検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

ドメインの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)6840 件中 1 - 40 件目

  • 「個人が取得したドメイン」の“終活”を始めてみた

    インターネット普及期には大きなメリットがあった独自ドメインの取得ですが、「Gmail」などの使い勝手がいい無償の電子メールサービスが登場してからはあまり魅力がなくなってきています。今回は個人で取得したドメインの“終活”についてお話ししましょう。 最近、筆者は頻繁に各種サービスの設定を見直しています。具体的には脆弱(ぜいじゃく)なパスワードを強力なものに変更するとともに、登録している電子メールアドレスを「gmail.com」に変更しています。 これまで筆者は、「Gmail」の使い勝手を独自の電子メールアドレスでも利用できるように、保持している「.jp」の独自ドメインを無償版「G Suite」で運用していました。しかし無償版G Suiteのサービス終了をきっかけに、独自ドメインへの依存を減らす方針にシフトチェンジしました。いわば、個人が取得した独自ドメインの“終活”です。 令和の今、個人で独自

    「個人が取得したドメイン」の“終活”を始めてみた
    • 前編:Elasticsearchの機械学習分析による類似ドメイン検知  | IIJ Engineers Blog

      Elasticsearchの機械学習機能 今回はElasticsearchの教師あり機械学習(ML)機能とそれを使った類似ドメイン検知についてご紹介します。 Elasticsearchは無償(一部機能を除く)で利用できるデータ分析・可視化ツールです。一般的にはログやテキストデータの保存や検索、可視化などで使われることが多いでしょう。そのElasticsearchでML機能が使えることはご存知でしょうか。 ElasticsearchのML機能は、2016年に Elastic社がPrelert社を買収したことで、バージョン6.1から追加されました。有償なのですが、試用ライセンスで30日間試すことが可能です。今回も試用ライセンスで検証しています。 MLには教師なし型と教師あり型があります。Elasticsearchでは当初は教師なし型のみでしたが、教師あり型が後から追加されました。なお Elas

      前編:Elasticsearchの機械学習分析による類似ドメイン検知  | IIJ Engineers Blog
      • 良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門の感想と注意点

        「良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門」という本がとても売れているようです。私の所属している開発チームでも、何人か購入した人がいたので、私も購入して一通り読んでみました。 結果として、いくつかの考えが整理され、私としてはこの本によって考えが深まり、本を読んで考えた事自体は有意義であったと思いました。ただし一方で、あまり知識がない状態で(自分の中での判断軸が無い状態で)この本を読むと、色々と誤解が生まれるのではないか?という事を感じました。 一つの技術書がこれだけ売れるという事はそんなに多くはない事だと思うので、つまり、 その内容が改善されるとその効果は相対的に大きい という事になります。そこで、私が本を読んでいて思ったことや、この本の内容で正しいこと、現在も賛否両論とされること、事実として認識が間違っているであろうこと、この本で触れられていないが設計において大事なこと、などについてまとめて

        良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門の感想と注意点
        • 【備忘録】ラズパイを自宅サーバにし、独自ドメインで外部公開するまで - Qiita

          はじめに Raspberry Pi 4を自宅サーバとして運用し始めたので、その際にやったことの備忘録として書き残しておきます。 本記事では以下のことをやります。 ラズパイを固定IPアドレス化 Docker環境構築 ファイアウォール導入 独自ドメイン取得 ドメイン名とグローバルIPアドレスの紐づけ サービスを外部公開する ラズパイを固定IPアドレス化 Webブラウザを立ち上げて、URLの欄にルータのローカルIPアドレスを入力してください。ルータのIPアドレスはwindowsならコマンドプロンプトで以下のコマンドを入力すれば、「デフォルトゲートウェイ」という項目に出てきます。192.168.〇.1みたいなIPアドレスになってることが多いです。 IPアドレスを打ち込むと、自宅のルータの設定のページに飛びます。おそらく、ここでログインを要求されるので、IDとパスワードを入力してログインをします。I

          【備忘録】ラズパイを自宅サーバにし、独自ドメインで外部公開するまで - Qiita
          • 「スパイ防止法」制定促進サイト「spyboshi.jp」が、統一教会系のドメインだった

