新型コロナウイルスのワクチンに関する情報は、厚生労働省の情報発信サイトを参考にしてください。情報を見る

    記事へのコメント20

    • 人気コメント
    • 新着コメント
    p_shirokuma p_shirokuma (面白そうではある。)

    2021/10/15 リンク

    その他
    SasakiTakahiro SasakiTakahiro ポップカルチャー、サブカルチャー自体は、資本主義それ自体が良くも悪くもないのと同様に、良くも悪くもない。

    2021/10/15 リンク

    その他
    anatadehanai anatadehanai 「ポップカルチャー、サブカルチャーが本来的に体制批判的だという幻想」をほとんど抱いたことがないのでその否定に驚きは感じないけれど。それはそうと『たかがバロウズ本。』は面白かったよね。

    2021/10/15 リンク

    その他
    z1h4784 z1h4784 文化左翼は世の中のメインストリームに乗ったことは無く大きな影響を与えることもなかった。緑の党は生き残っているがサブカルチャーではない。今更語るようなことではないと思う

    2021/10/14 リンク

    その他
    tweakk tweakk 唐突で吹いた。“ここで山形浩生『たかがバロウズ本。』(大村書店)を読み返してみよう”/「文化左翼の骨をひろうとしたら?」いいところで終わってしまった。

    2021/10/14 リンク

    その他
    cyber_bob cyber_bob 21世紀に入って資本主義が変容してしまったのよね。首位がMSからAppleに取って変わったのが大きい。石油メジャーよりテスラだし。今やSDGsと言ったら株価が上がる。/中国批判してるから貧しいんじゃ?

    2021/10/14 リンク

    その他
    hohototo hohototo 旧版買っちゃってた。割と同じことを言い続けてる本という印象だった。同じ著者の『啓蒙思想2.0』もおすすめ。

    2021/10/14 リンク

    その他
    Domino-R Domino-R ある現実の切実な批判への「反批判」が、本質において単なる「メタレベルの悪ふざけ」に過ぎないなど皆知ってる。それを可能にしたのが情報化/大衆消費社会なのもね。でも我々にはそこからの出口が見つけられない。

    2021/10/14 リンク

    その他
    dmekaricomposite dmekaricomposite 『たかがバロウズ本。』は明らかに本書と繋がる。文庫化希望。本書のイリイチへの高評価について稲葉さんはどう考えているのか。本書と直接関係ないコロナ禍の記述が多すぎないか。無関係ではないがバランスが悪い。

    2021/10/14 リンク

    その他
    kotobuki_84 kotobuki_84 左翼にも限らないけど、欺瞞や矛盾がある事自体は別にええんよな。自分の矛盾に向き合わず、正しさに泥酔して、上から目線で他人を否定するための免罪符にする『差別主義者も同然の態度』が嫌われてるのであって。

    2021/10/14 リンク

    その他
    ystt ystt この本に興味を持った人は是非著者の他の本も手に取って欲しいですね(『ルールに従う』はかなりの大著だけど)。

    2021/10/14 リンク

    その他
    shikahan shikahan 90年代サブカル育ちの自分は自己批判的にめちゃくちゃ面白く読めたが、では左派の欺瞞批判や差異化ゲームに終始するのではなくどう文化を機能させられるか、という点は本解説にもある通り本当に難しいのよね。

    2021/10/14 リンク

    その他
    luke_randomwalker luke_randomwalker この本、稲葉さんの解説にある通り著者らの自己批判・自己総括でもあるわけだが、サブカル好きや「文化左翼」にとってあまりに痛いところをついてるらしく、ろくに内容を論じずに全否定する人が多いw

    2021/10/14 リンク

    その他
    houyhnhm houyhnhm ん?新型コロナウィルス感染症に関しての致命的な勘違いを含む書評のせいで、どうも怪しい雰囲気が出てる。

    2021/10/14 リンク

    その他
    mats3003 mats3003 この本、単行本をいつか読もうと積読してたら、増補改訂新版で出てしまった。

    2021/10/14 リンク

    その他
    usausau-tan usausau-tan 読んだことなかったので読んでみるか。表紙は昔のほうがよかった

    2021/10/14 リンク

    その他
    ibip ibip これワンテーマで書かれた、論証もクソもない、ひどい本だよ

    2021/10/14 リンク

    その他
    anmin7 anmin7 SEALDsや野間あたりが「俺たちの軍門に降らないから貧乏」って煽ってたけど、金で思想信条を売り渡すのって民主主義的に優雅じゃない事態を招きますわね。資金源もどこやらわかりませんし。

    2021/10/14 リンク

    その他
    maeda_a maeda_a "本書はそんなふうにあっさり読みすてるにはあまりにも、西洋マルクス主義の思想史や文化研究、あるいは20世紀後半以降のロックやSFなどのサブカルチャーへの愛憎半ばする厚い記述に満ち満ちている"

    2021/10/13 リンク

    その他
    shinichiroinaba shinichiroinaba 公開

    2021/10/13 リンク

    その他

    人気コメント算出アルゴリズムの一部にヤフー株式会社の「建設的コメント順位付けモデルAPI」を使用しています

    関連記事

    【発売即重版!】サブカルチャーは資本主義批判になり得るか? 『反逆の神話〔新版〕』解説:稲葉振一郎|Hayakawa Books & Magazines(β)

    新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸ウェブサイトなど公的機...

    ブックマークしたユーザー

    • tks0412tgc1972021/10/17 tks0412tgc197
    • ginnang72021/10/16 ginnang7
    • non_1172021/10/15 non_117
    • p_shirokuma2021/10/15 p_shirokuma
    • bhikkhu2021/10/15 bhikkhu
    • SasakiTakahiro2021/10/15 SasakiTakahiro
    • anatadehanai2021/10/15 anatadehanai
    • worris2021/10/14 worris
    • kaskzkas2021/10/14 kaskzkas
    • hatsan82021/10/14 hatsan8
    • z1h47842021/10/14 z1h4784
    • lost_and_found2021/10/14 lost_and_found
    • masasia08072021/10/14 masasia0807
    • zenbu_yokunaru2021/10/14 zenbu_yokunaru
    • tweakk2021/10/14 tweakk
    • flatfive2021/10/14 flatfive
    • movesinthefield2021/10/14 movesinthefield
    • monsterhasnoname2021/10/14 monsterhasnoname
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    同じサイトの新着

    同じサイトの新着をもっと読む

    いま人気の記事

    いま人気の記事をもっと読む

    いま人気の記事 - 学び

    いま人気の記事 - 学びをもっと読む

    新着記事 - 学び

    新着記事 - 学びをもっと読む

    “観賞用の寄生虫”と酷評された貴族の使用人 “フットマン” のコートにみる彼らの凄まじい生き様とは

    2 users https://togetter.com/

    shinshinohara on Twitter: "和歌山県すさみの海で、海水浴を終え、帰ろうとする親子が。「ここ、星がきれいですよ。予定がないなら星をご覧になってからでどうですか?」と誘った。 夜になり、空を眺めた。若いお父さんが「残念、曇ってますねえ」。 「何言ってるんですか、これ、全部星ですよ。カスミの一つ一つが星」"

    1 user https://twitter.com/ShinShinohara