検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

GPUの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)13064 件中 1 - 40 件目

  • 「ストリートファイターV」は、今やモバイルPCのCPU内蔵GPUでプレイできるようになってしまった

    「ストリートファイターV」は、今やモバイルPCのCPU内蔵GPUでプレイできるようになってしまった:ゲームプレイと実況配信ライブにも挑戦(1/5 ページ) 格闘ゲームの世界大会「EVO Japan 2023」にも採用されたゲームタイトル「ストリートファイターV」。これを最新のモバイルPCで快適に楽しむことはできるのか、またプレイしながらの実況配信もできるのかを試してみた。 2020年3月から始まった「ストリートファイターV(以下、スト5)が快適にプレイできる自作PCをなるべくコスト安で作る」(以下、5万円台スト5PC)という企画だが、コロナ禍と半導体不足、そして仮想通貨マイニングの過熱でGPUの価格が高騰したことにより、5万円台でゲームが快適にプレイできるPCの自作はかなり困難になってしまった。 安さだけを追求するのは、昨今の円安問題もあったりして、なかなか取り組みが難しくなってきた。そこ

    「ストリートファイターV」は、今やモバイルPCのCPU内蔵GPUでプレイできるようになってしまった
    • 「GPD WIN Max 2」が国内予約開始。Intel版はキャンセルへ

      「GPD WIN Max 2」が国内予約開始。Intel版はキャンセルへ
      • Intel Arc GPUはDirectX 9サポートを切り捨て。変換レイヤーで対応へ

        Intel Arc GPUはDirectX 9サポートを切り捨て。変換レイヤーで対応へ
        • Web ページの背景を動く星空にした話 (with react-three-fiber)

          モチベーション ウェブページの背景に星空を見せたかった。それがちゃんと実際の星空の、リアルタイムの状況を反映していたら面白いよねと思った。 スタート時の状況 主に愛情のこもった手打ち HTML5 と 手打ち CSS でシンプルな Web ページを作っていた https://web.archive.org/web/20210212085818/celestian.io この前にどうやら React が世間では流行ってるらしいということで React と TypeScript を使った小さい 1 ページアプリを作った https://web.archive.org/web/20201202100627/https://celestian.io/ssr/ 今の https://celestian.io/sushi の前身 C# で WPF のデスクトップアプリとか作ってたことがあった かかった時

          Web ページの背景を動く星空にした話 (with react-three-fiber)
          • NVIDIA、グラボメーカーが余らせたGPUの在庫を買い取る。対象はGeForce RTX 3000シリーズ用ハイエンドGPU GA102。ただし | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

            NVIDIAは、グラボメーカーが余らせているGeForce RTX 3000シリーズ用GPUを買い取っているようです。YouTubeチャンネルのMoore’s Law is Deadが報じました。 Ampere GPUの供給過多について ソース1: NVIDIAは、ハイエンドのLovelace (GeForce RTX 4000シリーズ)の大口購入と引き換えに、AIBが余らせているGA102 GPUの在庫の解消に直接乗り出した。 ソース2: 市場からはすでにGeForce RTX 3090が消え始めており、GeForce RTX 3090 Tiも在庫切れの兆しを見せている。 ソース3: もし、8月下旬にもまだ大量の在庫が残っている場合、NVIDIAもAMDもさらに値下げするだろう。NVIDIAは必要に応じて多少の値下げを行うだろうが、AMDはそこまで安くはならないだろう。 これらの情報は、

            NVIDIA、グラボメーカーが余らせたGPUの在庫を買い取る。対象はGeForce RTX 3000シリーズ用ハイエンドGPU GA102。ただし | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z
            • AMD RyzenシリーズCPUにサイドチャネルの脆弱性『SQUIP』。Zen 1 ~ Zen 3に影響 | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

              AMDは、Ryzen、Ryzen Threadripper、EPYCプロセッサーに脆弱性があることを発表しました。 AMDによると、Zen 1、Zen 2、Zen 3アーキテクチャを採用したCPUには、サイドチャネルの脆弱性があり、攻撃者に悪用されると機密情報が漏えい・窃取される恐れがあるとのこと。 この脆弱性は、ジョージア工科大学やグラーツ工科大学などの研究者らによって発見され、『SQUIP』(Scheduler Queue Usage via Interference Probing)と名付けられました。CVE IDはCVE-2021-46778。深刻度は中程度。 脆弱性の影響を受けるCPUは以下。 デスクトップ AMD Ryzen 2000シリーズデスクトッププロセッサーAMD Ryzen 3000シリーズデスクトッププロセッサーAMD Ryzen 5000シリーズデスクトッププロセ

