検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

性犯罪の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)9229 件中 1 - 40 件目

  • OKAMATI on Twitter: "娘が「知らないおじさんに話しかけられて連れ去られたらどうしよう…」って言うから少し話をした。 私「知らない人に『道を教えて』とか言われても無視をしていいよ。普通の人は子どもに聞かないからね。例えば、ママね、道に迷ったり困ったりした時に知らない子に聞く?」 娘「聞かない」"

    娘が「知らないおじさんに話しかけられて連れ去られたらどうしよう…」って言うから少し話をした。 私「知らない人に『道を教えて』とか言われても無視をしていいよ。普通の人は子どもに聞かないからね。例えば、ママね、道に迷ったり困ったりした時に知らない子に聞く?」 娘「聞かない」

    OKAMATI on Twitter: "娘が「知らないおじさんに話しかけられて連れ去られたらどうしよう…」って言うから少し話をした。 私「知らない人に『道を教えて』とか言われても無視をしていいよ。普通の人は子どもに聞かないからね。例えば、ママね、道に迷ったり困ったりした時に知らない子に聞く?」 娘「聞かない」"
    • 男性たちが明かした性被害 「無理やり挿入“させられた”」「誰にも信じてもらえない」

      “無理やり勃起させられ、覆いかぶさるように挿入させられました” “手錠で拘束され、無理やり射精させられました” “男が被害者だなんて信じてもらえないと思い、誰にも相談しませんでした” これは、性暴力の被害に遭ったという男性たちのことば。取材班の元に、約400人の男性が声を寄せてくれました。 挿入“される”被害より、挿入“させられる”被害が多いこと、社会の無理解や偏見に苦しめられていること、そして誰にも言えずに孤立していること・・・。勇気を振り絞って明かしてくれた、男性たちの思いに耳を傾けます。 (「性暴力を考える」取材班 飛田陽子 近藤伸郎) ※この記事では性暴力被害の実態を広く伝えるため、被害の詳細について触れています。フラッシュバック等 症状のある方はご留意ください。

      男性たちが明かした性被害 「無理やり挿入“させられた”」「誰にも信じてもらえない」
      • モノのように扱われた生い立ち 20人に加害した「自己治療」の闇:朝日新聞デジタル

        「おまえなんて産まなければよかった」 アルコール依存症の母親は、まだ幼かった自分にこう言った。 酒を飲むと物を投げて暴れた。「刺し身包丁を投げられた時の、ニタニタ笑う母親の顔が忘れられない」 部屋にとじこもっていたが、幼い自分にまで酒を買う金を求め、いつまでも扉がたたかれた。 8歳の時、母親は働いていた居酒屋の店主と不倫して家を出て行った。小6の時、心筋梗塞(こうそく)で亡くなった。 小学校でも中学校でもいじめられた。万引きを強要され、上履きに画びょうを入れられ、トイレの個室で水をかけられた。 それが嫌で不登校になると、父親にあざができるまで顔を殴られた。家にも学校にも居場所がなく、死を考えたこともあった。 「母親からの愛情に飢えており、その代わりになるものを探していた」 6月2日、東京地裁の法廷で、橋本晃典被告(31)はこう語った。 中3の時、ネットで知り合った男性にホテルで性的被害を受

        モノのように扱われた生い立ち 20人に加害した「自己治療」の闇:朝日新聞デジタル
        • 「じゃんけんで勝った方がお客さんの前を洗うんやで」未成年舞妓に『お風呂洗い』『旦那さん制度』『深夜の酒席』を強いてきた“花街の論理”《弁護士見解「労働契約が必要」》 | 文春オンライン

          花街での未成年飲酒やセクハラを告発し、一躍“時の人”となった元舞妓の桐貴清羽さん(23)。告発の反響は大きく、彼女の告発ツイートには現在31万回以上のいいねがつき、13万回以上リツイートされている。さまざまなメディアもこの告発の真偽を追及し、桐貴さん自身も、複数のメディアでこの件について語っている。 しかしながら、花街関係者がSNSで《「置屋、お茶屋が舞妓にお酒を飲ませる、混浴を強いる」は全て嘘》と批判したり、関係者によると当の花街では告発を“封殺”するような動きも出ているという。こうした動きについて、桐貴さんは「改めて花街の“体質”を思い知らされた」と語る。 「置屋は芸を磨くための“研修の場”であり、舞妓は“修業中の身”なんです。なにがあっても口答えは絶対に許されません。私がセクハラや未成年飲酒について花街で相談をしても、『悪口』や『愚痴』程度にしか受け取られませんでした。 花街において

          「じゃんけんで勝った方がお客さんの前を洗うんやで」未成年舞妓に『お風呂洗い』『旦那さん制度』『深夜の酒席』を強いてきた“花街の論理”《弁護士見解「労働契約が必要」》 | 文春オンライン
          • 丸の内炒飯OL on Twitter: "少年呼びしてくる謎めいたお姉さんは多分社会に馴染めてないんだろうな、という想像がつくようになってしまうから加齢はよくない"

