検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

中国の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)85327 件中 1 - 40 件目

  • 台湾外交部長、中国演習は「侵攻の準備」

    台湾最南端の屏東県で行われた、敵の上陸を阻止するための実弾演習(2022年8月9日撮影)。(c)Sam Yeh / AFP 【8月9日 AFP】台湾の呉釗燮(Joseph Wu)外交部長(外相)は9日、中国が台湾を包囲する空・海域で行っている軍事演習について、台湾に侵攻しアジア太平洋地域の現状を変更するための準備だと批判した。 中国は先週、ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)米下院議長の訪台に強く反発し、台湾周辺で過去最大規模の演習を開始。米国の大統領職継承順位が2位の下院議長が、台湾を訪問するのは25年ぶり。 台湾は9日、最南端の屏東(Pingtung)県で、中国による侵攻に対する防衛を想定した実弾演習を実施した。 呉氏は実弾演習後の記者会見で、「中国は演習と軍事作戦を、台湾侵攻の準備に利用している」と指摘。中国の演習は、台湾の権利を著しく侵害するものであり、台湾周辺とアジア太平

    台湾外交部長、中国演習は「侵攻の準備」
    • 中国、科学論文で世界一 「質」でも米抜き3冠

      日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 自然科学分野の研究論文に関わる代表的な3つの指標全てで中国が世界一になった。文部科学省の研究所が9日公表した最新の報告書で、研究者による引用回数が上位1%に入る「トップ論文」でも米国を初めて抜き、総論文数、引用上位10%に入る「注目論文」の数とともに首位となった。学術研究で優位となれば、産業競争力の逆転も現実味を帯びてくる。 科学論文の数は国の研究活動の状況を示す基本的な指標だ。文科省科学技術・...

      中国、科学論文で世界一 「質」でも米抜き3冠
      • 橋下徹「ミヤネ屋」で紀藤氏に徹底論破される「同じ弁護士なのに」と呆れ声 | 女性自身

        8月8日に放送された『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、元大阪府知事の橋下徹氏(53)が全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹氏(61)に論破されるシーンがあった。ネットでは橋下氏に対して呆れる声が上がっている。 連日、“旧統一教会と政治家の癒着”について取り上げている『ミヤネ屋』。そこで、この日はカルト認定をするために10の基準を掲げるフランスの反セクト法、通称「反カルト法」を引き合いに出し「カルト宗教を取り締まる法律は、日本でも実現するべきか」について議論が交わされていた。 司会の宮根誠司(59)らと共にスタジオ出演していた橋下氏。中継先にいた紀藤氏の「反カルト法のような法律を導入すべき」という提言に、「反カルトというのは、あくまでも宗教に絞った規制。でも、(信者が)信じているのはしょうがない。だから教義内容や内心に踏み込むのは危険」と返した。 すると紀藤氏は「教義に踏み込まない」という橋

        橋下徹「ミヤネ屋」で紀藤氏に徹底論破される「同じ弁護士なのに」と呆れ声 | 女性自身
        • 中華人民共和国駐大阪総領事館 on Twitter: "中国の脅威から防衛費増額をめぐる議論が日本で強まっているが、中国のGDPは日本の約10倍にもなったら、防衛費を2%にしたところで、どれだけの意味があるだろうか?(5/6) https://t.co/V2BVIlvXuf"

          中国の脅威から防衛費増額をめぐる議論が日本で強まっているが、中国のGDPは日本の約10倍にもなったら、防衛費を2%にしたところで、どれだけの意味があるだろうか?(5/6) https://t.co/V2BVIlvXuf

          中華人民共和国駐大阪総領事館 on Twitter: "中国の脅威から防衛費増額をめぐる議論が日本で強まっているが、中国のGDPは日本の約10倍にもなったら、防衛費を2%にしたところで、どれだけの意味があるだろうか?(5/6) https://t.co/V2BVIlvXuf"
          • 橋下徹「ミヤネ屋」で紀藤氏に徹底論破される「同じ弁護士なのに」と呆れ声(女性自身) - Yahoo!ニュース

            8月8日に放送された『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、元大阪府知事の橋下徹氏(53)が全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹氏(61)に論破されるシーンがあった。ネットでは橋下氏に対して呆れる声が上がっている。 連日、“旧統一教会と政治家の癒着”について取り上げている『ミヤネ屋』。そこで、この日はカルト認定をするために10の基準を掲げるフランスの反セクト法、通称「反カルト法」を引き合いに出し「カルト宗教を取り締まる法律は、日本でも実現するべきか」について議論が交わされていた。 司会の宮根誠司(59)らと共にスタジオ出演していた橋下氏。中継先にいた紀藤氏の「反カルト法のような法律を導入すべき」という提言に、「反カルトというのは、あくまでも宗教に絞った規制。でも、(信者が)信じているのはしょうがない。だから教義内容や内心に踏み込むのは危険」と返した。 すると紀藤氏は「教義に踏み込まない」という橋

            橋下徹「ミヤネ屋」で紀藤氏に徹底論破される「同じ弁護士なのに」と呆れ声(女性自身) - Yahoo!ニュース
            • 中国軍 台湾周辺で演習を継続 軍事的圧力を常態化するねらいか | NHK

