検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

devの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)218009 件中 1 - 40 件目

  • こうして僕の起業は終わった〜それでも人生は続く〜|たいし_VRゲーム制作|note

    記憶と感情2018年6月、僕は大学時代のラグビー部の先輩と会社を起こした。 商社で働いていた先輩とゲーム会社で働いていた自分が合わされば最強で、自分達の成功は疑う余地もないように当時は感じていた。 会社の運命を何に賭けるか、ホワイトボードに色々と書き殴りながら議論していた起業前の5月、OculusGoが発売になった。ゲーム会社でOculusRiftDK2を触っている人を少し訝しげに見ていた僕も、体験してすぐVRの魅力に取り憑かれた。二人ともずっとスポーツをやっていたこともあって「VRを使って世の中全ての人を健康にする」僕らはそれに人生を賭けることにした。 プロトタイプを作ってはターゲットユーザや投資家に見せて検証し、ボツにしてはまた作った。まだ前の会社にも籍があった(しかもリリース前プロダクトの担当だった)僕には体力的にしんどかった、でも疲れを感じたことはなかった。成功が約束された未来に向

    こうして僕の起業は終わった〜それでも人生は続く〜|たいし_VRゲーム制作|note
    • ゲーム実況グループ「幕末志士」チームが開発したゲーム『もろだし相撲』、Steamにて配信開始。相手のまわしを外して横綱を目指せ - AUTOMATON

      デベロッパーのBakumatsu Gamesが8月5日、対戦ゲーム『もろだし相撲』を Steamにてリリースした。価格は500円。 Bakumatsu Gamesは、ゲーム実況グループ幕末志士とそのスタッフからなるデベロッパー。幕末志士は坂本龍馬と中岡慎太郎からなるゲーム実況グループであり、YouTube・ニコニコ動画・Twitchにて動画を配信している。YouTubeには42.5万人のチャンネル登録者数をもつ人気グループだ。そんな彼らが特殊な相撲ゲームをリリースした。 『もろだし相撲』は多元宇宙上に存在する地球を舞台にした相撲ゲーム。相手のまわしを外し、局部をもろだしにすることが、この世界での決まり手となっている。プレイヤーはもろだし相撲の力士として「もろだし相撲バトルトーナメント」に参加する。もろだし相撲ならではの「掴む」「突っ込む」「飛ぶ」といった技を駆使しながら、横綱「相撲キング」

      ゲーム実況グループ「幕末志士」チームが開発したゲーム『もろだし相撲』、Steamにて配信開始。相手のまわしを外して横綱を目指せ - AUTOMATON
      • 2022年版 みてねを支えるプロダクト開発体制

        この記事では、以前に別記事で「みてねを支えるプロダクト開発体制」という記事の中で説明した「みてねのプロダクト開発体制」を最近になってアップデートをしたので、その詳細をお伝えします。 プロダクト開発体制については、数多くカジュアル面談や面接を行なっている中でも多くのエンジニアの皆様にご質問をいただく部分で、特に「エンジニアがどの段階から施策に入り込んで開発できるのか?」であったり「エンジニアと他職種のメンバーとの関わり方は?」など、確かに自分自身もソフトウェアエンジニアとして事業に関わるときに気になることではあるので、ここで再度整理したいと思います。 みてね開発体制のこれまでみてねの開発チームは、これまで組織規模や事業課題に合わせて複数回の大きな体制変更を行なってきました。どのような変遷を辿ってきたかを整理してみます。詳しい時期はあまり覚えていないので、年の記載はおおよそです。 2014年~

        2022年版 みてねを支えるプロダクト開発体制
        • 「Tech Meetup 〜Goで作る決済サービス〜」にBASE BANK Sectionのメンバーが登壇しました - BASEプロダクトチームブログ

          こんにちは!BASE BANK Sectionの松雪(@applepine1125)と清水(@budougumi0617)です。 去る2022/08/04(木)にオンラインで開催された株式会社UPSIDERさまと株式会社Kanmuさまとの合同Meetup 「Tech Meetup 〜Goで作る決済サービス〜」にBASE BANK Sectionから2名登壇しました。 upsider.connpass.com youtu.be どんなイベント? 今回のイベントはGo×決済というテーマで、開発時の工夫やこれまで直面した課題などについてGo言語を駆使してカード決済事業を行う3社がそれぞれ事例を紹介、ディスカッションするものでした。 ご一緒させていただいたUPSIDERさま、Kanmuさま改めて感謝申し上げます。ありがとうございました! 当日は参加した3社の発表と、Goや決済についてのパネルディス

          「Tech Meetup 〜Goで作る決済サービス〜」にBASE BANK Sectionのメンバーが登壇しました - BASEプロダクトチームブログ
          • 改訂改題版の新刊『事業をエンジニアリングする技術者たち ― フルサイクル開発者がつくるCARTAの現場』が発売 #cartabook - CARTA TECH BLOG