            少年呼びしてくる謎めいたお姉さんは多分社会に馴染めてないんだろうな、という想像がつくようになってしまうから加齢はよくない

            丸の内炒飯OL on Twitter: "少年呼びしてくる謎めいたお姉さんは多分社会に馴染めてないんだろうな、という想像がつくようになってしまうから加齢はよくない"
            • フェミ界隈のトランス差別どうにかなんないかな

              人に言っていい言葉じゃないよ、って言葉を平気で投げつけててどん引く。 未手術の人がトイレ一緒じゃ嫌とかスポーツにおける区分けとかそういう気持ちは同感するとこもあるんだけど、対話する気もなくひたすら攻撃的で怖い。 ツイッターにいるそういうフェミってどんどん憎悪を増幅していってるし、多数が引リツで批判していいね集めて勝つみたいな空気になってて本当に怖い。 私自身も多少フェミだと思ってたけど、なんかもう無理。

              フェミ界隈のトランス差別どうにかなんないかな
              • 結局さ女の人って男が「セクハラ加害者になること」をどれだけ恐れてるかってのがわかってないんだよね

                追記:理解してない人がいるので書いておきますが、この日記は どこぞのVTuberが「生理をオープンに」とか配信で言ったらしいというほのぼの美談ニュースを前提に書いたものです なんでそんなに生理の話がしたいの?(ふつうしないよね)みたいな考え方の「生理をオープンにしたくない人」は、上記のVTuberとか、その他生理をオープンにしたがってる集団がいくつかあるんでそいつらに文句言ってきてください ここから先は「こっちの負荷も考えず浅い考えでオープンにしたいとかオープンに扱えとかの寝言を言ってくる上記VTuberみたいな女」に対する俺の感想です まあ女がセクハラ加害者になることなんて万に一つもないから無理だろうってのはわかるんだけどさ~ あまりにも純真無垢に「え?ちょっと勉強して配慮するだけじゃん」みたいな態度は本当に疲れるし怒るよ 共感力が高いとは何だったのか 男は公的な場面でセクハラ加害者、ど

                結局さ女の人って男が「セクハラ加害者になること」をどれだけ恐れてるかってのがわかってないんだよね
                • 馳浩・石川知事 旧統一教会は「支援を受けた団体の一つ」 | 毎日新聞

                  元文部科学相で石川県知事の馳浩氏は26日の記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係について問われ、「国会議員時代からの秘書にも確認したが、(過去の選挙で)支援を受けた数多くの団体の中の一つで、金銭的な支援は受けてはいないということだった」と説明した。 馳氏は、自民党で長く国会議員を務め、今年3月の同県知事選で初当選した。知事選での支援の有無については「特に私自身が承知しているものではない」と述べた。【深尾昭寛】

                  馳浩・石川知事 旧統一教会は「支援を受けた団体の一つ」 | 毎日新聞
                  • 【速報】赤坂港区議を逮捕 千葉・市川で女子中学生に卑わいな言動か 行徳署

                    千葉県警行徳署は26日、県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで港区議会議員、赤坂大輔容疑者(50)=東京都港区北青山1=を逮捕した。 逮捕容疑は5月4日午後5時10分ごろ、市川市内の公園で、県内に住む10代の女子中学生2人に卑わいな言葉をかけた疑い。 同署によると、容疑者は「発言した内容は詳しく覚えていない」と容疑を一部否認している。女子中学生らと遊びに来ていた友人が110番通報した。 赤坂容疑者は現在4期目で、会派は「虚偽報道に負けない会」。

                    【速報】赤坂港区議を逮捕 千葉・市川で女子中学生に卑わいな言動か 行徳署
                    • 「魅力的でない女性が中絶の心配をしている」米議員のスピーチに批判集まる

                      アメリカ最高裁は6月、中絶を憲法が保障する権利と定めた「ロー対ウェイド判決」を覆す決定を下した。そのため各州が中絶手術を禁止することが可能となり、性暴力で妊娠した10歳の少女が地元のオハイオ州で中絶を拒否され州外の病院へ行かざるを得ないなどの事態も発生している。

                      「魅力的でない女性が中絶の心配をしている」米議員のスピーチに批判集まる
                      • 「酔い覚ましの点滴を打とう」部下の女性は再び記憶を失った ”睡眠薬”暴行の医師は同じ日・同じ手口で まさかの再逮捕(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

                        部下の女性に、睡眠作用のある薬を飲ませて、意識を失わせた上で、性的暴行に及んだとされる、美容クリニック院長の男。この犯行後、同じ日のうちにに、同じ女性に、同じような手口で、再び、わいせつな行為に及んでいたことが明らかになった。 【画像】容疑者は、マスクをズリ上げて、顔を隠そうとした(画像9枚) 食事に誘った部下に”睡眠薬”美容整形外科医の竹沢章一容疑者(42)は、今年4月4日午後、自らが院長を務める美容クリニックの20代の部下の女性とともに、東京・中央区のレストランで、食事をしていた。女性は、「(上司から)ご飯に誘われ、断れず」に、渋々、テーブルを囲んでいたそうだ。 竹沢容疑者は、女性がトイレなどのために席を離れた隙を狙って、アルコールもしくは料理の中に、睡眠作用のある薬物を混入させたとみられている。その影響で、女性は、突然、記憶を失ったそうだ。そして翌4月5日未明、竹沢容疑者の自宅マンシ