              中国軍は、8日も台湾周辺の海域と空域で演習を実施したと発表しました。中国軍は当初、7日までの日程で演習を行うとしていましたが、さらに継続させることで、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問を口実に、台湾への軍事的な圧力を常態化させるねらいがあるとみられます。 中国軍で東シナ海を管轄する東部戦区は、8日、台湾周辺の海域と空域で、引き続き、演習を実施したと発表しました。 これについて、中国外務省の報道官は、8日の記者会見で「台湾は中国の領土であり、みずからの領土の周辺海域で正常な軍事演習を行っているものだ」と正当化しました。 中国軍は、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に反発して、7日までの4日間の日程で、台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で演習を行うとしていましたが、これまでに終了の時期は示していません。 一連の演習では、中国軍の航空機などが、連日、中台両軍の偶発的な衝突を避けるため

              中国軍 台湾周辺で演習を継続 軍事的圧力を常態化するねらいか | NHK
              • 「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

                中国・北京で記者会見する外務省の華春瑩報道官(2022年8月4日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官が7日夜、台北に中国料理店が多数あることを根拠に台湾の領有権を主張する投稿をツイッター(Twitter)に行い、失笑を買っている。 【写真14枚】台湾に近い中国・平潭島 軍事演習のごう音に驚く観光客 華報道官は「百度(バイドゥ、Baidu)の地図によれば、台北には山東餃子(ギョーザ)の店が38店舗、山西麺の店が67店舗ある。舌はごまかせない。台湾は常に中国の一部だ。長く道に迷っていた子どもも、やがては家に帰る」とツイートした。 だがネット上では、華氏の論理の穴への指摘が相次いだ。あるツイッターユーザーは、「台北にはラーメン店が100店舗以上ある。つまり、台湾は間違いなく日本の一部だということになる」と書き込んだ。 「

                「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
                • Hua Chunying 华春莹 on Twitter: "Baidu Maps show that there are 38 Shandong dumpling restaurants and 67 Shanxi noodle restaurants in Taipei. Palates… https://t.co/6adKp07Qk2"

                  Baidu Maps show that there are 38 Shandong dumpling restaurants and 67 Shanxi noodle restaurants in Taipei. Palates… https://t.co/6adKp07Qk2

                  Hua Chunying 华春莹 on Twitter: "Baidu Maps show that there are 38 Shandong dumpling restaurants and 67 Shanxi noodle restaurants in Taipei. Palates… https://t.co/6adKp07Qk2"
                  • 「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐

                    中国・北京で記者会見する外務省の華春瑩報道官(2022年8月4日撮影)。(c)Noel Celis / AFP 【8月8日 AFP】中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官が7日夜、台北に中国料理店が多数あることを根拠に台湾の領有権を主張する投稿をツイッター(Twitter)に行い、失笑を買っている。 華報道官は「百度(バイドゥ、Baidu)の地図によれば、台北には山東餃子(ギョーザ)の店が38店舗、山西麺の店が67店舗ある。舌はごまかせない。台湾は常に中国の一部だ。長く道に迷っていた子どもも、やがては家に帰る」とツイートした。 だがネット上では、華氏の論理の穴への指摘が相次いだ。あるツイッターユーザーは、「台北にはラーメン店が100店舗以上ある。つまり、台湾は間違いなく日本の一部だということになる」と書き込んだ。 「グーグルマップ(Google Maps)によれば、北京にはマ

                    「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐
                    • 訂正-駐中国ミャンマー大使、昆明で急死

                      ミャンマーの駐中国大使が7日に中国南西部の昆明で急死した。ミャンマー国営メディアが伝えた。写真は北京のミャンマー大使館前で8日撮影(2022年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins) (英文の訂正により、第4段落の「ここ1年」を「2021年以降」に訂正します。) [北京 8日 ロイター] - ミャンマーの駐中国大使が7日に中国南西部の昆明で急死した。ミャンマー国営メディアが伝えた。 8日付の国営紙に掲載された外務省の訃報は死因を明らかにしていない。北京の外交筋や中国のミャンマーメディアの報道によると、心臓発作が原因の可能性が高い。 在中国ミャンマー大使館のコメントは得られていない。 中国大使の死去は2021年以降(訂正)で4人目。昨年9月にドイツ大使が着任から2週間足らずで死去し、今年2月には北京冬季五輪会場を訪問中または訪問直後にウクライナ大使が死去した。4月にはフィリピ

                      訂正-駐中国ミャンマー大使、昆明で急死
                      • 中国軍 台湾周辺での軍事演習 予告期日過ぎるも継続と発表 | NHK

                        中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は、8日も台湾周辺の海域と空域で軍事演習を実施したと発表しました。 中国軍は当初、台湾周辺での「重要軍事演習」を7日まで行うと予告していましたが、演習をさらに継続することで台湾側に揺さぶりをかけ、圧力を強めるねらいがあるとみられます。 中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は8日、台湾周辺の海域と空域で軍事演習を実施したと発表しました。 8日の演習は、敵の潜水艦や海上での攻撃を想定したものだとしています。 中国軍は、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に反発して、7日までの4日間の日程で、台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で「重要軍事演習」を行うと予告し、台湾国防部は期間中、多数の中国軍の航空機や艦艇が台湾海峡の「中間線」を越えて活動したと非難していました。 中国軍はこの演習を予告どおり終えたかどうかは明らかにしていません。 中国軍としては演習の終了

