検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

linuxの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)105331 件中 1 - 40 件目

  • 新山祐介 (Yusuke Shinyama) on Twitter: "Unixが"."から始まるファイルを表示しないのは、本来の仕様ではなくバグだった。もともとlsコマンドは "." と ".." だけを非表示にするはずだったのだが、KenとDennisはこれを手抜き実装した: if (name[0… https://t.co/OsdhpaGEsg"

    Unixが"."から始まるファイルを表示しないのは、本来の仕様ではなくバグだった。もともとlsコマンドは "." と ".." だけを非表示にするはずだったのだが、KenとDennisはこれを手抜き実装した: if (name[0… https://t.co/OsdhpaGEsg

    新山祐介 (Yusuke Shinyama) on Twitter: "Unixが"."から始まるファイルを表示しないのは、本来の仕様ではなくバグだった。もともとlsコマンドは "." と ".." だけを非表示にするはずだったのだが、KenとDennisはこれを手抜き実装した: if (name[0… https://t.co/OsdhpaGEsg"
    • shell2httpを作ってHTTP経由でお手軽にCLIツールを実行する - Qiita

      Help us understand the problem. What are the problem?

      shell2httpを作ってHTTP経由でお手軽にCLIツールを実行する - Qiita
      • 「Linux」デスクトップに「Android」を接続するには--「KDE Connect」を使った手順

        Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2022-08-12 07:30 「iOS」を使用することの主な利点の1つは、「iPhone」と「Mac」デスクトップおよびノートブックを信じられないほど簡単に同期できることだ。一方、「Android」はほかのシステム(もちろん、Googleは除く)にそれほど深く組み込まれていない。とはいえ、AndroidとデスクトップおよびノートPCを同期する方法が存在しないわけではない。デスクトップ/ノートPCのOSが「Linux」である場合は、特にそうだ。 「KDE」デスクトップには、「KDE Connect」という便利なツールがある。これを使えば、スマートフォンの通知をデスクトップで受信する、デスクトップとスマートフォンの間でファイルをコピーする、紛失したスマートフォンを探索する、デスクトップの通知をスマート

        「Linux」デスクトップに「Android」を接続するには--「KDE Connect」を使った手順
        • A lesson in shortcuts. Long ago, as the design of the Unix file system was b...

          A lesson in shortcuts. Long ago, as the design of the Unix file system was being worked out, the entries . and .. appeared, to make navigation easier. I'm not sure but I believe .. went in during the Version 2 rewrite, when the file system became hierarchical (it had a very different structure early on).  When one typed ls, however, these files appeared, so either Ken or Dennis added a simple test

          • 2022年Linux向けターミナルアプリの旅

            why 最近macから中古のDell Workstationをヤフオクで安く入手してPop!_OSを入れて使い始めました。大体の開発環境は問題なく移行できました。しかしターミナルアプリでまだしっくりくるものがなく、旅に出てしまっています。ターミナルなしでお仕事しないわけではなく、その時々でインストールして試用しているものでお仕事しています。 いくつか試したものを書いていきます。なお、自分の shell は zsh を利用しており、所々で ~/.zshrc を修正したりしていますが、各自の shell に合わせてお使いください。また、ここでは ターミナルアプリ と表現していますが、おじさん的には ターミナルエミュレーター と呼ぶのが正しい?のではないかと思われますが、今っぽく表現しているつもりなのでそっとしておいてくださいw kitty macでも使っていた頃がありました。使い慣れているし良

            2022年Linux向けターミナルアプリの旅
            • ubuntu-22.04 が GA ⚠破壊的変更注意⚠ [GitHub Actions]