            こんにちは。技術広報の丹野です。 2022年8月8日、CARTA HOLDINGS(以下、CARTA)が監修した『事業をエンジニアリングする技術者たち ― フルサイクル開発者がつくるCARTAの現場』という本が ラムダノートさん から発売されました。 本書は、和田卓人氏(@t_wada)による旧VOYAGE GROUPのエンジニアたちへのインタビューをまとめた『Engineers in VOYAGE ー 事業をエンジニアリングする技術者たち』(2020年8月7日)を改訂改題した新刊になります。 今回の改訂にあたっては新たなコンテンツを追加しています。 CARTAとしての新たな一歩を体現するエンジニアたちのインタビューを2章追加 『Engineers in VOYAGE』に収録された各事業子会社の「それから」を追加 CARTA 新CTOの鈴木 健太(@suzu_v)による「あとがき」を追加

            改訂改題版の新刊『事業をエンジニアリングする技術者たち ― フルサイクル開発者がつくるCARTAの現場』が発売 #cartabook - CARTA TECH BLOG
            • freeeの自動テストの全体構成 - freee Developers Hub

              こんにちは、Software Engineer in Qualityチーム(通称SEQチーム)の @teyamagu です。 私たちのチームは普段自動/手動テストの基盤開発や開発フィードバックサイクルの高速化に向けた開発をおこなっています。 その一環で、先日、社内でfreeeの自動テストシステム全体像を共有したのですが、この辺りのことを社外の友人達と話したところ、自動テストの具体的な構成や普段の運用など事例が少なく、どんなことをやっているのかイメージしにくいとの話を伺ったので、社内向け原稿をちょっと手直しして、おすそ分けと言うことで、ここで紹介します。 特に変わったことをおこなっているわけではありませんが、自動テストの関係性の理解に参考になれば幸いです。 基本的な考え方 自動テストが既存のデプロイ・リリースのブロッカーではなく、開発のフィードバックを加速させるために、自動テストそのものが高

              freeeの自動テストの全体構成 - freee Developers Hub
              • 脆弱性対策の切り札になるかもしれない「SBOM」

                印刷する メールで送る テキスト HTML 電子書籍 PDF ダウンロード テキスト 電子書籍 PDF クリップした記事をMyページから読むことができます 本連載「企業セキュリティの歩き方」では、セキュリティ業界を取り巻く現状や課題、問題点をひもときながら、サイバーセキュリティを向上させていくための視点やヒントを提示する。 これまで脆弱性に関するさまざまな背景や対応の難しさ、ソフトウェアサプライチェーンがリスクをもたらすことなどについて述べた。 脆弱性情報の公開は、幾重にも講じたセキュリティ対策の努力を一瞬で無にし、非常に大きなインパクトを与える。現代のシステムは、パーツやコンポーネントなどを組み合わせた複雑な構造になっており、場合によっては、ブラックボックスのようになっていることから、もはや管理したくても管理できない状況であり、それが脆弱性の対応の遅れや放置につながっている。 特にオープ

                脆弱性対策の切り札になるかもしれない「SBOM」
                • 日野エンジン不正拡大、まだまだ終わらぬ正念場

                  国内トラック大手、日野自動車のエンジン不正問題を調べていた外部の特別調査委員会は8月2日、調査報告書を発表した。3月に明らかにした中・大型エンジンの不正のほかにも同様の不正が多数発覚。2016年秋だった不正開始の時期も、少なくとも2003年5月からと、大幅に期間が広がった。 2016年には、三菱自動車の燃費不正を受けて行われた国土交通省の調査に対し虚偽の報告をしていたことも明らかになった。深刻な不正の連鎖に、企業体質が問われる。 事業への影響も深刻だ。現在販売中のモデルだけでもトラック・バス向けのほか、建機といった産業用エンジン含む計12機種のエンジンにまで及ぶ。以前の排ガス規制下での不正対象の累計販売台数を含めると、対象になる販売台数は3月に発表した約11万台から約56万台にまで膨らんだ。 日野は3カ月後の11月中をめどに会社として新たな執行体制や再発防止策について方針を打ち出す。 終わ

                  日野エンジン不正拡大、まだまだ終わらぬ正念場
                  • 新山祐介 (Yusuke Shinyama) on Twitter: "John Carmackインタビュー。計5時間もあるので全部は聞いていない。「C言語のいいところは、他の言語ほどプログラミングスタイルに多様性がないことだ。なのでCの基本を知っていれば、カーネルだろうが何だろうがいきなり読みだして… https://t.co/0ae6uE9mHT"

                    John Carmackインタビュー。計5時間もあるので全部は聞いていない。「C言語のいいところは、他の言語ほどプログラミングスタイルに多様性がないことだ。なのでCの基本を知っていれば、カーネルだろうが何だろうがいきなり読みだして… https://t.co/0ae6uE9mHT

                    新山祐介 (Yusuke Shinyama) on Twitter: "John Carmackインタビュー。計5時間もあるので全部は聞いていない。「C言語のいいところは、他の言語ほどプログラミングスタイルに多様性がないことだ。なのでCの基本を知っていれば、カーネルだろうが何だろうがいきなり読みだして… https://t.co/0ae6uE9mHT"
                    • Midjourneyの呪文のまとめ

