はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ノア・スミス 「【書評】アカロフ&シラー(著)『Phishing for Phools』」(2017年3月11日) — 経済学101

6 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • helioterrorism helioterrorism 2017/03/14
    • maturi maturi 「騙し」(deception)は市場経済に付き纏(まと)う現象だ/「騙し」は程度の差はあれ市場の中にいつでもどこにでも存在している、というのがアカロフ&シラーの主張だ。その理由はこうだ。 2017/03/13
    • binnosuke binnosuke 2017/03/12

    もっとよむ