並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

1 - 40 件 / 24581件

新着順 人気順

scienceの検索結果1 - 40 件 / 24581件

  • 宇宙ステーションの建設ラッシュ ISSの退役で中国とロシアがタッグ、民間企業も参入〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

    中国宇宙ステーション「天宮」。コアモジュールの左右に二つの実験棟が接続。手前と下部に宇宙船、奥に補給船がドッキングした様子(illustration Shujianyang) ISSの退役が2030年に迫るなか、各国各社は現在、8機の新型宇宙ステーションの開発・製造・建設を進めている。以後10年間で、宇宙における国際バランスは大きく変貌する。AERA2023年1月30日号の記事を紹介する。 【宇宙ステーションの画像をもっと見る(全5枚)】 *  *  * 世界の宇宙ステーション計画が、かつてなく活性化している。その理由のひとつはISS(国際宇宙ステーション)の退役だ。 米ロを中心に運用されてきたISS計画には世界15カ国が参加し、軌道上における国際サロンの役割を果たしてきた。しかし、建設開始から四半世紀が過ぎたいま、その老朽化が進み、現時点では2030年の退役が見込まれている。つまり、総質

      宇宙ステーションの建設ラッシュ ISSの退役で中国とロシアがタッグ、民間企業も参入〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース
    • むしろ素人のほうが「マニアックな売り場」を作れる…国文科卒の書店員が神保町に"数学の聖地"を築くまで 5000冊の数学書が揃う「書泉グランデ」の秘密

      数学愛好家が「聖地」と呼ぶ書店が東京・神保町にある。コーナーを担当する書店員の布川路子さんは、短大の国文科卒で、配属されるまで数学には縁がなかった。なぜ「聖地」を築きあげることができたのか。ノンフィクションライターの神田憲行さんが取材した――。 担当になった時には全くの素人だった ここ10年ほどの間、「数学ブーム」だといわれて久しい。複数の大人向けの数学塾が開校したり、大がかりな数学イベントも開催されたりした。その動向はNHK番組「クローズアップ現代」でも特集されている。 書籍でもタイトルに「文系でもわかる」「大人の学び直し」とついた数学書が書店に並び、数学をテーマにした漫画の刊行も相次ぐ。そんな「数学愛好者」「数学好き」たちから「聖地」と呼ばれるのが、東京・神田神保町にある「書泉グランデ」だ。4階の数学書コーナーを担当する書店員の布川路子ふかわ みちこさんは、愛好家たちにはおなじみの存在

        むしろ素人のほうが「マニアックな売り場」を作れる…国文科卒の書店員が神保町に"数学の聖地"を築くまで 5000冊の数学書が揃う「書泉グランデ」の秘密
      • 電池不要のTOTOエコリモコンを分解してみた

        TOTOエコリモコンとは?TOTOといえばウォシュレットが有名ですが、電池不要タイプの「TOTOエコリモコン」という製品が販売されています。 これ自体は以前から売られているものですが、新品を入手する機会があったため、電池不要な構造を調べてみるために購入して分解してみました。 TOTOエコリモコンの外観をチェック分解検証用に購入したTOTOエコリモコンです。 家庭用ウォシュレット等で見かけるリモコンとはデザインが全く違い、シルバーで大型のボタンを備えたものとなっています。 また電池不要タイプという事で、LEDランプによる表示や液晶画面などは存在しません。 ボタン部分を横から撮影してみました。 大型のボタンはクリック時のストークも大きくなっており、操作性という面ではユニバーサルデザインを意識したものといえるでしょう。 また大きなストロークは電池不要な構造の関係する部分でもありそうです。 今回購

          電池不要のTOTOエコリモコンを分解してみた
        • グリーンエネルギーのムラを補い世界で稼働? 電力を位置エネルギーに変換する「重力バッテリー」実用化へ(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース

          ──電力を位置エネルギーに変換して貯蔵するシステム「重力バッテリー」は、太陽光発電などによる発電量のムラを吸収し、供給を安定化する手段として注目されている...... 閉鎖された鉱山を、巨大な蓄電設備として再活用する──。こんな研究が実用化へ向けて進んでいる。 【動画】ブロックを積み上げる!「重力バッテリー」 重力バッテリーは、電力を位置エネルギーに変換して貯蔵するシステムだ。太陽光発電などによる発電量のムラを吸収し、供給を安定化する手段として注目されている。 市中の発電量に余裕のある場面では、電力網から供給される電力を消費し、重量の大きな重りを高所へと移動する。これにより、余剰電力を位置エネルギーの形で蓄えることができる。のちに電力が逼迫したタイミングで、重りを低所に下ろして発電するしくみだ。 米科学解説誌のポピュラー・メカニクスは、具体的に廃坑においては、砂を利用する研究が進んでいると

            グリーンエネルギーのムラを補い世界で稼働? 電力を位置エネルギーに変換する「重力バッテリー」実用化へ(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース
          • 再現性の科学: 脳科学は実世界で役に立つか

