並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

1 - 40 件 / 276件

新着順 人気順

valueの検索結果1 - 40 件 / 276件

  • Value Objectについて整理しよう - Software Transactional Memo

    Value Objectとは何であるか? マーチン・ファウラーのPatterns of Enterprise Application Architecture(PofEAA)やエヴァンス・エリックのDomain Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software(DDD)が原典であるが、PofEAAではこう切り出している。 When programming, I often find it's useful to represent things as a compound. プログラミング時は物をcompound(合成物)として表現すると便利なことがしばしばある。 例えば2次元空間上での座標のように複数のメンバ(属性)を持つ物は便利である、と。しかしそれらを比較する方法は一意ではない、そこで Objects that a

      Value Objectについて整理しよう - Software Transactional Memo
    • VALUE-DOMAIN に存在していた2種類のドメインハイジャック脆弱性について - debiruはてなメモ

      2022年3月2日に確認した VALUE-DOMAIN でのサブドメインハイジャックが可能な脆弱性について経緯を説明します。 ついでに2016年の記事「VALUE-DOMAIN に存在していたアカウント乗っ取り可能な CSRF 脆弱性について」の続報も含めて、この記事で2022年現在の VALUE-DOMAIN の状況についてお伝えします。 脆弱性を2つ発見しました 第一:子ゾーン作成によるサブドメインハイジャック 第一の脆弱性の攻撃の原理 VALUE-DOMAIN のネームサーバについて 第一の脆弱性 発見後の経緯 サブドメインハイジャック攻撃を受けた場合の影響 第二:CSRF 攻撃によるドメインハイジャック ドメインハイジャック攻撃を受けた場合の影響 CSRF 攻撃によるドメインハイジャックの対策状況 VALUE-DOMAIN ユーザの方へ 脆弱性を2つ発見しました (第一)子ゾーン作

        VALUE-DOMAIN に存在していた2種類のドメインハイジャック脆弱性について - debiruはてなメモ
      • 事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering

        Transcript ࣄۀՁ஋ͱ� &OHJOFFSJOH ࠇాɹथ גࣜձࣾϦΫϧʔτ� ɹΞϓϦέʔγϣϯιϦϡʔγϣϯϢχοτ� ɹ%JWJTJPO�0⒏DFS� ࠇాɹथ ▪ܦྺ 2004೥ɹେखSIerɹ৽ଔೖࣾ 2011೥ɹגࣜձࣾϦΫϧʔτ ೖࣾ 2018೥ɹגࣜձࣾϦΫϧʔτςΫϊϩδʔζɹΤϯδχΞϦϯά෦ɹ෦௕ ɹɹɹɹ ݉ גࣜձࣾϦΫϧʔτδϣϒζ 2019೥ɹגࣜձࣾϦΫϧʔτςΫϊϩδʔζɹHRྖҬΤϯδχΞϦϯάϢχοτɹࣥߦ໾һ ɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹΦϑγϣΞιϦϡʔγϣϯ෦ɹ෦௕ ɹɹɹɹ ݉ גࣜձࣾϦΫϧʔτδϣϒζ ɹɹɹɹ ݉ גࣜձࣾϦΫϧʔτΩϟϦΞ 2021೥ גࣜձࣾϦΫϧʔτɹΞϓϦέʔγϣϯιϦϡʔγϣϯϢχοτɹDivision Officer Sierʹͯ׭ެிܥγεςϜͷΤϯδχΞɺΞϓϦέʔγϣϯΞʔΩςΫ

          事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering
        • Twitter、コードやドキュメント内の用語「Whitelist/Blacklist」「Master/Slave」「Dummy value」などを好ましい用語へ置き換え、具体例も発表

          Twitter、コードやドキュメント内の用語「Whitelist/Blacklist」「Master/Slave」「Dummy value」などを好ましい用語へ置き換え、具体例も発表 Twitterエンジニアリングチームは、同社のソースコードやドキュメントで使われてる差別につながりかねない用語を、好ましい用語に置き換えると発表しました。 We’re starting with a set of words we want to move away from using in favor of more inclusive language, such as: pic.twitter.com/6SMGd9celn — Twitter Engineering (@TwitterEng) July 2, 2020 上記のように、同社のエンジニアリングチームは「インクルーシブな言語は、誰もが属する