            渡部篤 @watanabeatushi 市議2期、県議4期後、44回の総選挙に比例当選して衆議院議員になり、その後、大病して45回総選挙に落選して・・今は天下の素浪人。真正保守・ナショナリスト、日本浪曼派・京都学派の『近代の超克』・『世界史の哲学』 に惹かれ。経済ではデフレ脱却のための大胆な金融緩和・財政拡大支持。「現代貨幣理論」に共鳴、市場原理主義反対。 渡部篤 @watanabeatushi 「スパイ防止法」がないのは世界で日本だけ spyboshi.jp/spying/自衛権は国際法(国連憲章第51条)で認められた独立国の固有の権利で、国家機密や防衛機密を守り、他国の諜報活動を防ぐのは自衛権の行使として当然の行為。それで世界ではどの国もスパイ行為を取り締まる法整備をしている。 2018-10-10 01:07:53 こたママ kotamama @kotamama318 海外に長く住む

            「スパイ防止法」制定促進サイト「spyboshi.jp」が、統一教会系のドメインだった
            • 統一教会系ドメインメモ|渡辺直弼|note

              あまり隠す気がないようですけど「スパイ防止法推進」というのは統一教会(勝共連合)が随分と昔から勧めてきたプロジェクトのようです。 「スパイ防止法」制定促進サイト、whois覗いたら「世界平和連合」ってでるの、隠す気がなくておもろいhttps://t.co/GFrztsRpML — シャイニングナオスケ (@nyaa_naosuke_su) December 9, 2021

              統一教会系ドメインメモ|渡辺直弼|note
              • 設計の考え方とやり方

                Transcript 設計の考え方とやり方 2022年8月3日 有限会社システム設計 増田 亨 初版:2022/2/3 改訂:2022/8/3 自己紹介 アプリケーション開発者 Java/Springを使った業務系アプリケーション開発 「ドメイン駆動設計」の開発現場への導入・実践 著書『現場で役立つシステム設計の原則』 ~変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法 技術者コミュニティ「現場から学ぶモデル駆動の設計」主催 2022/8/3 2 お話すること 良い設計を目指す 設計スタイルの選択 • クラス設計 • テーブル設計 • 開発のやり方 設計スキルを身につける 2022/8/3 3 良い設計を目指す 2022/8/3 4 良い設計は悪い設計より 変更が楽で安全である 2022/8/3 5 ソフトウェアを変更する理由(複合) • 市場の競合関係(競争優位・競争劣位)の変化に対応する

                設計の考え方とやり方
                • RubyでDSLが書きやすい理由を整理する - Qiita

                  これは何 Rubyは「DSLが書きやすい言語」という説明がされることがあります。 なぜRubyはDSLが書きやすい、と言われるのかを僕なりにまとめてみました。 「こういう要素もあるからだよ」などあればぜひコメントや編集リクエストをいただけると嬉しいです。 DSLの例 DSLとは直訳するとドメイン固有言語です。 簡単なイメージで言うと、「ユーザーが自由に構文に近い仕組みを実装、提供できる」ようなものです。 詳しい説明はWikipediaにお任せします。 RubyやRailsで使われているDSLで有名なものはActiveRecord周りの実装などでしょうか。 例を記載します。

                  RubyでDSLが書きやすい理由を整理する - Qiita
                  • 【ドメイン駆動設計】なぜ値オブジェクトそのものを比較できるようにしなければならないのか? - Qiita

                    値オブジェクトは以下の3つの要素を持ったオブジェクトだとされている。 1)不変である(一度インスタンスが作られたら、それが保有する属性の値は変化してはいけない) 2)交換が可能である(再代入=交換によってのみ値を変更することができる) 3)等価性によって比較される このうち、3)は絶対に必要なんだろうか? 例えば、Date型にかなり近い、YearMonth(年と月をもったオブジェクト)を定義してみよう。

                    【ドメイン駆動設計】なぜ値オブジェクトそのものを比較できるようにしなければならないのか? - Qiita
                    • NFTドメインならCrypto Name

                      2022.07.27 「日本経済新聞(朝刊・Web版)」「CoinPost」「あたらしい経済」に掲載されました。 Web3時代のドメイン Web3時代における新しいドメイン、それが「NFTドメイン」です。 Web3とは、ブロックチェーン技術を用いて、特定の企業やプラットフォームに依存しないインターネットの新たな形を示す概念を指します。 そのWeb3サービスにおいても、ドメインは存在します。それが、NFTドメインです。 機能や特長はWebやメールで使われているインターネットドメインとは様々な点で異なります。 いくつかある特長の中で、最も大きなものとして、仮想通貨取引で利用される「ウォレットアドレス」をわかりやすい文字列に変換する機能があります。 この機能により、仮想通貨の送受金におけるアドレス確認のストレスを軽減し、より手軽に仮想通貨やNFTの送受を行うことができます。また、ウォレットアプリ

                      NFTドメインならCrypto Name
                      • Clean Architecture: Applying with React

