検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

macの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)103604 件中 1 - 40 件目

  • 「理由もなくM1搭載MacBook Airの画面が割れた」との訴えに同意の声が多数、集団訴訟も提起される

    Appleのサポートコミュニティに投稿された、「はっきりとした原因もないのに画面が割れた」との経験談に「私のも」という書き込みが多数寄せられ、話題になっています。 MacBook Air M1 screen crack for no appare… - Apple Community https://origin-discussions2-us-dr-prz.apple.com/en/thread/252794122 あるMacBookユーザーは2021年5月に、Appleのサポートコミュニティで「明白な理由もなくMacBook Air M1の画面にひびが入った」と訴えました。そのユーザーによると、以前に使っていたMacは10年間何の問題もなく使うことができていたとのこと。しかし、投稿から半年前に購入したMacBook Airを使おうと画面を開いたところ、スクリーンの右側に小さなひび割れが

    「理由もなくM1搭載MacBook Airの画面が割れた」との訴えに同意の声が多数、集団訴訟も提起される
    • macOSに備わる複数のセキュリティ層を突破してすべてのファイルを読み取ることができる脆弱性が発見される

      Appleが開発するmacOSに用意されている複数のセキュリティレイヤーを突破し、Macに存在するすべてのファイルを読み取ったりウェブカメラを制御したりできる脆弱性を、オランダに拠点を置くサイバーセキュリティ企業・Computestの研究部門であるSector 7の研究者が発見しました。 Process injection: breaking all macOS security layers with a single vulnerability · Sector 7 https://sector7.computest.nl/post/2022-08-process-injection-breaking-all-macos-security-layers-with-a-single-vulnerability/ A Single Flaw Broke Every Layer of Sec

      macOSに備わる複数のセキュリティ層を突破してすべてのファイルを読み取ることができる脆弱性が発見される
      • MacBook Pro/Airのノッチにファイルをドラッグ&ドロップすることで様々なアクションを実行できるアプリ「TopDrop」にファイルを一時保存しておけるシェルフ機能が追加。

        MacBook Pro/Airのノッチにファイルをドラッグ&ドロップすることで様々なアクションを実行できるアプリ「TopDrop」にYoinkの様なシェルフ機能が追加されています。詳細は以下から。  Appl The post MacBook Pro/Airのノッチにファイルをドラッグ&ドロップすることで様々なアクションを実行できるアプリ「TopDrop」にファイルを一時保存しておけるシェルフ機能が追加。 first appeared on AAPL Ch..

        MacBook Pro/Airのノッチにファイルをドラッグ&ドロップすることで様々なアクションを実行できるアプリ「TopDrop」にファイルを一時保存しておけるシェルフ機能が追加。
        • Appleが2年越しの「脱インテル」で実現したユーザー目線の圧倒的改良 | AppBank

          この2年間で、AppleはMacのラインアップを完全に一新しました。Appleはインテル製チップから脱却し、代わりにAppleシリコンを採用したのです。このMシリーズについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。 *Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained,Apple M1からM2まで、Appleシリコンの進化まとめ Mチップの登場により、Appleはコンピュータの設計と性能をさらに進化させることができました。しかし現在では、Mチップの区別は少し難しくなってきています。現在Mシリーズには、「M1」「M1 PRO」「M1 MAX」「M1 ULTRA」「M2」の5種類が存在しています。 まずはM1から整理してみましょう。M1チップは、最初に登場し、現在ではAppleのエントリー

          Appleが2年越しの「脱インテル」で実現したユーザー目線の圧倒的改良 | AppBank
          • まだ現役だった? インターネット接続に用いるあの機能、次期macOSでついに削除か【やじうまWatch】

            まだ現役だった? インターネット接続に用いるあの機能、次期macOSでついに削除か【やじうまWatch】
            • iPhoneから削除しよう! 人気1位だったPDFアプリにマルウェアが潜んでいた | ライフハッカー[日本版]

              HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方 交通事故のない世界を目指し、社会全体が豊かになっていくことを目的とした共創型自動車保険「&e (アンディー) 」。ライフハッカーはそんな「&e」とともに、より良い社会とビジネスの共創を模索する人々の対話と奮闘をご紹介します。

              iPhoneから削除しよう! 人気1位だったPDFアプリにマルウェアが潜んでいた | ライフハッカー[日本版]
              • Macがスリープ中のイベントを解析し、スリープ中のバッテリードレインや予期せぬ起動の原因を探すことができるアプリ「Sleep Aid」がリリース。

                Macがスリープ中のイベントを解析し、スリープ中のバッテリードレインや予期せぬ起動の原因を探すことができるアプリ「Sleep Aid」がリリースされています。詳細は以下から。  発売されたばかりのMac[1, 2, 3 The post Macがスリープ中のイベントを解析し、スリープ中のバッテリードレインや予期せぬ起動の原因を探すことができるアプリ「Sleep Aid」がリリース。 first appeared on AAPL Ch..

                Macがスリープ中のイベントを解析し、スリープ中のバッテリードレインや予期せぬ起動の原因を探すことができるアプリ「Sleep Aid」がリリース。
                • AppleのSystem 6のUIをCSSで再現できる「System.css」が公開。

                  AppleのSystem 6のUIをCSSで再現できる「System.css」が公開。
                  • 自動アップデート中に悪意のあるユーザーがroot権限に昇格できてしまう可能性のある脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」がリリース。

                    Zoomの脆弱性に関するタイムライン 今回の一連のアップデートは、この脆弱性を発見しZoomに報告した、元NSAで現在はObjective-Seeを運営するPatrick Wardleさんが、2021年12月にZoomにroot権限昇格に関する脆弱性と修正方法を含め報告したものの、Zoomは約8ヶ月アップデートを行わず、07月18日にようやくリリースされた「Zoom Meetings for Mac v5.11.3」ではパッチにミスがあったため、 Wardleさんは、この脆弱性を08月12日に米ラスベガスで開催されたDef ConでPoCを含め発表するとともに、The Vergeに詳細公開し、Zoomが早急に対応するようコメントしていたもので、 🆕 Update(s): 🐛 Bug assigned CVE-2022-28756 🩹 Patch now available, in Z

                    自動アップデート中に悪意のあるユーザーがroot権限に昇格できてしまう可能性のある脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」がリリース。
                    • ZoomのインストーラーにはmacOSのroot権限を取得できるバグがあるとセキュリティ研究者が指摘

                      macOSのセキュリティ研究者として著名なパトリック・ワードル氏が、ハッキングカンファレンスであるDEF CONの中で、macOS向けのZoomインストーラーに存在するバグにより、macOSのroot権限を取得できるようになっていると指摘しています。 The Zoom installer let a researcher hack his way to root access on macOS - The Verge https://www.theverge.com/2022/8/12/23303411/zoom-defcon-root-access-privilege-escalation-hack-patrick-wardle ワードル氏はmacOS用のオープンソースセキュリティツールを作成する非営利団体・Objective-See Foundationの創設者で、これまでに「App

                      ZoomのインストーラーにはmacOSのroot権限を取得できるバグがあるとセキュリティ研究者が指摘
                      • Apple、macOS Venturaベータで「ネットワーク環境」を除去

                        AppleはmacOS Venturaでシステム環境設定のデザイン刷新を試みており、最新ベータで「ネットワーク環境設定」が削除されていることがわかりました。 正式版では復活する可能性も macOS Venturaの開発者向けベータ5が公開されたのは今週始めですが、従来のmacOSに含まれていた「ネットワーク環境設定」が失くなっている、とAppleに関する情報に詳しいSix Colorsのジェイソン・スネル氏が伝えています。 Appleはサポートページで、「ネットワーク環境」について下記のように説明しています。 ネットワーク設定一式 (ネットワーク環境) をまとめて切り替えられると、以下のような状況で便利です。 ・職場と自宅で同じ種類のネットワーク(Ethernet など)を使っているが、職場で使っている設定のままでは、自宅で同じ種類のネットワークにMacを自動的に接続できない。 ・Macを

