はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

サイモン・レン=ルイス「マクロ経済学は近年の経済史の説明を諦めてしまったのか?」

30 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • maturi maturi http://b.hatena.ne.jp/entry/363557734/ 失業率が完全雇用とみられる2.7%まで下がったら、各業種で賃金が猛烈に上がり出すだろう。(高橋洋一 2016.4) NAIRUは天下り的に固定されてるので疑う必要はない世界の住人 2018/05/06
    • kyo_ju kyo_ju 経済学の研究業績が研究者として(より良い)ポストを得るために作られる以上、論文が載りやすくかつ優秀で先端的と見られやすいテーマばかりに集中するのは当然だよね。経済学研究のインセンティブ構造を変えないと。 2018/05/05
    • lli lli ときどき見直しが必要よね。日本の自然失業率が3%切ってたと今になって言えるけど、これまでは3%強と思われていたわけだし。派遣法やら一億総活躍やらで労働力の供給増やしすぎて結果的にデフレとか悪い冗談だよ。 2018/05/05
    • ystt ystt “マクロ経済学は,近年のマクロ経済史をあらためて説明しようと試みる必要がある.” 2018/05/04

    もっとよむ