              AMD RyzenシリーズCPUにサイドチャネルの脆弱性『SQUIP』。Zen 1 ~ Zen 3に影響 | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z
              • 中国、1チップで1PFLOPS超えを達成したGPGPU

                中国、1チップで1PFLOPS超えを達成したGPGPU
                • Intel、プロ向け単体GPU「Arc Pro A」3機種を発表

                  Intel、プロ向け単体GPU「Arc Pro A」3機種を発表
                  • 【Hothotレビュー】 国内未発売のIntel Arc A380先行入手!GPUの第三の選択肢になるのか?

                    【Hothotレビュー】 国内未発売のIntel Arc A380先行入手!GPUの第三の選択肢になるのか?
                    • この先、Windowsはどうなる? 2024年にWindows 12が登場する可能性がある? (1/2)

                      Windows 11の最初のアップデートがもうすぐだ。今回は、今後のWindowsのアップデートサイクルについて考えていくことにする。 Windows 11 Ver.22H2のプレビュー版は、5月にビルド22621が出たあとは、8月2日まで小数点以下のアップデートのみが続く。なお、アスタリクスのついたビルドには、新機能を有効化したビルド「22622」(小数点以下は22621と同じ)が同時に配付されている。写真はMicrosftのフライトハブ(https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-insider/flight-hub/)のもの Windows Vista以降、Windows 10が登場するまで、7、8、10と3年周期でメジャーバージョンアップがなされてきた。しかし、今の時代に3年は長すぎる。インターネットを始めとするWindowsを取り巻く状況やユ

                      この先、Windowsはどうなる? 2024年にWindows 12が登場する可能性がある? (1/2)
                      • NVIDIAがベンチマークツール「FrameView」をアップデート。画質比較ツールや遅延計測ツールにも新機能が加わる

                        NVIDIAがベンチマークツール「FrameView」をアップデート。画質比較ツールや遅延計測ツールにも新機能が加わる ライター:米田 聡 NVIDIAは,以前からGPUやPCの性能検証に用いるテストツールを開発している。とくに,ゲームにおける性能や画質に関わるツール「GeForce Performance Toolkit」として,NVIDIAは以下の3種類を公開中だ。 フレームレート計測ツール「FrameView」(関連記事) 画質比較ツール「ICAT」(関連記事) 遅延計測ツール「LDAT」(関連記事) GeForceの名が付いているものの,これらは他社製GPUでも主要な機能を利用できる※。なかでも手軽に使えるフレームレート計測ツールのFrameViewは,使ってみたことがあるという人もいるだろう。 ※ただしLDATは,NVIDIA製の非売品ハードウェアが必要なので,ゲーマーが使うには

                        NVIDIAがベンチマークツール「FrameView」をアップデート。画質比較ツールや遅延計測ツールにも新機能が加わる
                        • 時価総額でAMDがIntelを逆転、米国の半導体生産での復権は可能なのか? - 吉川明日論の半導体放談(232)

                          Intelの第2四半期の発表を受けて、一時、株価が10%以上の急落をした。近年にない散々な結果で、アナリストたちは「悪夢を見ているようだ」とか「まるでホラー映画だ」など大きな落胆を隠さなかった。そして最近発表されたAMDの同四半期の発表は、それらを裏付けるような内容で、“Intelの一人負け状態”が映し出された印象だ。 この両社のコントラストはAMDの時価総額がIntelのそれを超えるという信じられないような事態を招いた。時価総額とは、上場企業の株価に発行済み株式数を掛けた総体で、企業価値をはかる重要な指標である。有体に言えば「今やIntelの企業価値はAMDのそれに劣る」、ということになる。長年AMDに勤務した私にとってこんな日が来るとは夢にも思わなかった。その概要と、それを取り巻く業界の動きに目を向けてみよう。 この10年で最悪の決算発表だったと言われるIntel 両社の決算報告の内容