            Twitter、コードやドキュメント内の用語「Whitelist/Blacklist」「Master/Slave」「Dummy value」などを好ましい用語へ置き換え、具体例も発表
          • 値オブジェクト(Value Object)は3種類ある - パンダのプログラミングブログ

            Value Object(値オブジェクト)は3種類あった Value Object(値オブジェクト) の意義と使い所がわからなかった。そこで調べてみたらなんと3種類あった。面白かったのでその調査過程を紹介する。 なお、現在では DDD の意味での Value Object がメインであること、またこれは自転車置き場の議論であり、DDD Quickly の Value Object の章を読む方が有意義であることを先に記しておく。 1. Data Transfer Object 1つ目は、Data Transfer Object(DTO)の意味だ。これは PoEAA に少しだけだけ出てくる。かつてのJava界隈の一部では(?)DTOのことを Value Object と呼んでいた。だが、現代では Value Object と DTO は別物として定着している。PoEAA は2000年代前半に

              値オブジェクト(Value Object)は3種類ある - パンダのプログラミングブログ
            • 変数(variable)と値(value) - ソフトウェア設計を考える

              はじめてScalaに触れたとき、変数宣言(var)と値宣言(val)を使い分ける言語仕様に、なるほどなあ、と思った。簡単に言えば、変数(var)は再代入できて、値(val)は再代入できない。 プログラミングのスタイルとして、var宣言は命令的なプログラミング、val宣言は宣言的なプログラミングになる。どちらのプログラミングスタイルで書いているかを、varとvalで明示できるわけだ。 Javaだと言語の基本の仕組みはすべてが変数。final宣言をすることで再代入をコンパイルエラーにすることはできる。Javaは、C言語やC++などの命令的なプログラミングの系譜の言語なのですべて変数(variable)というのは、とうぜんの言語仕様だった。 命令的なスタイルから宣言的なスタイルに 命令的なプログラミングでは変数(variable)を使う。宣言的なプログラミングでは値(value)を使う。 再代入

                変数(variable)と値(value) - ソフトウェア設計を考える
              • 事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering

                事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering

                  事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering
                • メルカリの3つのValueで取り組むインシデント対応

                  TL;DR こんにちは、SRE の @masartzです。 メルカリには Go Bold、 Be Professional、All for One という3つの行動指針(Value)があります。今回はこれらのValueを元にメルカリでインシデント対応をどのように行っているかを紹介します。 インシデント対応とは 本エントリでは、いわゆるハードウェアやネットワークなどのインフラにおける不具合や故障だけでなく、プロダクトひいては会社活動全般における非日常的な状況に対する対応をインシデントと定義して進めます。 何をやっているか インシデント対応は、障害の発生から根本解決までの過程で大きく2つの段階に分けられます。 障害発生から一旦の収束まで 発生した障害を監視システムなどで検知します あらかじめ用意された専用のSlackチャンネルに共有し、対応を開始します 状況の把握と早期の復旧に務めます 機能の

                    メルカリの3つのValueで取り組むインシデント対応
                  • Sansan の成長を支えるセキュリティログの活用と Amazon Elasticsearch Service / Amazon Elasticsearch Service empowers Sansan's business growth to create value and drive innovation through security logs management

                    Sansan の成長を支えるセキュリティログの活用と Amazon Elasticsearch Service / Amazon Elasticsearch Service empowers Sansan's business growth to create value and drive innovation through security logs management ■イベント AWS Security Roadshow Japan https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2020/securityroadshow2020/ ■登壇概要 タイトル:Sansan の成長を支えるセキュリティログの活用と Amazon Elasticsearch Service 登壇者:CSIRT 松田 健 ▼Sansan Builders Blog h