                      リンク 3D人-3dnchu- Midjourney Beta - キーワードを元にAIの力でアーティスティックな画像を生成してくれるサービス!無料のオープンベータ版を利用可能! キーワードを元にAIの力でアーティスティックな画像を生成してくれるサービス「Midjourney(ミッドジャーニー)」のベータ版が一般公開され、今話題を集めています。 3 users 13 蔦森くいな @Kuina_T 文章から美麗イラストを生成できるAI「Midjourney」の使い方をまとめてみました! とても面白いので、クリエイターの皆様ぜひぜひお試しください! #midjourney kuina.games/1103-2/ 2022-08-02 19:07:30

                      Midjourneyの呪文のまとめ
                      • Webアプリケーション自動デバッグ構成機能搭載のVS Code用「Python」2022年8月版

                        Microsoftは現地時間2022年8月4日、Visual Studio Code用拡張機能「Python」の2022年8月版をリリースした旨を公式ブログで報告した。本バージョンでは、Webアプリケーションの自動デバッグ構成機能の追加やチュートリアルの改善が加わっている。また、拡張機能「Pylance」で未使用のimportを削除する機能を、拡張機能「Jupyter」でJupyter Notebookの出力セルの画像をクリップボードへコピーする機能を追加した。 Webアプリケーションの自動デバッグ構成機能(公式ブログより) Webアプリケーションの自動デバッグ構成は、URLルーティングと基本的なページレンダリング機能を提供するPythonフレームワークの「Flask」や、高機能フレームワークの「Django」、高速Webフレームワークの「FastAPI」を利用する際の設定工程を簡素化する

                        Webアプリケーション自動デバッグ構成機能搭載のVS Code用「Python」2022年8月版
                        • Amazon VPCを「これでもか!」というくらい丁寧に解説 - Qiita

                          はじめに AWS上で仮想ネットワークを構築できるAmazon VPCは、多くのAWSサービスが動作する基盤となる、非常に重要かつ多機能なサービスです。 多機能ゆえに公式ドキュメントやネット上の記事も断片的な機能の解説が多く、全体像を把握することが難しいサービスとも言えます。 そこで本記事はVPCの全体像を理解できるよう、各機能のつながりや動作原理を丁寧に解説し、 「VPC界の百科事典」 (あくまで例えですが…笑) となるような記事を目指したいと思います。 VPCとは 「Virtual Private Cloud」の略で、クラウド上に仮想的なネットワークを構築するためのサービスです。 例えば、オンプレ環境でWebアプリ(3層アーキテクチャ)と社内システムを運用するために、以下のようなネットワークを構築していたとします。 これをVPC上の仮想ネットワークで代用すると、以下のようになります(※こ

                          Amazon VPCを「これでもか!」というくらい丁寧に解説 - Qiita
                          • セブン銀行社長は異例の高専出身 「ATMの全てを作ってきた」:朝日新聞デジタル

                            ゆうちょ銀行に次ぐ約2万6千台のATM(現金自動出入機)を持つセブン銀行で開発部門を率い6月に社長に就任した。金融機関では異例の高等専門学校出身のトップ。金融とITを融合した「フィンテック」時代に、新ビジネスの創出を期待され抜擢(ばってき)された。 北海道釧路市出身。モノ作り…

                            セブン銀行社長は異例の高専出身 「ATMの全てを作ってきた」:朝日新聞デジタル
                            • Cramming 'Papers, Please' Onto Phones

                              Aug 06, 2022 I created Papers, Please in 2013 specifically for desktop computers with mouse control. Now, here, in 2022, desktop computers no longer exist and all computing is done via handheld mobile telephone. Time to update this dinosaur. These thousands of words and megabytes of images will cover some bits of porting the game from big desktop to little phone. As a winking throwback to days pas

                              • 大学レベルの数学問題を数秒で「解き、説明し、自ら作成もできる」AIを開発! - ナゾロジー

                                また人間の能力を超えるAIが開発されました。 米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)で行われた研究によれば、大学レベルの数学の問題を「解く」「説明する」「新たに生成する」の3つが実行可能なAIを開発した、とのこと。 これまで開発されたAIは一部を除き人間用に書かれた数学の問題文から直接答えをを導き出そうとして失敗してきました。 しかし新たに開発されたAIは、人間用に書かれた数学の問題文をコンピューター用の正しいプログラムコードに自動的に変換・合成する訓練がなされており、わずか数秒で既存のAIの10倍にあたる81%の精度で正しい回答を行うことが可能となっています。 もしこの精度が100%近くになれば、数学オリンピックなどの優勝者をAIが総どりすることが可能になるでしょう。 研究内容の詳細は2022年8月2日に『PNAS』にて公開されています。 目次 大学レベルの数学問題を「解き」「説明し」

                                大学レベルの数学問題を数秒で「解き、説明し、自ら作成もできる」AIを開発! - ナゾロジー
                                • art-of-readme/README-ja-JP.md at master · hackergrrl/art-of-readme

                                  Art of README 語源 ”README”の語源は何でしょうか? この命名は、 少なくとも 1970 年代のPDP-10まで遡りますが、もしかしたらパンチカードの束の上に「READ ME!」と書かれた紙のメモを置いて、使い方を説明していた時代まで遡るかもしれません。 読者の方1から、README はルイス・キャロルの 不思議の国のアリス に登場する "DRINK ME" と書かれた飲み薬や "EAT ME" と書かれたケーキを意識しているのでは、とも指摘していただきました。 README は歴史的にすべて大文字で表記されてきました。すべて大文字を使用することで、視覚的なインパクトがあることに加え、UNIX システムは小文字の前に大文字をソートするので、ディレクトリ内の他のコンテンツ2より README を優先させることができます。 その意図は明確で、"この情報はユーザーが先に進む前