              概要 GitHub-hosted ランナーで Ubuntu 22.04 が GA になり、併せて Ubuntu 18.04 が deprecated になっています。 また Self-hosted ランナーでも Apple M1 がサポートされました。 Apple M1 サポートはようやくと言った感じですがこの記事では紹介に留め、多くの破壊的変更を含んでいる Ubuntu 22.04 へのアップデートについて注意喚起をしておきます。 ubuntu-latest を使っている人は将来的に強制アップデートされますので特に注意が必要です。 既に ubuntu-22.04 を使っている人や ubuntu-20.04 にバージョンを固定して使っている人は対応を急ぐ必要はありませんが ubuntu-18.04 を使っている人は 2022/12/01 に廃止されるので対応が必要です。 変更点 Notes

              ubuntu-22.04 が GA ⚠破壊的変更注意⚠ [GitHub Actions]
              • 第727回 格安2in1 PC、FFF-PCM2BにUbuntu 22.04 LTSをインストールする(前編) | gihyo.jp

                本体左側には上からUSB-PD兼用Type Cポート、USB 3.2 Type Aポートがあります。右側には上からイヤホンジャック、USB 2.0 Type Aポート、microSDカードスロットがあります。 そして裏側にはM.2 SATA 2240スロットがあり、ここにTS256GMTS430S(以下SSD)を増設しています。 図1が「このシステムについて」のスクリーンショットです。「⁠ディスク容量」はeMMCとSSDの合算です。 図1  FFF-PCM2Bの「このシステムについて」 バックアップ なにはなくても、最初にeMMCにインストールされているWindowsのバックアップを取りましょう。 バックアップを取るのはClonezillaがお勧めです。筆者が使用した限りではバックアップ、リストアともに失敗したことがありません。 ただしこの手のPCにありがちな、画面を縦に表示してしまう問題

                第727回 格安2in1 PC、FFF-PCM2BにUbuntu 22.04 LTSをインストールする(前編) | gihyo.jp
                • Ubuntu 22.04 に Kubernetes をインストールして自宅クラウド

                  Kubernetes についてほぼ何も知らない状態から,自宅用にクラスタを設置してみました. はじめに 自宅のサーバーでは家族用の下記のようなサービスを動かしています. 天気に応じた自動水やり 明るさ連動の電動シャッター自動開閉 天気予報および各種センサーの電子ペーパ表示 水槽モニタリング エアコン室外機自動冷却 これらの環境を Ubuntu 22.04 LTS に置き換えていっているときに,また 2 年後も似たような作業が発生することに思い当たり,思い切って Kubrenetes を使ったコンテナベースの環境に移行することを決断しました. コンテナであれば,OS の更新に合わせて各種サービスのコードを修正する必要もなくなり,負担が減ることが期待できます. 事前に知っておいた方が良いこと Kubernetes について調べ始めると,新しい用語や概念が沢山出てきてちょっと混乱するのですが,そ

                  Ubuntu 22.04 に Kubernetes をインストールして自宅クラウド
                  • ZigはCMakeの代替となるか

                    既存のプロジェクトで使用しているコンパイラを置き換えるだけで、Zigに付属しているCコンパイラを利用できる。 クロスビルドが標準で可能 上でも述べた通り、Zigは標準でクロスコンパイルが可能である。 Zig libcのTaget一覧 ❯ zig targets | jq ".libc" [ "aarch64_be-linux-gnu", "aarch64_be-linux-musl", "aarch64_be-windows-gnu", "aarch64-linux-gnu", "aarch64-linux-musl", "aarch64-windows-gnu", "aarch64-macos-none", "aarch64-macos-none", "armeb-linux-gnueabi", "armeb-linux-gnueabihf", "armeb-linux-musleabi

                    ZigはCMakeの代替となるか
                    • 会社の人間にエロゲーと思われたLinuxベースのファームがこちらです「エロゲにしか見えない」「なぜこんなパッケージにした!?」

                      sapo@しばらく大忙し @sapo72286391 自称SIの盤屋で電気工事屋でPC屋でダメ人間。 口下手な痛風ヘルニアエンジニア。 提督でガルおじでライダー。 SYM RV200iで55000キロ突破、良いエンジンに当たったなぁ…。 すべてのタイミングがわるくAD1 200買えなかった。 鈴菌にもどる。 ほどよく鬱るので、ミュートしてもいいのよ? リンク foltia.com foltia ANIME LOCKER:アニメ録画のオールインワンパッケージ アニメ全自動録画予約やPC・スマホ・タブレットでのリアルタイムテレビ視聴、全自動CMカット、ラジオ録音まで foltia ANIME LOCKERでアニメ全自動録画を簡単実現。録る、見る、整理するの多機能ソフト。アニメ自動録画をはじめ、ラジオ録音も可能。ロケフリテレビ視聴もサポート。チューナーボードを足せば多チャンネル同時録画も簡単に実