                      Sansan の成長を支えるセキュリティログの活用と Amazon Elasticsearch Service / Amazon Elasticsearch Service empowers Sansan's business growth to create value and drive innovation through security logs management
                    • JPドメイン名のドメイン移転、指定業者変更申請の自動承認処理の変更について | お知らせ(20180927-1) | VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)

                      ドメイン取得ならバリュードメイン お知らせ JPドメイン名のドメイン移転、指定業者変更申請の自動承認処理の変更について INFORMATIONお知らせ お客様 各位 平素はバリュードメインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 昨今、JPドメイン名におきまして、第三者によると思われる、意図しないドメイン移転、指定業者変更申請が確認できております。 お客様におかれましては、再度ドメインロックが有効であるかご確認いただきますようお願い申し上げます。 これに対応するため、下記の通り、JPドメイン名のドメイン移転、指定業者変更申請の自動承認処理の仕様を変更いたしました。 ■ 対象 ドメイン移転申請、または、指定業者変更申請をした汎用JP、属性型JPドメイン名 ■ 変更内容 (従来) ドメインロックがかかっていない、かつ、承認メールからの手動承認・手動拒否をしない場合、 ドメイン移転、指定業者

                        JPドメイン名のドメイン移転、指定業者変更申請の自動承認処理の変更について | お知らせ(20180927-1) | VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)
                      • GitHub - WerWolv/ImHex: 🔍 A Hex Editor for Reverse Engineers, Programmers and people who value their retinas when working at 3 AM.

                        A Hex Editor for Reverse Engineers, Programmers and people who value their retinas when working at 3 AM. Supporting If you like my work, please consider supporting me on GitHub Sponsors, Patreon or PayPal. Thanks a lot! Screenshots Features Featureful hex view Byte patching Patch management Copy bytes as feature Bytes Hex string C, C++, C#, Rust, Python, Java & JavaScript array ASCII-Art hex view

                          GitHub - WerWolv/ImHex: 🔍 A Hex Editor for Reverse Engineers, Programmers and people who value their retinas when working at 3 AM.
                        • 初めての組織デザイン:Vision-Mission-Valueの可視化フレームワーク|たけてつ|note

                          さかのぼること3ヶ月ほど前、グループ全体で総会があり、光栄にもその発表に向けての資料づくりを依頼されました。組織コンサルの方も交えて中身の議論をしていく中で、改めてグループのVision - Mission - Valueを整理していきました。その議論や整理の中で、以前つくったフレームワークが使えるのか、試してみたくなり、議論の中で出してみました。 これがなんと、うまく議論がスムースに進んだので、そのまま整理したりスライドに落とし込んだりしました。 時を経てnoteで図解系をよく見るので、やってみようかなと思い早速作ってみました。 自社の情報で入れてみるとこんな感じ。 Visionから2系統に分かれていますが、ここの整合性が保たれているか?何か足りないことはないか?と見ていくと良さそうです。 今後ちょこちょこといろんな企業の情報を可視化してみたいと思ってます。 ・・・ Googleスライド

                            初めての組織デザイン:Vision-Mission-Valueの可視化フレームワーク|たけてつ|note
                          • #fukabori をきいて Value Object と Value Object パターンについて頭の中を整理 - Mitsuyuki.Shiiba

                            連休の余韻も楽しんだので今日から散歩を再開した。ちょっと前までは「陽の光を浴びなきゃ!」と思って3時過ぎにウロウロしてたけど、これからはもうちょっと涼しい時間帯がいいなと思って、夕暮れ時に散歩しながら fukabori.fm を聴いてた。Value Object のお話。面白いなぁ 73. Value Object w/ kumagi | fukabori.fm kumagi さんの記事はこちら Value Objectについて整理しよう - Software Transactional Memo お絵描き PoEAA や DDD はだいぶ前に読んだことがあるけど、Value Object を雰囲気で捉えてるからちゃんと見直しておこうと思って、調べたりしながら絵を描いた。こういうことなのかな? (絵をかくほどでもなかった・・・ Value Object とは? kumagi さんも書いてる