                        This text is part of a series of texts about Clean Architecture analysis applied with different frameworks and languages. The purposes of this text are in line with those of the previous text, which are: I. Show an architectural division of a React application using Clean Architecture; II. Guide the implementation of new features in this proposed architecture. Architectural Division The initial st

                        Clean Architecture: Applying with React
                        • わかりやすくて最高だった「ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本」レビュー | DevelopersIO

                          わかりやすくて最高だった「ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本」レビュー 「ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本」を読んだところ、とても良かったのでレビューしたいと思います。 私の状況 まずこの本を読む前の私がどの程度ドメイン駆動設計について理解していたかご紹介します。 以前同僚が書いてくれたサンプルコードを手本にレイヤードアーキテクチャみたいなTypeScriptのLambda関数を書いている 「Service」とか「Repository」とかの単語を命名に使っているが、使い方あってるのか自信ない、というか意味をよくわかっていない 実装中「この構成でええんか?」と何度も思い悩む 時間かかるくらいなら雑にさっさと書いてしまったほうが良いのでは、と思うこともある。けどちゃんとしたコードを書きたいんや。 こういうのを読んで、テストしや

                          わかりやすくて最高だった「ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本」レビュー | DevelopersIO
                          • 【DNS】サブドメインのないドメインのAレコードは真っ先に書かないといけない - Qiita

                            Help us understand the problem. What are the problem?

                            【DNS】サブドメインのないドメインのAレコードは真っ先に書かないといけない - Qiita
                            • Let’s Encryptでワイルドカード証明書を取得する話 | IIJ Engineers Blog

                              はじめに SoftwareDesign 8月号のDNS特集にて記事を書かせていただきました。みんな買ってね。 で、実は最初に書いてた原稿はもっと長かったんですけど、紙幅の都合で一部の内容については掲載を見送りました。せっかく書いたのに捨てるのはもったいないので、先日おこなわれたDNS Summer Day 2022で発表しようかと準備してたんですが、途中で気が変わって違う内容になりました。そんなわけで、最終的にエンジニアブログにて供養します。加筆修正しまくっているので元の原稿の気配はもはや残り香程度に漂うだけですが。 ACMEでdns-01チャレンジ サーバ証明書を無料かつ自動で取得できるサービスとして有名なものにLet’s Encryptがありますが、Let’s Encryptの仕組みはLet’s Encrypt独自のものではありません。ACME (RFC8555)として標準化されていて

                              Let’s Encryptでワイルドカード証明書を取得する話 | IIJ Engineers Blog
                              • Osumi, Yusuke on Twitter: "愛知県選挙管理委員会が、 > 2022sangiin-senkyo-aichi .jp という汎用jpドメインで活動しており、アチャー😩な感じに……。 何が問題なのかは、以前に東京都選挙管理委員会が同じことをしていたとき、以下に… https://t.co/PHcxh7IDGR"

                                愛知県選挙管理委員会が、 > 2022sangiin-senkyo-aichi .jp という汎用jpドメインで活動しており、アチャー😩な感じに……。 何が問題なのかは、以前に東京都選挙管理委員会が同じことをしていたとき、以下に… https://t.co/PHcxh7IDGR

                                Osumi, Yusuke on Twitter: "愛知県選挙管理委員会が、 > 2022sangiin-senkyo-aichi .jp という汎用jpドメインで活動しており、アチャー😩な感じに……。 何が問題なのかは、以前に東京都選挙管理委員会が同じことをしていたとき、以下に… https://t.co/PHcxh7IDGR"
                                • 一般ユーザに払い出すと危険なサブドメインやメールアドレス - ASnoKaze blog

                                  ユーザに対して、そのユーザ名のサブドメインやメールアドレスを払い出すWebサービスがあります。 しかし、特定のサブドメインやメールアドレスは特別な用途で使われているものもあります。そのようなサブドメインやメールアドレスを一般ユーザに払い出してしまうと危険です。 現在、IETFでは仕様上利用用途が決められている、それらのラベルをとりまとめる「Dangerous Labels in DNS and E-mail」というdraftが提出されています。 今回はそれを眺めていきます。 (あくまでIETFの取り組みであり、仕様上定義されているものをとりまとめています。クラウドサービスや特定ベンダーで特別利用しているものは現在含まれていません。) サブドメイン ここでとりあげるサブドメインは、利用用途が決まってるため一般ユーザに払い出すべきではありません。(例: mta-sts.example.com)

                                  一般ユーザに払い出すと危険なサブドメインやメールアドレス - ASnoKaze blog
                                  • データモデルはドメインモデルに先行する - 設計者の発言