                      会社の人間にエロゲーと思われたLinuxベースのファームがこちらです「エロゲにしか見えない」「なぜこんなパッケージにした!?」
                      • SSHにブルートフォース攻撃するマルウェア「RapperBot」急成長、Linuxデバイスは注意

                        Fortinetは8月3日(米国時間)、「So RapperBot, What Ya Bruting For?|FortiGuard Labs」において、「RapperBot」と呼ばれる急速に進化しているIoTマルウェアファミリーについて伝えた。このマルウェアは「Mirai」ボットネットのソースコードを大幅に流用しており、認証情報をブルートフォース攻撃してSSHサーバにアクセスする機能が提供されていることが明らかとなった。 So RapperBot, What Ya Bruting For?|FortiGuard Labs RapperBotは、2022年6月にFortinetのセキュリティチームによって発見されたIoTデバイスを標的とした新たなLinuxボットネット。他の多くのIoTボットネットと同様、ARM、MIPS、SPARC、x86などさまざまなアーキテクチャをターゲットにしている

                        SSHにブルートフォース攻撃するマルウェア「RapperBot」急成長、Linuxデバイスは注意
                        • 実際に使っていて便利だと感じたアプリ、Chrome拡張、ターミナル拡張、VSCode拡張まとめ - Qiita

                          はじめに はじめまして、@nkato_です! 普段は機械学習寄りのソフトウェアエンジニアとして、PythonでMLパイプラインを記述したりGoでバックエンド処理を記述しています。 便利アプリや各種ツールの拡張機能が好きで、これまでにも様々な機能を取り入れて試してきました。 自社エンジニア向けにそういったツールを共有したいと思ったのですが、どうせなら公開情報としてQiitaに投稿しようと思い立ち、まとめてみることにしました。 量は多いですが、どれもおすすめです! アプリ Alfred ショートカットキーで検索窓を開いて、アプリ名で検索してアプリを起動するやつ アプリ以外でも、ファイルを開いたり計算したりできる 僕はアプリはAlfred経由でしか開かないので、ドックもランチャーも使ってない App Storeのやつは古いので公式サイトからダウンロードする The Unarchiver いろんな

                          実際に使っていて便利だと感じたアプリ、Chrome拡張、ターミナル拡張、VSCode拡張まとめ - Qiita
                          • Webアプリケーション自動デバッグ構成機能搭載のVS Code用「Python」2022年8月版

                            Microsoftは現地時間2022年8月4日、Visual Studio Code用拡張機能「Python」の2022年8月版をリリースした旨を公式ブログで報告した。本バージョンでは、Webアプリケーションの自動デバッグ構成機能の追加やチュートリアルの改善が加わっている。また、拡張機能「Pylance」で未使用のimportを削除する機能を、拡張機能「Jupyter」でJupyter Notebookの出力セルの画像をクリップボードへコピーする機能を追加した。 Webアプリケーションの自動デバッグ構成機能(公式ブログより) Webアプリケーションの自動デバッグ構成は、URLルーティングと基本的なページレンダリング機能を提供するPythonフレームワークの「Flask」や、高機能フレームワークの「Django」、高速Webフレームワークの「FastAPI」を利用する際の設定工程を簡素化する

                            Webアプリケーション自動デバッグ構成機能搭載のVS Code用「Python」2022年8月版
                            • macOS Ventureの新しいVirtualization機能によりEFIブートやクリップボード/ディレクトリ共有、ARM LinuxでのRosetta 2エミュレートをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」のBeta版がリリース。

                              macOS Ventureの新しいVirtualization機能によりEFIブートやクリップボード/ディレクトリ共有、ARM LinuxでのRosetta 2エミュレートをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」のBeta版がリリース。
                              • 【Ubuntu日和】 【第8回】デスクトップ環境ってなんだろう?

