• 人気のコメント(6)
  • 全てのコメント
kno kno これも間違いなく歴史/“ちなみにA君は私に「プログラマーの『できない』は『やりたくない』の意味ですよ」という超重要機密を教えてくれた人ですw”おおw

2019/08/15 リンク

watarux watarux こういう経緯もWikipediaに移植されるといいな。みんな金払わねえけど実質的にWikipediaぐらいしかまとまって記録が保存される場所ねえからなあ。WebArchiveもひっかからなくなればオワだし

2019/08/15 リンク

mashori mashori こういうの「小話」としても残ってほしいなあと思う

2019/08/15 リンク

wa_kanou wa_kanou 上海2は何かにつけて思い出す。「シャッフルしなくても必ずクリアできる」と難易度を両立させるロジック凄い。あの頃の上海2をまたやりたい…

2019/08/15 リンク

kaos2009 kaos2009 「上海」命名の逸話 http://www.fregger.com/harvestmoonpress/shanghai04.html

2019/08/15 リンク

name-25137412 name-25137412 面白い。クリア保証に対する考え方の違いのところ特に。

2019/08/15 リンク

sjn sjn 面白いけど、ちょっと前の事でも経緯はすぐに暗黙知に入って消えていってしまうのだなぁと寂しい気持ちに。

2019/08/15 リンク

kenzy_n kenzy_n 上海への道

2019/08/15 リンク

k-takahashi k-takahashi 『『上海』のオリジナルはPLATOで動いていたゲームで、これが最初にPCに移植されたのはマッキントッシュ。発売はどうやら全機種同時らしい』

2019/08/14 リンク

    関連記事

    『上海』を作った人達 | Colorful Pieces of Game

    上海』の難易度についての話を書いたら、さすがワタクシのお友達たち、ハンパではない経歴の持ち主の...

    ブックマークしたユーザー

    • command7702019/08/17 command770
    • s10611232019/08/16 s1061123
    • ergtygytgytreg2019/08/16 ergtygytgytreg
    • kirakking2019/08/16 kirakking
    • kobak2019/08/16 kobak
    • camelletgo2019/08/16 camelletgo
    • medicalcloud2019/08/16 medicalcloud
    • mieki2562019/08/16 mieki256
    • netsekai2019/08/16 netsekai
    • kujoo2019/08/16 kujoo
    • pasonco2019/08/15 pasonco
    • kno2019/08/15 kno
    • micromillion2019/08/15 micromillion
    • narcissis_taa2019/08/15 narcissis_taa
    • helioterrorism2019/08/15 helioterrorism
    • consigliere2019/08/15 consigliere
    • isgk2019/08/15 isgk
    • otsune2019/08/15 otsune
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - アニメとゲーム

    新着記事 - アニメとゲーム

    同じサイトの新着

    • PCエンジンの開発システム(DF) | Colorful Pieces of Game

      1 userwww.highriskrevolution.com

      というわけで、前のアーティクルで書いたとおり、今回はDFの話。 ところで、ちょっと聞かれたのでここに載せておくけれど、ハドソン全科の小冊子の表紙はこれ。 どこにも月刊PCエンジンとは書いていないのだけど、どうして小学館と思ったかというとレイアウトが徳間のPCエンジンファンでも角川のマル勝PCエンジンでもないから。結構、それぞれの出版社で個性があって、これは間違いなく小学館だと思う。 ■関連記事 ■PCエンジンの開発環境(ROM) ■PCエンジンの開発環境(CDROM) ■PCエンジンの開発環境(補足) ■PCエンジンの開発環境(写真) さて、本題のDFの話。 DFは当時のハドソンのエースプログラマの一人、和泉勇さんが書いたソフトで、アーティスト用のスプライト/背景(BG)作成ツール。 サードパーティ向けにはCEという名前で配布されており、CEとDFの違いはハドソン社内で使われていたファミコ
    • 『上海』の難易度を作る方法 | Colorful Pieces of Game

      62 userswww.highriskrevolution.com

      もう30年近く前になるが、確か『天外Ⅱ』を作っていたときだったと思う。 ある日、アルファシステムの山本さんが、僕に言いだした。 「岩崎さん、『上海』ってゲームあるじゃないですか」 今では、上海を今では知らない人がいると思うので簡単に説明すると麻雀牌を使った絵合わせパズルだ。 下の画像のように麻雀牌を積む。 2枚一組、同じ絵柄の牌を取れる。最後まで牌を取り切ることが目標。上に牌が載っておらず、左右のどちらかが空いている牌は取れる。取れる牌がなくなったらゲームオーバー と、こんなゲームだ。 当時の大ヒットパズルゲームで、まあ当時のゲームを遊んでいるユーザーなら誰でも知っているレベルだったと思う。ついでに書くとアーケードゲームにまでなってたりする。 山本さんは続けた。 「実はPCエンジン版の『上海』の移植をウチでやったんですけれど、あれ、確実にクリアできるようになっているんですけど、難易度設定っ
    • 夏コミ新刊の立ち読み版 | Colorful Pieces of Game

      1 userwww.highriskrevolution.com

      立ち読み版作りました。 最初は、頭から切り出していたんですが、それだと『アルフォス』だの『リグラス』だのの話で終わってしまい、あーやっぱイースの開発史が読みたいだろうと思って、イース1のところを切り出しました。 イース1な理由は、ブログ版と比べてどれぐらい書き直したかわかる方が楽しいかな? と思ったからです。 → ダウンロードリンク(PDFが直です) まあ、最初から最後まで立ち読み版みたいな感じで、ただひたすらに証言や当時の発売日のデータなどから開発史を掘っている本です。一部写真にカラーが入っているのはミスで、実際の本は白黒です。 PDFなんですが、紙でB5が前提なのでフォントが結構小さめです。 タブレットなんかで読むにはギリギリかなと思います。 その他、グレイランサーとかエッチな本とか、ときメモの本とかグッズとかについては、あいざわひろしのブログをどうぞ。 スペースは下。 コミックマーケ
    • 夏コミ新刊『イース通史Ⅰ』できました | Colorful Pieces of Game

      2 userswww.highriskrevolution.com

      気が付いたら1か月以上もブログを書いていなかった。 ちょっと忙しすぎたんですが、なんとかかんとか夏コミの新刊できました。 タイトルは『イース通史Ⅰ』。 B5・表紙フルカラー・80ページ ここで書いてるシリーズをまとめて、文章とかを見直して読みやすくした本です。 内容は『アルフォス』から始まり『ロマンシア』を経て1986-88年のファルコムでオリジナルスタッフがどのようにして『イースⅠ』、『イースⅡ』を作り上げ、そして『イースⅢ』を作りながら、チームが空中分解して『イースⅢ』が完成するまでを書いた本です。オマケで『ファザナドゥ』開発物語が入っています。歴史的な都合では、オマケじゃないけどw たくさんの方々の協力を得て、現時点では最も実際の開発に近いお話になっていると思います。 また『イースⅢ』の開発は全くの新規書下ろしになります。 ようやく『イースⅢ』がどのようにして開発されたのか分かった気

    2010-09-26

    10 users https://inohiro.hatenablog.com/

    末期的にヒャイヒャイする一日ο(´Θ`)

    1 user https://ameblo.jp/kasumi-panna/