検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

環境変数の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)17439 件中 1 - 40 件目

  • Amazon EKSのコンテナログをCloudWatchLogsに集約する | DevelopersIO

    Amazon EKSにデプロイしたコンテナのログってどうやって管理するんだろ? 本日はそんな課題に対する1つの解決策であるFluentdを利用しコンテナログをCloudWatchLogsに集約する方法を紹介したいと思い...

    Amazon EKSのコンテナログをCloudWatchLogsに集約する | DevelopersIO
    • コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門

      コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門 1. Copyright©2018 NTT corp. All Rights Reserved. コンテナ未経験新人が学ぶ コンテナ技術入門 2018/09/19 日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーシ...

      コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
      • コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門

        コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門 1. Copyright©2018 NTT corp. All Rights Reserved. コンテナ未経験新人が学ぶ コンテナ技術入門 2018/09/19 日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーシ...

        コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
        • CircleCIでECSへRailsアプリをデプロイする - Qiita

          version: 2 jobs: checkout_code: docker: - image: circleci/ruby:2.4-node working_directory: ~/my_app_dir steps: - checkout - save_cache: key: v1-repo-{{ .Environment.CIRCLE_SHA1 }} paths: ...

          CircleCIでECSへRailsアプリをデプロイする - Qiita
          • Java 8でも安心。Dockerに対するCPU・メモリ対応。(2018年11月現在) - Mitsuyuki.Shiiba

            8u191でDocker対応がバックポートされたので、頭の整理と確認をしておいた。 ## まとめ Java 11使っておけばそもそも安心なんだけど、Java 8でも8u191以降を使えば安心。 ## 課題だったこと DockerでJa...

            Java 8でも安心。Dockerに対するCPU・メモリ対応。(2018年11月現在) - Mitsuyuki.Shiiba
            • CircleCI 2.1のorbを作って最速で実アプリに投入した - くりにっき

              tr;dr; 【前置き】先日の出来事 orbとは 【今回作ったもの】sue445/ruby-orbs モチベーション 準備 使い方 CircleCI 2.0から2.1に移行したPR ついでにHerokuにデプロイするやつもorbに寄せた Before Af...

              CircleCI 2.1のorbを作って最速で実アプリに投入した - くりにっき
              • 初めて触るAWS Batch | DevelopersIO

                AWS上でバッチ処理を実行する方法は色々考えられますが、AWSにはそのものズバリな名前のAWS Batchというサービスがあり、これを使うことでお手軽にバッチ処理を実行することができます。今回、AWS Batc...

                初めて触るAWS Batch | DevelopersIO
                • mercari_go_isucon.md · GitHub

                  �mercari_go_isucon.md GoでISUCONを戦う話 mercari.go #4 https://mercari.connpass.com/event/105640/ 自己紹介 catatsuyというIDで各種SNS活動しています かたついって呼ばれています メルカリのSRE...

                  mercari_go_isucon.md · GitHub
                  • OpenAM + Node.js(+ Express + passport-saml)でSAML認証 - Qiita

                    はじめに 以下の構成で、SP initiated SSO(Single Sign On)、IdP Initiated SSO を動作検証した時の記録です。 IdP: OpenAM SP: Node.js(+ Express + passport-saml) ホストOSは、macOS High Sierra。 ...

                    OpenAM + Node.js(+ Express + passport-saml)でSAML認証 - Qiita
                    • フルログのその先。腑に落ちるAWS WAFログ解析基盤を構築してみた。~ログ保存編~ - SSTエンジニアブログ

                      はじめに 事業開発部と研究開発部に属している宇田川です。 今回の内容は、11/08に開催のSecurity-JAWSで登壇させていただたいた内容の構築方法を紹介させていただきます。 書き進めるうちに長くなって...

                      フルログのその先。腑に落ちるAWS WAFログ解析基盤を構築してみた。~ログ保存編~ - SSTエンジニアブログ
                      • 【開催レポ】Security Engineering Casual Talks #1 - クックパッド開発者ブログ

                        こんにちは。インフラストラクチャー部セキュリティグループの水谷(@m_mizutani)です。2018年10月31日にクックパッドにて Security Engineering Casual Talks #1 を開催しました。 sect.connpass.com...

