タグ

採用に関するrytichのブックマーク (116)

  • 「Fランク大学卒を採用してハズレたことがない」そう断言するひろゆきが履歴書で必ず確認すること【2022下半期BEST5】 ひろゆきが採用面接でほぼ全員に聞く質問

    2022年下半期(7月~12月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。就職・転職部門の第1位は――。(初公開日:2022年7月2日) 自身が役員をしている会社で採用面接をしていたというひろゆき氏。応募者の選考をするときに必ずチェックしていたことがあるという。ひろゆき氏ならではの履歴書の見方や、必ずしていた質問、意外な採用基準とは。近著『ひろゆき流 ずるい問題解決の技術』(プレジデント社)で書ききれなかった内容を特別公開する――。 ひろゆきが面接官のときに必ず聞く質問 就職やアルバイトなどの採用面接が苦手な人っていますよね。僕もたまに「どうしたら採用されやすくなりますか?」と聞かれることがあります。 僕は日本に住んでいた頃、自分が役員をしている会社の採用面接に立ち会っていました。面接官側からすると、面接って普段まったく接点のない人と話ができるので、けっこう楽し

    「Fランク大学卒を採用してハズレたことがない」そう断言するひろゆきが履歴書で必ず確認すること【2022下半期BEST5】 ひろゆきが採用面接でほぼ全員に聞く質問
  • 外資系企業からのオファーレターはどこを確認すべき? | Michael Page Japan

    Major Incident Manager [English only/ Work from home available]

    外資系企業からのオファーレターはどこを確認すべき? | Michael Page Japan
  • 年収を自ら決められない人は生き残れない時代

    成果が見えにくくなっているリモート時代に、正当な報酬を会社に認めてもらうにはどうすればいいでしょうか(写真:zak/PIXTA) 人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。 自分で「ジョブディスプリクション」を作ろう リモートワークによって、日本の雇用制度は大きく変わろうとしています。リモートワークでは、社員が働く姿がよく見えません。上司によるマネジメントが徹底しにくくなるため、今後はセルフマネジメントできる人材が強く求められるようになります。 では、セルフマネジメントとは、具体的には何をすればいいのでしょうか。それは、自分の「職務(ミッション・役割)」と「成果」を明確

    年収を自ら決められない人は生き残れない時代
  • 面接で、ヤバい人は「たった2つの質問」で見抜ける! ウェブ採用に適応できる企業は優位

    新型コロナウイルスによる外出自粛で始まった採用でのウェブ面接。オンライン上でのやり取りで、応募者の資質を見通す方法を紹介する。 面接で、ヤバい人は「たった2つの質問」で見抜ける! 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年は合同説明会や企業説明会、対面での採用面接が相次いで中止となり、就活市場は大混乱に陥った。企業は感染防止の観点から説明会をオンラインに切り替え、採用活動も新卒・中途を問わず、ウェブ面接にシフト。これまで一部のビジネスマンの間で活用されていたウェブ会議サービス「Zoom(ズーム)」などを、採用現場で活用する企業が相次いだのである。 採用担当と応募者、双方ともに慣れぬ環境のなか、企業がウェブ面接で失敗しないためには、どんなポイントに注意すればいいのか? 独自の組織マネジメント理論でコンサルティングを行う識学の新規事業開発室室長・冨樫篤史氏と、武蔵野学院大学で「就職率100

    面接で、ヤバい人は「たった2つの質問」で見抜ける! ウェブ採用に適応できる企業は優位
  • 23卒向け 内定直結!福岡オンライン合同説明会|8/24 開催

    12/10に大手IT企業に特化した就活イベント「大手IT企業!オンライン業界研究」を開催いたします。 福岡県や関東圏で働けるIT企業が10社登壇して、24卒のインターン情報の紹介などもありますので、 是非、気軽に参加ください。

    23卒向け 内定直結!福岡オンライン合同説明会|8/24 開催
    rytich
    rytich 2020/06/05
    マツケン
  • CIY®(シーアイワイ)|無料の自己分析ツール&自己PR自動生成