                        「酔い覚ましの点滴を打とう」部下の女性は再び記憶を失った ”睡眠薬”暴行の医師は同じ日・同じ手口で まさかの再逮捕(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
                        • 女性専用車両は「男性に対する不当な差別」「男性蔑視」なのか? そうではないと言える理由(堀田 義太郎) @gendai_biz

                          「形式的な差別」と「不当な差別」 「女性専用車両は男性差別ではないか」といった疑問を見聞きすることがあります。性差別を扱った授業でもこの種の疑問が出されることはありますし、SNSでも見かけることがあります。 確かに、同じ運賃を払っているのに車両の一つに乗車できないことは、不平等な不利益扱い、例えば機会の制約だと言えます。またそれが、性別という本人が変更困難な特徴に基づいていることも典型的な差別に似ています。 しかし、それは本当に「不当な差別」だと言えるのでしょうか。本稿では女性専用車両について検討し、それが不当な差別かどうかを考えます。先に結論から言えば、女性専用車両は男性に対する不当な差別だとは言えません。以下ではその理由を丁寧に考えていきます。 まず一般に、変更困難な特徴に基づく不平等な不利益扱いは、形式的には差別だと言えますが、つねに不当だとは言えません。 例えば、サッカーのプレミア

                          女性専用車両は「男性に対する不当な差別」「男性蔑視」なのか? そうではないと言える理由(堀田 義太郎) @gendai_biz
                          • 早川タダノリ on Twitter: "本日の産経新聞、文化部の桑原聡記者の連載コラム「モンテーニュとの対話」が「経口中絶薬に反対する」。7月13日の「生命尊重の日」に「お腹の赤ちゃんとお母さんを応援しよう実行委員会」の集会参加して「眠っていた道義心が揺さぶられた」とある……"

                            本日の産経新聞、文化部の桑原聡記者の連載コラム「モンテーニュとの対話」が「経口中絶薬に反対する」。7月13日の「生命尊重の日」に「お腹の赤ちゃんとお母さんを応援しよう実行委員会」の集会参加して「眠っていた道義心が揺さぶられた」とある……

                            早川タダノリ on Twitter: "本日の産経新聞、文化部の桑原聡記者の連載コラム「モンテーニュとの対話」が「経口中絶薬に反対する」。7月13日の「生命尊重の日」に「お腹の赤ちゃんとお母さんを応援しよう実行委員会」の集会参加して「眠っていた道義心が揺さぶられた」とある……"
                            • 立民の小田原市議を逮捕 電車で下半身露出疑い

                              静岡県警三島署は20日、電車内で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで神奈川県小田原市議、俵鋼太郎容疑者(61)=同市南町=を逮捕した。

                              立民の小田原市議を逮捕 電車で下半身露出疑い
                              • 最近の男性向け作品にそんなにセクハラ描写ある??(追記有り)

                                漢字検定3級程度の漢字力で読める書籍に限って言えば、 サービスシーンとしてエロめの描写が入ることはあっても、 主人公がわりと 「これは見たら完全にセクハラなので目をそらそう」とか 「俺は訴えられたくないから適切な距離を保とう」とか きちんと(きちんと?)ラッキースケベに抗ったり、回避行動をとる作品が多いし、 完全なセクハラ行為の描写でも、必ず相手に報復されたり、なんらかの報いを受ける描写があると思うんだけど。 【追記】 まず私は女性で、女性向けの作品も嗜む。 そのうえで、ふとしたきっかけで女主人公が男性ヒーロー(って書くとなんか違和感があるが)の 「着替えや入浴シーンで裸を観てしまう」 「予期せぬ要因で密着して肌が触れ合う」 「無自覚に性的なしぐさでヒーローの欲情を煽ってしまう」 といったラッキースケベの描写は頻度の程度はあれ当然に存在するし、 所謂”サービスシーン”としてそういった描写を

                                最近の男性向け作品にそんなにセクハラ描写ある??(追記有り)
                                • (追記有)子供の性欲をどうやって解消するか

                                  https://anond.hatelabo.jp/20220720134218 この増田に対する反応を見て思ったのだけど、みんな子供の性欲について真面目に考えているのだろうか? そもそもエロ漫画の問題なのかまず気になったのはエロ漫画以外で同様の事が起こった場合をどう考えているのだろう?と言う事だ。 仮面ライダーや戦隊ものや鬼滅の刃等の真似をして暴力を振るう子供が居た場合、同じリアクションなんだろうか?(つまり、仮面ライダーや戦隊ものや鬼滅の刃をゾーニングまたは規制しろ、と?) もしそうなら徹底しているし一貫性が有ると思うが、残念ながらそういう意見はあまり見ない。 という事は大多数は この程度の被害(被害者にとっては甚大)は仕方ないとして擁護 するのだろうか? 当たり前だけど、そういう暴力も性的な嫌がらせ同様、被害者にトラウマや精神的なダメージを残す。それらを「仕方ない」と思うのか、まずは

