検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

heritageの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)267 件中 1 - 40 件目

  • 「地下宮殿」を再公開 東ローマ帝国時代の貯水槽 トルコ

    トルコ・イスタンブールで一般公開された「地下宮殿(バシリカ・シスタン)」の名で知られる貯水槽(2022年7月26日撮影)。(c)Yasin AKGUL / AFP 【8月6日 AFP】国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産に登録されているトルコ・イスタンブール歴史地域で、「地下宮殿(バシリカ・シスタン、Basilica Cistern)」の名で知られる貯水槽の一般公開が再開された。 この貯水槽は、紀元542年に東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌス1世(Justinian the Great)によって建設された。5年の改修を経て、音と光の演出を楽しみながら涼を味わえる空間となった。 ユスティニアヌス1世の時代に首都だったこの街には、ローマ時代からオスマン帝国時代にかけて建設された貯水槽が100か所以上存在した。(c)AFP

    「地下宮殿」を再公開 東ローマ帝国時代の貯水槽 トルコ
    • 松本明子が明かす“実家じまい”の大失敗 25年間で1800万円超かかった理由 | マネーポストWEBマネーポストWEB

      「私みたいにしくじらないようにしてください」と“実家じまい”の大失敗を語る松本明子 実家のしまいどきは難しい。親にもなんだか相談しづらい。でも、先延ばしにすればするほど、維持費がかさむ──。最新刊『実家じまい終わらせました!』が話題のタレント・松本明子さん(56才)が「私と同じしくじりをしないでください」と自身の失敗談を告白する。 * * * 「実家じまい」に25年もかかっちゃいました。その間、積もり積もった費用は、なんと1800万円超! なかなか踏ん切りがつかずに先延ばしにしていたのが大失敗でした。家財や遺品の整理も含めて、まさか実家の始末がこんなに大変だなんて思っていませんでした(笑い)。 〈吹っ切れたように笑顔で語るのは、タレントの松本明子だ。会社勤めをしていた松本の父が香川県高松市の郊外に家を建てたのは1972年、松本が6才のとき。約90坪の敷地に、総ひのき造り5DKの平屋建ての立

      松本明子が明かす“実家じまい”の大失敗 25年間で1800万円超かかった理由 | マネーポストWEBマネーポストWEB
      • 解体始まる「中銀カプセルタワービル」を丸ごと3D化 保存プロジェクトがスタート

        この取り組みは「3Dデジタルアーカイブプロジェクト」と名付けられている。同社では「戦後に建てられた近代建築は、竣工から50年以上が経ち、老朽化などから維持が困難になってくる建物も今後増えてくると予想される」としており、「アーカイブとして建物の価値を保存するだけにとどまらず、建物を生きた存在として、今の時代ならではの生かし方、デジタル空間上での活用・楽しみ方を構築していきたい」と述べている。 関連記事 「当時もこんな空だったのかな」──カラー化した原爆写真がネットで反響 AIと人力で戦時中などの写真を色付ける「記憶の解凍」 広島と長崎に投下された原爆の“きのこ雲”のカラー化画像がTwitterに投稿され、注目された。「記憶の解凍」という活動の一環で、AIツールと戦争体験者の証言、Twitterのコメントなどを反映してカラー化している。活動に取り組む、東京大学大学院の渡邉英徳教授に取材した。

        解体始まる「中銀カプセルタワービル」を丸ごと3D化 保存プロジェクトがスタート
        • 佐渡金山の世界遺産登録問題、韓国も日本も的外れ|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

          • 死後に遺族があなたのiPhoneデータへアクセスできる機能がiOS 15.2 Beta 2で追加

            by Thibaud Saintin 自分の死後に各ネットサービスやスマートフォンのデータをどう扱うかは、いざという時のために決めておきたいもの。Googleは一定期間放置されたアカウントを自動的に消去するオプションを提供しており、もしもの時にデータが人に見られる可能性を排除することができますが、これとは逆にAppleは、ユーザーが死後にデータを指定した人物に引き継げる機能「Legacy Contact」をiOS 15.2とiPadOS 15.2のBeta 2で提供開始しています。 iOS 15.2 Beta 2 Lets Your Family Access Your Data If You Pass Away - MacRumors https://www.macrumors.com/2021/11/09/ios-15-2-legacy-contact/ Appleは2021年6月に行

            死後に遺族があなたのiPhoneデータへアクセスできる機能がiOS 15.2 Beta 2で追加
            • 仏ベルサイユ宮殿に初のホテル開業 コロナ明けに王族気分はいかが?

