はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

谷川俊太郎を、絵本、翻訳、作詞……詩“以外”の顔から知る。 | P+D MAGAZINE

25 users

pdmagazine.jp

    ブックマークしているユーザー

    • M1A2 M1A2 2018/03/12
    • cj3029412 cj3029412 谷川俊太郎エッセイの白眉は「母の恋文 徹三・多喜子の手紙」に寄せたあとがきです。本書では、編集者としても奇跡のような仕事をなさっています。詩「さようなら」へのセルフアンサーと私は読みました。 2018/03/12
    • wuzuki wuzuki 昨日行ってきたところ。3年前に春日井でやってた展覧会も良かったなぁ。/ 私は中学時代は合唱曲オタクだったので、谷川さん作詞の曲もかなり聴き込んだ。『谷川俊太郎質問箱』も繰り返し読んだ。続編も買いたい。 2018/03/11
    • Knoa Knoa 「曲」だけじゃないすぎやまこういち展覧会という闇の深いイベントなど 2018/03/11

    もっとよむ