                                  (追記有)子供の性欲をどうやって解消するか
                                  • 「やれるところまではできた」伊藤詩織さん会見/元TBS支局長賠償判決の確定受け/性被害者が沈黙強いられてはいけない

                                    ジャーナリスト伊藤詩織さんの性被害を認定し、加害者の山口敬之・元TBS支局長に約330万円の損害賠償を命じた今年1月の東京高裁判決が確定したことを受け、伊藤さんが20日、都内で弁護団とともに記者会見しました。「やれるところまではできた」と裁判を振り返る一方、「性被害の当事者が沈黙を強いられることが許されてはいけない」とも述べ、「当事者以外の人にも考えてほしい」と呼びかけました。 高裁判決は元支局長が「同意がないのに性行為に及んだ」と認定。他方で、著書などで元支局長の名誉を毀損(きそん)したとして伊藤さんに55万円の支払いも命じていました。最高裁は7日付で、双方の上告を退けました。 どれだけの声が… この日の会見で伊藤さんは「性被害を公に語るということは、周囲との間に溝ができることでもあった」と振り返りました。それでも実名での公開に踏み切った目的について「日本の刑法では同意のない性交が『レイ

                                    「やれるところまではできた」伊藤詩織さん会見/元TBS支局長賠償判決の確定受け/性被害者が沈黙強いられてはいけない
                                    • 伊藤詩織さんが会見で、「安倍元首相」銃撃の責任を問われる「中村警察庁長官」について語ったこと(抜粋) | デイリー新潮

                                      「週刊新潮」の発売前日に速報が届く! メールマガジン登録 デイリー新潮とは? 広告掲載について お問い合わせ 著作権・リンクについて ご購入について 免責事項 プライバシーポリシー 運営:株式会社新潮社 Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。

                                      伊藤詩織さんが会見で、「安倍元首相」銃撃の責任を問われる「中村警察庁長官」について語ったこと(抜粋) | デイリー新潮
                                      • 伊藤詩織さんが会見で、「安倍元首相」銃撃の責任を問われる「中村警察庁長官」について語ったこと(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

                                        最高裁は7月7日、伊藤詩織さん(33)が元TBS記者の山口敬之氏(56)を相手に性被害を受けたと訴えた裁判の上告審で、山口氏の上告を退ける決定を下した。この決定をもって、山口氏が伊藤さんに性被害を与えたという事実が民事裁判の場で確定的に認められたことになる。7月20日に行った会見では、逮捕状を握りつぶした当時の刑事部長で現在の警察庁長官である中村格氏への質問も出た。 【写真】逮捕状を握り潰した当時、刑事部長だった“中村格”氏 現在は警察庁長官を務める 伊藤さんは7月20日午前11時から都内で、弁護士同席の下、記者会見を開催。最高裁判決とこれまでの歩みについて1時間以上にわたり語った。 伊藤さんは会見の冒頭、 「この度、最高裁からの判断が最終的に出ました。5年間、闘って来た民事裁判の区切りを迎えることになりました。振り返れば、私にとっては、被害を受けてから7年の年月が過ぎていました」 と挨拶

                                        伊藤詩織さんが会見で、「安倍元首相」銃撃の責任を問われる「中村警察庁長官」について語ったこと(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
                                        • 伊藤詩織さん「当事者としては一つの区切り」 判決確定受け会見 | 毎日新聞

                                          記者会見するジャーナリストの伊藤詩織さん=東京都港区で2022年7月20日午前11時5分、吉田航太撮影 元TBS記者の山口敬之氏(56)による性暴力被害を認定した判決の確定を受け、ジャーナリストの伊藤詩織さん(33)が20日、東京都内で弁護団と記者会見を開いた。伊藤さんは「一つの区切り。当事者としての声を発信するのはこれきりにし、報道の仕事に専念したい」と語り、顔と氏名を公にして闘った約5年に及ぶ訴訟に「後悔はない」と時折声を詰まらせながら語った。 1、2審判決によると、伊藤さんは2015年、就職先の紹介を受けるため山口氏と会食した後、深酔い状態となり、自力でタクシーから降りられず2人でホテルに入った。山口氏は意識を失った伊藤さんと性行為をし、伊藤さんはその後、病院に駆け込み警察や友人に相談した。 伊藤さんは17年、山口氏に約1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。性行為を巡る同意の

                                          伊藤詩織さん「当事者としては一つの区切り」 判決確定受け会見 | 毎日新聞
                                          • 『エロ漫画が性犯罪を助長してた【追記】』へのコメント

                                            twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう! 登録する 現在プライベートモードです 設定を変更する

                                            『エロ漫画が性犯罪を助長してた【追記】』へのコメント
                                            • エロ漫画が性犯罪を助長してた【追記】

