はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ノア・スミス「貧困と悪癖についてケヴィン・ウィリアムソンが間違っているところ」(2019年8月3日) — 経済学101

21 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • ystt ystt “どんな風に制度を設計してみても,政府による所得移転なしには相対的貧困を経験する人たちがたくさん出てきてしまうわけだ.そこで,社会的なセーフティネットがすごく重要になる.” 2019/08/22
    • paravola paravola (写真:相対貧困を比較するときに高齢化率くらいは補正してるの)「かりに分析と呼んでいいとしてもゆるい分析」/国それぞれの制度がちがうのを見落としている 2019/08/19
    • maturi maturi  小さな政府を語るのに メキシコさんやトルコさんを外さないでほしい(「先進国」に入れたくないのかもしらん)(じゃあなんで韓国さんが入っているのか ) (ちょうどその辺にラインがある) 2019/08/18
    • maeda_a maeda_a 先進国における貧困の主な原因は、保守派がいう個人の悪癖(ドラッグ使用・暴力・片親の育児・怠け癖など)ではない。政府の介入によって大きく改善する余地がある。証拠は日本。 2019/08/17

    もっとよむ