    「あなたが見つかる、あなたの見つける。」適性で探す就転職サービス「CIY®(シーアイワイ)」。無料で超精密な自己分析&自己PRテキストの自動生成も。

    CIY®(シーアイワイ)|無料の自己分析ツール&自己PR自動生成
  • 人材シェアリングプラットフォームでスタートアップの雇用維持をサポート | PORT

    【オープンイノベーションニュース】サンエイ工務店とBALLASは、百五銀行とCrewwによるオープンイノベーションプログラム『百五銀行アクセラレーター2022』を通じて事業開発に合意しました。地域ゼネコンが抱える課題をデジタル技術の活用により解消すること、ひいては建設業において最重要な安全管理・品質管理に時間、資源を投資できる事業環境づくりを目指しています。 #サンエイ工務店 #BALLAS #百五銀行アクセラレーター2022 #百五銀行 #DX #Creww #大挑戦時代をつくる

    人材シェアリングプラットフォームでスタートアップの雇用維持をサポート | PORT
  • 非エンジニアの創業者が、1人目のエンジニアの実力を見抜く方法 | Coral Capital

    特に日本ではそうですが、多くのスタートアップでは、CEOが非技術系の共同創業者である傾向にあります。このポストでは「なぜそうなのか」や「この傾向が良いのか悪いのか」については論じません。これから書くことの背景として、そうした傾向があることを、まず共有しておきたいと思います。 技術系でないCEOは資金調達を担当することが多く、そのため、私たちが最初に会う共同創業メンバーも、そうしたCEOのことが多いです。そうした方とやり取りする中で、よく驚くのは、創業者CEOが、技術担当の共同創業者(または1人目のエンジニア)が過去にどのような仕事をしてきたのかについて、実はほとんど知らないことがあるということです。 そういったCEOはエンジニアリング担当のチームメイトの経歴を大まかには説明するでしょう。例えば「彼女はSIerのエンジニアだった」という具合です。でも、そのエンジニアが実際に何を作ったのか具体

    非エンジニアの創業者が、1人目のエンジニアの実力を見抜く方法 | Coral Capital
  • 成長のカギ握る「幹部人材」、8割弱が不足 九州沖縄

    日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 2019年9月、大分から福岡へ戻る特急列車の中で、ある男性が思案に暮れていた。サブスクリプション(定額課金)サービスのイジゲン(大分市)に翌月入社する合川弘二氏だ。 メルカリ福岡オフィスに勤務していたが、採用の専門家としてイジゲンに招かれた。「3カ月で10人採用してくれ」。入社前ながら鶴岡英明社長から指示を受けた帰りだった。同社は19年10月、定額でランチが食べられるサービスを福岡などで展開し、...

    成長のカギ握る「幹部人材」、8割弱が不足 九州沖縄
  • 地方のベンチャー企業は、これからが面白い。宮崎の場合。

    地方のベンチャー企業は、これからが面白いと感じています。私の住む、宮崎は特に。ポジショントークってのもありますが、思う所を記しておきます。何かしら参考になれば、うれしいです。 宮崎市のIT系誘致企業の状況 十数年前、私が宮崎で求人広告の営業をしている時には、IT企業の掲載はほぼ皆無でした。しかしこの十数年で、多くのIT企業が宮崎に誘致され、今では多くのIT企業の求人広告を目にします。 他県を知らないので、相対比較はできませんが、、、宮崎でビジネスをしつつ、求人活動を営んできた身からすると、宮崎の求人環境は劇的に変化したと感じます。 参考情報としては以下リンクをご覧ください。 宮崎市の企業立地ニュース インタークロス社で掲載されている求人情報 ちなみに、全国でIT企業の誘致が盛んな地方都市は、これという産業が無い地域のような気がします。つまり、「ない袖は振れぬ」ということで、人材をネタにする