            Transcript サロンLHS(2023.1.27) 再現性の科学: 脳科学は実世界で役に立つか 神谷之康(京都大学 情報学研究科) [email protected] http://kamitani-lab.ist.i.kyoto-u.ac.jp ykamit Last updated: 2023.1.27 1 脳科学の信頼性 脳科学は、「心を理解する」、「精神疾患の解明・治療」など、誰もその重要 性は否定できないお題目を掲げ、研究予算などの面で優遇されてきた。その期 待に応えてきただろうかか。 派手にプレスリリースされる研究は、中身は怪しいものが多い。「まだ新しい 学問だから」「in its infancy」と自己欺瞞を続けてきた結果、成熟した学問にな りきれていない。 脳科学とは 学術的には「神経科学」 分子、システム、病態、数理など多用な分野・アプローチ 一般に「脳科学」でイメ

              再現性の科学: 脳科学は実世界で役に立つか
            • 【真偽不明】入眠障害で悩んでいたが、手に電撃を流すデバイスを使ったら入眠がめちゃくちゃがスムーズになってビビってます→「際どい…ギリギリ科学…?」

              ひでシス @hidesys 入眠障害で悩んでたんですが、眠るときに握って手に電撃を流すっていう550円のデバイスを使い始めたら、入眠がめちゃくちゃがスムーズになってビビってます pic.twitter.com/yOIg3gYngH 2023-01-26 11:08:08

                【真偽不明】入眠障害で悩んでいたが、手に電撃を流すデバイスを使ったら入眠がめちゃくちゃがスムーズになってビビってます→「際どい…ギリギリ科学…?」
              • 古代ローマのコンクリートは現代のものより耐久性が高い…最新の研究でその謎を解明

                Marianne Guenot [原文] (翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue) Jan. 27, 2023, 07:00 PM サイエンス 16,981 多くの観光客が訪れるローマ、パンテオン。2022年5月12日撮影。この建物に使われている古代ローマのコンクリートはなぜ耐久性が高いのか、その秘密が解明されたようだ。 Raul Moreno/SOPA Images/LightRocket via Getty Images 古代ローマのコンクリートは、現代のコンクリートよりも信じられないほど耐久性が高い。 科学者たちは長い間、何がその驚異的な強度を生み出しているのか不思議に思っていた。 そしてある研究チームが、コンクリートに含まれる、これまで欠陥とみなされていた小さな白い斑点に着目し、その謎を解明したようだ。 ローマ人はどのようにして強いコンクリートを作り、2000年以上

                  古代ローマのコンクリートは現代のものより耐久性が高い…最新の研究でその謎を解明
                • K-meansのクラスタ数を決めるのにエルボー法を使うのはやめよう、という論文 - 渋谷駅前で働くデータサイエンティストのブログ

                  クラスタリングに用いられるK-meansのクラスタ数決定方法については長く議論されてきた歴史があり、このブログでも以前ちょろっと取り上げたことがあります。 で、Twitterを眺めていたらタイムラインに面白い論文が流れてきました。それがこちらです。 タイトルを読んで字の如く「K-meansのクラスタ数を決めるのにエルボー法を使うのはやめろ」という論文なんですね。全体で7ページと非常にコンパクトで読みやすい内容なので、簡単にまとめて紹介してみようと思います。なおいつもながらですが、僕の技術的理解が不足しているが故の誤りなどが混じる可能性がありますので、その際はコメント欄などでご指摘くださると幸いです。 あるtoy dataに対するK-meansの結果 目検に頼らないエルボー法について考える ならば、既存のクラスタ数決定法の中では何を選ぶべきか そもそもK-meansが有効でないケースもあるこ

                    K-meansのクラスタ数を決めるのにエルボー法を使うのはやめよう、という論文 - 渋谷駅前で働くデータサイエンティストのブログ
                  • 学術誌ScienceがChatGPTなどのAIを論文の著者として認めないポリシー改定を実施

                    高性能な対話型AI「ChatGPT」の論文への利用の是非に関する問題で、学術誌Scienceが編集方針を改定し、ChatGPTのような文章生成AIを著者として認めないことを表明しました。 ChatGPT is fun, but not an author | Science https://doi.org/10.1126/science.adg7879 Science journals ban listing of ChatGPT as co-author on papers | Peer review and scientific publishing | The Guardian https://www.theguardian.com/science/2023/jan/26/science-journals-ban-listing-of-chatgpt-as-co-author-on-

                      学術誌ScienceがChatGPTなどのAIを論文の著者として認めないポリシー改定を実施
                    • ウミグモは失った生殖器と肛門を再生できる。驚愕の事実を知って科学者騒然 : カラパイア

                      ウミグモは、体のほとんど部分が脚からなる、アンバランスな容姿を持った海で暮らす節足動物である。 さらにその生態も奇妙だ・ドイツの研究者たちが、ウミグモが生殖器官と肛門まで再生できることを知って、唖然としている。 節足動物が手足を再生できることはよく知られているが、新たな研究では、これまでの常識をくつがえすことが起きた。 節足動物であるウミグモは手足はおろか、下半身までまるっと再生させてしまうことが確認されたのだ。 「こんなこと誰一人、予想だにしませんでした」と、フンボルト大学ベルリン校のゲルハルト・ショルツ教授はその驚きを口にしている。 広告 節足動物の再生能力は知られている以上にすごかった 生物には、体の再生能力を持つものが多く存在する。 ヒトデなら体全体を再生できるし、トカゲなら新たに尻尾を生やすことができる。ほんの少しの組織から全身を復元する扁形動物もいる。 私たち哺乳類の場合、再生

