はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ジェームズ・ハミルトン 「もしもアメリカが金本位制に復帰していたら(その2)」(2012年9月1日) — 経済学101

9 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • woykiakes woykiakes 2016/05/15
    • masakiplus masakiplus ●James Hamilton, “Return to the gold standard”(Econbrowser, September 1, 2012) 2012年度の共和党の政策綱領では金本位制への復帰の可能性を探る委員会の設置が盛り込まれるのではないかとの情報がいくつかのメディアで報じられてい 2016/05/11
    • paravola paravola アメリカ国内の労働者に支払われる時給(名目賃金)の平均額は2000年1月から先月(2012年8月)までの間に13.75ドルから3.45ドルへと大幅に下落することが求められたことだろう 2016/05/08
    • smicho smicho >金の相対価格が上昇傾向にある理由はアメリカの金融政策に求められるのではなく新興諸国の所得水準が上昇している(それに伴って新興諸国の間で金に対する需要が増えている)ためだ 2016/05/08

    もっとよむ