    地方のベンチャー企業は、これからが面白い。宮崎の場合。
  • サイバーエージェントが経営人材を輩出するワケ

    学校を卒業した後に就職して会社で定年まで勤め上げるという常識は過去のものになりつつある。リタイアするまで転職することが当たり前となる人材流動化時代に、優秀な人材を獲得し、つなぎ留めるのはどんな職場なのか。企業の事例や人事部門の責任者の声を紹介しながら考えていこう。多数の経営人材を輩出することで有名なサイバーエージェントの曽山哲人・取締役(人事統括)に話を聞いた。 (聞き手は篠原匡) 曽山さんは2005年から15年以上、人事の責任者として採用に関わっています。まず、その間の採用マーケットの変化についてお聞かせいただけますか。 サイバーエージェント曽山哲人取締役(以下、曽山):この15年の変化について言うと、ポイントは3つあると思っています。まず、オープンな会社であるほど採用がうまくいくようになっていること。次に、会社の価値観に合う人を採用する重要性が上がっていること。最後に、才能開花の競争が

    サイバーエージェントが経営人材を輩出するワケ
  • Goodpatch Tokyo Tour💙 / We are hiring!

    Join the mission. さぁ、一緒にデザインの力を証明しよう。 Goodpatchはビジョン・ミッションに共感する仲間を探しています。最高のチームで、ビジネスに成果をもたらすデザインを生み出したい方をお待ちしています。 募集中のポジションなどの詳細はこちらをご覧ください。 https://goodpatch.com/careers ※SpeakerDeck上だと解像度がどうしても低くなってしまうので、ぜひダウンロードしてお手元でじっくりご覧ください!

    Goodpatch Tokyo Tour💙 / We are hiring!
  • 技能実習生 | ワークビジョン協同組合 | 日本

  • HRzine

    HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

    HRzine
  • 3年半で107名を採用、SmartHR代表宮田昇始がこだわる「透明性」 | キャリアハック(CAREER HACK)

    ※2019年4月23日に開催された『Scrum Recruiting LABO #2』を前後編でお届け。登壇者はSmartHR代表取締役社長 宮田昇始さん、ミラティブ代表取締役CEO 赤川隼一さん。モデレーターはYOUTRUST代表取締役 岩崎由夏さんとHERP代表取締役CEO 庄田一郎さん。本記事では宮田昇始さんのセッションをご紹介します。 > 経営会議の最優先テーマを「採用」に。ミラティブ 赤川隼一 給与テーブル、昇給額を公開! SmartHRでは候補者にリーチするために、情報をオープンにしているという。 「SmartHRでは面接で使う会社紹介資料をWebで公開しています。資料には福利厚生や給与テーブル、昇給額なんかも書いてあって。資料公開から1年も経っていないのですが、閲覧数は39万回を超えています。応募数も5.3倍になりました」 ミスマッチを防ぐためにエンジニアの体験入社も実施して

    3年半で107名を採用、SmartHR代表宮田昇始がこだわる「透明性」 | キャリアハック(CAREER HACK)
  • 【新】急成長ベンチャーの組織づくりの秘訣を大激論!【K16-3A #1】

    ▶平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから! ▶ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから! 「急拡大する組織の採用/育成/文化作り」【K16-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、各登壇者に自己紹介と組織のこだわりをお話し頂きました。是非御覧ください。 ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。 ▼ 登壇者情報 2016年9月6日・7日開催 ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMITSession 3A 「急拡大する組織の採用/育成/文化作り」 (スピーカー) 上原 仁 株式会社マイネ

    【新】急成長ベンチャーの組織づくりの秘訣を大激論!【K16-3A #1】
  • 【事例】「決め手は起業家フォロワーの質」企業変革に挑むオプトが、FastGrowを選択した理由とは | FastGrow