                        中国軍 台湾周辺での軍事演習 予告期日過ぎるも継続と発表 | NHK
                        • 海上自衛隊員1人襲われる 慰霊式に出席中 ソロモン諸島(時事通信) - Yahoo!ニュース

                          南太平洋の島国ソロモン諸島で8日、日米の激戦となった「ガダルカナル島の戦い」から80年の慰霊式に出席していた海上自衛隊員1人が、刃物とみられる凶器で襲われた。 【図解】ソロモン諸島 在ソロモン日本大使館が8日明らかにした。 襲われたのは、ソロモンに寄港した海自の護衛艦「きりさめ」の隊員。首都ホニアラ近郊で開かれた式典には隊員4人が参加していた。ニュージーランドのメディアなどによると、隊員は首をはさみで刺されたが軽傷。刺したのは付近に住む男で、精神的に不安定だった。男は現場で取り押さえられ、警察に引き渡されたという。

                          海上自衛隊員1人襲われる 慰霊式に出席中 ソロモン諸島(時事通信) - Yahoo!ニュース
                          • 中国、軍事演習継続で台湾に圧力 全面対立に慎重姿勢も(写真=共同)

                            日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 【北京=羽田野主、台北=龍元秀明】中国人民解放軍で台湾方面を担当する東部戦区は8日、台湾島周辺の空・海域で軍事演習を実施したと発表した。海上艦隊や潜水艦への対抗を念頭に攻撃訓練を行った。中国は4日に開始した台湾周辺の大規模演習を7日に終える計画だったが、継続して台湾に揺さぶりをかけている。 中国がここ数日、盛んに発信しているのが軍事演習の「常態化」というキーワードだ。中国軍直属の国防大学の孟祥青...

                            中国、軍事演習継続で台湾に圧力 全面対立に慎重姿勢も(写真=共同)
                            • Zoom、日本語のリアルタイム字幕生成に対応へ

                              米Zoomは8月4日(現地時間)、ビデオ会議ツール「Zoom」において、字幕生成機能「自動ライブ文字起こし」の対応言語に、日本語を含む11の言語を追加すると発表した。 自動ライブ文字起こしは、会議で参加者が話している会話の字幕を自動で生成、画面内に表示する機能。2021年2月に英語版の提供を開始しており、今回、英語に加え日本語、スペイン語、ウクライナ語などで同機能が利用できるようになる。言語は、Webポータルの設定から調整可能。9月にかけて展開予定だ。 同社は、自動字幕機能の他に、マイナーなバグの修正、セキュリティの強化、クラウド録画が見つからない、あるいは処理中にスタックする問題の解消など、複数のアップデートを実施する。 関連記事 Zoom、30カ国語の字幕やFacebookのVR会議対応など多数の新機能 Zoomが今後数週間から数カ月中に提供する多数の新機能を発表した。自動字幕や自動翻

                              Zoom、日本語のリアルタイム字幕生成に対応へ
                              • 張大千の作品がゴッホより売れている理由

                                張大千の名は欧米では知られていないかもしれない。だが張は中国、そして世界のアート市場ではアンディ・ウォーホルやモネに匹敵する人物だ。 張は中国古典絵画の巨匠であり、後に移り住んだ米国で現代美術を再構築した。水墨風景画から抽象画まで作品は多岐にわたる。「東洋のピカソ」とも言われる張だが、ピカソと比較するのは、絵画の様式が異なるため誤解を与えかねない。とは言え、張のジャンルを超えた才能がそれを物語っており、張の作品は現在、非常な高値で取引されている。 没後40年近く経った今年4月、張が1947年に制作した「王希孟の模写『千里江山図』」が、香港で行われたサザビーズのオークションで4700万ドル(約64億円)で落札された。オークションで落札された張の作品としては史上最高額となった。 張の絵画はこれまでにも高値で取引されており、同作品は高額落札された最新のものに過ぎない。アートプライスの年間ランキン

                                張大千の作品がゴッホより売れている理由
                                • 沖縄 尖閣諸島沖 中国海警局の船2隻 相次いで領海侵入 | NHK

                                  7日夜遅くから8日未明にかけ、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入しました。2隻は日本の漁船に近づこうとする動きを見せているということで、海上保安本部が漁船の安全確保にあたるとともに直ちに領海から出るよう警告を続けています。 第11管区海上保安本部によりますと、7日夜11時半すぎに尖閣諸島の久場島の沖合で、8日午前0時半前に南小島の沖合で中国海警局の船2隻が相次いで日本の領海に侵入しました。 付近の海域では日本の漁船が操業していて、2隻は午前0時半現在、南小島の沖合の領海内でこの漁船に近づこうとする動きを見せているということで、海上保安本部の巡視船が漁船の安全確保にあたるとともに2隻に対し直ちに領海から出るように警告を続けています。 尖閣諸島の沖合では7日午後も中国海警局の船が一時、領海に侵入していて、ことし中国海警局の船による領海侵入が確認されたのは、今回で16件

                                  沖縄 尖閣諸島沖 中国海警局の船2隻 相次いで領海侵入 | NHK
                                  • ももしきや on Twitter: "今、広島にいるんですけど。 職場の人「広島陸軍被服廠に行ったほうがいいと思う。原爆が落ちたときのまま残っていて、何年か前に壊すって話になったけど反対運動が起こって。住宅街の中にあるんだけど」 私「ふーん?わかりました、行きます」… https://t.co/rEHTzqVna8"

