記事へのコメント3

    • 人気コメント
    • 新着コメント
    nagaichi nagaichi 日本の中国学(近代中国史)界隈では定期的に使い回されている挿話(爆)とか身も蓋もない感想はともかく、現代の俺には神田神保町すずらん通りの内山書店しか知らんのでなあ。

    2015/09/23 リンク

    その他
    fiblio fiblio 「本を求める人の間には国は違えど通じ合う何かがあるのですから。」

    2015/09/23 リンク

    その他
    terakappa terakappa 行ってみたい書店。

    2015/09/23 リンク

    その他

    人気コメント算出アルゴリズムの一部にヤフー株式会社の「建設的コメント順位付けモデルAPI」を使用しています

    関連記事

    伝説の書店 その1 - 上海の内山書店 - 愛書家日誌

    内山書店の始まり 内山書店1917年大正6年)に内山完造によって上海に開かれました。完造の妻、美喜...

    ブックマークしたユーザー

    • inherentvice2018/08/17 inherentvice
    • funaki_naoto2017/02/01 funaki_naoto
    • levites2015/10/20 levites
    • bluerondo2015/09/24 bluerondo
    • nagaichi2015/09/23 nagaichi
    • fiblio2015/09/23 fiblio
    • terakappa2015/09/23 terakappa
    • aishokyo2015/09/23 aishokyo
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    同じサイトの新着

    同じサイトの新着をもっと読む

    いま人気の記事

    いま人気の記事をもっと読む

    いま人気の記事 - 学び

    いま人気の記事 - 学びをもっと読む

    新着記事 - 学び

    新着記事 - 学びをもっと読む

    伝説の書店 その2 ハーレムの黒人専門書店 - 愛書家日誌

    4 users https://blog.aishokyo.com/

    伝説の書店 その3 オデオン通り、小さな書店の女主人 - 愛書家日誌

    5 users https://blog.aishokyo.com/