                                    関わっているあるプロジェクトで、Javaでのコンポーネントベース開発を進めるためのクラス図が出来上がりつつある。DDD(ドメイン駆動設計)に関心を持つ技術者にとってお手本になるような端正なドメインモデルだ。それを眺めながら関係者がしみじみと感じていることがある。どんなに優秀なドメインエキスパートと組んだとしても、DDDにもとづいてこのモデルを「先に」生み出すことは不可能だっただろう。 どういうことか。我々はまず、泥臭い分析と設計を重ね、あるべきデータモデルを完成させた。そのうえで実装方式の専門家の協力を仰ぎ、クラス図が出来上がった。つまり、データモデルからドメインモデルが導かれたのであって、その逆ではない。じっさい、ドメインモデルからデータモデルを導くことが不可能であったことは、両者を並べたら一目瞭然なのであった。 これは重要な論点だ。データモデリングとドメインモデリングのどちらを先行させ

                                    データモデルはドメインモデルに先行する - 設計者の発言
                                    • デフォルトでCookieをオリジンに紐づける、ChromeのOrigin-Bound Cookies - ASnoKaze blog

                                      Blinkの開発者メーリングリストで「Intent to Prototype: Origin-Bound Cookies」という議論が行われています。 Cookieをより安全にするために、デフォルトでCookieをオリジンに紐づけるようにする提案です。Cookieをset-cookieしたオリジン以外からは、そのCookieにアクセスできないようになります。 詳しい背景や仕組みについては次のページから確認できます。 github.com かんたんに、Origin-Bound Cookiesの動作をみていきましょう。 例 オリジンは、スキーム、ホスト名、ポートの組です。それらのうち一つでも異なれば、オリジンが異なることになります。 例えば、次のようになります。 http://example.comによってセットされたcookieは、http://example.comにのみ送信されます。ht

                                      デフォルトでCookieをオリジンに紐づける、ChromeのOrigin-Bound Cookies - ASnoKaze blog
                                      • 【さくらのドメイン】一部ドメインの料金改定のお知らせ(2022年6月24 日11:40追記) | さくらインターネット

                                        お客さま各位 平素よりさくらインターネットに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 さくらのドメインで提供している「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」「.mobi」ドメインにおいて、上位組織から提示されるドメイン料金の上昇や、その他の外的要因による仕入れ価格の変動に伴い、2022年8月25日より料金改定を実施いたします。 (2022年6月24 日11:40、料金改定理由の追記をいたしました。) 詳細は下記をご参照ください。 さくらインターネットでは、今後もよりよいサービスの提供が行えるよう、精一杯努めてまいります。引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 ドメインの料金改定について 対象ドメイン 「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」「.mobi」 ※上記以外のドメインの料金は変更ございません。 料金(税込) 各ドメ

                                        【さくらのドメイン】一部ドメインの料金改定のお知らせ(2022年6月24 日11:40追記) | さくらインターネット
                                        • 「偽サイト騒動」の背後に不審なWebプロキシサイトを確認|トレンドマイクロ

                                          この6月に入り、官公庁や市町村のWebページの「偽サイト」が検索上位に登場するなどの報告が相次ぎ、15日にはNISC(内閣サイバーセキュリティセンター)から注意喚起が発出される事態となりました。トレンドマイクロでこれら「偽サイト」について調査したところ、問題のサイトは「プロキシ回避システム(Proxy Avoidance Websites)」の一種であると判明しました。プロキシ回避システムを原因とする偽サイト騒動は過去から何度も繰り返されてきました。しかし、今回の事例に関する調査の中では過去事例と異なり、オリジナルのサイトにはないJavaScriptを挿入するといった不審点も確認されました。本記事ではこの調査について報告いたします。 「偽サイト騒動」を繰り返す「プロキシ回避システム」? 「プロキシ回避システム」とは、利用者が指定したWebページを中継して表示するサービスであり、「中継サービ

                                          「偽サイト騒動」の背後に不審なWebプロキシサイトを確認|トレンドマイクロ
                                          • 日本のCDNシェアについて調査結果@2022年6月 | J-Stream CDN情報サイト

                                            前回調査:2021年10月 調査方法 Webクローラー(スパイダー)によるWebサイト調査 FQDN数:約1,265万 URL数:約14,294万 集計日 2022年6月12日 対象 Cloudflare、Akamai、Cloudfront、CDNetworks、Incapsula、Limelight、Edgecast,国内CDN事業者(Accelia、IDCF、IIJ、J-Stream) CDN判定方法 cnameベース Akamai, Fastly, Edgecast, Limelight, Accelia, IIJ, IDCF, J-Stream レスポンスヘッダ(サーバ名)ベース Cloudflare, Cloudfront, Incapsula シェア集計の単位 ドメイン(例, example.jp) 補足:FQDNでの集計では、CDNを使用しているblogサイトの影響が出る。つ