                              #fukabori をきいて Value Object と Value Object パターンについて頭の中を整理 - Mitsuyuki.Shiiba
                            • Value Object (値オブジェクト) でリファクタリングしたら結構良かった

                              ドメイン分析とモデル化 ここで「モデル化」と呼ぶのは、実装者が理解しやすいように重要な側面に注目して、端的な形に抽象化する行為であると定義します。 また、実際に実務で行なっている自身のモデル化を行う時の書き振りを近しく再現(中身は変更)しているため、わかりづらいかもしれませんが、”実務ではこうやっている” というのを理解していただければ。 先の要件を整理すると、数という概念に金額とポイントという2つのドメインモデルが含まれる。 金額とポイントという異なる概念を計算して最終的に獲得ポイント数を導き出す必要がある。 存在する制約 金額が負の数になることはありえない。 ポイントが負の数になることはありえない。 金額は日本円のみを考慮し、外貨は存在しない。 ポイントは文脈によって呼び名が変わるが、単位は変わらない。 支払い金額合計以上にポイント利用数が設定されることはない。 金額に小数点は存在しな

                                Value Object (値オブジェクト) でリファクタリングしたら結構良かった
                              • 【日本のIT界隈編】Vision-Mission-Valueのフレームワークで可視化してみた。|たけてつ|note

                                先日、書いた記事のフレームワークをつかって、IT界隈の日本企業 5社のVision-Mission-Valueを勝手ながら可視化してみました。 ※ 企業サイトや求人情報などを見てわかる情報のみで作成しています。では早速いってみましょう。 株式会社サイバーエージェント 渋谷のIT界隈の代表的な会社ですね。CIの変更のタイミングでマキシムズ(maxims)も変わったようです。多角化によりMissionの言語化をあえてされていないと思われます。 株式会社ディー・エヌ・エー ゲームからはじまり、漫画、DNA、スポーツ、車と多角化がすごいDeNAさん。南場さんの健康系が福利厚生になってたり面白い。(話題となったあの社長はDeNAグループですね) サイボウズ株式会社 多様な働き方や複業採用など「100人いたら100通りの働き方」を追求し続けているサイボウズさん。働き方に一石を投じる広告も話題になりまし

                                  【日本のIT界隈編】Vision-Mission-Valueのフレームワークで可視化してみた。|たけてつ|note
                                • それでもスクラムマスターをやっていく~スクラムマスターの価値について考えてみた~/Still, I will do the Scrum Master ~ I thought about the value of Scrum Master ~

                                  それでもスクラムマスターをやっていく~スクラムマスターの価値について考えてみた~/Still, I will do the Scrum Master ~ I thought about the value of Scrum Master ~

                                    それでもスクラムマスターをやっていく~スクラムマスターの価値について考えてみた~/Still, I will do the Scrum Master ~ I thought about the value of Scrum Master ~
                                  • GitHub - microsoft/FASTER: Fast persistent recoverable log and key-value store + cache, in C# and C++.

                                    A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?

                                      GitHub - microsoft/FASTER: Fast persistent recoverable log and key-value store + cache, in C# and C++.
                                    • RonDB - World's fastest Key-Value Store

                                      Powering the world's most advanced and fastest feature store; Hopsworks. RonDB as a managed version provides advanced technology with a user friendly interface. You can launch a cluster in less than a minute. Scales to hundreds of million of operations per second. There are no other existing managed databases available today that can do this.