                        Apple、macOS Venturaベータで「ネットワーク環境」を除去
                        • macOS 13 Venturaでは、職場や自宅などでネットワーク設定を切り替える「ネットワーク環境」機能が廃止されるもよう。

                          macOS 13 Venturaでは、職場や自宅などでネットワーク設定を切り替える「ネットワーク環境」機能が廃止されるもよう。
                          • 次期macOS紹介ページから他社製アプリ向け「メールを非公開」の記述が消える

                            Appleが、macOS Venturaの機能説明ページから、他社製アプリ内で「メールを非公開」にするiCloud+の新機能についての説明文を削除しています。 macOS Venturaの新機能 Mac向け次期OSであるmacOS Venturaを紹介するプレビューページで、従来はSafariのみで利用可能だったiCloud+の「メールを非公開」が、サードパーティー製アプリでも使用可能になる、として説明文を掲載していました。 アプリ内で「メールを非公開」 他社製アプリ内で「メールを非公開」を使って、あなたのEメールアドレスを秘密にしておけます。 アメリカ版ページから説明が消えた しかし、Appleのアメリカ版Webサイトからこの説明が削除されている、とフランス語メディアMacGenerationが指摘しています。 本稿執筆時点で、日本版のWebページには「ホーム」と「キーボード」の間に「i

                            次期macOS紹介ページから他社製アプリ向け「メールを非公開」の記述が消える
                            • Zigで簡単クロスコンパイル 2022 - k0kubun's blog

                              僕は以下の3つのツールを複数プラットフォーム向けにクロスコンパイルしてバイナリ配布しており、以下のように全て異なる言語で開発している。 Go: sqldef Rust: xremap mruby: mitamae クロスコンパイルに苦労している話をするとZigを使ってみたらいいんじゃないかと言われることがあり、周りでもZigが何となく流行り始めた気がするので、これらのツールに実際自分で使ってみてどうだったかという事例を紹介したい。 Zigとは Zigはそもそもプログラミング言語なのだが、C/C++とのinteropがやりやすい言語なようで、おそらくそれに必要でLLVMベースのC/C++ツールチェインが同梱されていて、しかもそれをDrop-In Replacement for GCC/Clangとして売りにしている。 僕はZig言語そのものにはそれほど興味はないのだが、クロスコンパイラとして

                              Zigで簡単クロスコンパイル 2022 - k0kubun's blog
                              • system.css

                                System.css A design system for building retro -inspired interfaces Intro System.css is a CSS library for building interfaces that resemble Apple's System OS which ran from 1984-1991. Design-wise, not much really changed from System 1 to System 6; however this library is based on System 6 as it was the final monochrome version of MacOS. Fortunately, this library does not use any JavaScript and is c

                                • GitHub - sakofchit/system.css: A design system for building retro Apple interfaces

                                  This commit does not belong to any branch on this repository, and may belong to a fork outside of the repository.

                                  GitHub - sakofchit/system.css: A design system for building retro Apple interfaces
                                  • MacBookに保護フィルムを貼ってはいけない理由。画面がボロボロに… | ライフハッカー[日本版]

                                    HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方 交通事故のない世界を目指し、社会全体が豊かになっていくことを目的とした共創型自動車保険「&e (アンディー) 」。ライフハッカーはそんな「&e」とともに、より良い社会とビジネスの共創を模索する人々の対話と奮闘をご紹介します。

                                    MacBookに保護フィルムを貼ってはいけない理由。画面がボロボロに… | ライフハッカー[日本版]
                                    • 【レビュー】M1/M2 MacでWin 11!Parallels 18を使ってみた

                                      MacはIntel製CPUを使っていた時代はBoot CampによってWindowsをそのまま動作できましたが、Appleシリコンと呼ばれる独自チップに移行してからは不可能になりました。 しかしながら世の中にはMac上でWindowsを使いたいという根強いニーズがあり、それを実現するためのソフトが販売されています。 その代表格が仮想化ソフトの「Parallels Desktop for Mac」です。 2022年8月にその最新版であるParallels Desktop 18 for Macがリリースされましたので、早速試してみたいと思います。 Boot CampによるWindowsの動作ができなくなったAppleシリコン搭載Mac Intel製CPUから自社製Appleシリコンへの移行により、MacのBoot CampによるWindowsの利用ができなくなりました。 理由としてはまず、CP