              (CNN) 今度の休暇では、王族のような暮らしを楽しんでみては? 世界で最も豪勢を極めた場所の一つであるベルサイユ宮殿で、敷地内では初となるホテル「ル・グラン・コントロール」が開業した。旅行者たちはこの宮殿のど真ん中に滞在する機会が得られるものの、宿泊客は一夜を過ごすために少なくとも1700ユーロ(約22万8000円)を支払う必要がある。 複数のスイートルームを含む14室で構成されるこのホテルは、1681年にさかのぼる歴史的建造物3棟の中にあり、宿泊客は、オレンジやレモン、ヤシやザクロの木がある「オランジュリー」と呼ばれる有名な庭園施設や、1679年から1682年にかけてスイス人衛兵らが掘削した13ヘクタールもの鑑賞池「スイス人の池」を望む素晴らしい景観が味わえる。 また、有名シェフのアラン・デュカス氏が指揮を執るホテル内のレストランは、72年にわたりフランスを統治したルイ14世から着想を

              仏ベルサイユ宮殿に初のホテル開業 コロナ明けに王族気分はいかが?
              • 「もう安心」ではありません。現状ではまた解体危機が。歴史ある洋館を壊されないためご支援を! 旧尾崎邸保存プロジェクト | MOTION GALLERY

                世田谷区豪徳寺にある明治建築の洋館、旧尾崎邸は昨年取り壊されるはずでした。 何とか解体を免れましたが、百年以上の歳月ゆえ補修が必要です。守っていくためには、最低でも1億円はかかります。目標額は、1,234万円です。 Please scroll down for the English version. ◆はじめに世田谷区豪徳寺に、旧・尾崎邸と伝えられる水色の洋館があります。 この洋館は2020年夏に取り壊されるはずでした。 それを阻止できたのは、この洋館を愛する近隣住民の皆様と、ネットでの呼びかけに賛同されご署名をお寄せくださった4000人超の皆様のおかげと感謝いたします。 そして何より、私たちの気持ちをご理解いただき、本来の事業計画を断念してくださいました (株)田辺工務店様、並びに(株)ウルテック様の大変なご決断に、深く感謝申し上げます。 そのように皆様のご協力のもと解体を免れた洋館は

                「もう安心」ではありません。現状ではまた解体危機が。歴史ある洋館を壊されないためご支援を! 旧尾崎邸保存プロジェクト | MOTION GALLERY
                • 「高輪築堤」はどこまで保存できるか。日本最古の鉄道遺産を後世に伝えよう! | タビリス

                  日本初の鉄道の遺構である「高輪築堤」が、高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発工事現場で発見されました。JR東日本は保存の意向を示していますが、どこまで保存できるかが気がかりです。 日本初の鉄道 日本初の鉄道は、1872年(明治5年)に開業した新橋~横浜間の約29km。このうち薩摩藩邸があった高輪付近に関しては、西郷隆盛らの反対で兵部省が用地の提供を拒んだため、鉄道を推進していた大隈重信が海上に建設することを指示。田町~品川間2.7kmの沖合に幅6.4mの堤防を築き、その上に線路を通しました。 これが高輪築堤で、歌川広重(三代)筆による浮世絵「東京八ツ山下海岸蒸気車鉄道之図」には、その風景が鮮やかに描かれています。国家初の鉄道が海の上を走っていた、というのは、世界的に見ても特筆すべきことでしょう。 東京八ツ山下海岸蒸気車鉄道之図。画像:東京都立博物館 線路の下に眠っていた 高輪築堤は、明治から昭和

                  「高輪築堤」はどこまで保存できるか。日本最古の鉄道遺産を後世に伝えよう! | タビリス
                  • 鉄道創業期の海上遺構が出土…軍部の抵抗で建設された田町-品川間沿いの「高輪築堤」 | レスポンス(Response.jp)

                    JR東日本は12月2日、1872年10月に開業した新橋(後の汐留)~横浜(現・桜木町)間の鉄道建設時に、海上に構築された築堤が一部出土したことを明らかにした。 これは「高輪築堤」と呼ばれるもので、新橋~横浜間の鉄道建設の際、当時の明治政府において軍政を行なう官庁であった兵部(ひょうぶ)省が、軍用地を鉄道建設の敷地に提供することに抵抗したため、当時「芝金杉」と呼ばれた現在の東京都港区芝1・2丁目付近から品川駅(東京都港区)付近まで約2.7kmの海上を埋め立てて建設された。1870年10月に着手され、開業目前の1872年9月に完成した。 鉄道創業期の土木技術を今に伝えるとされるこの遺構は、2019年4月、品川駅の改良工事において石積みの一部が発見。さらに同年11月に実施された品川駅付近の山手線・京浜東北線線路切換工事後に行なわれたレール撤去に伴ない、2020年7月には築堤の一部と見られる構造物