                                【Ubuntu日和】 【第8回】デスクトップ環境ってなんだろう?
                                • 1秒おきになんかする - あんパン

                                  ちょっと前の話だけど、社内のISUCON練習会で特定のエンドポイントが重いのをなんとかしようとしていた。このエンドポイントはキャッシュして問題ないので普段はキャッシュから返して1秒おきにリフレッシュしたい。Redisなどに入れてTTLを指定してキャッシュが揮発していたら再生成という手もあるが、これだとTTLが切れた瞬間わずかにリクエストが詰まってしまう。なので、何か別の手立てで定期的にキャッシュをリフレッシュしたい。 Goだとcarlescere/schedulerを使えば簡単にできそう。ただ、この回はPerlでやろうということで進めていた。AnyEventを使えばなんとかなる? と思いつつあんまり慣れていないライブラリを突然使うのはコストが高い。そんなときwatchを使えばいいじゃんということに気付いた。 systemdのunitファイルを以下のような感じで書いて systemctl s

                                  1秒おきになんかする - あんパン
                                  • 使用頻度とコマンド (エイリアス) の文字数を合わせたい - id:onk のはてなブログ

                                    1 文字エイリアスのすゝめ 1 文字エイリアスが好きで、例えば alias s="git status -sb" している。 入社してからの 4 年半で溜めた 53 万行の .zsh_history から集計すると、 $ history 1 | awk '{ print $2 }' | sort | uniq -c | sort -nr | head 121714 g 114128 s 57124 v 34210 cd 26095 tig 23281 rg 11382 plenv 10837 t 9647 :q 6867 ll となった。ちなみに以下の略です。 alias g="git" alias s="git status -sb" function v() {vi -p ${${=*/:/ +}/:*}} alias t="tig" alias :q="exit" alias ll=

                                    使用頻度とコマンド (エイリアス) の文字数を合わせたい - id:onk のはてなブログ
                                    • eBPFで実現するコンテナランタイムセキュリティ / Container Runtime Security with eBPF

                                      オンラインテックカンファレンス CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days で発表した「eBPFで実現するコンテナランタイムセキュリティ」の登壇資料です。 https://event.cloudnativedays.jp/cnsec2022 資料内のURLは、PDFをダウンロードするとクリックで遷移できます。 eBPFはLinuxカーネルが提供する機能の一つで、近年、ネットワークやObservabilityといった文脈で注目を集めています。本セッションでは、セキュリティの観点から、eBPFを利用することで実現できることについて整理した上で、コンテナランタイムセキュリティを実現する具体的なeBPFツールとしてFalco、Tracee、Tetragonを紹介します。

                                      eBPFで実現するコンテナランタイムセキュリティ / Container Runtime Security with eBPF
                                      • Linuxマルウェア急増、検出や除去困難な特性から攻撃者の餌食に

                                        eSecurity Planetは8月2日(米国時間)、「New Linux Malware Surges, Surpassing Android|eSecurityPlanet」において、Linuxマルウェアが急増しているとして、Linuxマルウェアからデバイスを保護する方法を伝えた。Linuxのマルウェアが急増しており、サイバー犯罪者がオープンソースのオペレーティングシステムを標的にする傾向が高まっていると報告している。 eSecurity PlanetはAtlas VPNが発表したレポートを引用。Linuxはオペレーティングシステム市場の1%しか占めていないが、多くのクラウドベースのアーキテクチャを支えており、ほとんどのIoTデバイスがLinuxカーネルといくつかのコア機能からなる最小限のLinuxディストリビューションを採用している。そのため、ボットネットやその他の同様のキャンペー

                                        Linuxマルウェア急増、検出や除去困難な特性から攻撃者の餌食に
                                        • Steam Deckを持ってその故郷シアトルまで行ってみた!開発者から聞くそのこだわり