                          時価総額でAMDがIntelを逆転、米国の半導体生産での復権は可能なのか? - 吉川明日論の半導体放談(232)
                          • DirectX12 描画フレーム構築、実行、レイテンシ

                            DirectX12 では描画コマンドを作成して画面表示までの様々な処理を自前で実装することになり、とても大変です。その中でも描画コマンドを構築した後、画面に表示されるまで、という箇所の理解は大変だと私は感じました。私自身とても不思議に思っていたこともあり、今回調べてみました。 ここに記載している内容は、私の調査結果に基づいています。そのため、参考元への問い合わせはしないようにお願いします。また、間違いも含まれている可能性がありますので、鵜呑みにもご注意願います。 DirectX 12 での描画コマンド構築、処理の流れ DirectX12 で描画をする流れは以下の通りです。 描画コマンドを作成する (CPU側)描画コマンドを発行する (CPU側)Present を発行してスワップチェインバッファを入れ替える (CPU側)描画コマンドが GPU で実行され、バックバッファに書き込まれる (GP

                            DirectX12 描画フレーム構築、実行、レイテンシ
                            • HDR/10bitカラー対応となった次期OBSベータ版公開。GPU支援で背景除去なども可能に

                              HDR/10bitカラー対応となった次期OBSベータ版公開。GPU支援で背景除去なども可能に
                              • 7画面マルチディスプレーで常時“嫁”に囲まれたPC環境構築に挑戦 (1/3)

                                PCを使っていて不満に感じることといえば、1画面では複数のウィンドウを並べるのに狭すぎること。ブラウザーを開きながらオフィスソフトを使うといったよくあるシーンでも並べて作業するのは厳しく、いちいち切り替えなくてはならないことに不満を抱えている人は多い。 これを改善するのに効果的なのが、マルチディスプレーで複数画面を使う方法だ。単純に表示領域が2倍、3倍と増えるため、複数のソフトやウィンドウを並べて表示するのも余裕となる。また、チャットツールやリモート会議アプリなどを常時表示してもジャマにならないため、メッセージに素早く対応できるようになるのも便利な点だ。 もちろん、ウィンドウを並べずに切り替え表示すればいいとか、仮想デスクトップを使えば問題ないという人もいる。しかし、これはあくまで片方ずつ表示しているだけで、同時に表示できているわけではない。そのため、ブラウザーに表示した情報を見ながら書類

                                7画面マルチディスプレーで常時“嫁”に囲まれたPC環境構築に挑戦 (1/3)
                                • GPT-neoxの学習用にマルチノード並列学習環境を整えた with DeepSpeed - ABEJA Tech Blog

                                  1. はじめに 2. 並列学習環境を調べる 並列学習方法を調べる ネットワーク、コンピューティング周りを調べる 3. インフラ環境を構築する コンパクトプレースメントポリシーの作成 Compute Engine を起動する (Fast Socket と gVNIC を利用する) 4. まずはシングルノードで動かす 5. 次はマルチ環境で動かす w/ Docker リポジトリをクローン ssh/config を作成 authorized_keys を作成 hostfile を作成 Docker を build 6. つまずいたポイント 学習途中に出力したファイルを再利用するのでNFSが必要に NFSのリージョンを間違えて速度が出なかった 大量のGPUの調達はリソースを確保できないかもしれないので要サポート確認 コンパクトプレースメントポリシーは邪魔になりそうだった 7. 結果 8. まとめ

                                  GPT-neoxの学習用にマルチノード並列学習環境を整えた with DeepSpeed - ABEJA Tech Blog
                                  • AMDの時価総額がついにIntelを上回る、Intelは2022年第2四半期の業績不振により株価が下落

                                    現地時間の2022年7月29日(金)、半導体製造メーカー・AMDの時価総額が同じく半導体大手のIntelを上回りました。AMDの時価総額が1530億ドル(約20兆円)に到達したのに対して、Intelの時価総額は1480億ドル(約19兆3000億円)まで下落しています。 AMD passes Intel in market cap https://www.cnbc.com/2022/07/29/amd-passes-intel-in-market-cap.html Intel's Market Value Falls Behind AMD's After Results Stumble https://www.wsj.com/livecoverage/stock-market-news-today-07-29-2022/card/intel-s-market-value-falls-behi