                                            • 続出する公的機関の偽サイトに国が注意喚起 「必ずドメインを確認して」

                                              内閣サイバーセキュリティセンターが、地方自治体などをかたる偽サイトを確認したとして注意喚起。自治体などの偽サイトを巡っては、長野県長野市などが、特定の検索エンジンを使ったとき、偽物が本物より上位に表示されるとして、注意を呼び掛けている。 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は6月15日、地方自治体や公的機関などをかたる偽サイトを確認したとして注意喚起した。自治体などの偽サイトを巡っては、長野県長野市や徳島県徳島市、神奈川県藤沢市などが、特定の検索エンジンを使ったとき、偽物が本物より上位に表示されるとして、注意を呼び掛けている。 「URLリンクから他のWebサイトに行くなど、普段と異なる方法で利用する際は、リンクにポインタを置く、アドレス欄をよく見るなどにより、URLのドメイン名を必ず確認してからにしてください」(NISC)。不審なドメインの場合、別の検索エンジンを利用し、本物のUR

                                              続出する公的機関の偽サイトに国が注意喚起 「必ずドメインを確認して」
                                              • “ドメイン名の終活”ちゃんとやってる? DNSの基本的な話から突っ込んだ話まで、無料で聴けるイベントが6月24日開催 「DNS Summer Day 2022」オンライン聴講の参加申し込み受付中

                                                “ドメイン名の終活”ちゃんとやってる? DNSの基本的な話から突っ込んだ話まで、無料で聴けるイベントが6月24日開催 「DNS Summer Day 2022」オンライン聴講の参加申し込み受付中
                                                • DDDの正体は実装パターンとモデリングの組み合わせ - パンダのプログラミングブログ

                                                  PoEAA を通して DDD の半分を理解する マーティン・ファウラーの PoEAA を読んでから、DDD のことを考え続けている。今まで DDD の話題はあえて避けてきた。分厚く難解な書籍、増えるコード量、教祖とその信徒たち(MV)、全てをその視点から解釈しようとする試み、少しでも間違えたら求められる自己批判、無知な者に対する SNS 上のオルグ、いつまでも出てこない総括、それでも信じるものは救われる。「一匹の亡霊がIT界隈を徘徊してる。DDDという亡霊が...」 まあ早まらないでほしい。何も DDD こき下ろそうというわけではない。自分の実力不足が主な原因と思い、深入りする前から「わからないもの」と決めつけていた DDD は、PoEAA というライトに照らされてその姿を私の前に姿を表し始めた。それは亡霊ではなく、確固たる手触りのある実体(Entity)だったのである。 PoEAA は

                                                  DDDの正体は実装パターンとモデリングの組み合わせ - パンダのプログラミングブログ
                                                  • 日本DNSオペレーターズグループ | DNS Summer Day 2022

                                                    DNS Summer Day 2022 開催趣旨 DNSはインターネットにおける重要な基盤技術の一つです。 そのため、DNSの安定運用がインターネット安定運用にそのまま直結します。 DNSはグローバルCDNのシグナリングや、証明書の健全性の検証に必要な情報 の提示に用いられたりするようになり、情報通信インフラの安全性・健全性 を支える重要な機能を実現するための役割を担わされる一方でDNSに干渉する ことにより様々な目的を実現しようという動きも起きています。 グローバルにサービスを提供する事業者によるパブリックDNSサービスが、 権威側、リゾルバ側を問わずブラックボックス的に使われる場面も当たり前 の状況となりつつあります。このように、DNSは多くの重要な役割を持つ、 代替となるものがないインフラサービスとなっています。 一方で、DNSの運用については権威側にもリゾルバ側にも十分な関心が 払

                                                    • ドメイン駆動設計の源流のPofEAAを読んでみる | フューチャー技術ブログ

                                                      最近、ドメイン駆動設計(以下DDD)とかそのあたりを読みこんでいる人から、DDD本の読み方を教えてもらいました。ここではDDD本はエリック・エヴァンスのドメイン駆動設計の方を参照しました。 @katzchang さんから教わったのは「DDDはパターンランゲージの形式を意識してるよ」ということでした。ただし、きちんとしたパターンランゲージの形式になっておらず、記述が著者のものになってるので、読者は注意して読む必要があるのかもとのことです。 @ryoaitaさんから教わったのは「DDDはエンタープライズアプリケーションアーキテクチャパターン(以下PofEAA)を下敷きにしている本だよ」ということでした。 DDDももう時代的にはかなり古い本です。自分で読んだ限りは全然好きになれなくて、でもきっと何かあるはずだと3-4冊読んでみましたが感想は変わらずでした。ユビキタス言語も「当たり前のものを先頭に