                                  art-of-readme/README-ja-JP.md at master · hackergrrl/art-of-readme
                                  • 設計解がないと思われた製品にエースエンジニアが投入され、翌日あっさり大枠をまとめて来た→その解決方法がカッコよすぎた

                                    ピーナッツ @1zA5ijpgBABKIy2 前職で、どうやっても設計解がないと思われた製品にエースエンジニアが投入され、翌日にあっさり大枠をまとめて来たことがあった。 「え、何やったんすか?」って聞いたら「めちゃくちゃ散歩したんだよ」って言われて言葉を失った。生産性とは余白なのだわ。 2022-08-05 17:35:16

                                    設計解がないと思われた製品にエースエンジニアが投入され、翌日あっさり大枠をまとめて来た→その解決方法がカッコよすぎた
                                    • SES契約における期間途中の撤収の責任 東京地判令3.12.20(令2ワ20021) - IT・システム判例メモ

                                      顧客からのクレームに納得できず、SES契約の期間途中に(ほかの案件も含めて)要員を撤収させたこと適否が問題となった事例。 事案の概要 X社は、下記の図のとおり、A社、B社、C社からそれぞれシステム開発に関する業務を受託し、それぞれの案件に対応する要員a、b、cを、Y社から調達し、その業務を担当させていた。1カ月当たりの単価を定め、比較的短期間(1カ月から3カ月)の契約期間が定められ、必要に応じて延長、更新が行われていたので、いわゆるSES契約といえる形態だったといえる。 このうち、A社にアサインされたaに関し、A社からパフォーマンスが低いとのクレームを受けたXは、2020年5月8日、Yに対し、A社は契約途中の5月22日を以て解除を希望していることなどを伝えた。 クレームの内容が、「GitやRailsのコマンドがわからないレベルだ」などというものであったが、Yは「現場レベルでの作法の話だろう

                                      SES契約における期間途中の撤収の責任 東京地判令3.12.20(令2ワ20021) - IT・システム判例メモ
                                      • ITの内製化が進んでも、業界構造が変わらない理由 - orangeitems’s diary

                                        ここに、SES・多重請負の悪いところがたくさん書いてあるけれど。 anond.hatelabo.jp 私も15年前に、SESの自分の立場を呪い、元請に転職した人間だ。1度きりの転職だがここでエスケープして正解だったとは今でも思う。そのときに「どうせSESや多重請負の構造などジリ貧だ。いずれ滅びる。それなのにここに長居したら未来はない。」と決めつけて、出て行った。 その後はどうか。残念ながら、ちっとも無くなっていない。もう15年だ。 今「この業界は内製になるだろう、だからSESや多重請負が無くなる」という呪いをかけたところで、それはちっとも説得力がない。だって、後ろを振り返ってみても未だに、多重請負にしろSESにしろ、その世界観は崩れていないのだもの。 そもそもの話として、SESや多重請負の構造は小泉改革が作ったものではない。もっと昔、1990年代から根付いていた。パソコンがオフィスに入って

                                        ITの内製化が進んでも、業界構造が変わらない理由 - orangeitems’s diary
                                        • 複数のアプリのバージョンを一箇所で集中管理してCIから一括バージョンアップできるようにした - くりにっき

                                          モチベーション リポジトリ 動いてる風景 対応形式 仕組み 各リポジトリに適用してるItamaeのレシピファイル こだわりポイント CI用にGitHub Appを作った モチベーション dependabotだとライブラリの自動バージョンアップはできるのだが、RubyやGoなどのランタイムのバージョンまでは対応してないので一箇所で管理できるようにしたかった 実は一箇所で管理すること自体は既に https://github.com/sue445/ci-config-itamae でやってたのだが、手元に動かす方式だと忘れるのでCIで動かすようにしたかった CI化は割とすぐに終わったのだが、パブリックリポジトリの設定とプライベートリポジトリの設定が混在してたのでこのリポジトリもプライベートリポジトリでずっと運用していた。しかしリポジトリの数が多すぎて*1 ActionsのQuotaを使い切りそう

                                          複数のアプリのバージョンを一箇所で集中管理してCIから一括バージョンアップできるようにした - くりにっき
                                          • 『原神』チート開発者・販売業者に対して、初の“懲役”判決が下ったとの報道。強まる不正者への取り締まり - AUTOMATON