                                      【レビュー】M1/M2 MacでWin 11!Parallels 18を使ってみた
                                      • 【レビュー】正規のARM版Windows 11がM2搭載Macで使える「Parallels Desktop 18」 (1/5)

                                        Mac上で、WindowsやLinuxなどのOSや、その上で動くアプリが使えるようになるParallels Desktopの最新版が8月9日にリリースされた。これまで通り、インテルCPUを搭載したMacと、M1やM2といったApple Siliconを搭載したMacの両方をサポートする。それぞれの違いも含め、最新版の特長を中心にレビューしよう。 正規版Windows 11がMicrosoft Storeで購入可能に Parallels Desktopは、毎年8月の初頭に律儀にメジャーアップデートを続けている。もちろん、それには理由がある。Parallels Desktopを動作させる母体、いわゆるホストOSとなるmacOSが、毎年メジャーなアップデートを続け、ちょうど8月ごろがそのリリースの直前の時期に当たるからだ。今年も6月のWWDCで発表されたmacOS 13 Venturaが、今秋リ

                                        【レビュー】正規のARM版Windows 11がM2搭載Macで使える「Parallels Desktop 18」 (1/5)
                                        • 【レビュー】正規のARM版Windows 11がM2搭載Macで使える「Parallels Desktop 18」 - 週刊アスキー

                                          Mac上で、WindowsやLinuxなどのOSや、その上で動くアプリが使えるようになるParallels Desktopの最新版が8月9日にリリースされた。これまで通り、インテルCPUを搭載したMacと、M1やM2といったApple Siliconを搭載したMacの両方をサポートする。それぞれの違いも含め、最新版の特長を中心にレビューしよう。 正規版Windows 11がMicrosoft Storeで購入可能に Parallels Desktopは、毎年8月の初頭に律儀にメジャーアップデートを続けている。もちろん、それには理由がある。Parallels Desktopを動作させる母体、いわゆるホストOSとなるmacOSが、毎年メジャーなアップデートを続け、ちょうど8月ごろがそのリリースの直前の時期に当たるからだ。今年も6月のWWDCで発表されたmacOS 13 Venturaが、今秋リ

                                          【レビュー】正規のARM版Windows 11がM2搭載Macで使える「Parallels Desktop 18」 - 週刊アスキー
                                          • Macに1クリックでWindowsを〜Parallels Desktop 18が登場

                                            M1/M2 Mac上でWindowsやLinuxを動作させられる仮想化ソフト、「Parallels Desktop 18 for Mac」がリリースされました。 Windows 11のダウンロード、インストール、設定を1クリックでおこなえるようになったほか、性能や機能の改善がおこなわれています。 Windows 11を1クリックでMacにインストール可能 Parallels Desktop 18 for Macでは、MacにWindows 11をインストールするための手順が簡略化されています。 ダウンロード、インストール、設定が1クリックで完了するようになっており、簡単にMac上でWindowsを使える環境を構築可能です。 また、仮想マシン上のWindowsでゲームをプレイする際の性能が向上し、より高いフレームレートで快適に楽しめます。 Windows以外にLinuxもインストール可能です

                                            Macに1クリックでWindowsを〜Parallels Desktop 18が登場
                                            • 【独占インタビュー】新MacBook Airに見る、これからの時代のものづくり。

                                              小型軽量化、スピーカー設計、カラーセレクト…。あらゆる細部における機能的な要請に従い、そのうえでかくも美しく誕生した、M2チップ搭載新MacBook Air。ITジャーナリストの林信行による、Appleの開発担当者3名へのロングインタビューを通して、デザインの必然性、そしてAppleが描くものづくりの未来を読み解きます。 アップル社によればMacBook Airは、世界で最も売れているノートパソコンだという。2020年末、アップルが独自に開発したプロセッサ、Appleシリコン「M1」の搭載が始まってからMacはかつてないほど人気が急上昇している。その中でも、美しい薄型軽量ボディを持ちながら、価格も最も手頃な同製品が人気なのは当然のことだろう。今回、人気製品が、Appleシリコンの第2世代プロセッサ「M2」搭載に合わせて全面リニューアルとなった。シリーズ誕生から14年の歴史の中でも最大規模の