                    鉄道創業期の海上遺構が出土…軍部の抵抗で建設された田町-品川間沿いの「高輪築堤」 | レスポンス(Response.jp)
                    • 熊本のSL、直方で「延命」 NPOが引き取る:朝日新聞デジタル

                      熊本県高森町で展示されていた蒸気機関車(SL)「C12形241号」が、福岡県直方市のNPO法人「汽車倶楽部」(江口一紀理事長)に無償譲渡され、倶楽部の敷地に移設された。町側が撤去を検討していることを知った倶楽部側が「延命させたい」と引き取った。 1940(昭和15)年製のC12は旧国鉄時代に高森線を走り、74年に引退後は現在の南阿蘇鉄道・高森駅前に展示されていた。ボイラー部や動輪のある台枠部分などに6分割して7日、大型トレーラーなど計3台で運び出し、倶楽部に8日着いた。老朽化が進んでおり、倶楽部の会員が今後2年かけて修復し、組み立て直す予定だ。 高森町によると、駅周辺の整備計画に伴いC12の町内移設か解体撤去かを検討していた。引き取りの打診を受け、倶楽部側が移設費を負担することで無償譲渡を決めた。 江口理事長によると、移設費は数百万円で、「C12を救いたい」と提案したところ、何人もの会員が

                      熊本のSL、直方で「延命」 NPOが引き取る:朝日新聞デジタル
                      • “最強の8ビットパソコン”の称号を得た機種の1つ「日立 S1」

                        “最強の8ビットパソコン”の称号を得た機種の1つ「日立 S1」
                        • 【動画あり】ブルートレイン輝き戻った 小学生と社長がコンビで改修

                          ピッカピカで帰ってきたよ-。地元の小学生と東京の会社社長が世代を超えた「鉄ちゃん」タッグで修復活動に当たってきた、福岡市東区の貝塚公園の寝台特急「ブルートレイン」の客車「ナハネフ22 1007」の改修が終わり、19日にお披露目された。さびが目立っていた車両は、全国の鉄道ファンからの寄付を元に専門業者の手で塗り直され、日本の鉄道輸送を支えていた当時の輝きを取り戻した。 貝塚公園のナハネフは1965年製造。現役時代、東京-博多を走った寝台特急「あさかぜ」や、九州内の寝台急行として活躍した。87年に引退、90年にJR九州が福岡市へ貸し出した。編成の最後尾に連結され、制動機を備える「緩急車」で、1000番台の改造車。国内唯一の貴重な車両となる。 修復に取り組んだのは公園近くに住む小学5年の坂井利優(かずま)君(11)と、東京在住の会社社長高橋竜さん(46)。国鉄ファンの高橋さんは2012年、貝塚公

                          【動画あり】ブルートレイン輝き戻った 小学生と社長がコンビで改修
                          • 炭鉱電車は大牟田の宝 「物語受け継ぐ」講演会で価値を再認識

                            かつて炭都と呼ばれた福岡県大牟田市を走った「炭鉱電車」の価値を語る講演会が、同市の石炭産業科学館で開かれた。鉄道の産業遺産に詳しい専門家らが登壇し、同市西港町の三川坑跡に保存されている電気機関車4両や、引き継がれて現役で稼働する三井化学専用鉄道の歴史的価値を解説。参加者は保存の意義を改めて確認した。 炭鉱電車が走った三池炭鉱専用鉄道は1905年には本線が完成し、大牟田市と熊本県荒尾市に点在する坑口や三池港を蒸気機関車が結んだ。37年には全線の電化がほぼ完了。支線も含めれば総延長は約18・5キロに及び、一時は従業員の通勤にも利用され、市民からは「炭鉱電車」と呼ばれて親しまれた。 しかし炭鉱産業の斜陽化で徐々に路線は縮小。97年の三池炭鉱閉山で「炭鉱電車」の役目は終了し、一部の支線のみが三井化学専用鉄道として稼働している。一方で、三池炭鉱専用鉄道敷跡の一部は2015年に「明治日本の産業革命遺産

                            炭鉱電車は大牟田の宝 「物語受け継ぐ」講演会で価値を再認識
                            • 熊本城の復旧工事を撮影した定点動画が公開中 貴重な映像に「胸が熱くなった」「見に行きたい」の声

