はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

アレックス・タバロック「ゲイリー・ベッカー最大の失敗とは?――犯罪抑止をめぐる2つの考え方」 — 経済学101

21 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • t-sat t-sat 罰の重さは、罰の頻度の代わりにはならない。 2015/10/08
    • cybo cybo なるほど。 > "たとえば,取り締まりと刑務所はひとまとまりに考えられて,この単一の「温和~強硬」の尺度に置かれることが多い.でも,実は,この2つの施策は別物だ" 2015/09/22
    • maturi maturi 刑期の長期化は再犯率を高めた.刑期が長くなった分だけ,同じ犯罪者仲間と接する機会が増え,また,重罪犯が市民社会にふたたびとけこむのがますます難しくなったからだ. 2015/09/20
    • tsuka_ryo tsuka_ryo "もっと大事な理由として,すばやい対応をした方が子供が自分の行動とその結果の関係を理解しやすくなるからだ" 2015/09/19

    もっとよむ