                                              【独占インタビュー】新MacBook Airに見る、これからの時代のものづくり。
                                              • Parallels Desktop 18 for Macの登場で、再びMac上でWindowsを活用する時代到来

                                                タグ 2nd別注プラスヘルスケアヘリフェスヘアスタイルヘアケアヘアアレンジプラモデルブーツベストブラックウィングブラスフレンチフレグランスフルカウントフリーマーケットフライトジャケットヘルメットベスパフォルクスワーゲンボディケアマーティンマルマンマップマスキングテープマイティシャインポストカードボールペンホンダペットホワイツブーツホリゾンブルーホットロッドペンタブレットペンケースペンペリカンフォードフェンダーミドリハンモックバブアーバディバッグバズリクソンズバイクバイカーズファッションハーレーダビッドソンハンバーガーバンソンハワイハロゲイトハイタイドノーネームノートノースノーネームニューヨークバンバーバーショップフェローズピュアブルージャパンフィールドジャケットフィルソンファーバーカステルファーストアローズファインクリークファイルファイヤーキングピナイダーパイロットビームスビッグハンドヒュ

                                                • M2 Extreme搭載Mac Proも!?年内発売と噂の5つの新製品

                                                  MacRumorsが、iPhone14シリーズとApple Watch Series 8シリーズ以外の、年内に発表されそうな5つの新製品を予想しています。 M2 Extreme搭載Mac Proがついに登場!? MacRumorsが、iPhone14シリーズとApple Watch Series 8シリーズ以外に、年内に発表される可能性があると考える5つの新製品は、AirPods Pro(第2世代)、M2搭載iPad Pro、iPad(第10世代)、A14搭載Apple TV、Appleシリコン搭載Mac Proです。 AirPods Pro(第2世代) AirPods Pro(第2世代)は改良されたH1チップを搭載しロスレスオーディオ再生に対応、「探す」に対応する充電ケースの端子が、USB-Cに変更されると噂されています。 同製品はデザインを刷新し、ステム(軸)がなくなると噂されていまし

                                                  M2 Extreme搭載Mac Proも!?年内発売と噂の5つの新製品
                                                  • 実際に使っていて便利だと感じたアプリ、Chrome拡張、ターミナル拡張、VSCode拡張まとめ - Qiita

                                                    はじめに はじめまして、@nkato_です! 普段は機械学習寄りのソフトウェアエンジニアとして、PythonでMLパイプラインを記述したりGoでバックエンド処理を記述しています。 便利アプリや各種ツールの拡張機能が好きで、これまでにも様々な機能を取り入れて試してきました。 自社エンジニア向けにそういったツールを共有したいと思ったのですが、どうせなら公開情報としてQiitaに投稿しようと思い立ち、まとめてみることにしました。 量は多いですが、どれもおすすめです! アプリ Alfred ショートカットキーで検索窓を開いて、アプリ名で検索してアプリを起動するやつ アプリ以外でも、ファイルを開いたり計算したりできる 僕はアプリはAlfred経由でしか開かないので、ドックもランチャーも使ってない App Storeのやつは古いので公式サイトからダウンロードする The Unarchiver いろんな

                                                    実際に使っていて便利だと感じたアプリ、Chrome拡張、ターミナル拡張、VSCode拡張まとめ - Qiita
                                                    • M2/M2 Pro搭載の新型Mac miniが発売に向けて準備中、デザインに変更ない予想: Gurman氏 - こぼねみ

