• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    【SEO TIPS】苦手な文章づくりを克服!共起語を取り入れたSEOコンテンツ作成法

    SEO担当者の皆さまなら「良質なコンテンツ作成を!」と耳にする機会は多いのではないでしょうか。 SEOで...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 容量「10MB以上」のWebページを、Googleはクロールしない/Google明かす

      1 userseopack.jp

      限界はなんと「10MB」、意外と小さい? Googleのスポークスパーソンを務めるジョン・ミューラーは、ビジネスサイト運営者やSEO担当者に向けて開催されるオンラインQ&Aイベントで、下記のような発言を行いました。 Google(のクローラー)がダウンロードできるWebページのサイズには、限界がある。 限界は、おおよそ10MBくらいだ。 そのため、Googleが認識できる範囲内のサイズに収め、あなたのWebページをGoogle検索結果に表示するためには、コンテンツの容量が10MB以内でなければならない。 限界サイズ以上だと「検索結果に出せない」 Googleは、検索結果にあなたのページを表示するために、まず「Googlebot」と呼ばれるロボットプログラムを使ってあなたのページのコンテンツを検索データベースへダウンロードします。 Googleは、このダウンロードしたコンテンツを読み取り、S
    • サーチコンソールで「Discover」レポートが確認できるように!

      3 usersseopack.jp

      皆さまは、Googleアプリの”Discover”機能をご存知でしょうか? “Discover”とは、ユーザーが今まで調べた情報や位置情報に基づいて、おすすめのページを自動的に表示してくれる機能です。 Youtubeで表示される、「おすすめの動画」に近い機能とイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。 そんな”Discover”の解析データが、2019年4月10日からサーチコンソールに追加されました。 コンテンツ記事を作成している方にとっては、自サイトがどれくらい”Discover”でパフォーマンスを出しているのかを知りたいのではないでしょうか。 そこで本記事では、”Discover”機能の説明や、パフォーマンスレポートの見方などを解説していきます。 Googleアプリの「Discover」機能とは? 前述しておりましたが、Googleの”Discover”とは、スマートフォンなどのタ
    • 現在のグーグルボットは、フォーム送信も行う:Google公式発言

      1 userseopack.jp

      Googleのクローラーであるグーグルボット(GoogleBot)は、この数年でかなり賢くなっています。JavaScriptも読み込んでクロールでき、画像データにもアクセスし、ユーザーが閲覧できない箇所にあるリンクを見つけることもできます。 そしてさらに現在、グーグルボットはフォーム送信まですることが明らかになりました。 クローラーボットがフォーム送信? さかのぼること2011年、マイクロソフトの検索エンジンであるBingは、Googleの検索結果(=検索フォーム送信後の結果画面)をクロールして盗用しているおそれがある、と報じられたことがあります。 しかし、今回述べるグーグルボットの動きはそうしたものではなく、特定のある種のサイトで、フォームを送信することがあるというのです。 Googleの発言引用 Googleの上級管理者であるジョン・ミューラーは、Google+で行われたオンラインフォ
    • 高機能SEOツール「seodoor」の好評機能「コンテンツ分析」

      1 userseopack.jp

      2019年4月4日、SEO Packからリリースされた高機能SEOツール「seodoor(セオドア)」ですが、搭載機能に大変ご好評いただいております! そこで、特に好評な「コンテンツ分析」機能をピックアップしご紹介します! コンテンツ分析 良質なコンテンツづくりは、SEO対策の重要ポイントですが、seodoorの「コンテンツ分析」機能で何が確認できるかというと、検索上位20ページの情報を抽出し、対象ページと比較・分析した結果が確認できます。 また同時に共起語情報と重要度も確認できるため、上位表示のために不足しているコンテンツ傾向を知り、良質なコンテンツづくりに必要な情報が簡単に把握できます。 「コンテンツ分析」機能では、詳細データを確認できる「データ分析結果」と「コンテンツチェッカー」機能が利用出来ますが、ここで注目したい機能として「コンテンツチェッカー機能」をピックアップしご紹介します。

    【結果速報】1月10日 なんばパークスホール ( バラエティ番組 ) - R-1ぐらんぷりスタッフブログ - Yahoo!ブログ

    1 user https://blogs.yahoo.co.jp/r_1grandprix/

    auへのりかえ機種変更で激安なDIGNO rafre 毎月割で12万円を超える値引きあり – モバイルびより

    1 user https://mvno.xsrv.jp/