本は、トランプがアメリカを崖っぷちの危機に追い込んでいる事実を突きつける> トランプ就任後、ジャーナリストのマイケル・ウルフ著『炎...

    トランプ暴露本『Fear』が伝える本当の恐怖、もう日本も傍観者ではいられない | 渡辺由佳里 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
    • ボブ・ウッドワードのFEARはトランプ政権暴露本の決定版か|りんがる|note

      2016年11月に誕生したトランプ政権について書かれた本を読むのは、マイケル・ウォルフの『炎と怒り』(日本語版は2月に早川から緊急出版)、ベテランジャーナリストであるマイケル・イシコフとデイビッ...

      ボブ・ウッドワードのFEARはトランプ政権暴露本の決定版か|りんがる|note
      • フェイクニュース排除にマンパワーで挑戦 – 島田範正のIT徒然

        最近はAI(人工知能)絡みのニュースが多いですね。今朝の読売にも「職人技 AIで継承 総務省計画」っていう記事が一面にありました。 ですから、昨年来、ネットの世界の課題になっているフェイクニュ...

        • post-22.php

          <トランプ米大統領の元参謀バノンがロシアと共に極右を支援――「民主・自由国家」対「米欧ロ右翼同盟」の行方は> 対米貿易黒字などをめぐって、トランプ米大統領が同盟国に乱暴な圧力をかけている。そ...

          post-22.php
          • 米国で「大鎌で草刈るような革命」起こる トランプ氏元側近のバノン氏が予言 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

            ドナルド・トランプ米大統領の元首席戦略官・上級顧問、スティーブ・バノン氏。チェコのプラハで(2018年5月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / Michal Cizek 【9月6日 AFP】米国は「大きな鎌で一気に草を刈る...

            米国で「大鎌で草刈るような革命」起こる トランプ氏元側近のバノン氏が予言 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
            • 29710696

              (月刊誌「Journalism」7月号掲載の筆者記事に補足しました。) 「フェイスブック・ショック」 欧米のメディア界には今、「フェイスブック・ショック」とも呼ぶべき現象が広がっている。その衝撃度と...

              29710696
              • オルタナ右翼の源流ニック・ランドと新反動主義 - Mal d’archive

                イギリスの哲学者ニック・ランド(Nick Land)は、2012年、ネット上に「暗黒啓蒙(The Dark Enlightenment)」*1というテキストを発表し、新反動主義(Neoreaction:NRx )の主要人物の一人になった。...

                オルタナ右翼の源流ニック・ランドと新反動主義 - Mal d’archive
                • オルタナ右翼の源流ニック・ランドと新反動主義 - Mal d’archive

                  イギリスの哲学者ニック・ランド(Nick Land)は、2012年、ネット上に「暗黒啓蒙(The Dark Enlightenment)」*1というテキストを発表し、新反動主義(Neoreaction:NRx )の主要人物の一人になった。...

                  オルタナ右翼の源流ニック・ランドと新反動主義 - Mal d’archive
                  • 「フェイスブック・ショック」でネット謳歌に陰り 広がるプラットフォームの責任論(小林恭子) - 個人 - Yahoo!ニュース

                    (月刊誌「Journalism」7月号掲載の筆者記事に補足しました。) 「フェイスブック・ショック」 欧米のメディア界には今、「フェイスブック・ショック」とも呼ぶべき現象が広がっている。その衝撃度と...

                    「フェイスブック・ショック」でネット謳歌に陰り 広がるプラットフォームの責任論(小林恭子) - 個人 - Yahoo!ニュース
                    • 隔数日刊─Daily Bullshit: 匿名のQ

                      8月16日、全米の新聞社の3割にあたる300社とも400社とも言われる新聞媒体がトランプの一連のメディア攻撃を批判する社説を一斉に掲載しました。ことあるごとに自分の意に沿わないニュースを「フェイク...

                      • 隔数日刊─Daily Bullshit: 「生産性」という呪縛

                        安倍首相自らのリクルートによって比例代表で当選した自民党の杉田水脈衆院議員が「LGBTは子供を作らない。つまり『生産性』がない」と「新潮45」に寄稿して大きく物議を醸しています。少子化対策とい...

                        • テスラ、自動運転用AIチップを自社開発。11月には第3世代Autopilotハード生産へ - Engadget 日本版

                          現行のModel S /3 /Xに搭載される第2世代Autopilotシステムは、HW2.0もしくはHW2.5とよばれるハードウェアにAIチップとしてNVIDIAのDRIVE PX2を搭載しています。 マスクCEO曰く、DRIVE PX2は200フレー...