                        ウミグモは失った生殖器と肛門を再生できる。驚愕の事実を知って科学者騒然 : カラパイア
                      • 磁石を近づけると膨らむ新材料 東京大など、精密機器に

                        日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 東京大学と名古屋大学の研究チームは、磁石を近づけるなどして磁場を加えると体積が大きくなる新材料を開発した。クロムとテルルを混ぜたセラミック材料で、磁場の強さに応じてもとの形状を保ったまま膨らむ性質を持つ。精密機器に使うアクチュエーター(駆動装置)やセンサーなどへの応用を目指す。 精密機器は伸縮するアクチュエーターを位置合わせなどに活用している。磁石を近づけたり電気を流したりすると変形する材料で作製する。ただ、こうした用途の従来の材料は縦方向に膨らむと横方向には縮む性質があり、形状の変化が大きいわりに体積の変化率は少なかった。成分に有害な鉛などを含んだりする問題もあった。 新材料はクロムとテルルから成るセラミック(焼結体)で、鉄や鉛を含まないことに加

                          磁石を近づけると膨らむ新材料 東京大など、精密機器に
                        • 脳波から「聴いている音楽」を当てるAIモデルを開発! - ナゾロジー

                          脳波をモニタリングするだけで、今聞いている音楽が当てられるようです。 英エセックス大学(University of Essex)の研究チームはこのほど、脳波や脳全体の血流をリアルタイムで測定し、その信号から音響処理に関する情報を解読して、聴いている音楽を特定する技術を開発したと発表しました。 これは脳に電極を刺すといった侵襲的なものではなく、体に害のない非侵襲的な方法です。 このプロジェクトは将来的に、重度コミュニケーション障害を持つ人々の「頭の中の言葉」を読み取り、支援につなげることを目標としています。 研究の詳細は、2023年1月12日付で科学雑誌『Scientific Reports』に掲載されました。 目次 脳波を読むだけで「聴いている音楽」がわかる 脳波を読むだけで「聴いている音楽」がわかる 私たちの脳内では常に、電気信号を介してあらゆる情報処理が行われています。 言葉を話したり

                            脳波から「聴いている音楽」を当てるAIモデルを開発! - ナゾロジー
                          • 大阪、イソジンと大阪ワクチンでは飽き足らず夢の人工石油に手を出す : 市況かぶ全力2階建

                            本間きみか🧸👜💐@kimikahonma大阪は夢があってよろしおすなぁ ※人工石油の実験の話 2023/01/26 21:51:09 帝國海軍が「水から石油を作る」という詐欺師に引っ掛かってから約80年が経ち、再び歴史が繰り返される現場に立ち会っておる気分。https://t.co/EsTyLfZMPm — 牟田口廉也(fake)空腹実現党総裁 STAY MAYMYO (@renya_mutaguchi) January 25, 2023 たそ@tasogarexerionお笑いの街を政治が実践。 2023/01/26 12:51:24 くらむ|Masaru Funahashi@EtoJ Translator@clamm0363人工石油みたいな怪しげな技術がたびたび出てくるのって、理論化学(合成屋)と化学工学(プラント屋)の間に結構な断絶があるのが割と根本的な原因なんじゃねーかと思っ

                              大阪、イソジンと大阪ワクチンでは飽き足らず夢の人工石油に手を出す : 市況かぶ全力2階建
                            • 廃坑を「重力バッテリー」として利用することで、世界の電気をまかなえる可能性 : カラパイア

                              鉱山の資源が枯渇すると地下に掘った穴や坑道は使用されなくなり「廃坑」となる。目的の資源はとれなくなってしまったが、また別の使い道があるという。 風力や太陽光のような再生可能エネルギーの課題の1つは、余分に作られた電気をどうやって溜めておくのかということだ。 その解決法として、利用されなくなった廃坑を「重力蓄電システム」として再利用することができるという。 国際応用システム分析研究所が提唱するアイデアでは、まず余った電気で砂などの重りを廃坑のリフトで持ち上げる。そしてエネルギーが必要になったら、リフトごと重りを落下させてタービンを回し、これによって発電する。 つまりは余剰電気を位置エネルギーとして蓄えておき、重力によって発電するのである。 広告 古くて新しい「重力蓄電システム」 じつは重力蓄電システムは、古くて新しい技術だ。たとえば昔からある代表的なものとして、ダムの「揚水発電」がある。 ダ

                                廃坑を「重力バッテリー」として利用することで、世界の電気をまかなえる可能性 : カラパイア
                              • 大量殺傷犯の大半が前年に大きなストレス経験 米研究

                                銃撃事件現場付近の警備にあたる警察官=22日、米カリフォルニア州モントレーパーク/Eric Thayer/Getty Images (CNN) 大量殺傷事件の犯人は事件前から暴力的な行動を示すことが多く、大半が犯行前の1年間に大きなストレス要因を経験していたとする研究結果が報告された。 米国土安全保障省シークレットサービスの国家脅威分析センター(NTAC)が、2016~20年に宗教施設や事業所、学校など公共またはそれに準じた場所で3人以上の死傷者を出した事件173件のデータを分析した。 それによると、犯人の大半は犯行に至るまでの1年の間に経済、家庭、健康などの問題で大きなストレスを抱え、半数は職場、家庭のトラブルや、不当な扱いを受けたという思いからくる怒りが、動機の少なくとも一部を占めていた。 銃が使われた事件では、犯人の75%が合法的に銃を入手していたものの、盗んだり代理人に買わせたり、