                                                      • アクセスログ解析サービスVisionalistで利用していたドメイン(tracer[.]jp)の脅威分析と注意喚起 - NTT Communications Engineers' Blog

                                                        はじめに イノベーションセンターの神田です。 みなさんはVisionalistというサービスをご存じでしょうか。 VisionalistはNTTコミュニケーションズのグループ会社であるNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(以下 NTTコム オンライン)が提供していたアクセスログ解析サービスです。 2020年7月にサービスを終了しましたが、2022年5月にこのサービスで利用していたドメインを第三者が再登録し、セキュリティ上問題があるスクリプトを設置している可能性が確認されました(以下 本件)。 本件について、NTTコム オンラインは広く注意を呼びかけています。 本件に対して、イノベーションセンターでは事象が確認された直後からそのリスクの有無や程度について詳細な調査を実施してきました*1。 本記事は、本件におけるリスクがこれ以上拡大しないようにこれまでに我々が確認した事実とそ

                                                        アクセスログ解析サービスVisionalistで利用していたドメイン(tracer[.]jp)の脅威分析と注意喚起 - NTT Communications Engineers' Blog
                                                        • フロントエンドエンジニアが「自分はJSON色付け係」と自虐する理由を考察した - パンダのプログラミングブログ

                                                          「JSON色付け係」という自虐 フロントエンドエンジニアの間では、「私の仕事は JSON に色を付けることです」という有名な自虐ネタがある。 おそらく初出は以下のツイートなのだろう(*1)。ただ、出典はあまり詳しく調べていない。 初めてこの言葉を見た時、面白い言い回しだなと思った。確かにフロントエンドの仕事にそういう側面はある。 実際、コンテンツの表示がメインのページで作業すると上記のような気持ちになる。この場合、フロントでやることといえばせいぜい日付の表示形式を適切にフォーマットするくらいだ。結局バックエンドからデータが返ってこないとフロントだけでは何もできないと思うこともある。 もちろん、フロントだけで簡潔する手書き風グラフ作成ツール excalidraw のようなものは別だし、フロントで複雑な状態を扱う部分を書いたり、フォームを使ってユーザー入力を受け付け、入力値を検証するバリデーシ

                                                          フロントエンドエンジニアが「自分はJSON色付け係」と自虐する理由を考察した - パンダのプログラミングブログ
                                                          • Using a catch-all domain is a mistake

                                                            A few years ago, I set up a free Google Workspace account on my domain and configured a catch-all email. Anything in the username field of the domain routed to my user account, for example, uber@notcheckmark.com ended up at me@notcheckmark.com. I wanted to see who shared my email and give myself a way to block those bad actors. If Uber started selling my email, I could just trash everything to ube

                                                            • 簡単にできるDDDのモデリング - ドメイン駆動設計 - little hands' lab

                                                              DDDではよく「モデリングが重要だ!」と言われますが、どのようにモデリングすればいいのかがわからず、一歩を踏み出せないことは多いのではないでしょうか。 そんな方のために、本記事ではDDDにおいてシンプルで成果が出しやすいモデリング手法について紹介します。 (本記事は、YouTube動画「10分でわかるドメインモデリング」の内容をもとにした解説記事です。) DDDの目的 DDDの目的から確認しましょう。 DDDの目的は2つ。 ①機能性を高めること これは、役に立つものを作ること、言い換えると「作ったけど使えない」を避けることです。 そのために、ドメインモデリングを行い、ソフトウェアを適用して役立てようとしている現実世界の領域(これの領域をDDDでは「ドメイン」と呼びます)について理解を深め、解決策を検討することを目指します。 ②保守性を高めること これは、長期間開発しても機能拡張が容易であり

                                                              簡単にできるDDDのモデリング - ドメイン駆動設計 - little hands' lab
                                                              • ドメインを Route 53 から Cloudflare に移管する

                                                                はじめに ここ 5 年ほど AWS の勉強も兼ねて、プライベートのドメインを Route 53 で管理していました。大したトラヒックをさばくわけでもないので機能や品質的には特に不満もなく、ドメインの更新料もそこまで割高と言うわけではないのですが、ゾーン毎にホスティング料金がかかるため複数のドメインで地味に毎月数百円かかっており、なんだかなぁと思っていました。 最近は、個人的に 1.1.1.1 を使わせていただくことも多く、ドメイン管理の料金もリーズナブルな様に見えましたので、まずはひとつ Route 53 から Cloudflare にドメインを移管してみることにします。 実は、先日ドメインパーキング用のページを作成したりしておりましたが、これを Cloudflare Pages に載せるようにしたのも、ドメイン移管をにらんでの事だったのでした。 DNS サーバーを Cloudflare