                                            『原神』のチートツール開発・販売業者が中国国内にて逮捕され、懲役刑を言い渡されたようだ。現地メディアGameRes游资网が伝えている。 『原神』は中国を拠点とするmiHoYo(HoYoverse)が開発・運営するオープンワールドARPG。オンライン要素としては、4人まで同じフィールドで遊ぶことができる。1人のプレイヤーがホストとなり、残り3人はホストに加入申請することで、ホストのフィールドに参加できる。秘境探索と呼ばれるダンジョンの攻略も協力プレイが可能だ。一方で、本作にはPvP要素は含まれない。 GameRes游资网によると、懲役刑となったのは昨年2021年6月、『原神』の不正なプラグインを開発・販売した疑いで上海徐匯警察に逮捕された3人の容疑者だ。最近、上海徐匯区人民法院は3人の被告に対し、それぞれ1年6か月から4年の懲役刑とする判決を下したという。あわせて、それぞれ1万元から5万元(

                                            『原神』チート開発者・販売業者に対して、初の“懲役”判決が下ったとの報道。強まる不正者への取り締まり - AUTOMATON
                                            • やっぱITは内製が進むと思う

                                              SESや多重下請け構造だと、基本的にスキルというよりは単純労働力が求められる。 人を増やして、時間工数を水増ししたほうが儲かるからである。 新しい技術を使って100時間で開発するより、Excel作業で2000時間かけたほうが20倍もうかる。 ここに商売としての邪悪なトリックがある。 よって、多重中抜きの元請けには、IT技術というより「人売り」「奴隷商人」のスキルが求められる。 その結果、本当にIT以前のレベルの人間もちらほらいる。 異業種のトップ人材のほうが確実にITツールを使いこなしていると感じるレベル。 「それで肩書がエンジニアなの?」という失望感から怒りに変わることも多いので、 根っからのエンジニア気質の人間は、内製の会社に行った方がいい。技術で社会貢献できるだろう。 あと人売りのポンコツの多くは、あまり自分のレベルアップに興味がなく、 会社にしがみついて人生を平凡に逃げ切るプランを

                                              やっぱITは内製が進むと思う
                                              • 「おもちゃとジェンダー」老舗メーカーが挑む難題

                                                磁石でくっつく知育玩具「ピタゴラス」シリーズや抱き人形「ぽぽちゃん」などを手がける老舗玩具メーカー、ピープル。価格競争を勝ち抜く戦略として、「子どもの好奇心」を深掘りする商品展開やマーケティングを強化している(詳細は8月4日配信記事:知育玩具「ピタゴラス」爆売れでも会社が抱く焦燥) ただ、そうした戦略で売り上げ成長を目指すにはさまざまな課題もある。顕著なのは子ども自身や親の意識、そして業界全体に横たわる「ジェンダーの壁」だ。桐渕真人社長に、その分析を聞いた。 おもちゃの「外箱」で遊びだす子ども ――なぜ「好奇心」を軸に据えた研究開発を重視するのでしょう? 子どもの好奇心の研究は、実はまだ進んでいない部分も多い。つまりここを突き詰めることで、ピープルが好奇心研究の最先端になれる可能性がある。価格競争も激しくなる中、レッドオーシャンではない独自の成長領域として切り開いていけると思っている。 他

                                                「おもちゃとジェンダー」老舗メーカーが挑む難題
                                                • 良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門の感想と注意点

                                                  「良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門」という本がとても売れているようです。私の所属している開発チームでも、何人か購入した人がいたので、私も購入して一通り読んでみました。 結果として、いくつかの考えが整理され、私としてはこの本によって考えが深まり、本を読んで考えた事自体は有意義であったと思いました。ただし一方で、あまり知識がない状態で(自分の中での判断軸が無い状態で)この本を読むと、色々と誤解が生まれるのではないか?という事を感じました。 一つの技術書がこれだけ売れるという事はそんなに多くはない事だと思うので、つまり、 その内容が改善されるとその効果は相対的に大きい という事になります。そこで、私が本を読んでいて思ったことや、この本の内容で正しいこと、現在も賛否両論とされること、事実として認識が間違っているであろうこと、この本で触れられていないが設計において大事なこと、などについてまとめて

                                                  良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門の感想と注意点
                                                  • フロントエンドが遅いと言われた時に

                                                    Webアプリケーションで、ブラウザ上でJavaScriptを用いてAPIからデータを取得して画面に反映する挙動が遅いと言われた時にフロントエンド側が確認することと対処方法。 ユーザのボタンクリックなどのアクションをトリガーとして、APIからデータを取得し画面に反映するというシナリオがあった際に、ユーザのアクションから画面への反映に時間を要しているという状況を想定しています。 Largest Contentful Paint (LCP)が遅い場合に関しては、別のアプローチになるので今回は除外します。 本当にフロントエンドがボトルネックになっているか まず最初にすることは、APIのレスポンスタイムと、APIのデータを画面に反映する処理のどちらがボトルネックになっているかの確認です。 ユーザのアクションから画面への反映までの時間の中でAPIのレスポンスが大部分を占めている場合、プリフェッチなどの

                                                    フロントエンドが遅いと言われた時に
                                                    • git-pr-releaseとGitHub Actionsでワンクリックデプロイを実現する | おそらくはそれさえも平凡な日々