                                                      AppleがM2およびM2 Proチップを搭載した新型「Mac mini」の発売を準備していることをBloombergのMark Gurman氏は自身のニュースレター「Power On」の最新版で報告しています。 Mac miniGurman氏によると、Appleは昨年末から今年中に発売を予定してM1 Pro搭載Mac miniを開発していたそうですが、現在ではその計画はなくなり、その代わりに、Mac miniの新モデルにはM2とM2 Proの両方のオプションが含まれると予想しています。また、Mac miniが近いうちに大きな設計変更があるとは考えていないようです。 9to5Macが以前報じたところによると、コードネーム「J473」で呼ばれている新型Mac miniはM2チップを搭載する予定です。一方、M2 Proを搭載したMax miniのコードネームは「J474」で、12コアCPU(8

                                                      M2/M2 Pro搭載の新型Mac miniが発売に向けて準備中、デザインに変更ない予想: Gurman氏 - こぼねみ
                                                      • M2とM2 Pro搭載Mac miniが開発中、Mac Studioは短命製品に?

                                                        AppleはM1 ProやM1 Max搭載のMac miniの開発を中断しており、現在はM2とM2 Pro搭載モデルを開発している、とBloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレターPower Onで伝えています。同記者は、Mac Studioが短命な製品に終わるのではないか、とも指摘しています。 M2とM2 Pro搭載のMac miniが開発中 Appleは、M1 Pro搭載のMac miniの開発を、2021年後半〜2022年前半の発売を目標として進めていたものの、開発はすでに中止されているとのことです。 その代わり、現在はM2とM2 Pro搭載Mac miniの開発が進められている模様です。ガーマン氏は、M2搭載Mac miniの発売時期は2022年内との見通しを、これまでも繰り返し伝えています。なお、当面はMac miniの外観デザインに大きな変更は行われないだろう、と同氏

                                                        M2とM2 Pro搭載Mac miniが開発中、Mac Studioは短命製品に?
                                                        • M2 MacBook Air、外部ディスプレイの制限がなければ最高なのに… | ゴリミー

                                                          M2 MacBook Air、外部ディスプレイの制限がなければ最高なのに… 薄くて軽くて驚異的な電池持ちは最高だが、”デスクトップ化”する上で無視できない仕様が… これまでM1 Proチップを搭載した14インチMacBook Proをメインマシーンとして使用してきたが、サブマシーンとして購入したM2 MacBook Airが予想以上に気に入っている。 薄くて軽い。電池持ちが驚異的。M1 Proと比べるとパフォーマンスの違いを実感する部分は多少あるが、投げ出したくなるようなもたつきなどは、現時点では感じていない。4,500万画素のRAWデータの現像やエクスポート作業は、十分快適だ。 指紋は目立つどころか浮き立っているようにさえ見えるが、かつて「MacBook ”Kuro”」の愛称で呼ばれていた黒いMacBookを思い出させる外観の魅力があり、14インチMacBook Proがあっても、ついM

                                                          M2 MacBook Air、外部ディスプレイの制限がなければ最高なのに… | ゴリミー
                                                          •  Macのアプリをショートカット.appを使ってランチャーより速く起動する - T’s blog

                                                            Macでアプリを開くときはAlfredをランチャーとして使っていました。つまりcommand+スペース(任意)でAlfredを開きアプリの名前を入力して起動していたわけです。macOS MontereyになってからはiPhoneなどと同じショートカット.appが搭載されているので利用してアプリの起動をショートカットキー 1発で行います。たとえばReeder.appを開きたかったら「control+R」と入力するだけでReederが起動します。 アプリを起動するショートカットの設定 1.ショートカット.appを起動して画面上部の「+」をクリックします 2.新しいショートカットを作成画面が開くので「カテゴリ」で「Appを開く」を選んでドラッグ&ドロップで左の作成画面に移動します① 3.「App」の部分をクリックしてショートカットで開きたいアプリを指定します② 4.次はアプリを開くショートカット

                                                             Macのアプリをショートカット.appを使ってランチャーより速く起動する - T’s blog
                                                            • 従業員向けセキュリティ教育のネタ

