はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ピーター・ターチン「繁栄の終焉:実質賃金は1970年代になぜ上昇が止まったのだろう?」(2013年4月4日) — 経済学101

19 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • tick2tack tick2tack 実質賃金が低下してる包括的な理論的枠組はいまのとこなさげか。/ 人口動態が基礎になるか。/ ”経済的影響力と文化的変化~の両方を考慮した、より洗練されたモデルを我々は必要としているのだ” 2020/02/11
    • ookitasaburou ookitasaburou “活気に溢れ、ほぼ持続的だったこのような成長パターンが、1970年代後半に突如として全面的に停滞に転じたのはなぜだろう?” 2019/12/28
    • maturi maturi 消費財の抽象的なバスケットのような観点ではなく、「中産階級であること」を意味する財の観点から検討するなら、実質賃金の停滞のように見えているものは、実際には下落が意味されている。中産階級の衰退は1970年代 2019/12/27
    • paravola paravola (こうかはばつぐんだ)1970年代に何かが起こっている。以下のグラフを見てみよう/活気に溢れ、ほぼ持続的だったこのような成長パターンが、1970年代後半に突如として全面的に停滞に転じたのはなぜだろう? 2019/12/25

    もっとよむ