• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    ピカソの作品”青の時代”編。青の時代はなぜ暗めの作品が多いのか。

    ピカソは生涯のうちになんども作風を変えていますピカソのそれぞれの作風は”時代”と呼び分けられてい...

    ブックマークしたユーザー

    • artttttttttt069992019/01/20 artttttttttt06999
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 葛飾北斎の富嶽三十六景が5000万円で落札!凄過ぎる北斎の作品を解説。

      1 userart069.com

      日本だけでなく、世界中に多くのファンがいる日本人浮世絵師の、葛飾北斎。 そんな葛飾北斎の超有名作品、「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」の中の「凱風快晴」と、「神奈川沖浪裏」が、アメリカ・ニューヨークの世界的なオークションで、なんとそれぞれ、驚異の5000万円以上の価格で落札されました。 ということは、総額は一億円を超えるということになります。 凄まじい価格ですね。 2枚の絵は、保存状態が良かったため、高額での落札が予想されてはいましたが、まさか一億を超えるとは、流石に誰も予想はできなかったみたいです。 オークションが始まると世界各国から入札が殺到し、「凱風快晴」が50万7000ドル(約5630万円)、「神奈川沖浪裏」が47万1000ドル(約5230万円)で落札されました。 この記事では、高額で取引された葛飾北斎の富嶽三十六景の中の2枚はもちろん、そのほかの絵についても解説をしてい
    • 歌川広重の亀戸梅屋敷を、のび太でも分かるくらい超簡単に解説してみる。

      1 userart069.com

      江戸時代の有名な浮世絵師といえば、歌川広重です。 彼は、天才です。 日本だけでなく、世界中に彼のファンはいて、あのフィンセントファン・ゴッホや、クロード・モネも、歌川広重のファンなんです。 歌川広重の作品をコレクションしていたという話も訊きます。 そんな歌川広重の有名作品のうちの1つ、「名所江戸百景・亀戸梅屋敷(かめいどうめやしき)」について、皆さんはどのくらいご存知ですか? 絵をみたことはあっても、正直名前を訊いただけでは「これか!」とピンと来る人はあまりいないかもしれません。 この記事では、そんな「名所江戸百景・亀戸梅屋敷」を、あののび太でも分かるくらい超簡単に解説していきたいと思います。 歌川広重の「名所江戸百景・亀戸梅屋敷」ってなに? まずは、「名所江戸百景・亀戸梅屋敷」をみていただこうと思います。 こちらです↓↓↓ ぶっちゃけ、おじいちゃんおばあちゃんの家を探せば出てきそうな絵で
    • 猪子寿之の名言の中からのび太にも響くくらいのものを厳選してご紹介。

      1 userart069.com

      猪子寿之といえば、今話題のチームラボの代表取締役です。 猪子さんは、東大卒で身長も高く、いつも明るく気さくな雰囲気を漂わせている悪いとこ無しの人です。 そんな猪子さんがインタビューなどで語った言葉を名言としてピックアップし、あののび太にも響くくらいのものを厳選してご紹介させていただきます。 猪子寿之の名言① 猪子寿之さんの名言、1つ目はこちらです。 「”将来、いまよりもずっと、共同的で創造的であることが重要になっていく。。」 猪子さんは、チームラボとしてアート事業を展開しています。 猪子さんは、アートを人類の生存戦力だと言います。 人が、遺伝子レベルでもっともかけ離れている花を美しいと感じたことが、今の人類を存続させている理由であると、猪子さんは語っています。 人間だけでなく、地球上のあらゆる生物は、植物がいなければ生きていけません。 しかし、科学などが発達するまでは、そんな仕組みも理解せ
    • 歌川広重の東海道五十三次をのび太でも分かるくらい超簡単に解説。

      1 userart069.com

      日本を代表する浮世絵師で、今や世界にその名を轟かせている江戸時代の画家、歌川広重。 日本独特の画法である浮世絵の達人とも言える画家で、有名作品を多く製作しています。 この記事では、そんな歌川広重の代表作の1つ、東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)を、のび太でも分かるくらい超簡単に解説していきたいと思います。 歌川広重ってどんな人? そもそも、歌川広重って誰やねんって人のために、歌川広重の簡単なプロフィールをご紹介させていただきます。 芸名:歌川広重 本名:安藤広重 生まれた年:1797年 死没:1858年10月12日 歌川広重は、江戸時代に生きた浮世絵師です。 江戸の定火消し(じょうびけし)として生まれ、家督を継ぎます。 火消しとは、今でいう消防士的な存在です。 その後、浮世絵師としての活動を始めます。 瞬く間に活躍の場を広げ、製作した作品は2万点を超えると言われています。 歌川

    ヘーゲル(再)入門ツアー | GACCOH

    1 user http://www.gaccoh.jp/

    二郎スタンプラリー

    2 users https://jiro.pgy.jp/