                                        RonDB - World's fastest Key-Value Store
                                      • Facebookと.clubドメインのDNS障害からレジストラとして学んだこと - Value Note - わかる、なるほどなIT知識。

                                        2021年10月14日2022年8月22日Staff Note 本記事では、ドメイン管理者の観点から今回のFacebookと.clubドメインの障害を整理したいと思います。 10月5日に発生したFacebookの不具合は、世界中で6時間以上主要SNSの利用が不可能になるというこれまで経験のない規模の影響をもたらし、大きな注目を集めました。 またFacebookの件ほど話題となった訳ではありませんが、10月7日21時頃より、.clubドメインでも障害が発生しました。 この障害によりご迷惑をおかけしたお客様には、ドメインレジストラとして深くお詫び申し上げます。 参考URL FACEBOOK Engineering: https://engineering.fb.com/2021/10/04/networking-traffic/outage/ GoDaddy Registry ツイート: ht

                                          Facebookと.clubドメインのDNS障害からレジストラとして学んだこと - Value Note - わかる、なるほどなIT知識。
                                        • 値オブジェクト / Value Object

                                          Building the layered server application achieved by InversifyJS

                                            値オブジェクト / Value Object
                                          • 動いて使えるAIを作る方法 〜AI Value Architectの仕事|Ryuta Nakamura|note

                                            新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。 序章:動いて使えるAIを作る「どうすればAIを上手く活用できるのか?」実務家の皆様が日々悩まれている問いではないでしょうか。新たにDX担当や新規事業担当に任命されてAI活用を丸投げされ途方に暮れている方もいると思います。 私は新卒から14年間外資コンサルティングファームに在籍していましたが、様々なクライアントでその様な場面を目の当たりにしてきました。 デジタル/AIの重要性には誰からも異論が出ず「AIをレバレッジする」「AI中心のアーキテクチャの実現」「AIと人間の協働」・・・という類のコンセプトはたくさん上がるが具体化が一向に進まない、とい

                                              動いて使えるAIを作る方法 〜AI Value Architectの仕事|Ryuta Nakamura|note
                                            • Keyv is a simple key-value storage with multi-backend support

                                              It supports MySQL, PostgreSQL, SQLite, Redis, Mongo, DynamoDB, Firestore, Memcached, and more

                                                Keyv is a simple key-value storage with multi-backend support
                                              • くいなちゃん on Twitter: "プログラムで、英語で「3番目の値」「5番目の値」などと出力したい場合、「"the " + n.toString() + "th value"」のように書きますよね。 ただこの場合、「1th」(1stが正しい)、「23th」(23r… https://t.co/mQFMMx5uVN"

                                                プログラムで、英語で「3番目の値」「5番目の値」などと出力したい場合、「"the " + n.toString() + "th value"」のように書きますよね。 ただこの場合、「1th」(1stが正しい)、「23th」(23r… https://t.co/mQFMMx5uVN

                                                  くいなちゃん on Twitter: "プログラムで、英語で「3番目の値」「5番目の値」などと出力したい場合、「"the " + n.toString() + "th value"」のように書きますよね。 ただこの場合、「1th」(1stが正しい)、「23th」(23r… https://t.co/mQFMMx5uVN"
                                                • 昔から使われている技術用語をさかのぼる: Value Object編

                                                  とはいえ、C2 WikiもWikiなので更新されます。過去の記述を確認したい、というときにはInternet Archiveを使って確認しておいても良いかもしれません。 ここで気をつけるのは、URLのルールが途中で変わっていることですね。昔はCGI(!)だったようで、c2.com直下の/cgi/wiki?の後ろにフレーズを書くと見つかります。 例えば2002年のValue Objectのページは以下のURLから見られます。 Value Objectのページの場合、見た目はともかく内容に関して言うと、2002年当時から今も昔もそれほど変わっていなさそうです。 1998年のValue Object そしてこのC2 Wikiのページにあった「Values in Object Systems」は1998年に書かれたValue Objectについての論文です。1998年10月と言えばJDK 1.1の

                                                    昔から使われている技術用語をさかのぼる: Value Object編
                                                  • XSSの入力値を調べてみた / searching xss insertion value

                                                    Distributed Log Search Based on Time Series Access and Service Relations

                                                      XSSの入力値を調べてみた / searching xss insertion value
                                                    • Detroit: Become Human Value Selection