                                              たわわとか温泉むすめとかでフェミが根拠なく性犯罪を助長するとか言ってんなバーカと思ってけど自分に跳ね返ってくるとは思わなかった。 小学生の娘が通学団の男の子に性的な嫌がらせを受けたと泣いて帰ってきた。 掻い摘むとスカートめくり的なこととか、やらしいこと言われるとか、勝手に身体を触られるとか、そういうことだった。 被害者が他にもいたようで学校に話もまわった。 相手の親は割とまともだったので子ども連れて謝罪もあった。 なんでこんなことをしたのか、という話になった。 正直、女の子にちょっかい出したい年齢だしな、と思ってはいたが、 「漫画でやってたからやった」と。 男児の兄が持っている漫画(タイトルまでは聞けなかったが相手の親が言うにはR18指定のものではないそうなのでたわわとかToLOVEるみたいな感じなのかなと思う)を友達数人で回し読みしていて、その漫画内でのことを仲間の数人でクラスや通学団の

                                              エロ漫画が性犯罪を助長してた【追記】
                                              • shinoda soshu on Twitter: "「いわゆる白人の間で“黄色人種は棒で殴ると喜ぶからどんどん殴ろう!”って漫画やゲームが流行ってたら怖いですよね。女性が“男性向け作品“に感じる恐怖もそれです」っていう例えが秀逸だなと思った。「嫌がるのが興奮する」も最悪だけど、「喜ぶと思った」も気持ち悪い。"

                                                「いわゆる白人の間で“黄色人種は棒で殴ると喜ぶからどんどん殴ろう!”って漫画やゲームが流行ってたら怖いですよね。女性が“男性向け作品“に感じる恐怖もそれです」っていう例えが秀逸だなと思った。「嫌がるのが興奮する」も最悪だけど、「喜ぶと思った」も気持ち悪い。

                                                shinoda soshu on Twitter: "「いわゆる白人の間で“黄色人種は棒で殴ると喜ぶからどんどん殴ろう!”って漫画やゲームが流行ってたら怖いですよね。女性が“男性向け作品“に感じる恐怖もそれです」っていう例えが秀逸だなと思った。「嫌がるのが興奮する」も最悪だけど、「喜ぶと思った」も気持ち悪い。"
                                                • Gwen on Twitter: "わたしの友人は整体にいって整体師からセクハラをされて泣き寝入りした経験があるんですが、実際の性犯罪を想起させるこのようなゲームをSwitchハードでCERO Dレーティング(17歳以上)として発売することについて、倫理的問題はない… https://t.co/63hrK0ZTGM"

                                                  わたしの友人は整体にいって整体師からセクハラをされて泣き寝入りした経験があるんですが、実際の性犯罪を想起させるこのようなゲームをSwitchハードでCERO Dレーティング(17歳以上)として発売することについて、倫理的問題はない… https://t.co/63hrK0ZTGM

                                                  Gwen on Twitter: "わたしの友人は整体にいって整体師からセクハラをされて泣き寝入りした経験があるんですが、実際の性犯罪を想起させるこのようなゲームをSwitchハードでCERO Dレーティング(17歳以上)として発売することについて、倫理的問題はない… https://t.co/63hrK0ZTGM"
                                                  • 、 on Twitter: "自民党は非常に多くの場でカルト的な組織と結びついて人々を洗脳しています。右翼の「就活塾」での実体験を話します...。#拡散希望 久しぶりに検索をしたら、そこも名前が変わっていました。… https://t.co/QTDNkKnofw"

                                                    自民党は非常に多くの場でカルト的な組織と結びついて人々を洗脳しています。右翼の「就活塾」での実体験を話します...。#拡散希望 久しぶりに検索をしたら、そこも名前が変わっていました。… https://t.co/QTDNkKnofw

                                                    、 on Twitter: "自民党は非常に多くの場でカルト的な組織と結びついて人々を洗脳しています。右翼の「就活塾」での実体験を話します...。#拡散希望 久しぶりに検索をしたら、そこも名前が変わっていました。… https://t.co/QTDNkKnofw"
                                                    • 平 裕介 on Twitter: "売春防止法案の質疑(第24回国会同衆議院法務委員会会議録33号昭和31年5月11日)で、松原一彦政府委員は「性の方面における羞恥を失った者は…人間じゃない。本来性行為は神聖であって男女の性交は神前の誓いから始まっておる」とまで明言… https://t.co/owN4AtPofT"

                                                      売春防止法案の質疑(第24回国会同衆議院法務委員会会議録33号昭和31年5月11日)で、松原一彦政府委員は「性の方面における羞恥を失った者は…人間じゃない。本来性行為は神聖であって男女の性交は神前の誓いから始まっておる」とまで明言… https://t.co/owN4AtPofT

                                                      平 裕介 on Twitter: "売春防止法案の質疑(第24回国会同衆議院法務委員会会議録33号昭和31年5月11日)で、松原一彦政府委員は「性の方面における羞恥を失った者は…人間じゃない。本来性行為は神聖であって男女の性交は神前の誓いから始まっておる」とまで明言… https://t.co/owN4AtPofT"
                                                      • 「社会の底辺だ」と言い放ち、キャバクラ女性店員を襲った弁護士 法廷で明かされた人権感覚の〝麻痺〟疑う数々の言動 | 47NEWS