                              現在も復旧工事が進められている熊本城。その様子を撮影した2016年6月14日~2020年2月11日までの定点写真をつなげた動画が公開されています。 2016年4月に発生した熊本地震から約2カ月後の、大きく被害を受けた天守閣の様子から開始。そこから約4年にわたって現在まで続く復興の流れを約20秒の動画で見ることができます。定点写真のため、特に大天守の最上階など、一度解体され再構築されるまでの様子が分かりやすく、徐々に勇壮な姿が現れるのは感慨深いものがあります。 熊本地震から約2カ月後の様子 復旧工事の流れが確認できます 一度解体された大天守の最上階 公開したのは、以前に熊本城をミニチュアで再現し展覧会が開催された「熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展」の公式Twitterアカウント(@tenshu_saigen)。ツイートによると今回の動画は「元特撮熊本城スタッフの定点観測員」から届いた

                              熊本城の復旧工事を撮影した定点動画が公開中 貴重な映像に「胸が熱くなった」「見に行きたい」の声
                              • 渋谷「青ガエル」秋田に移転へ ハチ公前、緑色の東急車両 | 共同通信

                                青ガエル、秋田へ―。秋田県大館市と東京都渋谷区は9日、JR渋谷駅ハチ公前広場にある東急電鉄製の車両「青ガエル」を、7月から大館市に移転展示する計画を発表した。駅周辺の大規模再開発に伴う措置。2006年から親しまれてきた渋谷のランドマークは、5月いっぱいをめどに見納めとなりそうだ。 青ガエルは、1954年から86年に東急東横線などで走行していた「旧5000系」の愛称。緑色の塗装と丸みのある外観が特徴だ。現在は観光案内所として活用されている。ハチ公前広場の整備改修に伴い、渋谷区は移転を模索していた。

                                渋谷「青ガエル」秋田に移転へ ハチ公前、緑色の東急車両 | 共同通信
                                • いよいよ御茶ノ水駅前のお茶の水橋にある都電時代の石畳と線路が撤去される🛤

                                  S 病気から家族を守る戦士(コロナ脳)ウイルスを舐めてはいけない(有事モード) @sgwrtkhk 御茶ノ水駅前のお茶の水橋の改修工事により、アスファルトが剥がされ当時の都電路面電車の線路と石畳が露出しています。間も無く切り刻まれ撤去されるので、観察には最後のチャンス!東京医科歯科大の前。 pic.twitter.com/sfcKPcFIEL 2020-01-24 14:52:35

                                  いよいよ御茶ノ水駅前のお茶の水橋にある都電時代の石畳と線路が撤去される🛤
                                  • 昭和94年(?)暮れの小湊鐵道がほんわか完全に「昭和」 ……まるで本物PV「中の人」も感激

                                    令和、平成を飛び越えて、昭和までタイムスリップ? 千葉県のローカル鉄道「小湊鐵道」の風景をまとめた動画に「中の人」も反応して話題になっています。 制作は、これまで「運行を終了する上野動物園モノレールの動画」(関連記事)や「箱根登山鉄道のすてきな鉄道マンを映した動画」(関連記事)などなど、鉄道および鉄道員への深い愛情を感じる鉄道動画を多数公開してきた、特急ぬめり(@NumeriExpress)さん。動画は2019年12月31日に公開されました。 動画に添えられた「昭和94年」(注:正しく令和に直すと令和元年)という文字の通り、平成どころか昭和のものとしか思えないような懐かしさを覚える小湊鐵道とその人々の営み、光景をまとめています。 映像の冒頭、「サボ」と呼ばれる列車の行き先を表示する板を手動で交換している様子がなんともいい! 昨今の行先表示はLEDパネル、少し古くても電動の幕式によるものが主

                                    昭和94年(?)暮れの小湊鐵道がほんわか完全に「昭和」 ……まるで本物PV「中の人」も感激
                                    • 【動画あり】国鉄の名車が泣いている…立ち上がった11歳 「ナハネフ22」救出タッグ

                                      国内唯一の車両 貝塚公園の近くに住む5年生の坂井利優(かずま)君(11)と東京都在住の高橋竜さん(45)。世代と距離を超えて2人を結び付けたのは「昔の国鉄車両の温かみが大好き」という共通した思いだ。 寝台特急「あさかぜ」=1986年12月10日、国鉄(当時)博多駅 貝塚公園のナハネフは1965年の製造。現役時代、東京-博多を走った寝台特急「あさかぜ」や、九州内の寝台急行「かいもん」として活躍した。87年に引退、90年にJR九州が福岡市へ貸し出し、交通公園である貝塚公園で第二の人生を送っている。 編成の最後尾に連結され、制動機を備える「緩急車」と呼ばれる車両で、貝塚公園の車両には〈急行〉のテールサインが付いている。20系の緩急車が国内で公開されているのは、他にさいたま市の鉄道博物館だけ。特に貝塚公園の車両は「ナハネフ22 1007」。1000番台は改造車の意味で、国内唯一の貴重な車両だ。 「