                                                      このゲームや、ゲームカタログに含まれる他の多数のゲームをプレイするには、PlayStation Plusエクストラに加入してください ※この商品は2018年5月に配信された『Detroit: Become Human』と同じ内容です。 ※こちらの商品を含む、『Detroit: Become Human』(ゲーム本編)と「海外版デジタルアートブック」「オリジナルデジタルサウンドトラック」「オリジナルPS4®用テーマ」を含んだセット商品の『Detroit: Become Human デジタルデラックスエディション』もございます。ご購入の際はご注意ください。 内容の説明 それは命か、それともモノか。 2038年、デトロイト市。人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げた、アンドロイド産業の都。そこでは人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げた結果、人類のような知性を持ち、外見上もほぼ見分けがつかな

                                                        Detroit: Become Human Value Selection
                                                      • メルカリのValueの自分なりの解釈 - masartz->log(type=>'hatenablog')

                                                        この前の評価の時期に整理した内容。少し遅くなってしまったが書いてみた。 評価について、特にメルカリでは360度評価的に近いPeer Reviewも実施している。その際にもValueに基づいてFeedBackするのがベースになっており、Valueについて改めて考える機会と言える。 というわけで自分なりのValueの考え方を整理してみた。 3つのValue おさらいだけど、メルカリのValueは以下の3つ Go Bold(大胆にやろう) All for One(全ては成功のために) Be Professional(プロフェッショナルであれ) 実はこれ以上の説明はない。各Valueについて敢えて細かく具体的な整理をしないのは経営の意図したものだ。 各人が各Valueはどういうものなのか考え・議論し、体現していくことによって会社のアウトプットに繋がる。 というわけで自分なりに考えてみるが、自分の中

                                                          メルカリのValueの自分なりの解釈 - masartz->log(type=>'hatenablog')
                                                        • 【買取価格がわかる】本棚スキャンの使い方|アプリ不要で査定&本の管理がラクちん | 古本買取のVALUE BOOKS

                                                          本のある生活、こんなお悩みはありませんか? ・書店の新刊コーナーで、集めている漫画を見つけたけど「何巻まで買ってたっけ?」 ・読み終えた本は売っていたけど、めんどくさくなって売る予定の本が山積み ・古本屋にまとめて本を持って行ったけど、ほとんど値段がつかず悲しくて持ち帰る こうしたお悩み、バリューブックスの「本棚スキャン」を使えば解消できるかもしれません。 手前味噌ですが、とても便利で、おもしろい体験ができるサービスなので、この解説記事でぜひためしてみてもらえたら嬉しいです! 「買取価格の確認」と「本の管理」に使える本棚スキャン! 本棚スキャンは、本棚に並んだ本の背表紙をスマホで撮影するだけで、買取価格の目安をまとめて確認できるサービス。 また、スキャンした本を登録する「ライブラリ」機能があり、自宅にある本や買い取りに出した本を、まとめてネット上の本棚で管理できるんです!

                                                            【買取価格がわかる】本棚スキャンの使い方|アプリ不要で査定&本の管理がラクちん | 古本買取のVALUE BOOKS
                                                          • GitHub - Workiva/eva: A distributed database-system implementing an entity-attribute-value data-model that is time-aware, accumulative, and atomically consistent

                                                            What is Eva? Getting Started Development Required Tools Example: Hello World Project Structure Development Tasks Running the Test Suite Configuration About the Eva Data Model Entity-Attribute-Value (EAV) Time-Aware Accumulative Atomic Consistency Transactions Using Object/Map form in transactions Schemas Defining the schema for :attribute1: Components Running with Docker Additional Resources FAQ I

                                                              GitHub - Workiva/eva: A distributed database-system implementing an entity-attribute-value data-model that is time-aware, accumulative, and atomically consistent
                                                            • 本が命を終えるとき—古紙回収のゆくえを追う— | 古本買取のVALUE BOOKS