                                                      突然ですが、git-pr-releaseのなんちゃってコラボレーターである私が僭越ながら、その王道の使い方を皆様に伝授していきます。何番煎じかの記事ではありますが、現代の、特にGitHub Actions出現以降の使い方をまとめたいというのが動機です。 https://github.com/x-motemen/git-pr-release https://rubygems.org/gems/git-pr-release git-pr-releaseはGitHubを業務開発で利用している場合に便利なツールで、デフォルトブランチにマージされたpull requestをリリース項目として一覧し、それをpull request化してくれるものです。これにより以下のことが実現できます。 リリース項目が一覧されることによるリリース内容の明確化 マージボタンによる明快なワンクリックデプロイの実現 pul

                                                      git-pr-releaseとGitHub Actionsでワンクリックデプロイを実現する | おそらくはそれさえも平凡な日々
                                                      • なぜオブジェクト指向方法論に代わる方法論が出ないのか - きしだのHatena

                                                        1990年代にオブジェクト指向分析・設計の方法論がめちゃ流行ったことがあります。 ただ、そのブームが終わって、後続となるような方法論が流行ることはありませんでした。 で、なぜなのか考えていたのですけど、オブジェクト指向方法論のウリは分析段階で出てきたオブジェクト(といいつつクラス)がコードにそのまま引き継がれるというものでした。ようするにオブジェクト指向方法論というのはコードのスケッチを書いて詳細化していくというものだったのです。 しかしながらこれは、スケッチとして書いた分析・設計が間違っていればコードも間違うわけで、強くウォーターフォールの性質をもつものでした。 結局のところスケッチの妥当性というのはコードを書かないと検証ができません。分析・設計段階で見出されたクラスが妥当かというのは、コード書かなければわからなかったのです。逆に、コードを書けば妥当かどうかわかります。であれば、最初から

                                                        なぜオブジェクト指向方法論に代わる方法論が出ないのか - きしだのHatena
                                                        • なぜ日本の郊外には「タダ同然の住宅地」が大量にあるのか…「限界分譲地」という大問題を告発する 無責任の体系によって「都市の荒廃」が進んでいる

                                                          日本の郊外には「タダ同然の住宅地」が大量にある。そうした「限界分譲地」の取材を続けているブロガーの吉川祐介さんは「限界分譲地は戦後の土地開発ブームに乗じて作られた。居住ではなく投機が目的だったため、放棄された空き地が虫食い上に広がっている。限界分譲地に住むことは可能だが、自治会は機能せず、道路や公園は雑草で埋もれることもある」という――。 日本に点在する、忘れ去られた分譲地 戦後の日本は近年に至るまで、深刻な住宅問題を長く抱えてきた。 終戦直後は、空襲で家を失った人や復員兵や引き揚げ者の住宅の確保。人口増と高度成長がもたらした都市の過密と住宅不足、そして住環境の悪化という問題があった。 過熱する土地開発ブームによる地価の高騰などもあり、どの時代においても庶民は、激変する社会情勢の中で、ひとつのマイホームを確保するのが精いっぱいの状況だった。 地価高騰の時代と聞くと、1980年代末ごろのバブ

                                                          なぜ日本の郊外には「タダ同然の住宅地」が大量にあるのか…「限界分譲地」という大問題を告発する 無責任の体系によって「都市の荒廃」が進んでいる
                                                          • 2022: freee SRE Journey - これまでの振り返りとこれから - freee Developers Hub

                                                            忙しい方向けサマリ EKS化・IaCの浸透・DB改善活動が、ここ数年のfreeeのインフラ事情の主だった動きです。 一方で組織・サービスも増えてきており、従来のワンチームSREでは色々と厳しくなってきました。 基盤も進化し、課題も変化した。それに伴い、SREの組織構造を、チームトポロジ的に再編しました。 本文 こんにちは、freeeでSREのマネージャをやっている河村です。 freeeは会計年度の開始月が7月となっており一つの節目となっています。加えて今年はfreee創業10周年ということで、一つのマイルストーンとして、freeeのSREの現状と、それを受けた今後の展望について整理してみました。 この数年の中で、EKS化やAurora化といった基盤の刷新が進む一方、プロダクト・組織規模拡大に伴う従来型SREチームのスケール限界が顕在化してきています。それに対し、新しい基盤に合わせた仕組みの

                                                            2022: freee SRE Journey - これまでの振り返りとこれから - freee Developers Hub
                                                            • TypeScriptでコードを書く時に意識していること

                                                              なんだかんだでTypeScriptを業務でも個人開発でも使うようになって3年くらいが経過しました。 TypeScriptは便利ですよね☕️ 世の中的にも、もはやTypeScript以外でフロントエンドの開発を行うことが珍しいくらいの雰囲気になってきたのではないかという感じがします。 最近というかTypeScriptを書き始めてしばらくした今、書き始めた当初とは意識することが変わってきたように感じています。 そういうわけで、今、どんなことを意識しているのかを自分の整理をこめて記載しておこうと思います。 🔥🔥🔥 型を先に定義する ここがかなり気持ちの上で変わった部分です。 TypeScriptで型を書くということは、つまるところ自分が今から記述するコードの設計図を書くということだという意識が強くなりました。 TypeScriptの型推論は非常に強力で、自分でほとんど型を定義しなくても、多

                                                              TypeScriptでコードを書く時に意識していること
                                                              • チームで盛り上げる ファシリテーション