                                    AMDの時価総額がついにIntelを上回る、Intelは2022年第2四半期の業績不振により株価が下落
                                    • 量子コンピューターの頭脳であるQPUとは一体何なのか?をNVIDIAが解説

                                      by IBM Research 従来のコンピューターとまったく異なる計算方式を採用しているため、従来よりも圧倒的な速度と量の計算をこなすことができる量子コンピューターの計算ユニット「QPU」について、半導体企業のNVIDIAが解説しています。 What Is a QPU? | NVIDIA Blogs https://blogs.nvidia.com/blog/2022/07/29/what-is-a-qpu/ 量子コンピューターは従来のコンピューターよりもはるかに高い計算能力を持ち、これまで「時間がかかりすぎるために解決が事実上不可能」とされたような問題も解決できる可能性が期待されています。例えば、さまざまな暗号技術の核となる因数分解計算も量子コンピューターによって爆速で解決できます。もちろん今日の暗号技術が持つセキュリティ性を一瞬にして破壊してしまう可能性はありますが、同時にこれまで以

                                      量子コンピューターの頭脳であるQPUとは一体何なのか?をNVIDIAが解説
                                      • Appleが100/200GbE ネットワークアダプター用のネイティブドライバを開発しているもよう。

                                        Appleが100/200GbE ネットワークアダプター用のネイティブドライバを開発しているもよう。
                                        • 「Pixel 6a」と「iPhone SE(第3世代)」を徹底比較 コスパに優れているのはどちら?

                                          「Pixel 6a」と「iPhone SE(第3世代)」を徹底比較 コスパに優れているのはどちら?(1/3 ページ) Googleから5万円台で発売される「Google Pixel 6a」。最大の注目点はミドルクラスAndroidの価格帯ながら6.1型の画面と大容量バッテリー、高画質カメラを搭載している点だ。同じ低価格帯の「iPhone SE(第3世代)」と比較してみよう。 Googleから5万3900円(税込み、以下同)で「Pixel 6a」が販売された。最大の注目点は、ミドルクラスAndroidの価格帯で6.1型の画面&大容量バッテリー&高画質カメラに加えて、ハイエンド級のGoogle製の高性能プロセッサ「Tensor」を搭載した点だ。 これまで低価格帯で高性能プロセッサを搭載スマホと言えば、「iPhone SE(第3世代)」の独壇場だった。iPhone SE(第3世代)の価格はApp

                                          「Pixel 6a」と「iPhone SE(第3世代)」を徹底比較 コスパに優れているのはどちら?
                                          • Lisa Su 画像ギャラリー

                                            CAPTCHA この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

                                            Lisa Su 画像ギャラリー
                                            • AMD、ライバルのIntelを時価総額で追い抜く : 市況かぶ全力2階建

                                              鳩山由紀夫とオバマまで担ぎ出して煽り倒したコロナ新薬が全て嘘のテラ、証取委の強制調査や死者と逮捕者を出した末に破産

                                              AMD、ライバルのIntelを時価総額で追い抜く : 市況かぶ全力2階建
                                              • 【Hothotレビュー】 USB PD対応のミニPC、MINISFORUM「UM560」が登場。信じられないサイズ感ながら良好な性能が魅力

                                                【Hothotレビュー】 USB PD対応のミニPC、MINISFORUM「UM560」が登場。信じられないサイズ感ながら良好な性能が魅力
                                                • Intel、第10世代以前のCPU内蔵GPUをレガシー扱いに。致命的なバグ/脆弱性修正のみ提供へ

                                                  Intel、第10世代以前のCPU内蔵GPUをレガシー扱いに。致命的なバグ/脆弱性修正のみ提供へ
                                                  • Intel GPUのLinux向けドライバーがアップデートでパフォーマンスが100倍に、いったいなぜ?