                                                              (取材先で、慣れないヘルメットを被りぎこちなく微笑んでいるのが私です) 1万冊 突然ですが、みなさんは、これが何の数字かお分かりになるでしょうか。 実はこちら、バリューブックスが1日に古紙回収に回している本の数なのです。 バリューブックスには、毎日約2万冊の本が届きます。そして、実はそのうちの半分を買い取ることができていません。 なるべく、本を本として活かしたい。インターネットでの販売が難しい本も、差し出し方を変えればまだ読まれるものがあるはず。 その思いから、本をレスキューするプロジェクトに挑戦してきました。 送料を有料にし、その分査定額を引き上げた買取サービス、バリューブックス。 学校や保育園といった諸施設に本を寄贈する、ブックギフト。 古紙回収に回る本の数を減らすため、中古市場からつくり手への利益還元を目指すバリューブックス・エコシステム。 廃棄の前にスタッフが本を選別し、格安で本を

                                                                本が命を終えるとき—古紙回収のゆくえを追う— | 古本買取のVALUE BOOKS
                                                              • カメラの豆知識 ~曇天・晴天・室内!Exposure Valueで明るさの違いを評価してみよう!~ - Circulation - Camera

                                                                ~Introduction~ こんにちは、Circulation - Cameraです。今回は久しぶりにカメラの豆知識ネタです。今回のテーマは「環境の明るさの評価」です。まずはこちらの写真をご覧ください。 御覧の通りピーカンのビーチで撮影した1枚です。 この写真はISO 100,  F 8.0, SS 1/640 secという設定で撮影されております。 ※SS = シャッタースピード さて、同じ設定で少し曇った日に撮影をすると下の写真のようになります。 明らかに露出がアンダーですよね。 これをF値やISO感度を動かさずに、適正露出で撮影しようとするとこうなりました。 ISO 100, F 8.0, SS 1/640 sec ➡ ISO 100, F 8.0, SS 1/80 sec 今度はこれと同じ設定で一歩だけ屋内に入った場所で撮影してみます。体感的にはほとんど明るさは変わらない場所です

                                                                  カメラの豆知識 ~曇天・晴天・室内!Exposure Valueで明るさの違いを評価してみよう!~ - Circulation - Camera
                                                                • VSM (Value Stream Mapping)を書いたらリリースリードタイムが約200時間も短縮できることがわかった話

                                                                  VSM (Value Stream Mapping)を書いたらリリースリードタイムが約200時間も短縮できることがわかった話 https://speakerdeck.com/i35_267/vsm-value-stream-mapping-wozuo-tutara-kai-fa-purosesugake-shi-hua-sarete-hui-falsehui-yi-de-yao-jian-ding-yi-kararirisumadewo268shi-jian-kara40shi-jian-ni-ridotaimuwoduan-suo-dekirukotogawakatutahua-fei-enziniademodekiruvsmzuo-cheng用語整理■ VSM (Value Stream Mapping) とは? VSM (Value Stream Mapping) とは、「価値の流れ

                                                                    VSM (Value Stream Mapping)を書いたらリリースリードタイムが約200時間も短縮できることがわかった話
                                                                  • GitHub - knrt10/gRPC-cache: In memory Key/Value store in go using gRPC.

                                                                    In memory cache, using gRPC Contents About Running Server Local Docker Kubernetes Example Helm Terraform API Add Get GetByPrefix GetAllItems DeleteKey DeleteAll Testing Development Example About Go in memory cache using gRPC to generate API. Functionalities include Adding/Replacing key/value Getting value using a key Getting all keys Deleting a particular key Deleting all keys Concurrency safe and

                                                                      GitHub - knrt10/gRPC-cache: In memory Key/Value store in go using gRPC.
                                                                    • [DevOpsプラットフォームの取り組み #1] Qmonus Value Streamの紹介 - NTT Communications Engineers' Blog

                                                                      はじめに DevOpsプラットフォームの取り組みを紹介する1回目の記事です。 こんにちは、イノベーションセンターでプラットフォームチームのアーキテクトをしている牧志 (@JunMakishi) です。NTTグループ向けのDevOpsプラットフォームである「Qmonus (クモナス) Value Stream」の開発をリードしています。 本日から、数週間にわたり、Qmonus Value Streamチームの取り組みや利用技術を連載形式で紹介させていただきます。 第1回目の記事では、Qmonus Value Streamの概要を紹介します。 Qmonus (クモナス) Value Streamとは Qmonus Value Streamは、アプリケーション開発者が、ユーザにとって価値のある機能やサービスを継続的に提供するためのDevOpsプラットフォームです。Cloud Native Ada