                                  大量殺傷犯の大半が前年に大きなストレス経験 米研究
                                • 感覚を"ハック"する 「からだの錯覚」の扉、開いてみた。

                                  「手の皮膚を引っ張って30cmくらい伸ばす」 「頭の骨を手で直接触ってみる」 そんな"非現実"を現実にさせる研究室がある。 「からだの錯覚」の扉、開いてみた。 (NHK名古屋 記者 河合哲朗) ある日 1通のメールが 私(=記者)は、名古屋局で大学の取材を担当している。 日々、さまざまな大学から「こんな研究成果が出た」とプレスリリースが届く。 そんな中、あるメールに目が止まった。 国際学術誌に論文が掲載されたというその発表、タイトルはこうあった。

                                    感覚を"ハック"する 「からだの錯覚」の扉、開いてみた。
                                  • 小惑星、地球に記録的接近 マイクロバスの大きさ | 共同通信

                                    Published 2023/01/26 16:56 (JST) Updated 2023/01/26 18:12 (JST) 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は25日、マイクロバスほどの大きさの小惑星が26日午後(日本時間27日午前)に南米大陸の南端の上空約3600キロをかすめると明らかにした。地表から静止衛星までの距離の約10分の1という近さで、記録に残る中では最も地球の近くを通り過ぎる小惑星の一つという。衝突の危険はない。 幅は推定3.5~8.5メートル。円を描くように太陽の周りを一周していたが、接近した地球の重力で軌道が変形し、周期が359日から425日になる見通し。 クリミアのアマチュア天文家ボリソフ氏が21日に発見、各地の観測で軌道が分かった。

                                      小惑星、地球に記録的接近 マイクロバスの大きさ | 共同通信
                                    • 療養期間が終わっても油断大敵? 遺伝学者がコロナ感染後に“ウイルス量”を解析すると…驚きの結果に | 国内 | ABEMA TIMES

                                      療養期間の短縮や感染法上の子類引き下げ検討など、新型コロナに対する緩和の動きが進んでいる。こうした中、体内のウイルス量を解析し、驚きのデータを公表した学者を取材した。 【映像】体内のウイルス量を解析した結果 「原則として、この春に新型インフルエンザ等感染症から外し、5類感染症とする方向で専門家に議論していただきたい」――20日の会見で、新型コロナの感染法上の分類をことしの春に「5類」に引き下げる検討を始めるよう、閣僚に指示した岸田総理。 医療費への公費負担を段階的に減らすことなどが検討される方向で、今後マスク着用の緩和やコロナ患者を受け入れる医療機関の拡大などについても議論される。 2022年9月には、感染者の療養期間を10日から7日に短縮するなど緩和の動きが進む中、改めて検査の重要性を訴える人がいる。 「(新型コロナのウイルス量が)減るかと思ったが、増えた。ちょっとびっくりした」(国立遺

                                        療養期間が終わっても油断大敵? 遺伝学者がコロナ感染後に“ウイルス量”を解析すると…驚きの結果に | 国内 | ABEMA TIMES
                                      • NASA 原子力推進ロケットエンジン開発へ 火星有人飛行に向け | NHK

                                        NASA=アメリカ航空宇宙局はアメリカ国防総省の研究機関、DARPAと共同で将来の火星への有人飛行に向けて小型の原子炉で発生する熱を利用する「原子力推進ロケットエンジン」を開発し、2027年にも実証試験を行うと発表しました。 NASAは24日、DARPA=国防高等研究計画局とともに、将来の火星への有人飛行を見据えて、原子力推進ロケットエンジンの開発を行うと発表しました。 このロケットエンジンは小型の原子炉で核分裂を起こし、発生する熱を使って推進剤を噴出することでロケットを飛行させます。 NASAによりますと、化学物質を使った従来のロケットエンジンと比べ、3倍以上、効率がいいということで、宇宙空間での航行時間を短くすることで宇宙飛行士の安全性を高めるほか、必要な食料などを減らせるとしています。 NASAは、このロケットエンジンは火星への有人飛行に向けた重要な技術だとして、早ければ2027年に

                                          NASA 原子力推進ロケットエンジン開発へ 火星有人飛行に向け | NHK
                                        • 地球の内核が回転停止か、逆回転の可能性も 新研究

                                          (CNN) 地球中心部にある内核の回転が止まり、さらに逆回転している可能性があると指摘する新たな論文が科学誌に掲載された。 地球は地殻とマントル、外核、内核から構成される。固体の内核は地殻の約5150キロ下にあり、半固体のマントルとの間には液体の外核がある。これにより内核は地球の自転とは異なる速度で回転できる。 地球の核は半径約3540キロで火星ほどの大きさ。鉄とニッケルが主成分で、地球の質量の約3分の1を占める。 北京大学の研究者イー・ヤン氏とシャオドン・ソン教授は23日発行の科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」掲載の論文で、内核を通過する地震波を調査し、1960年代以降の記録も参照して内核の回転速度を推定した。 その結果、2009年以降、それまで変動していた地震波にほとんど変化が見られなくなり、内核が回転を停止したことが示唆されるという。 論文は「内核がこの10年間ほぼ停止し、逆戻りし