                                                                Transcript チームで盛り上げる ファシリテーション @開発PM勉強会vol.13 株式会社グロービス Globis Digital Platform CPO/PM 久津佑介 2 自己紹介 久津 佑介 / Yusuke Hisatsu 株式会社グロービス Globis Digital Platform 学習サービス事業部 CPO 兼 法人開発チーム PM @Nunerm プロダクトマネージャーカンファレンス実行委員会もやってます(今年は11/2開催です) 3 今日話したいこと フィードバックが出てこない スプリントレビューを改善するために チームでファシリテーション改革に取り組んだ話 4 当時の状況 プロジェクト • 法人向けプロダクトの大規模な機能のリニューアル • 少しずつリリースするのではなく、まとめてリリースする • リリースは半年以上先の予定 • プロダクトの特性上、カス

                                                                チームで盛り上げる ファシリテーション
                                                                • ソフトウェアアーキテクチャの基礎: Software Architecture in a Nutshell

                                                                  Continuous Architecting and Rails: From rails new to Your Own Architecture

                                                                  ソフトウェアアーキテクチャの基礎: Software Architecture in a Nutshell
                                                                  • 8人の面接官と432円のステーキ|岡田 悠|note

                                                                    この文章は、Wantedly10周年プロジェクトの依頼を受けて、とある方の人生の「転機」にまつわる実話を基に、執筆した物語です。 腹が立つと肉を焼く。落ち着くから。肉はステーキがいい。焼きがいがあるから。閉店間際のOKストアで、10%オフのシールが貼られた豪州産のステーキを吟味して、1Kのキッチンで焼く。そうやってなんとか、転職活動を続けてきた。 腹が立つのは、自分に対してだ。これまでエンジニアとして、技術力を磨いてきた。これからも磨きたいと思っている。だがそれが、面接ではうまく伝わらない。自分の説明が悪いのはわかっている。わかっているから腹が立つ。だから今夜も肉を焼く。ジュウジュウと鳴る音に耳を澄ませれば、不思議と心が静まっていく。 ◇ 僕はふだん、受託開発の会社でエンジニアとして働いている。受託開発とは、クライアントからの発注内容に合わせて、システムをつくる仕事だ。あるときは勤怠システ

                                                                    8人の面接官と432円のステーキ|岡田 悠|note
                                                                    • 大規模なデータ移行タスクの実行計画について本気出して考えてみた時の話 - freee Developers Hub

                                                                      こんにちは、会計チームでエンジニアをやっている ut (@utdoi1) です。最近はレポート周りの開発を主に担当しています。 先日あった機能リリースにおいて、大量のデータを対象とした移行タスクを実行する機会がありました。 タスクの概要としては、freee会計に登録されている事業所1つごとにデータ移行をしていくものでした。 今回はfreee会計にアカウントを作成している全ての事業所に対してタスクを流す必要があったため、普通に実行していたら完了までいったい何日かかるのか分からないくらいの規模感でした。 そのため、並列実行も考慮に入れて割としっかりめに実行計画を立てて臨みました。 この記事では、その実行計画を立てた時の作業の流れと、それぞれの過程における細かい作業内容を紹介します。 計画策定までの流れ 全体としては以下のような流れで作業を進めていきました。 タスク実行時間に関係するデータの度数

                                                                      大規模なデータ移行タスクの実行計画について本気出して考えてみた時の話 - freee Developers Hub
                                                                      • 廃棄コーヒー豆やパンの耳、イチゴが原料。アサヒのサステナブルなビールが気になる

                                                                        廃棄コーヒー豆やパンの耳、イチゴが原料。アサヒのサステナブルなビールが気になる2022.08.04 08:007,153 岡本玄介 Tags : 食べ物/飲み物 廃棄食材をアップサイクルしたビール? 再利用した廃材や自然由来で土に還る素材が使われるなど、何かと「サステナブル(持続可能)」という言葉を耳にする昨今。クラフトビールにもその波がやって来ました。 それはなんと廃棄コーヒー豆や、サンドイッチの製造過程で出るパンの耳、製茶で弾かれた茎、そしてコロナ禍で余ってしまったイチゴといった材料をアップサイクルしたビール。醸造時にいろんな材料を混ぜると独特の味や香りが作れるビールですが、「そんなものまで?」って感じですよね。 Image: アサヒユウアス個性豊かな5種類のビールこの「UPCYCLE B」と呼ばれるプロジェクトを牽引しているのは、ビールでお馴染みアサヒの傘下でサステナビリティー事業を

                                                                        廃棄コーヒー豆やパンの耳、イチゴが原料。アサヒのサステナブルなビールが気になる
                                                                        • 【徹底解説】アジャイル開発に設計書は不要か?|開発管理者が語る設計書の役割と運用・管理方法

                                                                          はじめまして。 株式会社Enlytのベトナム側開発拠点、SupremeTech Co.,Ltdの上木です。 SupremeTechの副社長として、Project Management Office(PMO)やResource Management Office(RMO)など、管理面から開発プロジェクトを支援しています。 このEnlytブログでは名無しのインタビュアーとしてこれまでに2件の記事を書きましたが、ご覧いただけましたでしょうか。 【社長インタビュー】スタートアップとポストコロナ〜VUCA時代における不安との付き合い方〜【社長インタビュー】スタートアップがAIのR&Dにかける思い 先日 プログラマーがドキュメントを書かない理由 という興味深い記事を読みまして、思うところがあり筆を執りました。以前、ディレクターの竹内がEnlytブログでドキュメント(画面設計書)の重要性について言及して

