はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

アレックス・タバロック 「賄賂の撲滅に向けて賄賂を合法化せよ」(2011年3月31日) — 経済学101

10 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • maturi maturi 贈賄も収賄もどちらも罪に問われる現行の法律の下では、・・・賄賂の提供者と受領者は共犯の関係に置かれることになる。捜査機関によって贈収賄の事実が発見された場合にはどちらもともに罰せられる可能性があるため 2014/03/19
    • border-dweller border-dweller 経済学っぽい 2014/03/18
    • terazzo terazzo 継続的に賄賂をやりとりしている関係の場合は贈賄側にもそれを隠すインセンティブがあるのでは。 2014/03/18
    • chikuwa34 chikuwa34 賄賂をする多くが企業やロビー団体でパブリックイメージに注力してるだろうし、継続した関係を望む場合も多いだろう。単に合法化しても贈賄者は露見を望むようには思えないな。 2014/03/18

    もっとよむ