• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    干上がった糠平湖で天の川を撮ってきた。海外っぽい風景でした。 – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ

    冬は雪が少なくアイスバブルが見られた糠平湖。 参考:糠平湖でアイスバブル撮影してきた!2度目のア...

    ブックマークしたユーザー

    • shino032019/06/07 shino03
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 北海道紋別市で流氷接岸初日。撮影してきました。もう南極状態。 – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ

      1 usercamera-beginner.sakura.ne.jp

      本日、2月4日、紋別市で流氷接岸初日を迎えました。なんか前々から流氷来てたのに、なぜ今頃・・・?? 調べてみると、流氷接岸初日とは流氷が海岸を覆って航路が無くなる状態になることらしいです。 今までは隙間があったてことですね・・・ということで早速海にいきました。 紋別市の海岸に着くと何かこれまでとは様子が違います。なんか海岸線に山ができてる・・・。しかも、相当手前から流氷があるし。 ここ1週間くらいわりと暖かく、流氷が沖に離れていたんですが・・・、先日の低気圧による高潮と北からの強風で、ありえないところまで氷が押し寄せています。 本日、立春・・・なのに全道的に冷え込み、マイナス30℃を記録した地域もありました。私の町もマイナス20℃近くなりました。超寒い。 寒さのためか、波の形まま凍ってます。 海岸にできた流氷の山を登ります。結構高いです。え!?下は崖のようになてる・・・。なんじゃこりゃ!
    • 露出ブレンドをして明暗差を克服しよう!露出ブレンドで簡単レタッチ! – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ

      1 usercamera-beginner.sakura.ne.jp

      朝日が顔を出す瞬間は絶好のシャッターチャンスなのですが、明暗差が激しいので撮影が難しかったりします。 この明暗差を克服する方法はハーフNDフィルターだったりHDR合成だったりと色々ありますが、そのうちの1つに露出ブレンドと言うものがあります。 露出ブレンドをするにはPhotoshop等のソフトが必要になりますがかなり便利な方法です。 今回は露出ブレンドの一例として先日撮影した写真のレタッチ過程について簡単に書いてみたいと思います。 露出ブレンドとは 露出ブレンドとは、同じ構図のまま露出だけを変えて数枚撮影し、後でそれらの画像の都合の良い部分(ちょうど良い明るさの部分)だけを組み合わせて1枚の写真にする手法です。 これは明暗差のあるシーンで活躍する手法となります。では、具体的に露出ブレンドの方法について見てみましょう。 露出ブレンドしてみよう 素材について まずレタッチを終えた完成写真はこれ
    • 自由雲台のメンテナンス。ボールの滑りが悪いのでグリスを塗ってお手入れしよう。 – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ

      1 usercamera-beginner.sakura.ne.jp

      最近、自由雲台のボールの動きが悪くなってきました。キーキーと音も鳴ります。 何となくグリスや潤滑油的なものを補充してお手入れするのだろうなとは想像付きますが、下手なものを塗って失敗したら大変です。 なので、実際に自由雲台をメンテナンスしたので、まとめておきたいと思います。 順を追って見てみたいと思います。 必要なもの まずは何を塗るかです。 自由雲台専用グリスというものがネット上で販売されているようです。しかし、それでなくても「リチウム石鹸基のグリス」であれば問題ないようです。 「リチウム石鹸基のグリス」と聞くと、何それって思うかもしれませんが、広くホームセンターなどで販売されている「万能グリス」がそれです。 TRUSCO リチウム万能グリス 80g #1 TCG80L11P 私はホームセンターで買いました。どこでも販売されていて、しかも安いです。 「リチウム石けん基グリース」と書かれてい
    • 天の川の現像方法②!星空と地上景を別々に撮影し合成!クオリティを高めよう! – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ

      1 usercamera-beginner.sakura.ne.jp

      前回は天の川の現像方法について書きましたが今回はこれの続きです。 参考:天の川の現像方法①!色を補正して天の川を強調する!光害の色被り除去! 実は、いつも私は星空と地上景を別々に撮影し、それらを個別に現像した上で合成しています。 合成と聞くと「え・・・」と思う方も知るかもしれませんが、無い風景を作っている訳ではないのだから個人的には良しとしています。 そこにある風景だけどカメラの性能が追いつかず撮影できないのを合成によって補完するということですね。 それらの手順を簡単にまとめてみたいと思います。 合成って必要!? なぜ合成が必要なのか!? 例えば、この写真。 これは次の写真(上:星空用、下:地上景用)を合成したのもです。 上の2枚を組み合わせて1枚の写真に仕上げています。 1枚目の星空用写真は14㎜、F2.8、SS20秒、ISO3200で撮影し現像したのもです。星空はこれくらいの露出でちょ

    広告ジャーナリストたちが選ぶ広告賞「Epica Awards」が作品募集を開始 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

    1 user https://www.advertimes.com/

    とられたお金はほぼ全財産 家に来た「ちゃんとした人」:朝日新聞デジタル

    1 user http://www.asahi.com/