                                                    Intel Linux向けグラフィックスドライバーの開発者が、Arc GPU用レイトレーシングのパフォーマンスが100倍に向上するアップデートを公開しました。しかし、実はこのアップデートはあるコーディングのミスを修正したもので、これまでは本来のパフォーマンスの100分の1しか発揮できていなかっただけであることが報じられています。 Intel's Open-Source Vulkan Driver For Ray-Tracing Gets "Like A 100x Improvement" - Phoronix https://www.phoronix.com/news/Intel-Vulkan-RT-100x-Improve Coding Mistake Made Intel GPUs 100X Slower in Ray Tracing | Tom's Hardware https://

                                                    Intel GPUのLinux向けドライバーがアップデートでパフォーマンスが100倍に、いったいなぜ?
                                                    • Intel、第10世代以下のiGPUは新作ゲームのサポートを終了。Core 10000シリーズはわずか2年で打ち切りに | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

                                                      Intelは、第10世代Core 10000シリーズ(コードネーム: Comet Lake)以下のiGPUに対して、新作ゲームタイトルのサポートを終了することを発表しました。 Intelによると、第6世代~第10世代のiGPU (内蔵GPU)は、レガシー・ソフトウェア・サポートモデルに移行するとし、これらの製品に対するIntelグラフィックスドライバのリリース予定は四半期ごと、または必要に応じて適宜リリースするとのこと。また、今後は新作ゲームタイトルのサポートは含まれず、重要な修正と脆弱性のセキュリティアップデートのみが提供されます。 この影響を受けるCPUは以下。 第10世代Intel Coreプロセッサー(Core 10000シリーズ) with Intel Iris Plus Graphics (コードネーム: Ice Lake)第10世代Intel Coreプロセッサー(Core

                                                      Intel、第10世代以下のiGPUは新作ゲームのサポートを終了。Core 10000シリーズはわずか2年で打ち切りに | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z
                                                      • Intelが格安グラボ「Ruixuan A770/A750」まもなく発売へ、GeForce RTX 3060を上回るパフォーマンスでNVIDIAやAMD追撃 | Buzzap!

                                                        Intelが格安グラボ「Ruixuan A770/A750」まもなく発売へ、GeForce RTX 3060を上回るパフォーマンスでNVIDIAやAMD追撃 | Buzzap!
                                                        • Microsoft&AMD共同開発の新チップ「Microsoft Pluton」に関する懸念とは?

                                                          2020年、MicrosoftはPC保護のための新たなチップ「Microsoft Pluton」を発表しました。このチップはもともとXbox OneとAzure Sphere向けに開発されたもので、今後はすべてのWindows PCに組み込まれることになっていて、すでに共同開発したAMDのモバイル向けCPU・Ryzen 6000には搭載されています。しかし、発表から2年が経過してもどういうチップなのかはっきりとした情報が少なくバラバラに異なるうわさが出回っているということで、ソフトウェア開発者のガブリエル・ジーベン氏が情報をまとめています。 The dangers of Microsoft Pluton – Gabriel Sieben https://gabrielsieben.tech/2022/07/25/the-power-of-microsoft-pluton-2/ Micros

                                                          Microsoft&AMD共同開発の新チップ「Microsoft Pluton」に関する懸念とは?
                                                          • iPhone14 ProはCPUで+15%、GPUで+25〜30%、メモリ帯域幅で+50%ほど性能向上か - こぼねみ

                                                            Appleが今年後半の発売に向けて準備を進めている新型「iPhone 14」シリーズについて。 無印のベースモデルのiPhone 14およびその大型モデル(iPhone 14 Max)はiPhone13と同じA15チップを搭載し、他方Proモデル(iPhone 14 ProおよびPro Max)はA16を搭載すると予想されています。そこから、iPhone 14 Proシリーズのパフォーマンスはベースモデルよりもかなり向上し、CPUで+15%、GPUで+25〜30%、メモリ帯域幅で+50%ほどアップする可能性が指摘されています。 新しいiPhoneのイメージチップの製造プロセスに関しては、TSMCの最先端プロセスはN4Pと呼ばれる第3世代の5nmプロセスで、同じ5nmのN5プロセスと比較して、11%の性能向上、22%の電力効率の改善、6%の密度の向上を実現すると予想されています。 メモリにつ

                                                            iPhone14 ProはCPUで+15%、GPUで+25〜30%、メモリ帯域幅で+50%ほど性能向上か - こぼねみ
                                                            • 実験用 GPU 環境をどう準備したらいい?(非情報系が機械学習を使う研究をしたいとき) - 木曜不足