                                            地球の内核が回転停止か、逆回転の可能性も 新研究
                                          • 神宮外苑再開発の環境アセス「樹林の分類に致命的な間違い」 日本イコモスが再審議求める:東京新聞 TOKYO Web

                                            明治神宮外苑地区の再開発で、三井不動産など事業者が提出した環境影響評価(アセスメント)の評価書について、日本イコモス国内委員会は25日、記者会見し、内容に誤りが多く不適切だとして、アセスメントの再審議を求める意見書を公表した。(森本智之) 意見書では、まとまった樹林地として一連のアセスの議論でも重要性が指摘されてきた「建国記念文庫の森」を評価書が落葉樹林と分類したことについて、実際は常緑樹との混交林だと指摘。樹林の図面についても、事業者が別に調査した木のデータとイコモスが突き合わせたところ、複数の木の高さを半分以下に低く図示するなど不正確だったことが分かった。 樹林は、複数の樹木や下草などが相互に関係しながら成長するため、一緒に植える樹木同士の相性や樹高なども重要になるという。イコモスの石川幹子理事は「基本的で致命的な間違いだ。樹林の現状を正確に把握しなければ将来の予測も保護もできるわけが

                                              神宮外苑再開発の環境アセス「樹林の分類に致命的な間違い」 日本イコモスが再審議求める:東京新聞 TOKYO Web
                                            • なぜ一見何の利益もない嫌がらせ行為を行う人間が存在するのか?──『悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか?』 - 基本読書

                                              悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか? 作者:サイモン・マッカーシー=ジョーンズインターシフトAmazon最近、仕事中のほとんどの時間は何らかのゲーム配信(最近はLeague of Legends)を垂れ流していることが多い。人気のストリーマーは数千、数万といった視聴者を集める。そうすると、一人用ゲームではない対戦系ゲームを配信で行っている配信者は、少なからぬ「嫌がらせ」行為に遭遇するものだ。 たとえば、配信者がゲームのマッチングを開始したのにタイミングを合わせてマッチング開始し、配信者とマッチングしたらその試合で通常ありえないえないゲームプレイをして負けに導いたり、挑発行為を繰り返したり、Apexのようなバトロワなら配信を見て位置を把握し集中攻撃をかけたりが行われるのである。 そうした悪意あるプレイヤーが、なぜ、自分にとってたいして利益があるようにも思えない悪意あ

                                                なぜ一見何の利益もない嫌がらせ行為を行う人間が存在するのか?──『悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか?』 - 基本読書
                                              • ウイルスは「悪者」だけではない、微生物のエサにも、研究

                                                ミズゴケのそばを泳ぐ繊毛虫の一種。ハルテリア属の繊毛虫は、ウイルスだけを食べて成長できることが、今回初めて確認された。(PHOTOGRAPH BY MAREK MIS / SCIENCE SOURCE) ウイルスといえば「悪者」と思われがちだ。しかし、病原体となるのは、数百万種もあるとされるウイルスのうちごくわずかにすぎない。ウイルスはいたるところに存在し、私たちの体や環境にとって有益で、複雑な役割を担っている。 実際、ウイルスは特定の微生物のエサになっていること、さらには食物連鎖にも大きく関わっているかもしれないことが、新たな研究で明らかになった。2022年12月27日付けで「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。 論文によると、単細胞微生物であるハルテリア属の繊毛虫は、ある種のウイルスを食べるだけで生き、成長することができるという。繊毛虫1匹が1日最高100万個のウイルスを

                                                  ウイルスは「悪者」だけではない、微生物のエサにも、研究
                                                • なぜ理系に女性が少ないか 理科・数学離れしないために大事な時期:朝日新聞デジタル

                                                  あすを探る 東京大学教授・横山広美さん 日本は世界的に見て、理系の女性が圧倒的に少ない。自然科学、数学などを大学の学部で学ぶ女性の比率は、経済協力開発機構(OECD)平均で52%なのに対して日本は27%、工学などは26%に対して16%である。なぜ少ないのか。日本の15歳女子の数学の成績は世界でもトップレベルである。しかし国内では、いまだに理工系を目指す女性は少数派で、世間から変わり者と見られ、居心地の悪さを感じる人は少なくない。 一言で理系といっても、専門によって男女比率は大きく異なる。医薬系や生物系には一定数の女性が進学をしているのに対して、数学、物理や情報科学、機械工学や電気・電子の分野の女性は極めて少ない。経済産業省の資料によると、こうした工学系分野の産業界ニーズは非常に高いにもかかわらずである。これらの分野は、大学受験の際に数学や数学を基本とする物理選択が求められる。しかし女性の選

                                                    なぜ理系に女性が少ないか 理科・数学離れしないために大事な時期:朝日新聞デジタル
                                                  • ダイキン、磁力を使ったエアコン実用化を来年中に判断 脱炭素で空調メーカーの開発加速

                                                    世界で脱炭素へ向けた動きが加速する中、国内空調メーカーが環境負荷の低い冷暖房技術の開発を急いでいる。ダイキン工業は磁力によって温度を変化させる「磁気熱量効果」を活用した技術開発を進める。令和6年中には、エアコンなどの空調機に利用できるかどうか判断する。また、パナソニックホールディングス(HD)も温暖化への影響が少ない自然冷媒を使った暖房機を5月に発売する。 ダイキンは、磁石を近づけると発熱し、遠ざけると温度が下がる「磁性体」と呼ばれる物質の性質を活用しようと研究を進めている。磁性体の温度変化によって生じた熱や冷気を水に伝えて運ぶことで冷蔵や冷凍、冷暖房に活用できる。 実用化にあたっては、磁石の大型化が予想され、製造コストも高いという課題もある。ただ、高性能の磁性体が開発されるなどして冷暖房機として実用化できると従来品と比べて約2割の省エネになる。 新技術は、地球温暖化対策にも効果があるとさ

                                                      ダイキン、磁力を使ったエアコン実用化を来年中に判断 脱炭素で空調メーカーの開発加速
                                                    • 宿主をゾンビ化する寄生菌、ヒトに感染する可能性は?