                                                                ドメインを Route 53 から Cloudflare に移管する
                                                                • ヘキサゴナルアーキテクチャを利用したLambda 関数のドメインモデルの実装 Live

                                                                  ヘキサゴナルアーキテクチャを利用したLambda 関数のドメインモデルの実装 Live AWS Summit 2022 Developer Zone (dev-09) セッション資料です。

                                                                  ヘキサゴナルアーキテクチャを利用したLambda 関数のドメインモデルの実装 Live
                                                                  • 『くまのプーさん』がパブリックドメインになり早速ホラー映画の制作が進行…「草木も眠る蜂蜜時」「葬らんダービー」など

                                                                    リンク ファミ通.com 『くまのプーさん』のホラー映画が制作進行中。原作童話のパブリックドメイン入りにより幅広い利用が可能に | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com 世界的映画データベースのIMDBで、世界的キャラクター“くまのプーさん”のホラー映画『Winnie the Pooh: Blood and Honey』が登録されているのが発見され話題を呼んでいる。 19 users 99 ホラー映画取締役 @torishimaru くまのプーさんがパブリックドメインになり、早速ホラー映画に!!『Winnie the Pooh: Blood and Honey』(『くまのプーさん:血とハチミツ』)からシーン写真が解禁。ストーリーは未解禁だが、くまのプーさんのマスクを被った殺人鬼が襲い来るスラッシャームービーの様相。続報に期待!! pic.twitter.com/Dc39qKoPqk

                                                                    『くまのプーさん』がパブリックドメインになり早速ホラー映画の制作が進行…「草木も眠る蜂蜜時」「葬らんダービー」など
                                                                    • AWS認証情報が盗まれる2つのライブラリ改ざんについてまとめてみた - piyolog

                                                                      2022年5月24日(米国時間)、SANS ISCのフォーラムでPython向けライブラリの1つ(その後PHP向けライブラリでも判明)が第三者により不正なコードを含むアップデートが行われていたとして注意を呼び掛ける投稿が行われました。その後この行為に関わっていたとして実行者とみられる人物が顛末を公開しました。ここでは関連する情報をまとめます。 改ざんされた2つのライブラリ 今回影響が確認されたのPython Package Index(Pypi.org)で公開されている「ctx」、Packagist(Packagist.org)で公開されている「PHPass」の2つ。 影響を受けたライブラリ インストール実績 改ざんされたとみられる期間 概要 ctx 約75万回 2022年5月14日~5月24日頃 辞書(dict型オブジェクト)を操作するユーティリティを提供するPython向けのパッケージ

                                                                      AWS認証情報が盗まれる2つのライブラリ改ざんについてまとめてみた - piyolog
                                                                      • 『くまのプーさん』のホラー映画が制作進行中。原作童話のパブリックドメイン入りにより幅広い利用が可能に | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

                                                                        同サイトによると同作はRhys Frake-Waterfield監督の第1作となり、撮影を終えてポストプロダクション作業が進行中。制作の英Jagged Edge Productionsによると年内の公開を目指しているようだ。 WINNIE THE POO: BLOOD AND HONEY NOW SHOOTING! https://t.co/4wXsRsLuCc — Jagged Edge Productions (@JaggedEdgeProd) 2022-04-27 21:43:53 プーさんと言えばディズニーのアニメなどが有名だが、実はその原作であるA・A・ミルン作の童話『クマのプーさん』は2022年1月1日をもって1926年の発売から95年の保護期間を過ぎてパブリックドメイン入りしており、知的財産権に左右されない比較的自由な利用が可能。この作品もそれを狙ったものだろう。 なおプーさ

                                                                        『くまのプーさん』のホラー映画が制作進行中。原作童話のパブリックドメイン入りにより幅広い利用が可能に | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
                                                                        • メモ:値オブジェクトの定義と差異について - かとじゅんの技術日誌