                                          Valveから送られてきたSteam Deckを海外出張に持参した私はこのマシンを大いに気に入った。何よりも想像していたよりも軽い筐体は、PCゲームを持ち歩くという10年前なら信じられないことを実現しているのだ。エルゴノミクスに基づいたきっちりと手に馴染むそのマシン。各種ボタンへのアクセスやI/Oの合理的配置。スペックに見合った発熱はあるが、排熱された空気が手にあたることはない。待機時間の電力消費も思った以上に少ない。それでいてスリープ状態から1、2秒で復帰する。新しい操作方法や慣れないボタン配置に戸惑ったりすることはあるが、ここまでの完成度は正直言って予想外だ。 実際に機内でSteam Deckで遊んだ様子。思った以上に普通に遊べる。 今回、この日本仕様のSteam Deckを持って、その故郷であるシアトルを訪れた。正確にはシアトルからワシントン湖の対岸にある経済都市ベルビューに、世界で

                                          Steam Deckを持ってその故郷シアトルまで行ってみた!開発者から聞くそのこだわり
                                          • Steam Deckいよいよ日本上陸。5万9,800円から

                                            Steam Deckいよいよ日本上陸。5万9,800円から
                                            • ゲムスパ編集部にSteam Deckがやってきた!全く新しい携帯ゲーミングPCから迸る無限の可能性を見よ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

                                              ゲムスパ編集部にSteam Deckがやってきた!全く新しい携帯ゲーミングPCから迸る無限の可能性を見よ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
                                              • Steam Deck 予約 – Steam Deck

                                                自分に合ったSteam Deckを選択 Steam Deckは、日本で現在予約を受け付けております。 予約を希望するモデルを以下で選択してください。 在庫が確保されるとメールで通知され、その後72時間以内の購入が可能となります。ご予約はお一人様1回限りとなります。予約後のモデルの変更は出来ません。予めご了承下さい。

                                                • Valveの携帯PCゲーム機“Steam Deck”がいよいよ日本上陸。本日より予約受付が開始 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

                                                  ValveのポータブルゲーミングPC“Steam Deck”がいよいよ日本上陸。Komodoが日本及びアジア地域での代理店として予約を開始した。 国内価格はベースモデルとなる64GBモデルが59800円、256GBモデルが79800円、最上位の512GBモデルが99800円。出荷開始は2022年末頃を予定している。 本誌では今回の発表に先だってアメリカのシアトルにあるValve本社の取材も行ったので、そちらでわかった現状や今後の展望、また製品開発までの道のりなどもまとめてお伝えしよう。 Steam Deck is coming to new regions! Starting today you can reserve a Steam Deck in Japan, South Korea, Taiwan, and… https://t.co/nuUqbIf7fu — Steam Deck

                                                  Valveの携帯PCゲーム機“Steam Deck”がいよいよ日本上陸。本日より予約受付が開始 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
                                                  • Linux 5.19が公開、LinusはMacBook Airでリリース作業 | gihyo.jp

                                                    Linus Torvaldsは7月31日(米国時間⁠)⁠、「⁠Linux 5.19」の正式リリースを明らかにした。通常の開発期間よりも1週間長く、合計8本のリリース候補版を経ての公開となる。 Linux 5.19 -Linus Torvalds Linux 5.19では中国の龍芯中科技術が独自に開発したCPUアーキテクチャ「LoongArch」をはじめてサポートしたほか、Intel Alder LakeおよびSapphire Rappidsにおける電力管理の改善、Intel Raptor Lake Pシリーズのサポート、AMD Zen 4アーキテクチャサポートの準備などが行われている。また、Apple M1チップ搭載MacへのLinuxポーティングを推進するAsahi Linuxの貢献により、Apple M1 NVMeコントローラおよびApple eFuseのドライバがはじめてマージされて

                                                    Linux 5.19が公開、LinusはMacBook Airでリリース作業 | gihyo.jp
                                                    • 「Linux 5.19」が公開、トーバルズ氏はAppleシリコン搭載Macからリリース