                                                        キャバクラの女性店員を自宅に連れ込んで暴行するなどし、2件の強制性交致傷と1件の傷害の罪に問われた千葉県弁護士会所属の38歳弁護士の男に、懲役13年の判決が下された。「おまえらは社会の底辺」「俺は弁護士だから逮捕されない」。千葉地裁の法廷で明かされたのは、人権感覚の麻痺をうかがわせる犯行時の言動の数々だった。被告側は判決を不服として控訴し、審理の場は東京高裁に移る。(共同通信=広根結樹) ▽〝黒服〟殴り暴言 検察側の冒頭陳述や被告人質問などによると、起訴されたのはいずれもキャバクラの関係者が被害者の事件だった。 1件目は2019年11月に、千葉市中央区富士見2丁目で起こした男性店員に対する傷害事件。男は女性店員をバーに誘い、アルコール度数の高い酒を無理やり勧めていた。飲食後、腕をつかんで「ホテルに行くぞ、タクシーに乗れ」と強引に誘ったが、女性は拒否。女性の電話で駆け付けた男性店員らと口論に

                                                        「社会の底辺だ」と言い放ち、キャバクラ女性店員を襲った弁護士 法廷で明かされた人権感覚の〝麻痺〟疑う数々の言動 | 47NEWS
                                                        • 《新情報》「私の両脚を広げて…」性被害の22歳元女性自衛官が“駐屯地名”を初告発!男性上官の卑劣行為 | 週刊女性PRIME

                                                          「反響の大きさに驚いています。最近は雑誌などメディアのインタビューも受け始めました。これを機会に洗いざらい、自衛隊に今も浸透する“間違った体質”を変えてほしい。再発防止と謝罪が私の望みです」 震災をきっかけに自衛官を志したが… 6月29日、あるYouTube動画が話題になった。元自衛官だった22歳の女性が性被害を告発。みるみるうちに動画は拡散された。 女性の名前は、五ノ井(ごのい)里奈さん。今年6月まで、陸上自衛隊に所属。そこで受けたあまりにも酷いセクハラが重なり、療養期間を経た後に退職した。 「少しでも自衛隊の体質が改善されることを願っています。私のいた部隊は、隊員58人中、女性隊員は5人でした。 志を持って自衛隊に入った人が、業務外のセクハラが理由で辞めることになるって、こんなに悔しいことはない」 五ノ井さんが自衛隊を志し始めたのは、小学生のころ。 「2011年に東日本大震災があったと

                                                          《新情報》「私の両脚を広げて…」性被害の22歳元女性自衛官が“駐屯地名”を初告発!男性上官の卑劣行為 | 週刊女性PRIME
                                                          • 「18歳、『設定』と思った」「パパ活でなく同伴」吉川赳氏が釈明 | 毎日新聞

                                                            18歳の女子学生に飲酒をさせたと週刊ポストで報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員(比例代表東海ブロック)が15日、自身のブログで「この度の週刊誌報道に関して」と題した見解を発表した。要旨は以下の通り。 「『パパ活』と総括され違和感」 世間をお騒がせしたことは我が身の不徳の致すところであり、心からおわび申し上げる。 ご説明すべき立場にあることは明白であり、煩悶(はんもん)していた。しかし参院選を控える時期に弁明に立てば、あたかも(自民)党の問題のように取り上げられ、また、さまざまな政治的思惑から利用され、マスコミが沸騰し、参院選に影響を及ぼすことが容易に想像された。参院選が終わるまでは沈黙を守り、選挙後速やかにご説明申し上げるつもりだった。 ところが、安倍(晋三)元総理がご逝去されるという想像を絶する悲劇が突然襲った。心から哀悼し、喪に服することとし、ご説明は、服喪の後にさせていただこう

                                                            「18歳、『設定』と思った」「パパ活でなく同伴」吉川赳氏が釈明 | 毎日新聞
                                                            • 甲子園で起きている性被害【前編】「密着取材」の暗部を女性記者が実名告発

                                                              MeToo運動が広まり、映画界をはじめとする「性暴力問題」の告発が相次ぐなか、それを報じる新聞社が見ないふりをしている性被害があった。その現場は、高校球児の聖地・甲子園。当事者たちが実名で告発する。【前後編の前編】 * * * 夏の甲子園を目前に、全国各地で高校野球の地方大会が開催されている。 今年の甲子園は3年ぶりに観客の入場制限が撤廃されて盛り上がることが予想されるが、その陰で浮上したのが、女性記者が被る性被害問題だ。 〈詳細を初めて知って衝撃。私も甲子園で担当チームの取材中に被害を受けたから。表に出ていないだけで、女性記者への性加害はこれまでもけっこう起きているのではないだろうか〉 7月4日にツイッターでそう発したのは元朝日新聞記者の柴田優呼氏だ。高校球児たちが夢見る聖地で性被害が起きているという告発には多くの反応が寄せられている。 柴田氏が改めて本誌・週刊ポストの取材に答えた。 「