                                                      冬虫夏草に寄生されて死んだガから生えるきのこ(子実体)。これに近い遺伝子を持つオフィオコルジケプス(Ophiocordyceps)属の菌類は、昆虫が死ぬ前に行動を操ることができる。(PHOTOGRAPH BY ALEX HYDE, NATURE PICTURE LIBRARY) そのアリは、もう自分の意志で体を動かすことはできない。ふらふらと巣から離れ、葉にしがみついて、そこで死ぬのを待つだけだ。やがて菌が体を食い尽くし、頭を破って現れて、空中に胞子をまき散らす。 「まるで森の中にある不気味なクリスマス飾りのようです」と、真菌の遺伝学を専門とする米セントラルフロリダ大学のイアン・ウィル氏は言う。米フロリダ州では、このようにゾンビ化したアリが見つかる。 もし、このような菌が人間にも寄生することがあるとしたら? ビデオゲーム「ラスト・オブ・アス(The Last of Us)」と、それを基にし

                                                        宿主をゾンビ化する寄生菌、ヒトに感染する可能性は?
                                                      • ワニ皮をヒントに柔軟で軽量かつ強固な素材を開発 - ナゾロジー

                                                        大学で研究生活を送ること10年と少し。 小説家としての活動履歴あり。 専門は生物学ですが、量子力学・社会学・医学・薬学なども担当します。 日々の記事作成は可能な限り、一次資料たる論文を元にするよう心がけています。 夢は最新科学をまとめて小学生用に本にすること。 以前はKAIN名義で記事投稿をしていましたが、現在はナゾロジーのディレクションも担当することに。大学では電気電子工学、大学院では知識科学を専攻。科学進歩と共に分断されがちな分野間交流の場、一般の人々が科学知識とふれあう場の創出を目指しています。 Crocodile Skin-Inspired Protective Composite Textiles with Pattern-Controllable Soft-Rigid Unified Structures https://onlinelibrary.wiley.com/doi/

                                                          ワニ皮をヒントに柔軟で軽量かつ強固な素材を開発 - ナゾロジー
                                                        • 接種進んでウィズコロナが成功のカギ? - マルチリンガル医師のよもやま話

                                                          日本は今までロックダウンなどはありませんでしたが、まじめな国民たちの感染対策を講じてきたため、先進国の中でも被害が少なく来れました。 世界では規制をなくしており、日本でもかなりゆっくりですが前に進んでおります。 今回は、『規制緩和』でわかってきたことを元に日本の進む道を見ていきましょう。 抗体の種類 オミクロン株以降 ウィズコロナ ハイブリッド免疫 重症化95%抑制 日本のこれから 抗体の種類 コロナワクチンは、コロナウイルスの外側にあるスパイク蛋白の一部の遺伝子情報だけ含まれています。つまり、接種後に体内で作られるのはスパイク蛋白のみで、ウイルス自体は作られません。これに対してできる抗体はS抗体のみです。 S抗体とN抗体 実際の感染では、S抗体だけでなく、ウイルス自体に対するN抗体も産生されます。 なので、理論上は『実感染』の方が、ワクチン接種よりも強い免疫ができるのではといのはなんとな

                                                            接種進んでウィズコロナが成功のカギ? - マルチリンガル医師のよもやま話
                                                          • なぜ一見何の利益もない嫌がらせ行為を行う人間が存在するのか?──『悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか?』 - HONZ

                                                            悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか? 作者: サイモン・マッカーシー=ジョーンズ 出版社: インターシフト 発売日: 2023/1/24 最近、仕事中のほとんどの時間は何らかのゲーム配信(最近はLeague of Legends)を垂れ流していることが多い。人気のストリーマーは数千、数万といった視聴者を集める。そうすると、一人用ゲームではない対戦系ゲームを配信で行っている配信者は、少なからぬ「嫌がらせ」行為に遭遇するものだ。 たとえば、配信者がゲームのマッチングを開始したのにタイミングを合わせてマッチング開始し、配信者とマッチングしたらその試合で通常ありえないえないゲームプレイをして負けに導いたり、挑発行為を繰り返したり、Apexのようなバトロワなら配信を見て位置を把握し集中攻撃をかけたりが行われるのである。 そうした悪意あるプレイヤーが、なぜ、自分にとってたいし

                                                              なぜ一見何の利益もない嫌がらせ行為を行う人間が存在するのか?──『悪意の科学: 意地悪な行動はなぜ進化し社会を動かしているのか?』 - HONZ
                                                            • 論点:学術論文の査読偽装 | 毎日新聞