                        【開催レポ】Security Engineering Casual Talks #1 - クックパッド開発者ブログ
                        • Amazon Elasticsearch Service を使用して GuardDuty でセキュリティをリアルタイムで監視する | Amazon Web Services ブログ

                          Amazon Web Services ブログ Amazon Elasticsearch Service を使用して GuardDuty でセキュリティをリアルタイムで監視する Amazon GuardDuty を使用して AWS アカウントとワークロードを保護すると、...

                          Amazon Elasticsearch Service を使用して GuardDuty でセキュリティをリアルタイムで監視する | Amazon Web Services ブログ
                          • Docker v18.09 新機能 (イメージビルド&セキュリティ) – nttlabs – Medium

                            Moby (former Docker Engine), BuildKit, and containerd maintainer. https://github.com/AkihiroSuda Docker v18.09 新機能 (イメージビルド&セキュリティ)NTTの須田です.Moby (≒Docker),BuildKit...

                            Docker v18.09 新機能 (イメージビルド&セキュリティ) – nttlabs – Medium
                            • deviseとGoogle Authenticatorを用いてRailsシステムに「二段階認証」を導入した話 - LiBzTechBlog

                              目次 目次 はじめに セキュリティ対策しようぜ Railsで二段階認証を導入する 技術選定 いざ実装 [実装前準備]deviseのインストール 必要なgemの導入とモデル側の設定 コントローラーとビュー おわりに ...

                              deviseとGoogle Authenticatorを用いてRailsシステムに「二段階認証」を導入した話 - LiBzTechBlog
                              • Chromebook C101PAでVSCodeを使う。(Crostini使用) - たねやつの木

                                こんばんは、たねやつです。 ついにこのときが来たかという感じで記事を書いている今でも興奮冷めやらぬという感じです!! 題名の通りVSCodeをchromebookでまともに使うことができるようになりました...

                                Chromebook C101PAでVSCodeを使う。(Crostini使用) - たねやつの木
                                • Cloud Scheduler で Firestore を定期的にバックアップする - Ginco Tech Blog

                                  こんにちは。サーバ、インフラ周りを担当している鷲見(@soichisumi)です。 先日、GCPにCloud Schedulerが追加されました。 GCPのコンソールまたはCLIから、定期的にタスクを実行できるというサービスで...

                                  Cloud Scheduler で Firestore を定期的にバックアップする - Ginco Tech Blog
                                  • Ruby 2.6.0-preview3 Released

                                    Ruby 2.6.0に向けた3つ目のプレビューである、Ruby 2.6.0-preview3がリリースされました。 Ruby 2.6.0-preview3は、リリース前に出されるRelease Candidateに向けて最新の機能を試せるようにするためリ...

                                    • Nuxt.js v2とGAE/SE Node.jsでSPA×SSR×PWA×サーバーレスを実現する - DMM inside

                                      はじめに こんにちは。イベント事業部の上井(ウワイ)と申します。 Nuxt.jsのv2が9月に正式バージョンとしてリリースされました medium.com またそれに先立って、Google Cloud PlatformからGoogle Ap...

                                      Nuxt.js v2とGAE/SE Node.jsでSPA×SSR×PWA×サーバーレスを実現する - DMM inside
                                      • gunicornでPython製Webアプリケーションを動作させよう(DjangoとFlask) - Make組ブログ

                                        前の記事ではWSGIアプリケーションをWSGIサーバー(gunicorn)で起動する方法を説明しました。 ここではgunicornを使って、Python製WebフレームワークでできたWebアプリケーションを起動しましょう。 b...

                                        gunicornでPython製Webアプリケーションを動作させよう(DjangoとFlask) - Make組ブログ
                                        • 【Laravel】Laravel Scout + Elasticsearchを使った全文検索の実装方法 | Public Constructor

                                          Get started with the documentation for Elasticsearch, Kibana, Logstash, Beats, X-Pack, Elastic Cloud, Elasticsearch for Apache Hadoop, and our language clients. namespace App\Scout; use E...

                                          【Laravel】Laravel Scout + Elasticsearchを使った全文検索の実装方法 | Public Constructor
                                          • sudo su実行後も環境変数を維持する - それマグで!

                                            suの実行後にカレントディレクトリを維持したい su を実行するとカレントディレクトリが変わってしまうので、いまいるディレクトリやeditor 変数をそのままに 別ユーザーになりたい。 sudo -E を使う s...