                                                              甲子園で起きている性被害【前編】「密着取材」の暗部を女性記者が実名告発
                                                              • カウンセリングで性行為、女性訴え 長谷川博一さんに岐阜地裁賠償判決:中日新聞Web

                                                                心理カウンセリングの際に性行為をされて精神的苦痛を受けたなどとして、三十代の女性が、元臨床心理士で虐待や犯罪心理などの著書が多数ある長谷川博一さん(63)に四百万円の慰謝料を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁は十四日、「信頼関係に乗じて性的接触を避ける義務に違反した」と認め、長谷川さんに三百万円の支払いを命じた。 伊藤隆裕裁判官は、二〇一六年十月〜一八年三月、長谷川さんがカウンセリングで女性宅を訪れ、六回にわたって性的接触をしたという女性の証言は信用できると判断。「あたかも性的接触を持つことが心理療法の一環であると述べ、信頼を得ていた」とし「精神症状が改善するどころか悪化させた」と損害を認めた。 長谷川さんが女性との関係についての見解をツイッターに投稿したことも、プライバシーの侵害と名誉毀損(きそん)にあたるとした。長谷川さんは性的接触を否定していたが、判決は「極めて不合理な弁解」と退けた。

                                                                カウンセリングで性行為、女性訴え 長谷川博一さんに岐阜地裁賠償判決:中日新聞Web
                                                                • 米の10歳少女、地元で中絶できず他の州へ 強姦疑いの男を訴追 - BBCニュース

                                                                  妊娠の人工中絶が禁止されたばかりの米オハイオ州からイリノイ州へ移動して中絶手術を受けた10歳少女について、少女を強姦した疑いで逮捕・訴追された男が13日、オハイオ州コロンバスの裁判所に出廷した。 アメリカでは米連邦最高裁が6月24日に長年の判例を覆し、人工中絶を受ける権利は憲法で保障されているものではないと判断を示した。オハイオ州ではその数時間後に州議会が、妊娠6週以降の中絶処置を一切禁止した。強姦や近親相姦で妊娠した場合も、中絶が認められない。

                                                                  米の10歳少女、地元で中絶できず他の州へ 強姦疑いの男を訴追 - BBCニュース
                                                                  • 10歳がレイプで妊娠、中絶禁止で他州へ…「でっちあげ」でなかった:朝日新聞デジタル

                                                                    米中西部オハイオ州に暮らす10歳の女児が、レイプされた末に妊娠した。だが、同州ではほぼ全ての中絶が禁じられており、隣の州まで中絶措置を受けにいかなければならなかった――。 中絶をめぐって世論が二分する米国で、そんな事件が起きた。当初は「でっちあげ」との指摘もあったが、13日になって容疑者の男の逮捕が報じられた。米国社会は衝撃をもって受け止めている。 事件が明るみに出たのは今月1日。インディアナ州の地元紙インディアナポリス・スターが、産婦人科医の話として「妊娠して6週と3日目の10歳の女児が、中絶措置を受けるためにオハイオからインディアナに来た」と伝えた。 米国では6月24日、連邦最高裁が「中絶は合衆国憲法上の権利」と認めた半世紀前の判例を覆したばかりだ。オハイオではその数時間後、妊娠6週以降の中絶を違法とする州法が効力をもつようになった。 地元紙によると、インディアナの産婦人科医は連邦最高

                                                                    10歳がレイプで妊娠、中絶禁止で他州へ…「でっちあげ」でなかった:朝日新聞デジタル
                                                                    • 【前編】22歳元女性自衛官が実名・顔出しで自衛隊内での「性被害」を告発 テント内で男性隊員に囲まれて受けた屈辱的な行為とは〈dot.〉

                                                                      【前編】22歳元女性自衛官が実名・顔出しで自衛隊内での「性被害」を告発 テント内で男性隊員に囲まれて受けた屈辱的な行為とは 元女性自衛官が実名・顔出しで、訓練中に受けた性被害をYouTubeで告白したことが話題を呼んでいる。五ノ井里奈さん(22)は、陸上自衛隊に所属していた2021年の6月~8月、複数の上官から集団でセクハラを受けたという。上長に被害を訴えても取り合ってもらえず、自衛隊内の捜査機関に被害届を出しても、検察からは不起訴とされた。現在は検察審査会に不服申し立てをし、結果を待っている。五ノ井さんは、AERA dot.の単独インタビューに応じ、「日常的に起きているセクハラの被害から、残された女性隊員を守りたい」と、自身の受けた体験を語った。

                                                                      【前編】22歳元女性自衛官が実名・顔出しで自衛隊内での「性被害」を告発 テント内で男性隊員に囲まれて受けた屈辱的な行為とは〈dot.〉
                                                                      • 漫画家「うさきこう」を逮捕 少女にひわいな画像見せた疑い:朝日新聞デジタル

