• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
sters9 sters9 kaitetayo

2017/09/21 リンク

    関連記事

    docker を使っていてポートを指定するときに IP アドレスを指定できる | ごみばこいん Blog

    開発用だったり検証用だったりで docker をぼちぼち使っているのですが、ゲストポートホストのポー...

    ブックマークしたユーザー

    • sters92017/09/21 sters9
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • Go で 定期的に Ping する君 | ごみばこいん Blog

      1 usergomiba.co.in

      疎通確認であったり、コネクションのkeepalive的な用途として、定期的に "ping" をしたいんだよなあ、という話があり ぐるぐる回しっぱなしでよきに使えそうな感じのコードを書いてみた。 GitHub - sters/pinger: Ping somethings for use warmup and standby or others. いまは土台と、HTTPしかないけど、MySQLとかなんかまあ他にもできそう 使い方はここを見てもらうのがわかりやすいかも pinger/http_test.go at master · sters/pinger · GitHub 実践的にはこういう感じになるのかな。 ctx := context.Background() fooPinger := pinger.NewWorker(...) barPinger := pinger.NewWorker
    • kubectl port-forward to Service (追記: Deployment も可) | ごみばこいん Blog

      1 usergomiba.co.in

      kubectl port-forward って pod に対してだけしかできないと思っていたが Service に対してもできたみたい。 $ kubectl port-forward svc/my-service 5000 このとき、ポートフォワードを開始するタイミングでだけ k8s の名前解決が行われて、フォワードする先を決定する。 サービスに対してフォワードしているわけではないので、フォワードしたポートに何度リクエストを送ってもロードバランスされない。 Issue にもコメントがあるが port-forward はもともとがそういう用途ではなく 1 つの pod に対してフォワードするので、サービスに対して完全にフォワードするには pod がいなくなったときに再接続したりバランスするようにしたりなんだり、多くの機能追加になるので、別にしようやという話がある。 kubectl port-
    • brew まとめて更新する君 | ごみばこいん Blog

      2 usersgomiba.co.in

      とりあえず更新するようの便利セット。 fish 使ってるので function にしてるけど単に alias でもよいとおもう。 function brews brew update brew upgrade brew cask upgrade brew cleanup brew doctor end 話変わるけどこういうことやるとポータビリティ上がってよさそう。 brew list > brew-list.txt brew cask list > brew-cask-list.txt mas list > mas-list.txt やってみた。 brew list apr apr-util aspell autoconf bash-completion brotli c-ares clang-format composer curl-openssl fish fontconfig fre
    • Kubernetes の Liveness と Readiness | ごみばこいん Blog

      1 usergomiba.co.in

      簡単にまとめると Liveness に失敗したらザキ Readiness に失敗したらやけつく息。…いや逆にわからんような気もする。 Liveness は Pod が稼働できるかどうかの判定をする。判定に失敗した場合は Kubernetes がその Pod を作り直す。 Pod が提供するべき最低限の機能すら提供できない場合にこのチェックを失敗させるべきだろう。 たとえば自分のアプリケーションが待ち受けるサーバーを提供するんだけど、そこへの疎通が一切できないとか。それが最初から起きるならアプリケーションは起動しないだろうが、起動してから何かしらの理由でサーバが落ちるといったことが無いわけではないはず。 Readiness は Pod と疎通できるかの判定をする。判定に失敗すると Kubernetes が Service から切り離す。このとき Pod は生きたままになる。 デッカい初期デー

    派遣の求人情報・仕事を探すならリクナビ派遣-人材派遣の仕事情報サイト

    1 user https://haken.rikunabi.com/

    日本ボードゲーム大賞2017

    1 user http://www.u-more.com/