                                                      印刷する メールで送る テキスト HTML 電子書籍 PDF ダウンロード テキスト 電子書籍 PDF クリップした記事をMyページから読むことができます Linus Torvalds氏は「Linux 5.19」を発表した。同氏は今回、「Asahi Linux」で動作するArmベースのチップを搭載したAppleの「MacBook」からリリース作業を行った。 同氏はリリースノートで、Linux 5.19には「特に面白いもの」はなく、「さまざまな変更点がたくさん加えられた」と述べている。 Torvalds氏によれば、今回のリリースで個人的に最も興味深かったことは、arm64の開発プラットフォームを使って作業したことだったという。同氏は以前からAppleの「M1」を搭載した「MacBook Air」を使いたがっており、「OSを除けばほぼ完璧」だと述べていた。 Asahi Linuxプロジェクトが

                                                      「Linux 5.19」が公開、トーバルズ氏はAppleシリコン搭載Macからリリース
                                                      • GNOME開発チーム、セキュアブートチェック機能をブートスプラッシュ「Plymouth」に実装中 | gihyo.jp

                                                        Linux Daily Topics GNOME開発チーム、セキュアブートチェック機能をブートスプラッシュ「Plymouth」に実装中 UbuntuやFedoraといったメジャーなディストリビューションでは、OSの起動時にデフォルトで「Plymouth」というスプラッシュスクリーン(ブートスプラッシュ)が表示される。アニメーションが表示されれば、ハードウェアやサービスの起動/初期化の処理が進んでいることがわかるが、アニメーションだけでなくユーザに対してメッセージを表示することも可能だ。 このPlymouthを利用して、現在Red HatのソフトウェアエンジニアであるKate Hsuanを中心としたGNOMEの開発者たちが、セキュアブート(Secure Boot)が無効になっているハードウェアやユーザに対して警告メッセージを表示できるように実装中だ。 plugins: splash: two

                                                        GNOME開発チーム、セキュアブートチェック機能をブートスプラッシュ「Plymouth」に実装中 | gihyo.jp
                                                        • Manjusaka: A Chinese sibling of Sliver and Cobalt Strike

                                                          By Asheer Malhotra and Vitor Ventura. Cisco Talos recently discovered a new attack framework called "Manjusaka" being used in the wild that has the potential to become prevalent across the threat landscape. This framework is advertised as an imitation of the Cobalt Strike framework. The implants for the new malware family are written in the Rust language for Windows and Linux. A fully functional v

                                                          Manjusaka: A Chinese sibling of Sliver and Cobalt Strike
                                                          • Linux kernel development | JackOS

                                                            # Linux kernel development# IntroductionThis is following on from a talk I really enjoyedopen in new window on how to create a linux kernel module using rust, but the presenter ran out of time. Please watch that video if you want more background on rust, why it's desirable in the kernel, and how a kernel module works differently from a normal binary. We'll be working off jackos/linuxopen in new wi

                                                            • Increasing the glibc and Linux kernel requirements | Rust Blog

                                                              The minimum requirements for Rust toolchains targeting Linux will increase with the Rust 1.64.0 release (slated for September 22nd, 2022). The new minimum requirements are: glibc >= 2.17 (previously glibc >= 2.11) kernel >= 3.2 (previously kernel >= 2.6.32) These requirements apply both to running the Rust compiler itself (and other Rust tooling like Cargo or Rustup), and to running binaries produ

                                                              Increasing the glibc and Linux kernel requirements | Rust Blog
                                                              • Running Linux microVMs on macOS (M1/M2)

                                                                Sometimes, while working on macOS, you may find the need to test something quick on Linux, or use some utility that's only available on this OS. But, of course, you don't want to go through all the process of creating the VM from scratch. The good news is, you don't need to! Using krunvm you can create and start a microVM from a regular container image (that is, an OCI image), in just two commands

                                                                Running Linux microVMs on macOS (M1/M2)
                                                                • Go 1.19リリース連載始まります GoDoc/ツール周りのアップデート | フューチャー技術ブログ

                                                                  Go 1.18のジェネリクス導入の大規模リリースと比べると比較的小さな1.19ですが、それでもさまざまな変更があります。今回ももちろん、恒例行事になりつつある、このテックブログでリリース連載をやります。特に、網羅性とか考えずに書きたい人が書きたいテーマをピックアップしています。もし、「このテーマについて語らせろ!」という方がいましたら、社外からも飛び込み参加可能ですので、ぜひどうぞ。 なお、正式リリースはおそらく8月中旬になるかと思います。現時点の最新版のリリースノートを参考にしているため、もしかしたら正式版で変更があるかもしれません。その場合は補足を行う予定です。 DateTitleAuthor8/1 (月)Docコメント/ツール周りのアップデート澁川喜規8/2 (火)encoding/csv真野隼記さん8/3 (水)encoding/byte, fmtのAppend系メソッド宮永崇史さ