                                                                          【徹底解説】アジャイル開発に設計書は不要か?|開発管理者が語る設計書の役割と運用・管理方法
                                                                          • 緑内障の早期発見にも寄与するスマホ向けゲームアプリ「METEOR BLASTER」を東北大学と仙台放送が共同で開発。日本における特許を取得

                                                                            緑内障の早期発見にも寄与するスマホ向けゲームアプリ「METEOR BLASTER」を東北大学と仙台放送が共同で開発。日本における特許を取得 編集部:Gueed 東北大学大学院医学系研究科は2022年8月3日,同研究科の神経・感覚器病態学講座眼科学分野のチーム(教授:中澤 徹氏,特任助手:矢花武史氏)と仙台放送が共同で,緑内障の早期発見にも寄与するというスマートフォン向けゲームアプリ「METEOR BLASTER」を開発し,日本における特許を取得したと発表した(特許権 登録番号:第7103744号)。 画像はプレスリリースより METEOR BLASTERは,宇宙空間を舞台とした“シューティング系ゲーム”とされている。プレイヤーは,画面中心に登場する隕石をレーザ砲で破壊しながら,宇宙空間のあちこちに登場する星(=白い光)を捉える。本作に片目ずつ計5分間取り組むだけで,視野の状態の簡易判定が可

                                                                            緑内障の早期発見にも寄与するスマホ向けゲームアプリ「METEOR BLASTER」を東北大学と仙台放送が共同で開発。日本における特許を取得
                                                                            • プロジェクトのトラブル解決大全 小さな問題から大炎上まで使える「プロの火消し術86」 - hitode909の日記

                                                                              火消しの仕事をしているわけではないけど、他のメンバーの様子を見る仕事がよくあるので読んでみた。 どんなトラブル対応でも、一番にやらなければいけないこと。それは、「腹をくくる」ことです。腹をくくらない限り、火消しは絶対に成功しません。 こういう話が序盤に出てきて、読んでると気持ちよくなってくる。 火消し担当のプロジェクトマネージャーは基本的に炎上プロジェクトからは逃げられないけど、エンジニア同士のペアのつながり、とか、メンターメンティー、とかだと、どこまで関わっていくかが個人のサービス精神によるところがあると思う。 めちゃくちゃになってきたときに、めちゃくちゃになっているね、と傍観するんじゃなくて、一緒についていってめちゃくちゃになってくれる、そんな人になりたいものだと思う。 プロジェクトのトラブル解決大全 小さな問題から大炎上まで使える「プロの火消し術86」 作者:木部 智之KADOKAW

                                                                              プロジェクトのトラブル解決大全 小さな問題から大炎上まで使える「プロの火消し術86」 - hitode909の日記
                                                                              • 究極のスキルアップ!プログラマーのあこがれ言語「Lisp」を始めよう

                                                                                新型コロナウイルスの感染がまたも拡大し、外出を控える人が増えてきた。自宅で何かできることを探している人は多いはずだ。中にはプログラミングを始めてみたい人もいるだろう。あるいは、プログラミングに関する新しい技術を身に付けたいソフトウエアエンジニアもいるかもしれない。 プログラミングを学ぶ際には、プログラミング言語の選択が重要になってくる。言語が異なると、プログラムの書き方が変わってくるからだ。 では、どの言語を学べばよいだろうか。最近はPython(パイソン)が人気で、Go(ゴー)やRust(ラスト)といった低レイヤーに強い言語も注目を集めている。ただ、「人と同じような言語を学ぶのはつまらない」と考える人もいるかもしれない。 そうした人にぜひお勧めしたいのが「Lisp(リスプ)」だ。数ある言語の中でも独自の存在感を放つ。現役バリバリでソフトウエアを開発しているプログラマーでも「いつかはLis

                                                                                究極のスキルアップ!プログラマーのあこがれ言語「Lisp」を始めよう
                                                                                • ソフトウェアと論文, コンピュータソフトウェア, 2022年 8月号

                                                                                  首藤 一幸 首藤一幸: "ソフトウェアと論文", コンピュータソフトウェア, Vol.39, No.3, pp.88-89, (一社)日本ソフトウェア科学会, 2022年 7月 22日 「研究に欠かせないソフトウェアを開発しているのに、研究業績として評価してもらえない。」 たまにそんな愚痴を聞きます。 重いソフトウェア開発作業を、研究業績を必要とする人に勧めていいものか? ソフトウェア関連の研究者は実用ソフトの開発を経験すべきか? ソフトウェア工学の研究者は開発者を幸せにしようとしているか? などなど、筆者も大学院生の頃から考えてきました。 こうした問いはつまり、 ソフトウェアおよびその開発と、研究業績たる論文との間の相克についてのものです。 研究とは、狭い意味では、それまで人類が知らなかったことを見つけて人類の知識を増やす営為、でしょう。 ここで発見された新知識が研究成果です。 そのため