                                                                        愛知県警は13日、同県北名古屋市加島新田の自称漫画家、新井巧容疑者(36)を県迷惑行為防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、新井容疑者は「うさきこう」のペンネームで活動しているという。 発表によると、新井容疑者は6月3日午後5時35分ごろ、名古屋市西区のコンビニエンスストアで、15歳の少女に対し、男性の下半身の画像が映ったスマートフォンを2回にわたって見せつけた疑いがある。「間違いありません」と容疑を認めているという。 西署によると、新井容疑者はコンビニで商品を見ていた少女にスマホ画面を差し出し、嫌がった少女が店内を移動したところ、回り込んで再度見せつけたという。帰宅した少女が母親に報告し、母親が通報した。(松島研人)

                                                                        漫画家「うさきこう」を逮捕 少女にひわいな画像見せた疑い:朝日新聞デジタル
                                                                        • note

                                                                          • 安倍元首相銃撃 警察庁長官「ざんきに堪えない」 進退明言せず | NHK

                                                                            警察庁の中村格長官が事件後初めて、二之湯国家公安委員長とともに記者会見を開きました。 この中で中村長官は今回の事件について「安倍元総理が銃撃を受けて亡くなるという重大な結果を招いたことについて、警察として警護警備の責任を果たせなかったものと極めて重く受け止めている。警察庁長官としてざんきに堪えない」としたうえで「このような重大な結果を招いたことを踏まえれば、現場の対応のみならず警察庁の関与の在り方にも問題があったものと認識しており、都道府県警察を指揮監督する立場である警察庁長官としての責任は誠に重いと考えている」と述べました。 一方、自身の進退については「今の段階で私が果たすべき責任は警護警備の問題点を早急に洗い出し具体的な対策を検討したうえで、このような重大な事案が二度と起きることのないよう見直しを行うことであると考えている」と述べ、明言はしませんでした。

                                                                            安倍元首相銃撃 警察庁長官「ざんきに堪えない」 進退明言せず | NHK
                                                                            • 「細身の若い女性ばかり」6回逮捕された性的暴行精神科医師のセクハラ診察「すぐLINEで誘ってくる」(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース

                                                                              7月7日、女性患者に性的暴行を加えたとして、強制性交等容疑で逮捕された新宿区歌舞伎町『東京クリニック』院長・伊沢純容疑者(52)。無人の病院で20代の女性患者に「興奮してきた」などといいながら胸を触り、性的暴行を加えたとされているが、伊沢容疑者の逮捕は今年3月以降でなんと6回目。過去には診察中の女性患者の胸を触った容疑でも逮捕されており、界隈では「また伊沢か」「またセクハラ診察か」と名の知れた存在だった。 【写真】睡眠導入剤「マイスリー」が米国の有名キャラの隣に並ぶ東京クリニックの棚。他、トー横キッズが持ち歩いた袋入りの安定剤なども 複数回逮捕されても医師免許を剥奪されることなく診療を続けてきた伊沢容疑者だが、通常の診療風景にも異様な雰囲気が漂っていたという。約1年前に初診を受け、逮捕されるつい1週間前まで診察を受けていたという、20代女性が語る。 「ビルの6Fに、マンションの一室のような

                                                                              「細身の若い女性ばかり」6回逮捕された性的暴行精神科医師のセクハラ診察「すぐLINEで誘ってくる」(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
                                                                              • 花街告発の元舞妓がメディア初登場! 16歳でハレンチ宴席、騒動後には「京都は怖いよ」と恐怖の“忠告”電話が - Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]

                                                                                「私が『桐貴清羽(きりたかきよは)』であり、先斗町の置屋にいた『市駒』です」 彼女は6月26日の夜、ツイッターで衝撃的な“告発投稿”をした。 「当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい」(投稿を一部抜粋) 【関連記事:「舞妓の実態」告発が柴咲コウ、上白石萌音らの「舞妓作品」にも飛び火“美化”演出への非難轟々】 芸妓を目指して修業する15歳から20歳までの女性が「舞妓」と呼ばれる。多くは中学校を卒業して「置屋」に入る。住み込みで日本舞踊(日舞)などの芸事を習い、白塗り化粧と華やかな着物姿で踊りを披露し、一日を過ごす。宴席となれば、深夜までかかる日もしばしばだ。 こうした未成年者を深夜まで従事させることや、桐貴さんが告発した「未成年飲酒」については、後藤茂之厚生労働大臣が

                                                                                花街告発の元舞妓がメディア初登場! 16歳でハレンチ宴席、騒動後には「京都は怖いよ」と恐怖の“忠告”電話が - Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]
                                                                                • 中野 昌宏【世耕氏尋問?月?日?:?〜 東京地裁610号法廷】 on Twitter: "彼らの言っている「家族」というのも我々の用語法とは違います。あれは家族じゃなくて「家父長制システム」。基本的に個々人の自己決定権や幸福追求権を剥奪するもの。"

                                                                                  彼らの言っている「家族」というのも我々の用語法とは違います。あれは家族じゃなくて「家父長制システム」。基本的に個々人の自己決定権や幸福追求権を剥奪するもの。

                                                                                  中野 昌宏【世耕氏尋問?月?日?:?〜 東京地裁610号法廷】 on Twitter: "彼らの言っている「家族」というのも我々の用語法とは違います。あれは家族じゃなくて「家父長制システム」。基本的に個々人の自己決定権や幸福追求権を剥奪するもの。"