• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
korosukesize korosukesize 不具合の数やビジネスインパクトによってはこのやり方だけでは対処出来ないとは思いますが、すごく参考になった。

2019/12/20 リンク

iucstscui iucstscui 整理されていてわかりやすい

2019/12/12 リンク

karikari1255 karikari1255 障害対応とスクラムはずっと分けて考えてたので目からウロコ。調査と応急措置まではSREとしてスクラム外のタスクとしてやって、開発チームでの恒久対応はストーリー化してスクラムに入れてた。

2019/12/11 リンク

DiscoveryCoach DiscoveryCoach 分かってないことがいっぱいだった…。

2019/12/11 リンク

Bel Bel よく整理されているのであとでじっくり読む

2019/12/11 リンク

dexia2 dexia2 調査の自動化すごい気になります。小さなバグは優先順位がスクラムでは低くなりやすく、後で手を付けると調査時間が倍以上になるので自分はそこのトレードオフだけ気をつけてます。

2019/12/11 リンク

yujiorama yujiorama 開発と運用が組織として分離してる雰囲気。板挟みなPOが苦しそう。戦力の逐次投入は悪筋な気がする。

2019/12/11 リンク

takamii228 takamii228 情報収集と同期と意思決定をスクラムの営みの中でスピーディーにじわじわやるイメージ。いざとなったらスプリント止める。

2019/12/11 リンク

den8 den8 良いまとめ

2019/12/11 リンク

radiocat radiocat スクラムでバグの時はどうする?という疑問が生じない状態を目指したい。

2019/12/10 リンク

braitom braitom なるほど。“問題を特別扱いしない。問題も、機能追加も、どちらも「理想と現実のギャップ」であり別々に扱う必要はない。”

2019/12/10 リンク

Songmu Songmu 良いこと書いてる。ただ、障害対応になるとまた話が違ってくると僕は考えるので、そこは混同しないのが良さそう

2019/12/10 リンク

ryuzee ryuzee これみんな見ておくとよいです。すごーくよくまとまってる

2019/12/10 リンク

JHashimoto JHashimoto "問題調査は心が折れやすい仕事で、ペアやモブだと心が折れにくい。どこにあるかわからない、なにかもわからないものを探すのには、目玉と脳味噌が多いほうが良い。"

2019/12/10 リンク

関連記事

スクラムで問題(バグ)対応するときのアプローチ - やっとむでぽん

先日、現場の人から質問を受けました。 「スクラムで進めているプロダクトに、大きめの問題(バグっぽい...

ブックマークしたユーザー

  • onk2020/01/19 onk
  • kamemoge2020/01/08 kamemoge
  • munky69rock2020/01/03 munky69rock
  • d_sak2019/12/30 d_sak
  • korosukesize2019/12/20 korosukesize
  • beatdjam2019/12/20 beatdjam
  • naokun7762019/12/20 naokun776
  • a-know2019/12/17 a-know
  • yojik2019/12/17 yojik
  • suginoy2019/12/17 suginoy
  • sutatin2019/12/17 sutatin
  • info552019/12/16 info55
  • mofi-ass2019/12/16 mofi-ass
  • mooonymann2019/12/13 mooonymann
  • tsu_takahashi2019/12/13 tsu_takahashi
  • iucstscui2019/12/12 iucstscui
  • quodius2019/12/11 quodius
  • Tomato-3602019/12/11 Tomato-360
すべてのユーザーの
詳細を表示します

いま人気の記事

いま人気の記事 - テクノロジー

新着記事 - テクノロジー

同じサイトの新着

ニコ典AAコピペ保管庫 ありえない。それは。

1 user http://nicotenac.blog.fc2.com/

ASCII.jp:手軽に最強クラスのPCが組める自作セット「パーツの犬」VR-001の実力をベンチマークで見る

1 user https://ascii.jp/