                                    今、広島にいるんですけど。 職場の人「広島陸軍被服廠に行ったほうがいいと思う。原爆が落ちたときのまま残っていて、何年か前に壊すって話になったけど反対運動が起こって。住宅街の中にあるんだけど」 私「ふーん?わかりました、行きます」… https://t.co/rEHTzqVna8

                                    ももしきや on Twitter: "今、広島にいるんですけど。 職場の人「広島陸軍被服廠に行ったほうがいいと思う。原爆が落ちたときのまま残っていて、何年か前に壊すって話になったけど反対運動が起こって。住宅街の中にあるんだけど」 私「ふーん?わかりました、行きます」… https://t.co/rEHTzqVna8"
                                    • 台湾 軍による沿岸での「重砲射撃訓練」開始へ 中国軍に対抗か(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

                                      台湾が陸軍による沿岸での射撃訓練を行うと発表しました。中国の大規模な軍事演習に対抗する狙いがあるとみられます。 台湾の陸軍は8月9日と11日に台湾の南部沿岸周辺で「重砲射撃訓練」を行うと発表しました。 中国軍による台湾周辺での大規模な軍事演習が行われたことを受け、部隊の戦闘能力をテストする予定だということです。 また、台湾の海軍からは対艦ミサイルの写真が公開され、台湾海峡の状況を24時間体制で監視しているとする声明が発表されました。 台湾当局は、中国政府に対して「理性的に自制をするように」と呼び掛け、日本を含めた周辺諸国に台湾への理解と支援を求めています。

                                      台湾 軍による沿岸での「重砲射撃訓練」開始へ 中国軍に対抗か(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
                                      • 中国軍 7日も台湾周辺で大規模軍事演習 軍事活動の常態化懸念 | NHK

                                        アメリカのペロシ下院議長が台湾を訪問したことに対抗して、中国軍は7日も台湾周辺での大規模な軍事演習を行いました。台湾国防部は、中国軍が7日、「台湾本島と、海上にいる台湾の艦船に対する攻撃の模擬訓練」を行ったと発表しました。 アメリカのペロシ下院議長が台湾を訪問したことへの対抗措置だとして、中国軍は、8月4日から台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で大規模な演習を行ってきました。 中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は、7日も計画に基づいて台湾周辺で、陸上に向けた攻撃と、空中での長距離打撃能力を試すことに重点を置いた実戦的な合同演習を行ったと発表しました。 一方、台湾国防部は、中国軍が7日、「台湾本島と、海上にいる台湾の艦船に対する攻撃の模擬訓練」を行ったと発表し、午前の時点で、中国軍の多数の航空機や艦艇、それに無人機が台湾海峡周辺で活動しているのが確認されたとしています。 これに対

                                        中国軍 7日も台湾周辺で大規模軍事演習 軍事活動の常態化懸念 | NHK
                                        • スリランカ、中国に「スパイ船」の入港延期を要請

                                          スリランカ・コロンボの浜辺(2021年10月28日撮影、資料写真)。(c) ISHARA S. KODIKARA / AFP 【8月7日 AFP】スリランカはこのほど、中国に対し、中国船「遠望5号(Yuan Wang 5)」のスリランカへの入港を無期限で延期するよう要請した。同国政府筋が6日、明らかにした。この船についてインドのメディアは、「諜報(ちょうほう)船」だと報じ、インド政府がスリランカに圧力をかけたとしている。 船舶の位置情報などを提供するウェブサイト「マリントラフィック(marinetraffic.com)」によると、遠望5号は、中国東部江蘇(Jiangsu)省の江陰(Jiangyin)港から、スリランカ国内で中国が運営するハンバントタ(Hambantota)港へ向かっており、11日に到着予定。 遠望5号は調査・測量船とされているが、インドのCNNニュース18(CNN News

                                          スリランカ、中国に「スパイ船」の入港延期を要請
                                          • 拡声器デモで安倍氏罵倒 静かな鎮魂、今年もかなわず

                                            デモ隊に向けて「静かに」と書かれたカードを掲げて無言の抗議を行う「静かな8月6日を願う広島市民の会」のメンバーら=6日午前8時35分、広島市中区(矢田幸己撮影) 広島に原爆が投下されてから77回目の「原爆の日」を迎えた6日、広島市中区の平和記念公園では、反戦・反核を叫ぶ団体がデモ集会を開き、拡声器を使ってシュプレヒコールを上げた。慰霊の日にふさわしい環境とは言い難く、平和の希求に名を借りた一方的な政治的主張が繰り広げられた。 原爆ドーム前で午前6時ごろから始まった毎年恒例の集会には、若者から高齢者まで、幅広い年齢層の男女200人以上が参加。「人間の鎖」ともいえる人垣の中でマイクを手にした男性は、「安倍(晋三元首相)は殺されて当然だ!」と叫んだ。周囲には「国民の戦争動員への道 アベの国葬反対!」と書かれたカードを掲げる若者らの姿も見られた。 デモの主催者「8・6ヒロシマ大行動実行委員会」は、