                                                                  • WSLでMagentaを使ったピアノ耳コピの自動化 - Qiita

                                                                    はじめに 耳コピがしたい! でも 絶対音感なんてない! そんなあなたに... Googleさんがピアノ演奏の音源(.wav)をMIDIファイル(.mid)に変換してくれるツールを用意してくれています。実際に使ってみて精度の高さに驚いたので紹介します。 Magentaって? 作曲、音楽の解析、音楽制作の支援などを目的とした、Googleの機械学習プロジェクト Onsets and Frames モデル Magentaには複数のモデルが含まれている。 その中でもピアノ演奏の音源を解析し、MIDIに変換するモデル。 環境 MagentaのOnsets and Frames モデルはローカルで動かす他、Web版、Colab版が用意されています。以下にリンクを貼っておきます。 Web版 Colab版 自分の環境ではWeb版、Colab版が上手くいかなかったのでローカルで試すことにしました。 Micr

                                                                    WSLでMagentaを使ったピアノ耳コピの自動化 - Qiita
                                                                    • 新規マルウェアのサンプル数、Windowsが圧倒的に多いがLinuxは650%近く急増

                                                                      Atlas VPNは7月27日(米国時間)、「Linux malware on a rise reaching all-time high in H1 2022 - Atlas VPN」において、2022年上半期のオペレーティングシステムごとの新規マルウェアのサンプル数を公表した。これまでサイバー犯罪では、主にWindowsがターゲットとされていたが、今回の調査でサイバー攻撃の傾向が変化してきたことが明らかとなった。 Atlas VPNチームの調査により、2022年上半期にLinuxを標的とした新規マルウェアのサンプル数が約170万発見され、過去最高を記録したことが判明した。22万6324のサンプルが発見された昨年上半期と比較すると、650%近く急増したことになる。2022年上半期の新規Linuxマルウェア数は、2021年通年の当該サンプル数より31%も増加しており、2022年の上半期だけ

                                                                      新規マルウェアのサンプル数、Windowsが圧倒的に多いがLinuxは650%近く急増
                                                                      • Amazon Linux 2022 (プレビュー)の RC 版がリリースされました | DevelopersIO

                                                                        本記事の執筆時点 (2022年7月) では Amazon Linux 2022 はプレビュー版です。 はじめに Amazon Linux 2 が 2024 年 6 月 30 日にサポート期限を迎えるということで、OS 移行の検討や準備をされている方も多いかと思います。筆者自身の Amazon Linux 2 との関わりは、ふだん意識する機会はないものの、チームのツールで使っているので移行は他人事ではない、といったところです。今回は心の準備がてら、移行先候補の 1 つであろう Amazon Linux 2022 について調べたことを書いていきたいと思います。 GA はいつ? AWS 公式に以下の記載があります。 Q: Amazon Linux 2022 (AL2022) の一般提供 (GA) はいつになりますか? テスト用の AL2022 のリリース候補は、2022 年 7 月末に利用できる

                                                                        Amazon Linux 2022 (プレビュー)の RC 版がリリースされました | DevelopersIO
                                                                        • Intel GPUのLinux向けドライバーがアップデートでパフォーマンスが100倍に、いったいなぜ?

