はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ジョセフ・ヒース「インテリは保守の首相になぜヒステリーを起こすのか? その2:児童ポルノ規制を巡って」(2015年8月25日) — 経済学101

46 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • ystt ystt “「レイプ性向」論は、最終的に「全てのポルノは違法である」との意味に至ることになる。「道徳基盤」論は、同性愛の犯罪化で使用されたのと同じ論法であり――今日の法文化においては無効化されている論法だ。” 2020/07/10
    • paravola paravola 炎上事件が起こったことで...フラナガンは辞職を強要され、マスメディアからも強く批判されるに至った。フラナガンは、一連のバッシングに根気よく反論し、大学の辞職要求を拒否し、炎上を鎮圧化させている 2020/07/10
    • tekitou-manga tekitou-manga カナダの法律が小説にまで及ぶとは知らなかった。自己加害性の規制については一概には規制されるべきではないとは言い切れないなぁ。 2020/07/10
    • kingate kingate “今日の法文化においては無効化されている論法”何回でも墓穴から引きずり出されて蘇生されてるんだけど、その論法。 2020/07/10

    もっとよむ