                                            sudo su実行後も環境変数を維持する - それマグで!
                                            • Big Sky :: Let's Encrypt を簡単操作できる CLI、Lego が MyDNS に対応した。

                                              Let's Encrypt という無料の SSL を提供しているサービスがあり、これを簡単に操作できる CLI として Lego というツールがあります。以前から Lego に MyDNS をサポートして貰おうとプルリクエスト を...

                                              Big Sky :: Let's Encrypt を簡単操作できる CLI、Lego が MyDNS に対応した。
                                              • AWS SDK for Ruby を利用した CLI ツールのサンプル的なものを実装検討した - ようへいの日々精進XP

                                                [toc] tl;dr AWS SDK for Ruby を使ってコマンドラインツールを作る時にテストまで含めた雛形みたいなのがあったら楽だよなーと思いつつ, ソフトバンクが日本シリーズを制したり, 楽しそうな JAWS FEST...

                                                AWS SDK for Ruby を利用した CLI ツールのサンプル的なものを実装検討した - ようへいの日々精進XP
                                                • 運用ベースのecs-cli利用手引き - 続 カッコの付け方

                                                  ecsへのアプリケーションデプロイはecs-cliが最も優れていると思いつつも、結構わかりにくいツールであるのは間違いないです。その解説をするのですが、この投稿ははっきり言って上級者向けで docker-c...

                                                  運用ベースのecs-cli利用手引き - 続 カッコの付け方
                                                  • Firebase Functionsでデプロイしているバージョンを表示したい - 怠惰を求めて勤勉に行き着く

                                                    おっす!オラFirebase好き彦! いまやってる新規サービスはFirebase Functionsを使って開発してて毎日のようにデプロイしてるんだけど、妙な挙動に遭遇したときにそれがどのバージョン*1のFunctionで起...

                                                    Firebase Functionsでデプロイしているバージョンを表示したい - 怠惰を求めて勤勉に行き着く
                                                    • サーバーサイドKotlinとマイクロサービス FRESH LIVEにおける開発の舞台裏 - ログミーTech

                                                      サーバーサイドKotlinとマイクロサービス FRESH LIVEにおける開発の舞台裏 FRESH LIVEにおけるServer Side KotlinとMicroservicesの今 2018年10月5日、エンジニア向けの勉強会に特化した書き起こしメデ...

                                                      サーバーサイドKotlinとマイクロサービス FRESH LIVEにおける開発の舞台裏 - ログミーTech
                                                      • 「Security Engineering Casual Talks #1」へ行ってきた - ただのにっき(2018-10-31)

                                                        ■ 「Security Engineering Casual Talks #1」へ行ってきた 先日Twitterに流れてきたSecurity Engineering Casual Talks #1というイベント案内をつかまえてサクッと参加登録。明日からのCODE BLUE*1を手...

                                                        「Security Engineering Casual Talks #1」へ行ってきた - ただのにっき(2018-10-31)
                                                        • Python が Cloud Functionsで使えるようになったので試してみました - astamuse Lab

                                                          こんにちは、アスタミューゼでデザイナーをしている@YojiShirakiです。最近、細かい自動化したい処理が増えてきて困っておりまして。そんな折に Cloud Functions で Python が使えるようになったと聞い...

                                                          Python が Cloud Functionsで使えるようになったので試してみました - astamuse Lab
                                                          • Windows Defenderウイルス対策、サンドボックス内実行が可能になる | スラド セキュリティ

                                                            headless曰く、Microsoftは10月26日、Windows 10のWindows Defenderウイルス対策をサンドボックス内で実行できるようになったことを発表した(Microsoft Secure、Neowin、On MSFT)。 Windows Defender...

                                                            • 決済システムの内製化への旅 - SpringとPCFで作るクラウドネイティブなシステム開発 #jsug #sf_h1

                                                              決済システムの内製化への旅 - SpringとPCFで作るクラウドネイティブなシステム開発 #jsug #sf_h1 1. © Copyright 2018 Pivotal Software, Inc. All rights Reserved. Version 1.0 Spring Fest 2018 #j...

                                                              決済システムの内製化への旅 - SpringとPCFで作るクラウドネイティブなシステム開発 #jsug #sf_h1
                                                              • enzaで行っている外部システム連携を考慮した負荷試験について - Tech Inside Drecom

                                                                はじめまして。 enzaのプラットフォーム開発のサーバサイドを担当している西丸です。 enzaというサービスを聞いた事が無い方もいらっしゃるかと思いますので、少し紹介させて頂ければと思います。 enza...