                          テスラ、自動運転用AIチップを自社開発。11月には第3世代Autopilotハード生産へ - Engadget 日本版
                          • 2LKGSWH

                            モーリー・ロバートソンさんがAbemaTV『けやきヒルズ』の中で杉田水脈衆議院議員の「LGBTの人々には生産性がない」という寄稿記事についてトーク。海外メディアの反応や杉田水脈議員の解任デモ、そして...

                            2LKGSWH
                            • モーリー・ロバートソン 杉田水脈議員「生産性」発言の背景を語る

                              モーリー・ロバートソンさんがAbemaTV『けやきヒルズ』の中で杉田水脈衆議院議員の「LGBTの人々には生産性がない」という寄稿記事についてトーク。海外メディアの反応や杉田水脈議員の解任デモ、そして...

                              モーリー・ロバートソン 杉田水脈議員「生産性」発言の背景を語る
                              • 英国民、メイ首相のEU離脱案に大半が反対 前外相への支持も=調査 | ロイター

                                [ロンドン 22日 ロイター] - 英世論調査で、メイ首相が提示した欧州連合(EU)離脱方針に大半の国民が反対し、3分の1以上が離脱にコミットする新たな右派政党を支持すると答えたことが明らか...

                                英国民、メイ首相のEU離脱案に大半が反対 前外相への支持も=調査 | ロイター
                                • トランプ氏元側近のバノン氏、欧州で右派勢力の支援財団設立へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                  チェコのプラハで会議に出席したスティーブ・バノン前米首席戦略官・上級顧問(2018年5月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / Michal Cizek 【7月22日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)政権の元首席戦...

                                  トランプ氏元側近のバノン氏、欧州で右派勢力の支援財団設立へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                  • 女性とも社会とも断絶する、米国のダークな非モテ「ミグタウ」の絶望(八田 真行) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

                                    過激化し、犯罪に走る非モテ「インセル」がアメリカで問題になっているが、かの国には、よりダークな非モテ「ミグタウ」と呼ばれる人々もいる。女性への怨念をじくじくと培養し、社会とも関わらず、ま...

                                    女性とも社会とも断絶する、米国のダークな非モテ「ミグタウ」の絶望(八田 真行) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
                                    • 女性とも社会とも断絶する、米国のダークな非モテ「ミグタウ」の絶望(八田 真行) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

                                      過激化し、犯罪に走る非モテ「インセル」がアメリカで問題になっているが、かの国には、よりダークな非モテ「ミグタウ」と呼ばれる人々もいる。女性への怨念をじくじくと培養し、社会とも関わらず、ま...

                                      女性とも社会とも断絶する、米国のダークな非モテ「ミグタウ」の絶望(八田 真行) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
                                      • マクルーハンというメッセージ « マガジン航[kɔː]

                                        マーシャル・マクルーハンという名前を聞いてハッとするのは、いまではもう中高年のメディア関係者だけかもしれない。1960年代には彼の唱えた「メディアはメッセージ」などの言葉が世界中に流布して一...

                                        • 第12回 気づかないうちに、インターネットが私たちに隠していること|その情報はどこから?|webちくま

                                          本当に必要な情報はどこにある? インターネットでは、メディアが発信したニュースは一見、平等に並んでいるように見えます。なるほど、ポータルサイトやSNSをスマートフォンでのぞけば、多くのニュ...

                                          第12回 気づかないうちに、インターネットが私たちに隠していること|その情報はどこから?|webちくま
                                          • スコット・サムナー「安倍首相は価格の変化から推論している」 — 経済学101

                                            Scot sumner, “Abe reasons from a price change” (The Money Illusion, 2017/10/26) 以下はファイナンシャル・タイムズの記事である。 安倍晋三首相は先週の選挙での大勝利を挙げ、景気を押し上げる動...

                                            スコット・サムナー「安倍首相は価格の変化から推論している」 — 経済学101
                                            • 5000万人分のFacebook個人データは「文化的戦争で戦うための武器」を作るために不正利用された - GIGAZINE

                                              by Book Catalog 2017年3月に大きな話題となったアメリカ大統領選挙におけるドナルド・トランプ陣営の「Facebookユーザー5000万人分の個人情報を不正利用した問題」を告発したのが、元ケンブリッジ・ア...