                                            拡声器デモで安倍氏罵倒 静かな鎮魂、今年もかなわず
                                            • 台湾、中国の航空機と艦船を「多数」確認 攻撃の模擬演習か

                                              台湾海峡周辺での大規模軍事演習に向かう中国軍のヘリコプター/Hector Retamal/AFP/Getty Images 香港(CNN) 台湾国防部(国防省)は6日、台湾海峡周辺で軍事演習に参加している中国の航空機や艦船を「多数」確認したと明らかにした。台湾本島に対する攻撃の模擬演習である可能性がある。 台湾国防部によると、航空機や艦船の一部は台湾本島と中国本土の間にある中間線を越えた。 これに対し、台湾軍は警告を発して戦闘空中哨戒を行うとともに、地上配備型のミサイルシステムを作動させたという。 中国はこれまでのところ6日の演習の目的について声明を発表していない。 ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、中国は4日から台湾周辺で軍事演習を行っている。 ペロシ氏は2日夜、訪台への中国の激しい反対を無視して台北に到着。これはアジア歴訪の一環で、5日には最後の訪問先となる日本を訪れて歴訪を締めくくっ

                                              台湾、中国の航空機と艦船を「多数」確認 攻撃の模擬演習か
                                              • 台湾市民は「70年間脅されながら生活してきた」 米下院議長の訪台めぐる中台の緊張 - BBCニュース

                                                画像説明, 台湾の対岸に位置する中国・平潭島からは大きな音が鳴り響き、ヘリコプターが飛来するのが確認できた アメリカのナンシー・ペロシ下院議長が短時間ながら台湾を訪問し、物議を醸したことから始まった中国と台湾の緊張の高まりは、いまのところ、予測通りの展開を見せている。

                                                台湾市民は「70年間脅されながら生活してきた」 米下院議長の訪台めぐる中台の緊張 - BBCニュース
                                                • 国際法的には問題ナシ!? 中国の弾道ミサイルが日本のEEZへ着弾 では何が問題なのか? | 乗りものニュース

                                                  中国の発射した弾道ミサイルが日本のEEZへ着弾しました。しかしこのこと自体は、国際法的にはなんら問題のないものといいます。その理由と、日本政府がなにを問題として非難しているのかについて解説します。 中国による軍事演習 日本のEEZに弾道ミサイル着弾は初 防衛省が発表したところによると、2022年8月4日(木)の15時過ぎから16時過ぎにかけて、中国は合計9発の弾道ミサイルを発射し、その内5発が日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾しました。中国軍の弾道ミサイルが日本のEEZ内に着弾するのは今回が初めてです。 拡大画像 「東風15(DF-15)」短距離弾道ミサイル(画像:IceUnshattered、CC BY-SA 4.0〈https://bit.ly/3bAbs4g〉、via Wikimedia Commons)。 報道によれば、これらのミサイルは移動式の発射台(TEL)によって運用される

                                                  国際法的には問題ナシ!? 中国の弾道ミサイルが日本のEEZへ着弾 では何が問題なのか? | 乗りものニュース
                                                  • 中国軍の大規模演習 台湾「本島攻撃の模擬訓練」と警戒強める | NHK

                                                    中国軍が4日から台湾を取り囲むように大規模な演習を行うなか、台湾国防部は6日、中国軍の航空機や艦艇が台湾海峡の「中間線」を越えて活動したことを確認し「台湾本島に対する攻撃の模擬訓練」という見方を示して警戒を強めています。 台湾国防部が日本時間6日正午前に行った発表によりますと、6日午前の時点で中国軍の多数の航空機や艦艇が台湾海峡周辺で活動していて、一部が海峡の「中間線」を越えたことも確認したということです。 台湾軍が警告を行うとともに、航空機と艦艇、それに陸上に配備しているミサイルシステムで「適切に対処した」としています。 国防部は「台湾本島に対する攻撃の模擬訓練」という見方を示して警戒を強めています。 台湾国防部によりますと、中国軍は今月3日から連日「中間線」を越える軍事活動を行っていて、5日は延べ30機の戦闘機がこの線を越えて台湾側に進入しました。 台湾海峡の「中間線」は中台両軍の偶発

                                                    中国軍の大規模演習 台湾「本島攻撃の模擬訓練」と警戒強める | NHK
                                                    • バイデン政権、台湾支援で議会と対立 「一つの中国政策」と矛盾?:朝日新聞デジタル

                                                      台湾への大幅な軍事支援の強化策などを盛り込んだ米議会の「台湾政策法案」をめぐり、バイデン政権と議会上院の超党派の議員が対立を深めている。ペロシ下院議長の訪台を受けた米中関係の悪化に歯止めをかけたいバイデン政権は、法案の修正を求めているが、議会側は反発している。 台湾政策法案には、4年間で45億ドル(約6千億円)の台湾向け軍事支援などが盛り込まれている。いずれも親台湾派のメネンデス上院外交委員長(民主)、グラム上院議員(共和)が6月に上院に提出した。 米国は台湾を国家承認しない一方で、台湾関係法に基づいて軍事援助を続ける政策を続けてきた。これに対し、台湾政策法案は、より高性能な兵器を米国から台湾に供与することを可能にし、米国の行政機関と台湾当局との交流の制限も緩和するといった条文を含む。 法案は、台湾を「北大西洋条…