    ジョニーまずお聞きしたいのは、FastGrowを最初にご覧になられた時の印象です。数多くのメディアを見てこられた深川さんが、どういうイメージを抱かれたのか気になります。 深川直感的に思ったのは「NewsPicksに近い雰囲気だな」です。意識の高い読者を想定しながら取材企業をフィーチャーしているという点で、近いものを感じました。 ただ、FastGrowが就活や転職、起業といったキャリアについての考え方や、そのノウハウを核にしているのに対して、NewsPicksは既存ニュースに対する有識者のコメントを軸にしていますよね。個人的な感覚で言えば「FastGrowは企業や人物を相当深掘りして紹介している」ように思えました。 過去取材記事 過去開催イベント 代理店vsコンサル?カリスマ創業者が明かす、10年後に生き残るデジタルエージェンシーとは ジョニー当然、深川さんのミッションは人事戦略であり、それ

    【事例】「決め手は起業家フォロワーの質」企業変革に挑むオプトが、FastGrowを選択した理由とは | FastGrow
    rytich
    rytich 2019/06/12
    深川さん
  • 「スキルが高くてカルチャーマッチしない人は採用しない」の鉄則を、誰でもわかるように図解する|土居 健太郎|note

    ---- 2020/05/30追記:この記事でいうカルチャーマッチ(カルチャーフィット、のほうがメジャーのよう)について別でまとめたのでよければそちらも ---- よく見るこういう分類について。 もうほとんど常識と言われているようなことだが、この図では④の「スキル高いけどカルチャーマッチしない人は絶対採用するな」が鉄則だ。 ②は文句なしで採用だ。③は採用したい人はいないだろう。①も、特別高いスキルじゃなくてもそのポジションのスキル要件を満たせていれば全然OKだ。 ここまでは特に問題ないだろう。 しかし慣れない人が見れば、「スキル高い=市場価値も高い」はずなのになぜカルチャーマッチしないだけでそんな扱いを受けなければならないのかと思うかもしれない。 わかりやすく図解する一般的には、スキルが高い人ほど、難しく、重要な仕事を任され、企業の中で影響力を持つことが多いだろう。 一方、カルチャーマッチ

    「スキルが高くてカルチャーマッチしない人は採用しない」の鉄則を、誰でもわかるように図解する|土居 健太郎|note
  • 株式会社リチカに興味を持っていただいた方へ

    採用ページはこちら http://recruit.richka.co.jp/ RICHKA CLOUD STUDIO https://richka.co/ -------- 2022/11/18 内容一部更新しました。 2021/09/28 内容一部更新しました。 2021/01/06 内容一部更新しました。 2019/12/04 内容一部更新しました。 2019/05/15 採用時に共有させていただいている資料を公開しております。まずはお気軽にご連絡いただければ幸いです。

    株式会社リチカに興味を持っていただいた方へ
  • 事業成長こそチーム課題解決の鍵ーー佐俣アンリ&佐藤裕介両氏が語る強い起業家「共通項」 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

    写真:ANRIの佐俣アンリさん・hey代表取締役の佐藤裕介さん スタートアップ界隈はこの10年で随分と科学が進んだ感があります。特にエポックメイキングな出来事はやはり、2010年頃に日本でも始まったアクセラレーションプログラムなどによる、構造的な起業支援の仕組みの始まりです。 属人的だった起業家育成を体系化し、投資やグロースなどの一部仕組みを再現性あるものにしました。また、定期的に開催される成果発表の「DemoDay」はパブリシティ効果を生み、スタートアップをひとつ上の「社会を変える新たな経済活動」に押し上げていったように思います。 一方でまだまだ未解決な分野もあります。例えばまだ見ぬ起業家の発掘と、組織作りの妙味です。 起業家やそのチームはどのようにして生まれるのか?ーーこの問いについて、興味深い話題を提供してくれたのが独立系ベンチャーキャピタル「ANRI」の佐俣アンリさんと、hey代表

    事業成長こそチーム課題解決の鍵ーー佐俣アンリ&佐藤裕介両氏が語る強い起業家「共通項」 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報