                                                              情報セキュリティマネージメントというと、必ずやらないといけないのが従業員教育。 しかし、古めかしいe-learningツールで、nextボタンをポチポチしつつ、つまらない動画を見る教育コンテンツは、はっきり言って意味ないと思うし、苦痛でしかない。とはいえ、カスタマイズして数百人の従業員にデリバリーするほど工数も割けない。 自分の会社の場合、KnowBe4というプラットフォームを契約して、オンボードや年次の必須教育をデリバリーしているが、これらは、なるべく苦痛にならない程度のボリュームのものを選んで、宿題でやってもらう感じにしています。事前に読んでチェックしなければいけない利用規程(Acceptable Use Policy)を読ませて、読みましたチェックを押してもらう、などもKnowBe4でやっています。しかし、さすがに全部のエッセンスが入ったコンテンツを割り当ててしまうと、普通に1hとか

                                                              従業員向けセキュリティ教育のネタ
                                                              • macOS Ventureの新しいVirtualization機能によりEFIブートやクリップボード/ディレクトリ共有、ARM LinuxでのRosetta 2エミュレートをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」のBeta版がリリース。

                                                                macOS Ventureの新しいVirtualization機能によりEFIブートやクリップボード/ディレクトリ共有、ARM LinuxでのRosetta 2エミュレートをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」のBeta版がリリース。
                                                                • MacOSのEmacsにEPWING形式の辞書を導入する - 備忘録

                                                                  表題に関して、こちらを参考にした。 ただ同記事はUbuntu前提だったので、Macでの導入ログを残しておく。 1. EBライブラリをダウンロードしてインストール - http://www.mistys-internet.website/eb/ - configure, make, make install 2. eblookをダウンロードしてインストール - http://ikazuhiro.s206.xrea.com/staticpages/index.php/eblook - configure, make, make install 3. lookupをインストール - http://ikazuhiro.s206.xrea.com/staticpages/index.php/lookup - configure, make, make install - デフォルトで /usr/lo

                                                                  MacOSのEmacsにEPWING形式の辞書を導入する - 備忘録
                                                                  • 「Microsoft Teams」アプリ、Appleシリコン搭載Macをネイティブ対応へ

                                                                    「Microsoft Teams」アプリ、Appleシリコン搭載Macをネイティブ対応へ
                                                                    • Apple推奨。Macの消費電力を減らす6つの設定 #節電  | ライフハッカー[日本版]

                                                                      仕事や学校などで長時間Macを使っている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。 僕もそのひとりで、自宅で仕事をしている間はずっとMacと向き合っているのですが、長時間使っているとどうしても気になるのは、Macの消費電力です。 節電が叫ばれる昨今、できるだけムダな電力消費は避けたいものですよね。 そこで、Appleが推奨する『Macの電力を節約する方法』を参考に、設定を見直してみました。 ※当記事はmacOS Monterey 12の場合です。そのほかのOSの設定は『Macの電力を節約する方法』の『バージョンを選択』から確認できます。 1. Macをスリープ状態にする Screenshot: ドサ健長時間使わないのにMacの画面がついたまま、ということはありませんか。そんなときはスリープにしましょう。 スリープ状態でもMacの電源は入っていますが、消費電力は大幅に少なくなります。 設定方

                                                                      Apple推奨。Macの消費電力を減らす6つの設定 #節電  | ライフハッカー[日本版]
                                                                      • Linux 5.19が公開、LinusはMacBook Airでリリース作業 | gihyo.jp

                                                                        Linus Torvaldsは7月31日(米国時間⁠)⁠、「⁠Linux 5.19」の正式リリースを明らかにした。通常の開発期間よりも1週間長く、合計8本のリリース候補版を経ての公開となる。 Linux 5.19 -Linus Torvalds Linux 5.19では中国の龍芯中科技術が独自に開発したCPUアーキテクチャ「LoongArch」をはじめてサポートしたほか、Intel Alder LakeおよびSapphire Rappidsにおける電力管理の改善、Intel Raptor Lake Pシリーズのサポート、AMD Zen 4アーキテクチャサポートの準備などが行われている。また、Apple M1チップ搭載MacへのLinuxポーティングを推進するAsahi Linuxの貢献により、Apple M1 NVMeコントローラおよびApple eFuseのドライバがはじめてマージされて

                                                                        Linux 5.19が公開、LinusはMacBook Airでリリース作業 | gihyo.jp
                                                                        • MacでiPhoneやiPadアプリが動く! すごく簡単になりました(GetNavi web) - Yahoo!ニュース