                                                      バイデン政権、台湾支援で議会と対立 「一つの中国政策」と矛盾?:朝日新聞デジタル
                                                      • 8月6日の広島、やはり例の連中も跋扈している

                                                        どらまちっくちゃん @dramaticchan 平和記念式典が執り行われている時は静かにするのがルールですが、ルールを守れない人達が全国から集まっています。 pic.twitter.com/PvI7zIglwn 2022-08-06 08:22:37

                                                        8月6日の広島、やはり例の連中も跋扈している
                                                        • 中国、台湾問題めぐり対日牽制強める 日本大使呼び出し抗議

                                                          【北京=三塚聖平】中国は台湾問題をめぐり、日本に対する牽制(けんせい)を一段と強めている。軍事演習を批判した先進7カ国(G7)外相の共同声明を受け、日本側に抗議。中国軍が発射した弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾したことへの批判も受けつけない姿勢を鮮明にしている。 中国外務省は5日、鄧励(とう・れい)外務次官が4日に垂(たるみ)秀夫駐中国日本大使を緊急に呼び出し、厳正な申し入れを行ったと発表した。G7外相の共同声明が「中国を不当に非難、中傷し、内政に乱暴に干渉した」と主張。日本に対し「台湾問題で重大な歴史的な罪責を負っている。言行を慎むべきだ」と批判した。中国は共同声明への反発から、4日に予定された王毅国務委員兼外相と林芳正外相の会談の見送りを直前に申し入れた。 日本大使館によると、垂氏は軍事演習に対し「地域の平和と安定を損なう」と述べ、直ちに中止するよう強く求めた。日本の

                                                          中国、台湾問題めぐり対日牽制強める 日本大使呼び出し抗議
                                                          • 「台湾有事は日本有事」が現実に 中国演習で高まる脅威

                                                            中国が台湾周辺で4日に開始した軍事演習の想定に、沖縄・与那国島など日本への攻撃が含まれているとの台湾当局の分析が明らかになったことで、「台湾有事」が「日本有事」となる事態が起きうる現実が浮き彫りになった。中国軍は今回、演習地域を台湾東部に拡大。1995~96年の第3次台湾海峡危機と比べ、台湾侵攻のシナリオに沿った、より実戦的な演習を行っており、脅威の度合いが高まっている。 <独自>中国のEEZ落下弾は日本攻撃を想定 台湾当局が分析、与那国島など目標 中国軍用機や艦艇、事実上の停戦ライン越え中国軍は2日夕、4~7日の演習区域として台湾本島を取り囲む6カ所を公表。台湾メディアは4日、さらに1カ所が東部に追加されたと報じた。うち3カ所は台湾が主張する「領海」に食い込み、北東部では有人離島、彭佳嶼(ほうかしょ)が演習区域に含まれている。 中国軍は95年7月と96年3月、短距離弾道ミサイル東風(DF

                                                            「台湾有事は日本有事」が現実に 中国演習で高まる脅威
                                                            • 英誌の分析 「ペロシの台湾訪問は米国の“支離滅裂な戦略”を浮き彫りにしてしまった」 | バイデン大統領との連携不足も指摘

                                                              今回の台湾訪問にみる「2つの懸念」 8月3日、米下院議長ナンシー・ペロシは台湾を訪問し、蔡英文総統と会談。台湾と世界の民主主義を守る意志を示し、中国の猛反発を招いた。 中国はこれまでにも台湾と結びつく国を批判してきた。2021年、リトアニアが自国に台湾の代表機関を設置すると発表したことで中国の怒りを買ったことも記憶に新しい。 米「エコノミスト」誌は、米国が民主主義国家の権利を主張することで、他国を鼓舞することになるだろうと報じた。しかし同誌は、中国に対しては「慎重な姿勢で臨むべきだ」として、今回のペロシの訪台は「米国の支離滅裂な対中政策を浮き彫りにした」と分析。懸念される二つの問題点を挙げた。 まず、習近平国家主席は今秋開催される共和党大会の準備に余念がない。異例となる3期目政権の発足を目指す習近平は、台湾統一を「民族の若返りのためのプロセス」と位置付け、攻撃的なナショナリズムを育んでいる

                                                              英誌の分析 「ペロシの台湾訪問は米国の“支離滅裂な戦略”を浮き彫りにしてしまった」 | バイデン大統領との連携不足も指摘
                                                              • ペロシ訪台への反撃で日本も習近平の攻撃目標に

                                                                ペロシ議長の訪台で火が付いたナショナリズムを、中国の習近平主席は政権基盤強化に使おうとしている(写真:Bloomberg) アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に中国は激しく反発。8月4日から7日の予定で台湾周辺の6カ所の空・海域で軍事演習を始めた。同日には中国軍の弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下。それ以外にも、沖縄・与那国島の北北西80キロメートルに落下したミサイルがあった。緊迫する台湾海峡両岸の情勢をどう読み解くべきか、中国の対外政策に詳しい九州大学の益尾知佐子准教授に聞いた。 ――今回の軍事演習に際し、日本などG7(先進7カ国)の外相は4日に「力による一方的な現状変更をしないよう求め、また、両岸の相違を平和的手段で解決するよう求める」との声明を出しました。中国はこれに反発し、同日にカンボジアで予定されていた日中外相会談をキャンセルしました。 設定された6カ所の演