                                      【動画あり】国鉄の名車が泣いている…立ち上がった11歳 「ナハネフ22」救出タッグ
                                      • SLを手動で回して方向転換 鉄ちゃん垂涎、迫力の光景:朝日新聞デジタル

                                        終点に着いたSLは、折り返し運転のための方向転換が必要だ。静岡のある駅では、このSLの向きを人力で変えているという。 70トンのSLが載った直径15メートルの転車台が、「せーの」のかけ声でゆっくりと回り始めた。台を動かすバーを全身を使って押すのは、運転していた機関士や車掌、駅員ら5人。1分弱で180度回り、折り返し運転の準備が整った。機関士の杉本真さん(55)は「力がいるのは最初の瞬間。台にSLがバランスよく載っていればうまく回るが、前後にずれていると重くなる」。 静岡県中部を南北に走る大井…

                                        SLを手動で回して方向転換 鉄ちゃん垂涎、迫力の光景:朝日新聞デジタル
                                        • 誕生から40年、N-BASICが動く「PasocomMini PC-8001」が降臨!開発者に聞いた

                                          誕生から40年、N-BASICが動く「PasocomMini PC-8001」が降臨!開発者に聞いた
                                          • 古墳群 地域や社会に公開を 世界文化遺産登録で声明 | NHKニュース

                                            大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」が、世界文化遺産に登録されたことを受けて、考古学などの学術団体が23日、古墳群を地域や社会に公開していくことなどを求める声明を発表しました。 声明を発表したのは、日本考古学協会など研究者で作る14の学術団体です。 この中で、世界文化遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」のうち、宮内庁が管理する古墳が原則、非公開となっていることについて、陵墓であることに配慮しながら一般への公開を進めることや、国と地元自治体が協力して史跡への指定などの保護を進めることを求めています。 また、宮内庁が「仁徳天皇陵」として管理する国内最大の前方後円墳が、「仁徳天皇陵古墳」という名称で登録されたことについては「学術的に被葬者が誰か確定していない」として、「大山古墳」などと地名を使った名称を出版物や案内板などに併記するべきだと求めています。 声明を発表した団体の1つのメンバーで、考古

                                            古墳群 地域や社会に公開を 世界文化遺産登録で声明 | NHKニュース
                                            • 自身のエレベーター発言「遺憾」と首相 | 共同通信

                                              安倍晋三首相は2日、大阪城の復元時にエレベーターを設置したのは「大きなミス」とした自身の発言について自民党の萩生田光一幹事長代行に「遺憾だ」と述べた。萩生田氏が明らかにした。

                                              自身のエレベーター発言「遺憾」と首相 | 共同通信
                                              • 槍玉にあがる、ノートルダム大聖堂の再建に大口寄付をする大金持ちたち(フランス発)(今井佐緒里) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                火災にあった内部。無事だった十字架のこのイメージが頻繁にメディアに登場している。(写真:代表撮影/ロイター/アフロ) パリのノートルダム大聖堂で、あまりにも痛ましい大火災が起きた。 今までに、再建のために集まった寄付がすごい。今のところ、8億5000万ユーロで1千億円を越えている。 フランスを代表する大企業、「モエ・ヘネシー・ルイヴィトン」(LVMH)の大株主でCEOであるベルナール・アルノーは、2億ユーロ(約253億円)。 グッチやサンローランを保有するケリングの会長でCEOのフランソワ・ピノーは1億ユーロ(約126億円)。 ロレアルグループは、総額2億ユーロ(約253億円)だ。グループの大株主であるベタンクール・メイヤー家とともに1億ユーロ、一族の慈善団体を通じて1億ユーロを寄付するという。 ここまでで、「個人」や「一族」の名が多いのに気づいただろうか。 もちろん、それだけではないのだ

                                                槍玉にあがる、ノートルダム大聖堂の再建に大口寄付をする大金持ちたち(フランス発)(今井佐緒里) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                • ノートルダム高額寄付に怒り=反政府デモ激化も-フランス:時事ドットコム

                                                  ノートルダム高額寄付に怒り=反政府デモ激化も-フランス 2019年04月19日08時06分 ノートルダム大聖堂の前を行進するデモ隊=1月5日、パリ(AFP時事) 【パリ時事】大火災に見舞われたフランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂の再建のため、大富豪らから多額の寄付金の申し出が相次いでいることに対し、マクロン大統領の政策に反対し昨年11月からデモを続けている抗議運動参加者らは「不公平だ」と不満を募らせている。 ノートルダム大聖堂、再建には「数十年」=修復に寄付始まる 抗議運動の中心となっている女性は17日、「社会的な惨状には何もしないのに、わずか一晩で膨大な金を拠出できることを見せつけた」と高額な寄付を批判。インターネット交流サイト(SNS)上では「人間より石が優先されるのか」などと反発する投稿が相次いだ。 有力紙フィガロは、20日に予定されているデモについて「怒りを募らせ