                                                                          「値オブジェクト」の定義について不勉強だったので「DDDの値オブジェクト」の定義とDDD以外の「値オブジェクト」との違いについて、改めて関連書籍を読み直し整理してみました。 すごい長いし細かいので他人に読ませるような記事ではなく、自分のために書いたメモです。 もし読むなら興味がある人だけで。 自分向けのメモですが、一応 この記事の前提や意図を書いておきます。 「DDDの値オブジェクト」以外を否定する記事ではありません。 原理主義のように書籍の理想どおり実践するべきだと主張するつもりはありません 「理想に従えばよい」「理想に従うの無意味だ」と決め付けの二項対立的な思考ではなく、理想と現実の絡み合ったグレーゾーンを見極めつつ、現場で手を打つのが優れた実践者ではないでしょうか 下記に紹介する、それぞれの値オブジェクトの優劣について細かく議論し、論破する・されることを目的としていません。 言い訳と

                                                                          メモ:値オブジェクトの定義と差異について - かとじゅんの技術日誌
                                                                          • DDDとかドメインオブジェクトとかよくわからないけど、実際にコードに適用するとこうかな? - 技ビス : 技術、ビジネス、スタートアップ

                                                                            最近DDDや値オブジェクトやドメインオブジェクトの定義が一部界隈で話題です。kumagi sanとかとじゅんさんの間で熱い議論が何日にも渡って繰り広げられています。 kumagi.hatenablog.com blog.j5ik2o.me kumagi.hatenablog.com kumagiさん眠たいんですが…。続きは明日でもいいですか。 — かとじゅん (@j5ik2o) 2022年5月19日 大変ですね! ぼくも違うチャネルでkumagi sanに色々理解をぶつけてみたものの全然違うようで色々と教えてもらったりしました。 しかしながら、これ実際どこでどう使うのかなと。大先生がこんな事を言ってました。 言葉遊びしてるんじゃねえんだぞ、動くものを作れ — Yoshi Yamaguchi (@ymotongpoo) 2022年5月19日 というわけで、最近書いたコードを題材にちょっとリフ

                                                                            DDDとかドメインオブジェクトとかよくわからないけど、実際にコードに適用するとこうかな? - 技ビス : 技術、ビジネス、スタートアップ
                                                                            • Re: ドメイン固有型(値オブジェクト含む)を再考する - Software Transactional Memo

                                                                              blog.j5ik2o.me 値オブジェクトはドメイン固有型の一種です。なので、不変と等価判定だけではなく、なにかしらのドメイン固有の不変条件(invariant)を維持する責任があると考えます(もちろん型として切り出すわけですからその投資に見合うだけの見返りがないといけません)。 違う。値オブジェクトとはID以外で等価判定をするオブジェクトの事であって、RubyのHash、Pythonのdict、C++のstd::unordered_setすらも値によって等価判定を行うのでこれらは値オブジェクトであるがドメイン固有型ではない。RubyでHashに入れて渡されたユーザ入力値をValidationしてドメイン固有型に詰め直すのはもちろん必要ならやれば良いが、Hashクラスそのものにモンキーパッチなり特異クラスなりを行って不変条件を維持する責任を負った自分専用Hashを作って普通のHashクラ

                                                                              Re: ドメイン固有型(値オブジェクト含む)を再考する - Software Transactional Memo
                                                                              • 提供終了したアクセス解析ツールのドメインが他者の手に 不審なスクリプトが設置されている可能性も

                                                                                NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが2020年に提供終了したアクセス解析ツール「Visionalist」で、使っていたドメインが何者かに取得された。情報セキュリティ上問題のあるスクリプトが設置されている可能性がある。 NTTグループのNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは5月18日、2020年7月に提供終了した同社のアクセス解析ツール「Visionalist」で使っていたドメインが何者かに取得されたと発表した。情報セキュリティ上問題のあるスクリプトが設置されている可能性があるとしている。

                                                                                提供終了したアクセス解析ツールのドメインが他者の手に 不審なスクリプトが設置されている可能性も
                                                                                • ドメイン固有型(値オブジェクト含む)を再考する - かとじゅんの技術日誌

                                                                                  Value Objectが盛り上がっているらしい。 Value Objectについて整理しよう - Software Transactional Memo Value Objectの説明に異論がないものの、主題はValue Object Obsessionのほうですよね。 こちらも聞いてみた。 fukabori.fm よい機会なので、よくわかっているつもりの、値オブジェクトというかドメイン固有型について再考してみよう。 それは値か属性か それはエンティティの全メンバーやデータベースの全列のために「顧客郵便番号」「送付先郵便番号」「事業所郵便番号」「契約日」などのクラス(メンバではなくクラス!)を定義して、immutableな振る舞いを強制する事を以てValue Objectであると言い張り、ドメイン知識の断片をそれぞれのクラスに書き散らして「高凝集になった」「型システムが守ってくれる」と喜

                                                                                  ドメイン固有型(値オブジェクト含む)を再考する - かとじゅんの技術日誌