                                                                        [DevOpsプラットフォームの取り組み #1] Qmonus Value Streamの紹介 - NTT Communications Engineers' Blog
                                                                      • [DevOpsプラットフォームの取り組み #8] Qmonus Value Streamを支えるアーキテクチャの紹介 - NTT Communications Engineers' Blog

                                                                        DevOpsプラットフォームの取り組みを紹介する8回目の記事です。 Qmonus Value Stream 開発チームの浅井です。 連載第8回では、Qmonus Value Streamのアーキテクチャとその技術スタックについて紹介します。 これまでの連載ではQmonus Value Streamで利用している技術要素として、第4回ではデータ記述言語であるCUE言語を、第5回ではKubernetes NativeなオープンソースフレームワークであるTektonを紹介してきました。 Qmonus Value Streamではこれらの技術要素に加え、複数のGCPプロダクトやSaaSを利用することでシステムを構築しています。 本記事では、Qmonus Value Stream全体のアーキテクチャと、利用している主要なフレームワークやサービスについて紹介します。1つ1つの要素についての説明は少ない

                                                                          [DevOpsプラットフォームの取り組み #8] Qmonus Value Streamを支えるアーキテクチャの紹介 - NTT Communications Engineers' Blog
                                                                        • Managing Key-Value Constants in TypeScript

                                                                          A lot of applications have a dropdown select menu in a form. Let's imagine a form control like below; Typically, each select menu's item has ID and label. The ID is responsible to communicate with other components, services, or server-side. The label is responsible to display text for users. This post explains how to manage constants for the menu items which has ID and mapping for its label. It us

                                                                            Managing Key-Value Constants in TypeScript
                                                                          • GitHub - vmware/splinterdb: High Performance Embedded Key-Value Store

                                                                            A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?

                                                                              GitHub - vmware/splinterdb: High Performance Embedded Key-Value Store
                                                                            • [DevOpsプラットフォームの取り組み #6] CI/CDにおけるパラメータの課題とQmonus Value Streamの取り組み - NTT Communications Engineers' Blog

                                                                              DevOpsプラットフォームの取り組みを紹介する6回目の記事です。 Qmonus Value Stream 開発チームの奥井 ( @HirokiOkui ) です。 連載第6回では、パラメータを効率的に管理するためのQmonus Value Streamの取り組みについて紹介します。 第3回 で解説したとおり、Qmonus Value StreamではInfrastructure as Code(以後IaC)およびCI/CDパイプラインを記述するためにCUE言語を用いています。 CUE言語は洗練されたデータ記述言語であり、CUE言語が有する型システムやプログラマビリティにより、宣言的マニフェストを高品質かつ効率的に記述することが可能になります。 しかしながら、CUE言語を用いても改善できない領域が存在します。 それは、パラメータです。 本記事では、IaCおよびCI/CDパイプラインの構築に

                                                                                [DevOpsプラットフォームの取り組み #6] CI/CDにおけるパラメータの課題とQmonus Value Streamの取り組み - NTT Communications Engineers' Blog
                                                                              • Min-Max-Value Interpolation

                                                                                This is a tool that calculates the clamp formula needed to interpolate between a minimum value and a maximum value in a given viewport range. You can choose to use pixels or rems as a unit for the minimum and maximum values.

                                                                                  Min-Max-Value Interpolation
                                                                                • GitHub - gruns/irondb: A relentless key-value store for the browser.

                                                                                  IronDB was renamed to ImmortalDB (https://github.com/gruns/ImmortalDB) on November 20th, 2018 to obviate any confusion with https://www.irondb.io/.

                                                                                    GitHub - gruns/irondb: A relentless key-value store for the browser.