はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

タイラー・コーエン「オピオイドと労働参加率に関するアラン・クルーガーの論文」 — 経済学101

11 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • cybo cybo 「オピオイドの処方が1999年から2015年にかけて増加したことで,同期間に観察された男性の労働参加率の低下のおよそ20パーセント,女性の労働参加率低下の25パーセントが説明されうる」 2017/09/12
    • axel69 axel69 この論文がホントかどうかはともかく、アメリカでのオピオイド依存はマジやばいらしい 2017/09/09
    • yasudayasu yasudayasu クルーガーによれば,オピオイドの処方が1999年から2015年にかけて増加したことが,同期間に観察された男性の労働参加率の低下のおよそ20パーセント,女性の労働参加率低下の25パーセントが説明されうるという 2017/09/09
    • optical_frog optical_frog WSJの記事: http://jp.wsj.com/articles/SB11994208014011523431404583379452489278438 2017/09/09

    もっとよむ