                                                  ノートルダム高額寄付に怒り=反政府デモ激化も-フランス:時事ドットコム
                                                  • ノートルダム大聖堂の尖塔再建、デザインを世界中から公募へ

                                                    火災が発生した仏パリのノートルダム大聖堂から崩落する尖塔(2019年4月15日撮影、資料写真)。(c)Geoffroy VAN DER HASSELT / AFP 【4月17日 AFP】(更新)大規模火災で壊滅的な被害を受けたフランスのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)について、エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相は17日、火災で崩壊した尖塔(せんとう)の再建用デザインを世界中の建築家から公募する計画を発表した。 【関連記事】大規模火災の前と後のノートルダム大聖堂 フィリップ首相によると、公募を通じてまずは尖塔を再建すべきか否かを決め、再建する場合は、火災で崩壊した19世紀建造の塔と同じデザインにすべきか、完全に新しいデザインにすべきかを決定する。 フィリップ首相は、ノートルダム大聖堂には過去に尖塔がない期間もあったと指摘。「国際コン

                                                    ノートルダム大聖堂の尖塔再建、デザインを世界中から公募へ
                                                    • 金閣寺がまた焼失しても再建が難しいワケ ノートルダム大聖堂なら国費だが…

                                                      火災で尖塔が崩落したパリ・ノートルダム大聖堂。マクロン大統領はいち早く再建を宣言し、国費投入を示唆した。日本政府も「要請あれば積極的に支援したい」と述べた。これに対し、ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「政教分離の議論が不十分な日本では、東日本大震災後に再建できていない寺社が多数ある。また1950年に焼失した金閣寺は国宝だったので再建されたが、現在は国宝指定されていない。もし再焼失したとき、国費で再建されるかは不透明だ」と指摘する――。 カトリックの殿堂・ノートルダム大聖堂が炎に包まれた 少し寝坊をした4月16日朝、NHKニュースをつけると目を疑うような光景が飛び込んできた。 フランス・パリにおけるカトリックの殿堂・ノートルダム大聖堂が炎に包まれ、シンボルである高さ約90メートルの木造の尖塔が崩れ落ちるシーンであった。 かつて私は10年ほど前にパリを訪れ、1週間ほど滞在したことがある。その

                                                      金閣寺がまた焼失しても再建が難しいワケ ノートルダム大聖堂なら国費だが…
                                                      • ノートルダム大聖堂 再建に数百億円か 支援の動き広がる | NHKニュース

                                                        フランスを代表する歴史的な建築物で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されているノートルダム大聖堂で起きた大規模な火災では、大聖堂のせん塔が焼け落ちるなど甚大な被害が出ました。再建には日本円で数百億円かかるともされていますが、企業などが相次いで寄付を発表するなど、支援の動きが広がっています。 一夜明けた16日、リエステール文化相は地元のテレビ番組に出演し、大聖堂の再建には少なくとも数億ユーロ、日本円にして数百億円かかるという見通しを示したほか、すべての寄付を一括して受け付けるための専用のウェブサイトを立ち上げたことも明らかにしました。 また、フィリップ首相は閣僚会議を開いて、再建に向けた検討を始めたほか、パリのイダルゴ市長は再建に何が必要か、専門家が意見を交わしたり寄付を募ったりするための国際的な支援会合の開催を呼びかけています。 再建に向けては、自治体や企業のトップが巨額の寄付を相次いで発表

                                                        ノートルダム大聖堂 再建に数百億円か 支援の動き広がる | NHKニュース
                                                        • 「明治・大正→昭和→平成→令和」・元号跨いで今なお現役! ~日本の現役長寿鉄道車両色々~

                                                          元号が「平成」から「令和」に変わるまで1ヶ月を切る中でも、毎日多数の乗客や貨物を運び続ける日本の鉄道車両たち。実はその中に、平成や昭和よりも更に昔、「大正」や「明治」の頃に製造された車両が少なからず存在するのはご存知でしょうか?中には製造後100年を超えてもなお現役と言う車両も…。 4つ、もしくは5つの元号を跨いで今もなお線路の上を走り続ける日本の長寿鉄道車両をまとめてみました。

                                                          「明治・大正→昭和→平成→令和」・元号跨いで今なお現役! ~日本の現役長寿鉄道車両色々~
                                                          • 真岡鐵道のSL 1億2000万円で東武鉄道に譲渡へ | NHKニュース

