はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ラミーロ・ガルベス, バレリア・ティフェンベルク, エドガル・アルティーラ「映画に見られるジェンダーと知的能力のステレオタイプ的連想関係を定量化する」(2018年4月1日) — 経済学101

9 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • maturi maturi ”これが早い段階での同ステレオタイプの受容に貢献しているとわれわれは考える)” 俺がそう思うからそうなんだろう以上の根拠は? ”「利発さ=男性」 ステレオタイプが映画において事実上プレゼンスを有している” 2018/04/25
    • ystt ystt “1万点を超える映画のトランスクリプト分析をとおし、過去半世紀にわたる 「利発さ=男性的」 ステレオタイプの執拗なプレゼンスが炙り出された。こうした状況は、特に子供向けに作られた映画にも見られる。” 2018/04/24
    • o_secchan o_secchan 2018/04/22
    • tick2tack tick2tack 個人的にめっちゃ知りたかった話だ。 / family, animationカテゴリの映画での男性と女性の代名詞の登場回数の比較。日本でもこういう研究あればうれしいのだが。/ "under-representation" 2018/04/21

    もっとよむ