                                              5000万人分のFacebook個人データは「文化的戦争で戦うための武器」を作るために不正利用された - GIGAZINE
                                              • 5000万人分のFacebook個人データは「文化的戦争で戦うための武器」を作るために不正利用された - GIGAZINE

                                                by Book Catalog 2017年3月に大きな話題となったアメリカ大統領選挙におけるドナルド・トランプ陣営の「Facebookユーザー5000万人分の個人情報を不正利用した問題」を告発したのが、元ケンブリッジ・ア...

                                                5000万人分のFacebook個人データは「文化的戦争で戦うための武器」を作るために不正利用された - GIGAZINE
                                                • 海から出た河豚 : 南北会談の友好一色 まるでWW2前夜の「ミュンヘン会議」のようだとの指摘も

                                                  2018/4/3023:6 南北会談の友好一色 まるでWW2前夜の「ミュンヘン会議」のようだとの指摘も 1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/04/29(日) 22:55:45.02 ID:2q8zYUgl0 BE:323057825-PLT(12000)...

                                                  海から出た河豚 : 南北会談の友好一色 まるでWW2前夜の「ミュンヘン会議」のようだとの指摘も
                                                  • ポストモダンの幻想@ハイステルハーゲン: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)

                                                    外国人最多の249万人、東京は20代の1割 (シジフォス) 最高裁の非正規判断報道に労組が登場しないわけ (シジフォス) 労働組合の終わりの始まり…に悩む (シジフォス) 一枚の写真と報道人たちがベトナム...

                                                    ポストモダンの幻想@ハイステルハーゲン: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)
                                                    • iPhone4の「A4」開発者、TeslaからIntelへ移籍 - iPhone Mania

                                                      米Intelは、Teslaで自動運転用ハードウェア開発の責任者だったジム・ケラー氏の入社を発表しました。ケラー氏は以前、AppleでiPhone4に搭載されたA4プロセッサの開発を率いた、伝説的なチップ設計者と...

                                                      iPhone4の「A4」開発者、TeslaからIntelへ移籍 - iPhone Mania
                                                      • TeslaのAIチップ責任者で元AMDのジム・ケラー氏がIntel入り - ITmedia NEWS

                                                        AMD、Apple、AMDからTeslaに移り、自動運転車用AIプロセッサ開発に従事しているジム・ケラー氏が、今度はIntel入りし、SoCの設計・開発を担当する。 米Intelは4月26日(現地時間)、米Teslaのハードウ...

                                                        TeslaのAIチップ責任者で元AMDのジム・ケラー氏がIntel入り - ITmedia NEWS
                                                        • セクハラ公益通報を美人局にすり替えてメシを食う言論人 | カレイドスコープ

                                                          事実を事実と認識できないのが、憑依されてしまった日本の電波言論人だ。 福田セクハラ事件を「ハニートラップ」にすり替えなから、朝日潰しでメシを食おうとするサル以下の電波芸人たち。なんともオゾ...

                                                          セクハラ公益通報を美人局にすり替えてメシを食う言論人 | カレイドスコープ
                                                          • 2018年 米国中間選挙の日程と見所とは - トランプ政権と米国株投資

                                                            2018年には米国で中間選挙が行われます。 11月6日の米国議会選では435の下院全議席と上院33議席(総議席は100)が改選され、トランプ政権の政策の是非が国民に審判されるのです。 (※同時に、各地で州...

                                                            2018年 米国中間選挙の日程と見所とは - トランプ政権と米国株投資
                                                            • SNSは民主主義の敵になったのか? Facebookの個人情報が政治利用される社会 WEDGE Infinity(ウェッジ)

                                                              前回はアルゴリズムの偏見・ブラックボックス化の問題を論じた。恣意的なアルゴリズムが我々に悪影響を及ぼすのであれば、我々の預かり知らぬ領域で、日々社会に亀裂が走っていることとなる。少なくと...

                                                              SNSは民主主義の敵になったのか? Facebookの個人情報が政治利用される社会 WEDGE Infinity(ウェッジ)
                                                              • FacebookはAIでユーザーの未来の行動を予測して広告商品の提供に活用していることが社外秘文書から判明 - GIGAZINE

                                                                Facebookユーザーの個人情報が不正に流出したケンブリッジ・アナリティカのスキャンダルの一件以来、SNSにおける個人データの扱いには多くの関心が寄せられています。そんな中、Facebook社内から流出し...