                                                              深層学習が著しく発展し、今まで人間にしかできないと思われていたことができるようになってきました。そのおかげで、今まで機械学習と縁が薄かった分野でも、機械学習を使った研究がしたいという声が上がるようになっています。 前々回は、それを裏付けるように非情報系の学生さんが機械学習を使った研究をしたいという応募がサイボウズ・ラボユースに増えているという話、前回はいままで機械学習や深層学習に縁のなかった人が何から勉強したらいいかという話を書きました。 今回はその続き、研究に必要な実験用 PC 環境をどのように準備したらいいかというお話です。 深層学習の実験をするには、十分な性能の GPU を積んだ PC が必要です。 今どきの機械学習関連の研究室では、院生有志がメンテナンスしている GPU のクラスタがあって、それを使わせてもらえることが期待できます。自分用の PC を手配する場合も、研究テーマに適し

                                                              実験用 GPU 環境をどう準備したらいい?(非情報系が機械学習を使う研究をしたいとき) - 木曜不足
                                                              • 第266回 RISC-Vが追い上げるか、Armが逃げ切るか、Armが新戦略を発表

                                                                このところ、RISC-Vのニュースが目立つようになってきた。そんな中、Armが2022年の新戦略を発表し、高性能なGPUとCPUを発表した。これらのターゲットは「ゲーム」である。なぜ、Armはゲームをターゲットにするのか、Armの新戦略を考察してみた。 「Arm(アーム)」が2022年の新戦略を発表した(Armのプレスリリース「Arm Total Computeソリューションがコンシューマー機器のビジュアル体験を再定義し、モバイルゲームのさらなる高性能を実現」)。はた目にはNVIDIAによる買収の断念を受けて先行きの不透明感が増しているArmであるが、押しも押されもせぬプロセッサ業界の雄である。毎年発表の戦略をアップデートしないでいたらその方が大問題だ。 しかし、世界中に関係する企業の数が知れない巨大な市場を形成しているArmのことだ。急な方向転換はできない。「大国を治むるは小鮮を烹るがご

                                                                第266回 RISC-Vが追い上げるか、Armが逃げ切るか、Armが新戦略を発表
                                                                • ThinkPad T14 Gen3 のサスペンド問題 - tmtms のメモ

                                                                  前回の続き ThinkPad T14 Gen3 の Ubuntu がサスペンドすると正常に復帰しない。 画面が消えたまま。10秒くらい待ってると点灯するけど数秒でまた消える…というのを繰り返し。 X が起動してると何もわからないので、コンソールでサスペンドを試すとこんなメッセージが出てた。 i915 0000:00:02.0: [drm] *ERROR* Failed to write source OUI i915 0000:00:02.0: [drm] *ERROR* [ENCODER:235:DDI A/PHY A][DPRX] Failed to enable link training i915 0000:00:02.0: [drm] *ERROR* Failed to read DPCD register 0x92 i915 0000:00:02.0: [drm] *ERROR

                                                                  ThinkPad T14 Gen3 のサスペンド問題 - tmtms のメモ
                                                                  • The Technology Behind BLOOM Training

                                                                    Please note that both Megatron-LM and DeepSpeed have Pipeline Parallelism and BF16 Optimizer implementations, but we used the ones from DeepSpeed as they are integrated with ZeRO. Megatron-DeepSpeed implements 3D Parallelism to allow huge models to train in a very efficient way. Let’s briefly discuss the 3D components. DataParallel (DP) - the same setup is replicated multiple times, and each being

                                                                    The Technology Behind BLOOM Training
                                                                    • M2 MacBook Air、いいんだろうけど高すぎる問題を考える ならばM1 MacBook Airを買う選択はアリなのか?