                                                                          アップルが独自開発したM1やM2チップなど「Appleシリコン」を搭載したMacは、実は一部のiPhoneやiPadアプリを動かすことができます。ただ、2020年末から可能ではあったものの、当時は特殊なMacアプリを使うなどと手間がかかり、それに見合うだけの実用性があるとも思えませんでした。 それから約2年が経ち、より簡単になったということで、米AppleInsiderが「最新のmacOS Monterey+AppleシリコンMacでiOSアプリを動かす」ガイドを公開しています。 まずMacのApp Storeの左下にある自分の名前をクリックし、そこで「iPhoneおよびiPad App」を選びます。そこには過去に購入したiOSやiPadOSアプリが並んでいますので、右下にあるiCloudダウンロードのアイコンをクリックすればMacでアプリを動かせます。 ただし、条件がいくつかあります。1

                                                                          MacでiPhoneやiPadアプリが動く! すごく簡単になりました(GetNavi web) - Yahoo!ニュース
                                                                          • 「Linux 5.19」が公開、トーバルズ氏はAppleシリコン搭載Macからリリース

                                                                            印刷する メールで送る テキスト HTML 電子書籍 PDF ダウンロード テキスト 電子書籍 PDF クリップした記事をMyページから読むことができます Linus Torvalds氏は「Linux 5.19」を発表した。同氏は今回、「Asahi Linux」で動作するArmベースのチップを搭載したAppleの「MacBook」からリリース作業を行った。 同氏はリリースノートで、Linux 5.19には「特に面白いもの」はなく、「さまざまな変更点がたくさん加えられた」と述べている。 Torvalds氏によれば、今回のリリースで個人的に最も興味深かったことは、arm64の開発プラットフォームを使って作業したことだったという。同氏は以前からAppleの「M1」を搭載した「MacBook Air」を使いたがっており、「OSを除けばほぼ完璧」だと述べていた。 Asahi Linuxプロジェクトが

                                                                            「Linux 5.19」が公開、トーバルズ氏はAppleシリコン搭載Macからリリース
                                                                            • Apple Siliconをネイティブサポートし、ScreenCaptureKitによりキャプチャー時のパフォーマンスが大幅に向上したライブ配信アプリ「OBS Studio v28.0」のBeta版が公開。

                                                                              Apple Siliconをネイティブサポートし、ScreenCaptureKitによりキャプチャー時のパフォーマンスが大幅に向上したライブ配信アプリ「OBS Studio v28.0」のBeta版が公開。
                                                                              • Apple、Studio Displayのサウンド問題を認め、暫定的な対処法を公開

                                                                                Appleが、Studio Displayでオーディオ関連の問題が発生していることを認め、将来のiOSのアップデートで問題を解決すると案内し、暫定的な対処法を案内しています。 音が聞こえなくなる、音質の悪化などの指摘 Appleが2022年3月に発表したStudio Displayについて、音が突然出なくなる、再生速度が速くなる、音質が悪化するなどの問題が発生している、と一部のユーザーがTwitter、Appleのサポートフォーラム、MacRumors読者フォーラムなどで指摘しており、その数はこの数週間で増加している、と米メディアMacRumorsが報じています。 以下のツイートに添えられた動画には、音楽の出力先をMacBook ProからStudio Displayに切り替えて数秒後、音楽が止まってしまう様子が収められています。 Since yesterday my Studio Dis

                                                                                Apple、Studio Displayのサウンド問題を認め、暫定的な対処法を公開
                                                                                • 「Microsoft Teams重すぎ問題」を解決する2つのヒント | ライフハッカー[日本版]

                                                                                  HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方 交通事故のない世界を目指し、社会全体が豊かになっていくことを目的とした共創型自動車保険「&e (アンディー) 」。ライフハッカーはそんな「&e」とともに、より良い社会とビジネスの共創を模索する人々の対話と奮闘をご紹介します。

                                                                                  「Microsoft Teams重すぎ問題」を解決する2つのヒント | ライフハッカー[日本版]