                                                                FacebookはAIでユーザーの未来の行動を予測して広告商品の提供に活用していることが社外秘文書から判明 - GIGAZINE
                                                                • FacebookはAIでユーザーの未来の行動を予測して広告商品の提供に活用していることが社外秘文書から判明 - GIGAZINE

                                                                  Facebookユーザーの個人情報が不正に流出したケンブリッジ・アナリティカのスキャンダルの一件以来、SNSにおける個人データの扱いには多くの関心が寄せられています。そんな中、Facebook社内から流出し...

                                                                  FacebookはAIでユーザーの未来の行動を予測して広告商品の提供に活用していることが社外秘文書から判明 - GIGAZINE
                                                                  • 「私が爆弾を作ったのではない。私は爆弾が存在することを示しただけだ」――世界をひっくり返したデータとは | WEB世界

                                                                    次に来るのは何か? 2016年11月9日午前8時30分、ミハル・コシンスキは、チューリッヒのスンネフス・ホテルの一室で目を覚ました。コシンスキは34歳の研究者で、ビッグデータの危険性及びデジタル革命に...

                                                                    「私が爆弾を作ったのではない。私は爆弾が存在することを示しただけだ」――世界をひっくり返したデータとは | WEB世界
                                                                    • 皮肉にも閣僚解任で「大統領らしさ」を身につけたトランプ大統領 | 文春オンライン

                                                                      トランプ政権を巡る動きがめまぐるしくなっている。 3月13日には国務長官であるティラーソンを解任し、後任にCIA長官のポンペオを指名した(CIA長官の後任には副長官のハスペルを指名)。また、3月22日...

                                                                      皮肉にも閣僚解任で「大統領らしさ」を身につけたトランプ大統領 | 文春オンライン
                                                                      • 時価総額1,200億ドルを失ったFacebook ケンブリッジ・アナリティカの衝撃 (1/2)

                                                                        記事 木村正人 2018年04月05日 10:14 時価総額1,200億ドルを失ったFacebook ケンブリッジ・アナリティカの衝撃 1/2 Tweet 「FBの収入モデルは個人のプライバシーを侵害している」 [ロンドン発]世界...

                                                                        時価総額1,200億ドルを失ったFacebook ケンブリッジ・アナリティカの衝撃 (1/2)
                                                                        • Brexit、トランプ大統領選で暗躍した「ケンブリッジ・アナリティカ」。次の舞台は? | ハーバービジネスオンライン

                                                                          3月に入ってからのFacebook社の株価急落の要因となった、「個人情報不正利用」問題。その背後にいたデータ分析企業「ケンブリッジ・アナリティカ」(Cambridge Analytica:以下、CA)ににわかに注目が...

                                                                          Brexit、トランプ大統領選で暗躍した「ケンブリッジ・アナリティカ」。次の舞台は? | ハーバービジネスオンライン
                                                                          • トランプ「人心操縦」の黒幕:FACTA ONLINE

                                                                            トランプ「人心操縦」の黒幕 米大統領選と英国民投票の二大仰天劇は同じ黒衣の仕業だった。恐るべし、最先端マイクロターゲティング。 2017年3月号 BUSINESS [ SNS「ステルス」マシン] 「統計学のカ...

                                                                            トランプ「人心操縦」の黒幕:FACTA ONLINE
                                                                            • 昼ドラよりすごいトランプ政権人事劇(パックン) | 風刺画で読み解く「超大国」の現実 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                                                              次々に高官が去っていくホワイトハウスは空っぽになる? (c) 2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE <重要人物が消え続けるトランプ政権を見れば、誰もがトランプが社長役を務めたあのリアリティー番...

                                                                              昼ドラよりすごいトランプ政権人事劇(パックン) | 風刺画で読み解く「超大国」の現実 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                                                              • フェイスブック&ケンブリッジ・アナリティカ事件の問題点と教訓 - サインのリ・デザイン

                                                                                フェイスブックが収集するユーザーデータの一部が英国企業ケンブリッジ・アナリティカ(CA)社を通じ政治的利用をされていた件が、米国と英国を震源地として、日に日に大きな問題となってきています。 ...

                                                                                フェイスブック&ケンブリッジ・アナリティカ事件の問題点と教訓 - サインのリ・デザイン
                                                                                • フェイスブック&ケンブリッジ・アナリティカ事件の問題点と教訓 - サインのリ・デザイン

                                                                                  フェイスブックが収集するユーザーデータの一部が英国企業ケンブリッジ・アナリティカ(CA)社を通じ政治的利用をされていた件が、米国と英国を震源地として、日に日に大きな問題となってきています。 ...

                                                                                  フェイスブック&ケンブリッジ・アナリティカ事件の問題点と教訓 - サインのリ・デザイン