                                                                ペロシ訪台への反撃で日本も習近平の攻撃目標に
                                                                • 小野寺元防衛相、反撃能力の早期保持へ検討促す 中国弾道ミサイルで

                                                                  8月5日、自民党の安全保障調査会長を務める小野寺五典元防衛相(写真)は、自民党の政調、外交部会・外交調査会合同会議で、ペロシ米下院議長の訪問を受けて中国が実施した軍事演習で弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾したことを受け、政府に対して早期の反撃能力保持の検討を促した。写真はロシアのモスクワで2018年7月撮影(2022年 ロイター/Maxim Shemetov ) [東京 5日 ロイター] - 自民党の安全保障調査会長を務める小野寺五典元防衛相は5日、自民党の政調、外交部会・外交調査会合同会議で、ペロシ米下院議長の訪問を受けて中国が実施した軍事演習で弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを受け、政府に対して早期の反撃能力保持の検討を促した。 小野寺氏は会合の冒頭で、政府が年末までの策定を目指す防衛3文書と防衛力強化について「進んでいない、ぜひ急いで進

                                                                  小野寺元防衛相、反撃能力の早期保持へ検討促す 中国弾道ミサイルで
                                                                  • 東アジアサミット 林外相発言中に中国・王毅外相が退室 台湾問題めぐる中国非難に反発か(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

                                                                    カンボジアで開催中のASEAN=東南アジア諸国連合や日米、中国の外相らが参加する会議で、日本の林外務大臣が発言した際に中国の王毅外相が退席したことがわかりました。 ASEANや日米、中国などが参加するEAS=東アジアサミットの外相会議は、カンボジアの首都プノンペンで始まっていますが、この会議で日本の林外務大臣が発言中に中国の王毅外相が退席したことが、ASEAN関係者への取材でわかりました。王毅氏は林大臣の発言終了後には席に戻ったということです。 4日に予定されていた日中外相会談は、台湾問題をめぐり、日本がG7=主要7か国などとともに「中国を非難する声明を発表したため」として、直前に中国側がキャンセルしていて、今回も日本への不満を表明したものとみられます。

                                                                    東アジアサミット 林外相発言中に中国・王毅外相が退室 台湾問題めぐる中国非難に反発か(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース
                                                                    • 中国、台湾上空を通過するミサイルを初めて発射 ペロシ氏訪台に報復

                                                                      (CNN) 中国は4日、台湾上空を通過するミサイルを初めて発射したことを明らかにした。日本の島しょ付近には飛翔(ひしょう)体5発が落下し、日本の指導者は中国政府に抗議を申し入れた。 アジアを歴訪中のペロシ米下院議長は5日午前、岸田文雄首相と台湾海峡に焦点を当てた会談を行った。台湾海峡では中国がペロシ氏の今週の台湾訪問に抗議し、空と海の演習を実施している。 中国は1990年代の台湾海峡危機の際をはじめ、以前にも台湾周辺の海域に向けてミサイルを発射したことがある。 だが、ミサイルが台湾上空を飛行したことは重大なエスカレーションであり、米当局者は中国がさらなる行動に出る可能性を警告している。 米国家安全保障会議(NSC)のカービー報道官は4日、「我々は中国がこうした措置を取ることを予測していた」と説明。「こうした行動が続くものと予想している。中国は今後数日、反応を続けるだろう」と述べた。 米国の

                                                                      中国、台湾上空を通過するミサイルを初めて発射 ペロシ氏訪台に報復
                                                                      • ユナイテッドアローズ 新疆ウイグル自治区の綿花 使用中止に | NHK

                                                                        中国の新疆ウイグル自治区の綿花が強制労働で生産された疑いがあるとの批判が国際的に高まるなか、セレクトショップ大手のユナイテッドアローズは、現地で生産された綿花の使用を今後、中止すると公表しました。 これは、ユナイテッドアローズが4日の決算会見で明らかにしました。 それによりますと、来年の秋冬向け商品からすべてのブランドで新疆ウイグル自治区で生産された綿花の使用を中止し、一部のブランドでは先行して、ことしの秋冬ものから中止することにしています。 理由について会社は、現地の綿花が強制労働で生産された疑いがあるためだとしています。 会社では、ことし3月、強制労働などの禁止を定めた行動指針を設け、取引先にも同意を求めていて、今後は取引先の工場への実地監査も行い、強制労働などに関わる原料の使用をとりやめる方針です。 会見で、松崎善則社長は「企業活動より、人権尊重のほうが優先されるべきだと考える。恥じ

                                                                        ユナイテッドアローズ 新疆ウイグル自治区の綿花 使用中止に | NHK
                                                                        • ペロシ下院議長の台湾訪問で台湾政府やセブン-イレブンがハッキングされ「帰れ!」と一斉表示、アノニマスから中国への反撃も

                                                                          アメリカのナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問した2022年8月2日の前後に、台湾の台湾総統府や政府機関、さらにはコンビニエンスストアまでを対象とした未曽有の規模のサイバー攻撃が行われたと報じられています。 From 7-11s to train stations, cyber attacks plague Taiwan over Pelosi visit | Reuters https://www.reuters.com/technology/7-11s-train-stations-cyber-attacks-plague-taiwan-over-pelosi-visit-2022-08-04/ Taiwanese websites hit with DDoS attacks as Pelosi begins visit https://www.nbcnews.com/tech/sec

