はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

アレックス・タバロック「1918年-1919年のパンデミックで有効だったのは?」(2020年3月7日) — 経済学101

44 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • paravola paravola これが,Markel et al. の 2007年論文が立てた問いだ/一部の都市は,公衆衛生対策を緩めた.そうした都市は…死亡率は上昇した/言い換えると,中国は合衆国モデルを踏襲しているわけだ 2020/05/02
    • ookitasaburou ookitasaburou “(2020年3月7日)”死者数は世界でおよそ 4,000万人にのぼった.これには,合衆国での死者 55万人も含まれる.現代のパンデミックに対して,公衆衛生対応策と並行して公衆衛生の便益を最大化しつつパンデミックが社会に 2020/04/07
    • blueribbon blueribbon 「休校措置・隔離検疫・集会禁止を組み合わせて用いた都市ほど,概してうまくやっている.一部の都市は,公衆衛生対策を緩めた.そうした都市は…死亡率は上昇した.」 2020/03/12
    • TequilaBancho TequilaBancho 防疫と経済学。 2020/03/11

    もっとよむ