                                                                      M2 MacBook Air、いいんだろうけど高すぎる問題を考える ならばM1 MacBook Airを買う選択はアリなのか?(1/4 ページ) 本来ならばものすごく安いはずのM2 MacBook Airが、円安のせいで日本での価格がだいぶ高止まりしてしまった。なら前世代のM1にする選択肢もありなのか? 両モデルをレビューした村上タクタさんが購入戦略を考える。 Apple製品の価格に現在の円安が反映されるようになって、日本で生活する者にとっては多くの製品が急に高価になった。 Apple製品の日本での価格設定は6月までは1ドル=約100~105円換算だったのが、6月のWWDCで発表された製品あたりから、一気に1ドル約125円換算となった。つまり、日本においてはこれまでの価格感より、M2 MacBook Airはだいぶ「割高」なのである。しかし、少し安価な価格で併売されるM1だって十分、高性能

                                                                      M2 MacBook Air、いいんだろうけど高すぎる問題を考える ならばM1 MacBook Airを買う選択はアリなのか?
                                                                      • 【ゲーム別GPU性能総比較】 「VALORANT」をGPU 21種類で性能検証!

                                                                        【ゲーム別GPU性能総比較】 「VALORANT」をGPU 21種類で性能検証!
                                                                        • Intel、「Arc A750はRTX 3060より最大17%速い」ベンチ結果を公開

                                                                          Intel、「Arc A750はRTX 3060より最大17%速い」ベンチ結果を公開
                                                                          • Apple M2チップ搭載したMacBook Air (M2, 2022)のAffinity&Blenderベンチマークまとめ。

                                                                            Apple M2チップ搭載したMacBook Air (M2, 2022)のAffinity&Blenderベンチマークまとめ。
                                                                            • イーロン・マスク氏,テスラ車とSteamの統合を発表。来月中にデモの公開を予定

                                                                              イーロン・マスク氏,テスラ車とSteamの統合を発表。来月中にデモの公開を予定 編集部:松本隆一 EV大手テスラのCEOを務めるイーロン・マスク(Elon Musk)氏が,テスラ車とSteamの統合について自身の公式Twitterアカウントに書き込みを行い,来月にはデモを見せられるであろうと発表した。サンフランシスコのテスラ車オーナーズクラブの書き込みに,マスク氏が答えた形だ。 We’re making progress with Steam integration. Demo probably next month.— Elon Musk (@elonmusk) July 15, 2022 テスラ車にはカーナビの確認や車の制御のための大きなディスプレイが装備されており,これを使ってゲームを遊ぶことが可能だ。Teslaはこのインフォティメントサービスを「Tesla Arcade」と呼び,か

                                                                              イーロン・マスク氏,テスラ車とSteamの統合を発表。来月中にデモの公開を予定
                                                                              • 次期14/16インチMacBook Pro、発売は2022年秋〜2023年春か

                                                                                14インチと16インチMacBook Proの次期モデルについて、Bloombergのマーク・ガーマン記者が外観デザイン、搭載チップ、発売時期について予測しています。 M2 ProとM2 Maxはグラフィック重視の進化 マーク・ガーマン氏は、ニュースレターPower Onの読者からの、Appleは14インチ/16インチのMacBook Proの次期モデルを計画しているか?という質問に対して「間違いない」と応じ、次期モデルの開発が進められていることは確実との見方を示しました。 ガーマン氏によると、14インチ/16インチMacBook Proは、2021年秋にデザインを刷新していることから、次期モデルでも外観デザインや主な機能に大きな変更はないだろう、とのことです。 次期モデルに搭載されるM2 ProとM2 Maxは、M2と同様にグラフィック性能に重きを置いたアップグレードになるだろう、とガー

                                                                                次期14/16インチMacBook Pro、発売は2022年秋〜2023年春か
                                                                                • チップセットの誕生と隆盛、そして消滅へ

                                                                                  チップセットの誕生と隆盛、そして消滅へ:“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る(1/5 ページ) 昔ながらのIBM PC、PC/AT互換機からDOS/Vマシン、さらにはArmベースのWindows PC、M1 Mac、そしてラズパイまでがPCと呼ばれている昨今。その源流から辿っていく第21回は、チップセットが消滅に至る流れ。Chips and Technologiesなどが作っていたアレである。 第1回:“PC”の定義は何か まずはIBM PC登場以前のお話から 第2回:「IBM PC」がやってきた エストリッジ、シュタゲ、そして互換機の台頭 第3回:PCから“IBM”が外れるまで 「IBM PC」からただの「PC」へ 第4回:EISAの出現とISAバスの確立 PC標準化への道 第5回:VL-Bus登場前夜 GUIの要求と高精細ビデオカードの台

                                                                                  チップセットの誕生と隆盛、そして消滅へ