                                                                          ペロシ下院議長の台湾訪問で台湾政府やセブン-イレブンがハッキングされ「帰れ!」と一斉表示、アノニマスから中国への反撃も
                                                                          • ペロシ米下院議長訪台の徹底検証-未曾有の対米軍事恫喝で「火遊びして火傷した」習近平政権の大失敗(石 平) @gendai_biz

                                                                            最初はやはりバイデンの不用意発言から 8月2日から3日にわたって行われた、アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問は大きな国際ニュースとなった。と同時に、中国側の激しい反応を引き起こして台湾海峡の緊張を高めたようにも見える。ここでは一度、この一件の経緯を徹底的に検証して、緊張を作り出そうとする中国側の本音を探ってみよう。 ことの始まりは7月18日に、英紙フィナンシャル・タイムズが、ペロシ氏が8月におけるアシア歴訪の一環として「台湾訪問を予定している」と報じたことにある。しかしそのとき、中国側は外務省の報道官が定例の記者会見では通常通りの「反対」を表明したものの、それほどの強い反応を示さなかった。実際、その時点ではペロシ氏自身が「台湾訪問する」とは一切言っていなかったから、中国政府としてはしばらく様子見するような態度であった。 転機が訪れたのは7月20日であった。その日、アメリカのバイデ

                                                                            ペロシ米下院議長訪台の徹底検証-未曾有の対米軍事恫喝で「火遊びして火傷した」習近平政権の大失敗(石 平) @gendai_biz
                                                                            • 10億人の個人情報がネットに流出…IT先進国・中国の「残念すぎる実態」(高口 康太) @moneygendai

                                                                              ケタ違いの情報漏洩事件 7月初頭、衝撃的なニュースが世界を騒がせた。違法な取引に活用されることが多いダークウェブにて、「中国人10億人分の個人情報を売る」との書き込みが確認されたのだ。23テラバイトという膨大なデータ量ながらも、値段は10BTC(ビットコイン)、現在のレートではわずか3000万円程度という激安価格で売るという。 その書き込みではサンプルとして一部のデータが無料公開されていたが、本物であることが確認されている。中国人の名前、電話番号、身分証番号(国民ID)、顔写真、犯罪歴の有無はもちろん、警察の重点監視対象になっていたかどうかなど、誰かの人生を破滅させても不思議ではないようなセンシティブなデータも含まれている。 販売されていた10億人のデータすべてが本物なのかは明らかになっていない。しかし仮に正確なデータが一部だけだったとしても、世界最悪の情報漏洩事件となった可能性は高い。

                                                                              10億人の個人情報がネットに流出…IT先進国・中国の「残念すぎる実態」(高口 康太) @moneygendai
                                                                              • 「平和ボケ」した日本のメディアの「致命的な勘違い」が、ペロシ訪台で見えてきた(長谷川 幸洋) @gendai_biz

                                                                                ペロシ訪台の結果は? 米国のナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問した。これについて「安定を損なう」「対立を激化させた」といった批判が出ている。だが、そんな言説こそが「平和ボケ・日本」の勘違いではないか。こちらの基準で相手を判断すれば、かえって平和が危うくなる。 今回の訪台について、中国は「これでもか」というほど激しい言葉で、けん制した。先週も紹介したが、中国外務省は「主権と領土の一体性を守るために、断固として強力な措置をとる」、国防省は「人民解放軍は、けっして座視しない」と警告した。 習近平総書記(国家主席)自身も7月28日、ジョー・バイデン大統領との電話会談で「火遊びをすれば、やけどする」と脅した。セリフ自体は目新しくない。だが、8月1日が中国人民解放軍の建軍記念日だったことも考えれば、偶発的な衝突が起きる可能性もゼロとは言えなかった。 たとえば、反米主義者として有名な中国共産党系新聞「

                                                                                「平和ボケ」した日本のメディアの「致命的な勘違い」が、ペロシ訪台で見えてきた(長谷川 幸洋) @gendai_biz
                                                                                • 中国 “軍事演習区域に日本のEEZ含まれる見解は存在しない” | NHK

                                                                                  中国軍は4日、台湾を取り囲むように大規模な演習を始め、台湾の周辺海域に向けて弾道ミサイルを発射しました。 弾道ミサイルの一部は日本のEEZ=排他的経済水域の内側に落下しましたが、中国側は「両国は関連海域で境界を画定しておらず、演習区域に日本のEEZが含まれるという見解は存在しない」と主張しています。 中国軍は4日、台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で「重要軍事演習」を始め、台湾東部の海域に向けて複数のミサイルを発射したほか、台湾海峡に向けて長距離の実弾射撃演習を行ったと発表しました。 これについて、台湾国防部は、中国軍が4日、台湾の北部や南部、それに東部の周辺海域に向けて11発の弾道ミサイルを発射したと発表しました。 日本政府は発射された弾道ミサイルのうち、5発が日本のEEZの内側に落下したと推定されるとして中国側に抗議しました。 日本側の抗議に対し、これまでのところ中国政府の

                                                                                  中国 “軍事演習区域に日本のEEZ含まれる見解は存在しない” | NHK