                                                            栃木県と茨城県を結ぶ「真岡鐵道」で、高額な維持費などを理由に運行の取りやめが決まったSLは、東武鉄道に1億2000万円で譲渡される見通しとなりました。 25日、このSLの入札が行われ、参加したのは東武鉄道1社で、1億2000万円で落札される見通しとなりました。 東武鉄道は、おととし51年ぶりにSLを復活させて栃木県日光市の路線で運行し、去年11月には北海道で保存されていたSLを譲り受け修理を進めています。 東武鉄道は「複数のSLで安定的な運行を目指していきたい」と話しています。 「真岡線SL運行協議会」は「親しまれてきたSLが場所を変えて走り続けてくれると期待しています」と話しています。

                                                            真岡鐵道のSL 1億2000万円で東武鉄道に譲渡へ | NHKニュース
                                                            • 9000年前の希少な石の仮面、イスラエル考古学庁が公開 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                              エルサレムのロックフェラー考古学博物館で公開された9000年前のものとみられる石の仮面(2018年11月28日撮影)。(c)GALI TIBBON / AFP 【11月29日 AFP】イスラエル考古学庁(IAA)は28日、9000年前の新石器時代のものとみられる希少な石の仮面を公開した。パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)のユダヤ人入植地の畑で発見され、当局に提出されたという。 IAAによるとこの仮面は農耕社会の始まりと関連があるとみられ、狩猟採集から農耕・畜産へ経済活動が移行したことによって宗教儀式が活発に行われるようになったのだという。(c)AFP

                                                              9000年前の希少な石の仮面、イスラエル考古学庁が公開 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                              • サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ

                                                                サービス終了のお知らせ いつもYahoo! JAPANのサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。 お客様がアクセスされたサービスは本日までにサービスを終了いたしました。 今後ともYahoo! JAPANのサービスをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

                                                                • Z80マイコンシステム – 肝八 | お気楽古典電子工作

                                                                  はじめに 肝八 (KimoHachi) は,ザイログ社の Z80(または互換) CPU で動く,マルチボードコンピュータです。各機能ごとのボードに分かれていますので,必要な機能のみに絞ることもできます。 極力表面実装部品は使用せず,LSI や IC は,DIP のものを,抵抗やコンデンサなどもリード付きのものを使うようにしました。 基本入出力として,キーボード入力,ディスプレイ出力,サウンド出力,カートリッジコネクタなどの周辺ハードウェア入出力機能を備えています。 Z80 プログラムバイナリコードを,ホスト PC (Windows or Linux) から転送することで,このマイコンシステム上で実行させることができます。また,周辺ハードウェアのデバイスアドレスを MSX コンピュータの一般的なデバイスアドレスに合わせてありますので,同じアドレスを扱う MSX の BIOS を転送することで

                                                                  Z80マイコンシステム – 肝八 | お気楽古典電子工作
                                                                  • 「恩返し」で私費10億円 尼崎城天守、駅前に姿現す:朝日新聞デジタル

                                                                    明治の廃城令(1873年)で取り壊された尼崎城の天守が145年ぶりに、兵庫県尼崎市の阪神尼崎駅近くに姿を現しつつある。鉄筋コンクリート造りで再建され、高さは石垣部分を含めて約24メートル。10月に完成し、来年3月29日に内部の一般公開が始まる予定だ。 尼崎城は江戸時代初めに築かれた尼崎藩主の居城。4層の天守は廃城令で跡形もなく撤去された。尼崎市は工業都市化が進み、城下町の面影はほとんど失われたが、3年前に旧ミドリ電化(エディオングループと合併)創業者の安保詮(あぼあきら)氏(85)が「創業の地に恩返ししたい」と私費で新天守を建てる意向を表明。阪神尼崎駅近くの城址(じょうし)公園で工事を進めてきた。 市によると、安保氏が投じる建設費は十数億円にのぼる見通し。新天守は、江戸時代の図面をもとに大きさや外観を忠実に再現しているが、位置や向きは土地の事情に合わせて変更されている。完成後は市へ寄贈され

                                                                    「恩返し」で私費10億円 尼崎城天守、駅前に姿現す:朝日新聞デジタル
                                                                    • SLの余生に明暗 さびたまま放置の車両も 運命を分けたのは何?