                                                                          Intel Linux向けグラフィックスドライバーの開発者が、Arc GPU用レイトレーシングのパフォーマンスが100倍に向上するアップデートを公開しました。しかし、実はこのアップデートはあるコーディングのミスを修正したもので、これまでは本来のパフォーマンスの100分の1しか発揮できていなかっただけであることが報じられています。 Intel's Open-Source Vulkan Driver For Ray-Tracing Gets "Like A 100x Improvement" - Phoronix https://www.phoronix.com/news/Intel-Vulkan-RT-100x-Improve Coding Mistake Made Intel GPUs 100X Slower in Ray Tracing | Tom's Hardware https://

                                                                          Intel GPUのLinux向けドライバーがアップデートでパフォーマンスが100倍に、いったいなぜ?
                                                                          • Exploring the Linux 'ip' Command

                                                                            I’ve been talking for several years now about how network engineers need to become comfortable with Linux. I generally position it that we don’t all need to become “big bushy beard-bearing sysadmins.” Rather, network engineers must be able to navigate and work with a Linux-based system confidently. I’m not going to go into all the reasons I believe that in this post (if you’d like a deeper explora

                                                                            Exploring the Linux 'ip' Command
                                                                            • Slab キャッシュの使用量が増加した原因を SystemTap で調査した [DeNA インフラ SRE] | BLOG - DeNA Engineering

                                                                              2022.07.28 技術記事 Slab キャッシュの使用量が増加した原因を SystemTap で調査した [DeNA インフラ SRE] by Hidetaka Masuda #infrastructure #sre IT 基盤部の増田です。新卒2年目で業務では主にモバゲーや社内向け SaaS のインフラ運用を行っています。 本記事ではサーバーのメモリ使用量増加の原因を SystemTap で調査したときの話を紹介します。 この記事を通して、手掛かりを元に少しずつ核心に近づいていく、謎解きゲームのような楽しさを感じていただければと思います。 問題発生 調査を開始したきっかけは、サーバーのメモリ使用量増加のアラートが頻繁に鳴るようになったことでした。 調べてみると、メモリ使用量は特定の系統のサーバー全台で増えていました。 まずは、サーバで起動しているプロセスのメモリ使用量を ps や t

                                                                              Slab キャッシュの使用量が増加した原因を SystemTap で調査した [DeNA インフラ SRE] | BLOG - DeNA Engineering
                                                                              • Ubuntuが最初から入ってる「Dell XPS 13 Plus」が公式発売

                                                                                Ubuntuが最初から入ってる「Dell XPS 13 Plus」が公式発売2022.07.27 23:0024,408 湯木進悟 Tags : 海外PC ちょっぴりWindowsより安いし! Dellのプレミアム・ノートPC「Dell XPS 13 Plus」は、そのかっこいいデザインが魅力。隙間のないキーボード、パームレストに埋没してしまうタッチパッド、光って浮かび上がるタッチファンクションキーなどなど、アルミボディで高級感あふれる1台として愛用できそうです。そこへまさかの新たな選択肢が用意されましたよ。 Image: DellこのほどThe Vergeは、あのLinuxディストリビューションの「Ubuntu(ウブントゥ)」で知られるCanonicalが、Dellと正式にコラボして、最新版の「Ubuntu 22.04 LTS」を標準搭載するDell XPS 13 Plusが登場したこと

                                                                                Ubuntuが最初から入ってる「Dell XPS 13 Plus」が公式発売
                                                                                • 第725回 Rcloneと専用GNOME Shell拡張機能を併用して、Ubuntuからさまざまなクラウドストレージサービスにアクセスする | gihyo.jp

                                                                                  Ubuntu Weekly Recipe 第725回Rcloneと専用GNOME Shell拡張機能を併用して、Ubuntuからさまざまなクラウドストレージサービスにアクセスする 今回はRcloneと専用GNOME Shell拡張機能であるrclone-managerを併用し、さまざまなクラウドストレージサービスをまるで専用クライアントを使用しているかのようにアクセスする方法を紹介します。 Ubuntuとさまざまなクラウドストレージサービス 世の中にはさまざまなクラウドストレージサービス(以下サービス)があります。そのうちのいくつかは第682回のオンラインアカウント機能で扱えるようになりますが、いくつかとはいいつつ事実上Google DriveとNextcloudくらいのものです。 中にはDropboxのようにUbuntuのリポジトリからパッケージ(この場合は「nautilus-dropb

                                                                                  第725回 Rcloneと専用GNOME Shell拡張機能を併用して、Ubuntuからさまざまなクラウドストレージサービスにアクセスする | gihyo.jp