                                                              福井大教授が、学術論文の審査(査読)を担った千葉大教授らと協力し、投稿した論文の査読に自ら関与する「査読偽装」を行った。国内では前例がない研究不正で、科学の信頼性を揺るがす行為との指摘もあるにもかかわらず、国の研究不正ガイドラインの対象にはなっていない。どう向き合うべきなのか。 推薦制度の見直し必要 佐藤翔 同志社大准教授 査読は論文の信頼性を担保するために欠かせない制度だ。その成り立ちは数百年前にさかのぼる。 学術論文を発表する学術誌は17世紀にはすでにあり、論文を掲載するか否かを編集委員が判断していた。19世紀半ばになると、より専門性が高い他の研究者に無償で意見を聴く査読を行い、掲載に値する内容か判断する学術誌が出始めた。

                                                                論点:学術論文の査読偽装 | 毎日新聞
                                                              • 人はいつ、なぜ「マインドワンダリング」するのか─さまよう心の科学 | 「心の迷走」を研究して四半世紀の心理学者に聞く

                                                                何か単純作業をしているとき、気づけば「心ここにあらず」だったという経験に心当たりはないだろうか。「マインドワンダリング(心の迷走)」と呼ばれる人の心理状態を長らく研究してきた心理学者に、科学的知見を一般向けに伝えるメディア「ノウアブル・マガジン」が聞く。 「アニュアル・レビュー」のデジタルメディア「ノウアブル・マガジン」に掲載された記事を許可を得て翻訳・掲載しています。 心理学者のジョナサン・スモールウッドが四半世紀ほど前に、マインドワンダリング(心の迷走)について研究しようと決めたとき、それを妙案と思う仲間はほぼいなかった。 人が身の回りのことや目の前の作業に注意を払うのをやめたときに自ずと生じる気まぐれな思考など、どう研究できるというのか。そうした思考は、測定可能で、目に見える行動となんら関連しえないというのに。それでも、スモールウッドは研究を進めた。 その研究では、被験者におそろしく

                                                                  人はいつ、なぜ「マインドワンダリング」するのか─さまよう心の科学 | 「心の迷走」を研究して四半世紀の心理学者に聞く
                                                                • スマホやPCなどの充電量が自然に減少する「自己放電」の原因 カナダの研究チームが解明

                                                                  Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 スマートフォンやノートPC、電気自動車などで使用するバッテリー(リチウムイオン電池)は、長年使っていると充電の減りが早くなる。これは電池を使っていないときに電池内で放電と似た化学反応が起きてしまう自己放電という現象が原因だ。 カナダのダルハウジー大学に所属する研究者らは、そんなリチウムイオン電池が自己放電する理由を、偶然にもリチウムイオン電池の実験中に明らかにした。 前提の説明として、リチウムイオン電池には正極と負極があり、その間にセパレータがある。これらの部品は、いわゆるジェリーロール状に巻かれたものと積層されたものがある。いずれの場合も、ジェリーロールや電池の積み重ねを固定するためにテ

                                                                    スマホやPCなどの充電量が自然に減少する「自己放電」の原因 カナダの研究チームが解明
                                                                  • 話し方で「飲みすぎ」か分かるAI 12秒の会話で酩酊状態を特定

                                                                    Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 オーストラリアのLa Trobe UniversityとDeakin Universityに所属する研究者らが発表した論文「Audio-based Deep Learning Algorithm to Identify Alcohol Inebriation(ADLAIA)」は、12秒間の発話に基づいて個人の酩酊(めいてい)状態を予測できる機械学習モデルを提案した研究報告である。 急性アルコール中毒は、認知・精神運動能力を低下させ、交通事故や暴力など、さまざまな公衆衛生上の危険を引き起こす。酩酊者は通常、呼気測定器を用いて血中アルコール濃度(BAC)を測定することによって識別できる。 今回

                                                                      話し方で「飲みすぎ」か分かるAI 12秒の会話で酩酊状態を特定
                                                                    • 京大、ホログラフィ原理において擬エントロピーからの時間軸創発を提唱 (1)

                                                                      京都大学(京大)は1月23日、時間が経過するにつれて空間が指数関数的に膨張する宇宙を表す、宇宙定数が正の場合のアインシュタイン方程式の代表的な解の「ドジッター宇宙」に対する「ホログラフィ原理」(dS/CFT)を考察した結果、3次元ドジッター宇宙における時間的な測地線の長さが、共形変換で不変となる量子物質理論の共形場理論における「擬エントロピー」という量の虚数部分に相当することを見出したと発表した。 同成果は、京大 基礎物理学研究所の瀧祐介大学院生、同・土井一輝大学院生、同・ Jonathan Harper研究員、同・Ali Mollabashi研究員、同・高柳匡教授らの研究チームによるもの。詳細は、米国物理学会が刊行する機関学術誌「Physical Review Letters」に掲載された。 ホログラフィ原理とは、ある宇宙の重力理論は、その宇宙の端に仮想的に存在する量子物質の理論(共形場

                                                                        京大、ホログラフィ原理において擬エントロピーからの時間軸創発を提唱 (1)
                                                                      • 地球の内核、地表より遅く回転している可能性 英科学誌に論文(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