                                                                      SLは、同市立花町の市立花体育館の敷地にひっそりと置かれていた。緑色の金網で囲われ、近づくことができない。あちこち塗装が剥がれ、さびて朽ち果てている。かつては体育館に面した国道3号から見られたというが、今は姿を隠すように道路とSLの間に車庫が立つ。 「一生懸命働いた終(つい)の棲家(すみか)がこのありさま。あまりにかわいそう」と情報を寄せた同県久留米市の堤諭吉さん(70)は憤る。 なぜSLはやって来たのか。市立花支所によると、SLは「D60形」。主に筑豊本線などを走り、筑後地方は走っていなかった。1972年10月に廃車。同年12月から、八女市に編入合併された旧立花町で展示を始め、73年1月に旧国鉄と貸借契約を結んだという。持丸弘総務係長は「来た経緯は資料が残っておらず、分からない」という。 当時は話題になったのではと考え、図書館で町の広報誌をめくってみた。72年前後の数年間を調べてみたが、

                                                                      SLの余生に明暗 さびたまま放置の車両も 運命を分けたのは何?
                                                                      • Open Heritage - Google Arts & Culture

                                                                        Open HeritageExplore iconic locations in 3D, discover the tools of digital preservation, and download the collection

                                                                        Open Heritage - Google Arts & Culture
                                                                        • 保存か? 解体か? 名建築「中銀カプセルタワー」の内部写真21点

                                                                          東京・銀座のはずれに、風変わりな建造物がある。かつて日本の未来のビジョンを体現していた「中銀カプセルタワービル」だ。 設計者は「メタボリズム」のパイオニア、黒川紀章氏。メタボリズムは1960年代の建築運動で、急速かつ継続的に発展する都市景観の変化に適応し得るようなダイナミックな建物という概念を提示した。(参考記事:「エコ都市を目指すドバイ」) タワービルは洗濯機を積み重ねたような外観だ。鉄筋コンクリート造の2つのタワーと、「取り外し可能」な直方体の部屋から成る。各部屋の床面積は約10平方メートル。工場で製造したものを4つのボルトでタワーに固定している。タワーはそれぞれ11階建てと13階建てになる。カプセルと呼ばれる部屋には、つくり付けの家具や電化製品が完備されており、航空機のトイレと同じ大きさのバスルームもある。

                                                                          保存か? 解体か? 名建築「中銀カプセルタワー」の内部写真21点
                                                                          • チビチリガマ荒らされる 沖縄戦で80人以上自決の洞窟:朝日新聞デジタル

                                                                            12日正午過ぎ、沖縄県読谷村にある洞窟「チビチリガマ」が荒らされている、と警察に通報があった。嘉手納署が現場の状況を調べている。 読谷村役場によると、ガマ入り口の説明版が引き抜かれ、内部では瓶やつぼが割られて散乱していたという。 母の両親やきょうだい計5人が犠牲となった遺族会会長の与那覇徳雄さん(63)によると、ガマの入り口の看板が引き抜かれ、小さな骨や生活に使っていたビンなどを集めていたガマ内部では、ビンが割れ、入れ歯が動かされていた。遺族会は、ガマは犠牲者の墓でもあるとして立ち入りを禁止していた。「人のお墓に……。ショックと怒り」と憤った。さらに「なぜこんなことが起こったのか。許してはならない。遺族はまた苦しむ。だが、また立ち上がって平和を発信したい。こんなものには負けない」と話した。 チビチリガマは、沖縄戦の際、避難していた約140人のうち80人以上が集団自決した場所。ガマの入り口前

                                                                            チビチリガマ荒らされる 沖縄戦で80人以上自決の洞窟:朝日新聞デジタル
                                                                            • 広島の原爆ドームは残されたのに、なぜ長崎の浦上天主堂は取り壊されなければならなかったのか?

                                                                              リンク Wikipedia カトリック浦上教会 カトリック浦上教会(カトリックうらかみきょうかい)は、長崎県長崎市にあるキリスト教(カトリック)の教会およびその聖堂である。聖堂は、旧称の浦上天主堂(うらかみてんしゅどう)の名で一般的に知られており、長崎市の観光名所のひとつにもなっている。1945年(昭和20年)の長崎への原爆投下によって破壊されたが、1959年(昭和34年)に再建された。1962年(昭和37年)以降、カトリック長崎大司教区の司教座聖堂となっており、所属信徒数は約7千人で、建物・信徒数とも日本最大規模のカトリック教会である。浦上は長崎の北 18

                                                                              広島の原爆ドームは残されたのに、なぜ長崎の浦上天主堂は取り壊されなければならなかったのか?
                                                                              • 藤本健氏が古巣で訊く「PasocomMini」開発者濃厚インタビュー - PC Watch

                                                                                藤本健氏が古巣で訊く「PasocomMini」開発者濃厚インタビュー - PC Watch
                                                                                • PC-8001やFM-7、MZ-80C……懐かしのパソコンがミニサイズで現代に甦る! ハル研究所が発表した「PasocomMini」の詳細と狙い

                                                                                  PC-8001やFM-7、MZ-80C……懐かしのパソコンがミニサイズで現代に甦る! ハル研究所が発表した「PasocomMini」の詳細と狙い