                                                                enzaで行っている外部システム連携を考慮した負荷試験について - Tech Inside Drecom
                                                                • AWS Serverless Application Model (SAM) コマンドラインインターフェイス。サーバレスアプリケーションをローカルで構築、テスト、デバッグする | Amazon Web Services ブログ

                                                                  Amazon Web Services ブログ AWS Serverless Application Model (SAM) コマンドラインインターフェイス。サーバレスアプリケーションをローカルで構築、テスト、デバッグする 数十年前、6502 アセンブ...

                                                                  AWS Serverless Application Model (SAM) コマンドラインインターフェイス。サーバレスアプリケーションをローカルで構築、テスト、デバッグする | Amazon Web Services ブログ
                                                                  • Google Cloud Functions を利用して社内コミュニケーションを円滑にしていく - Studyplus Engineering Blog

                                                                    はじめに 課題 理想状態 アプローチ案 理想状態を実現する方法を幅広く考える。 定期的に不要なチャンネルを精査する Web APIを利用したアプローチ 今回やること 実現方法 手順 GCPの事前準備 SalckのT...

                                                                    Google Cloud Functions を利用して社内コミュニケーションを円滑にしていく - Studyplus Engineering Blog
                                                                    • Docker / Kubernetesのセキュリティ調査メモ - Qiita

                                                                      Webや書籍をざっとあさり、Docker / Kubernetesのセキュリティについて調査したメモ。 ※この他にも多数ありましたが、まずはこのあたりからかな?というものを書き出しています。 Dockerのセキュリティ...

                                                                      Docker / Kubernetesのセキュリティ調査メモ - Qiita
                                                                      • Amazon RDS PostgreSQLにpsqlからSSL接続する | DevelopersIO

                                                                        3行まとめ psql はデフォルトでSSL接続する SSL接続を強制するにはパラメータグループの rds.force_ssl パラメータを変更する ルート証明書を取得すれば、RDSのSSL証明書を検証できる Amazon Aurora My...

                                                                        Amazon RDS PostgreSQLにpsqlからSSL接続する | DevelopersIO
                                                                        • 良い感じに詰めて整形してくれる JSON pretty-printer「jpp」を作りました - たにしきんぐダム

                                                                          jpp というJSON Pretty-Printer を作りました。 github.com このコマンドはJSONを要素ごとに1つ1つ改行するのではなく、画面内(もしくは指定した幅)に収まる限りできるだけ改行を挟まずに要素を表示し...

                                                                          良い感じに詰めて整形してくれる JSON pretty-printer「jpp」を作りました - たにしきんぐダム
                                                                          • GAE/Go アプリケーションを Go 1.11 に移行するためにやったこと - えいのうにっき

                                                                            先日公開した Web API サービス Pixelaは、Google App Engine 上で Go Web Application として動いている。Go のバージョンには特に気を使わずに開発をしてたんだけど、GAE で Go の 1.11 がサポート(...

                                                                            GAE/Go アプリケーションを Go 1.11 に移行するためにやったこと - えいのうにっき
                                                                            • Herokuで成功させるサービス開発 - ボクココ

                                                                              ページ版執筆にあたって ども、@kimihom です。 先日の技術書典5で販売した書籍の記事版として公開します。より多くの方へ Heroku でサービス開発を成功させていただきたいという思いから、ボクココの...

                                                                              Herokuで成功させるサービス開発 - ボクココ
                                                                              • keras 使って DQN で迷路を解いてみた - mizchi's blog

                                                                                世界観をつかめるぐらいには機械学習やっておきたいと思い、とりあえず何かしらのお題がないと興味が続かなさそうなので、二次元の盤面上で何かしらの行動をする、ローグライクのモンスターのエージェ...

                                                                                keras 使って DQN で迷路を解いてみた - mizchi's blog
                                                                                • Rust製の分散オブジェクトストレージをOSSとして公開しました - dwango on GitHub

                                                                                  はじめに ドワンゴではniconicoの配信系サービスのバックエンドで利用するために、Frugalosという名前の分散オブジェクトストレージを開発しているのですが、この度OSSとして公開することとなりました...

                                                                                  Rust製の分散オブジェクトストレージをOSSとして公開しました - dwango on GitHub