                                                                        アポロ17号から宇宙飛行士が撮影した地球。米航空宇宙局提供(1972年12月7日撮影・2020年4月21日提供、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】地球の中心部に存在する高温の鉄などでできた「内核」が、地表より速く回転していたのが止まり、今度はその回転速度が地表よりも遅くなっている可能性があるとする論文が23日、英科学誌ネイチャージオサイエンス(Nature Geoscience)に掲載された。 【写真】宇宙から見た夜の地球 NASA公開 地下約5000キロに存在する内核は、液体金属層の「外核」に浮かんでいるため独自に回転できるが、内核がどのように回転しているのかについては研究者の間で議論されてきた。 内核について分かっていることは少なく、解析は、地震や核爆発による地震波が地球の中心を通過する際の小さな差異を測定することで行われる。 論文の研究チームは、内核の動

                                                                          地球の内核、地表より遅く回転している可能性 英科学誌に論文(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
                                                                        • 半導体での電子スピン波の電気的検出に初成功。並列演算素子や省電力素子の実現に

                                                                            半導体での電子スピン波の電気的検出に初成功。並列演算素子や省電力素子の実現に
                                                                          • 月に宇宙ステーションを建設できない理由を知っていますか?(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース

                                                                            なぜ月には宇宙ステーションを建てようとしないのか? 素朴ではあるけれど、聞かれても言葉につまる。そんな質問にプロが答えます。 【動画】月に宇宙飛行士を送り届けたサターンVの打ち上げの様子を見る おっしゃるとおり、月に宇宙ステーションがあったらさぞ便利でしょうね。将来の宇宙飛行ミッションでは、地球を出発した飛行士が太陽系、さらに遠く銀河系へ向かうときの中継基地として利用できそうですから。 これまで月に宇宙ステーションを建設してこなかった理由には、まず月への有人飛行回数の少なさがあります。人類はたったの6回しか宇宙飛行士を月に降り立たせていないのです。アポロ計画と呼ばれた月着陸ミッションで、1969~1972年までの3年間のことです。 当時、宇宙飛行士たちを月に送り届けたのは「サターンV」と呼ばれる非常に強力なロケットでしたが、これはもう建造されていません。つまり今は人を月に送り込むほどパワフ

                                                                              月に宇宙ステーションを建設できない理由を知っていますか?(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース
                                                                            • 地球の内核、地表より遅く回転している可能性 英科学誌に論文

                                                                              アポロ17号から宇宙飛行士が撮影した地球。米航空宇宙局(NASA)提供(1972年12月7日撮影・2020年4月21日提供、資料写真)。(c)AFP PHOTO / NASA/HANDOUT 【1月24日 AFP】地球の中心部に存在する高温の鉄などでできた「内核」が、地表より速く回転していたのが止まり、今度はその回転速度が地表よりも遅くなっている可能性があるとする論文が23日、英科学誌ネイチャージオサイエンス(Nature Geoscience)に掲載された。 地下約5000キロに存在する内核は、液体金属層の「外核」に浮かんでいるため独自に回転できるが、内核がどのように回転しているのかについては研究者の間で議論されてきた。 内核について分かっていることは少なく、解析は、地震や核爆発による地震波が地球の中心を通過する際の小さな差異を測定することで行われる。 論文の研究チームは、内核の動きを追

                                                                                地球の内核、地表より遅く回転している可能性 英科学誌に論文
                                                                              • 外来アリは520種もいた、その脅威は想像以上に大きい、研究

                                                                                世界の熱帯地域に広く生息するアカカミアリ(Solenopsis geminata)。外来種として他の地域の生態系に悪影響を及ぼしており、人を刺すこともある。(PHOTOGRAPH BY SOLVIN ZANKL, NATURE PICTURE LIBRARY) 2001年、オーストラリアのブリスベーンで、アリに刺された作業員がひどい痛みで病院に送られた。そのアリは、本来は南米に生息するヒアリだった。攻撃的で毒をもち、農業被害ももたらすこのアリの侵入に、人々は警戒を強めた。ヒアリとの闘いは、後に科学者たちが論文の中で述べたように「絶対に負けられない闘い」だった。 このヒアリのように、本来の生息域外に存在する「外来」アリは、貨物や物資に紛れ込むことで意図せず世界中に運ばれてしまう。空港の検疫は、植物や土を持ち込まないよう注意喚起しているが、これは外来アリの侵入を阻止するためでもある。 しかし、

                                                                                  外来アリは520種もいた、その脅威は想像以上に大きい、研究
                                                                                • 深層学習の原理を説明する新理論――ニューラルネットワークのエネルギー曲面上の滞留現象 | 東京大学

                                                                                  発表者 今泉 允聡(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 准教授) Johannes Schmidt-Hieber(University of Twente, Professor) 発表のポイント 深層学習が過学習を起こさない原理を、ニューラルネットワークがエネルギー曲面上で滞留する数学的理論を開発して説明した。 深層学習が大自由度にも関わらず過学習しない原理は長年の未解明点であり、これを説明する理論を開発した。 深層学習を効率的に制御するための理論の発展や、アルゴリズム開発・ネットワーク設計などへの工学的応用が期待される。 発表概要 東京大学大学院総合文化研究科の今泉允聡准教授、University of TwenteのJohannes Schmidt-Hieber教授による研究チームは、ニューラルネットワークがエネルギー曲面上で"滞留"という現象を起こすことを数学的に記述し、深

                                                                                    深層学習の原理を説明する新理論――ニューラルネットワークのエネルギー曲面上の滞留現象 | 東京大学