Web制作に関するsakuragi_keiのブックマーク (12)

  • PCの動作が重くなったら、AdobeCCのファイル同期を疑ってみる | Cherry Pie Web

    2022年6月19日 追記) この現象が発生して数日後、再起動のたびに該当のSSDにチェックディスクがかかるようになりましたのでSSDを交換しました。 すると現象がおさまりました。 SSDの不具合がこの現象を誘発するのか、因果関係は不明です。 2022年のGW明け、私のWindows10は使い物にならない状況に陥っていました。 エクスプローラーからフォルダを開こうとしても開かない、ファイルをダブルクリックして開こうとしても開かない。 しかしフリーズしているのではなく、単にめちゃくちゃ遅いだけなのです。 Webブラウザ、Teams、Slackなど、他のアプリケーションは全く問題なく動作します。 しかし、ファイルをダウンロードしようとしたり、アプリのファイルメニューからファイルを開こうとすると、反応が返ってこなくなるのです。 そして、再起動(というか、シャットダウン)に10分以上もかかるよう

    PCの動作が重くなったら、AdobeCCのファイル同期を疑ってみる | Cherry Pie Web
  • html に font-size: 62.5%; を指定するのはやめよう | Cherry Pie Web

    htmlタグに「font-size: 62.5%」を指定するのを、CSSのフォントサイズ指定にremを使用するうえでの便利技のように書かれているブログ記事を多く見かけますが、筋が悪い方法なのでやめましょう。 便利技どころか、制作作業が非常に面倒になる悪手です。 なぜ font-size: 62.5% なのか? remは root em の略でルート階層のemを意味します。 つまり、html要素のフォントサイズです。 現在主に使用されているブラウザのデフォルトフォントサイズは16pxです。 つまり、1rem = 16px です。 ここでフォントサイズを13pxの大きさにしたいとき、remで指定しようとすると font-size: 0.8125rem; と指定しなくてはなりません。 (13 / 16 = 0.8125) これではフォントサイズ指定の際にいちいち計算が必要になってしまいます。 そ

    html に font-size: 62.5%; を指定するのはやめよう | Cherry Pie Web
  • リニューアルの落とし穴。そのサーバーにはWordPressが入れられません | Cherry Pie Web

    昨年から今年にかけて、コロナ禍で対面の営業が難しくなり、企業のホームページをリニューアルして集客ができるウェブサイトにしようという動きが高まりました。 助成金が多く出たこともあり、ホームページビルダーで作ったようなサイトをWordPressで作り直して情報を発信できるようにしたいという案件がとても多かったのですが、どういうわけかことごとく「WordPressでサイト構築する以前の問題」にはまってしまいました。 この記事では、リニューアル時によくわからないからと見落とされがちなドメインとサーバーについて、実際にあった事例を紹介しながら書いていきたいと思います。 小規模の企業では、業務システムを納入・管理している会社がオプションでウェブサイト制作を請け負っていることがよくあります。 今回のお客様は、管理会社に業務システムを含めたサーバー周りを丸投げしていました。 そのため、自社のウェブサイトが

    リニューアルの落とし穴。そのサーバーにはWordPressが入れられません | Cherry Pie Web
  • Local by Flywheel で No input file specified | Cherry Pie Web

    WordPressのローカル環境「Local by Flywheel」において、サイトを表示させようとすると No input file specified になってしまう問題が発生しています。 下記の条件をすべて満たすと発生します。 PHP 7.3.5 または 7.4.1Web Server が ApacheLocal Site Path のパーティションが Local がインストールされているパーティションと異なる (Local が Cドライブにインストールされていて、サイト作成の際に Local Site Path をDドライブにした) 逆に言えば、上記のいずれかが満たされていなければエラーは発生しません。 PHPのバージョンとウェブサーバーの指定は本番環境と合わせるために必要な条件ですので、Local Site path を、Local がインストールされているパーティションと同じ

    Local by Flywheel で No input file specified | Cherry Pie Web
  • Adobe MAX Japan 2019 に参加してきました | Cherry Pie Web

    2019年12月3日(火)、パシフィコ横浜で行われたアドビ最大のクリエイティブイベント「Adobe MAX Japan 2019」に行ってきました。 https://maxjapan.adobe.com/ 以前東京に住んでいたころは毎回参加していたのですが、京都に引っ越してからはMAXどころかAdobeのイベントにはまったく参加していませんでした(Adobeの人が登壇する他団体のイベントは参加していましたが)ので、めちゃくちゃ久しぶりでちょっと緊張しながら参加しました。 今年のAdobeの推しは「XD」。 メインのブレイクアウトセッションのすべての時間帯にXDに関するセッションがあり、メインセッションと並行して「Adobe XD Short Sessions」まで行われていて、XDの話を聞きたかった私にとっては『どうすればいいんだ?』って状態(笑) イベント自体の人気もすごく、10月31日

    Adobe MAX Japan 2019 に参加してきました | Cherry Pie Web
  • WordCamp Tokyo 2019 に参加して、もっといろいろ繋がりたいなと思いました | Cherry Pie Web

    (2019年11月6日 各セッションのスライドを追加しました) (2019年11月9日 WordCamp Osaka 2019の応援バナーを貼りました) 11月2日(土)に、東京のベルサール新宿グランドコンファレンスセンターで行われた、WordPressの公式イベント「WordCamp Tokyo 2019」の2日目(セッションデー)に参加してきました。 今年の初めまで京都のほうに住んでいましたので、2014年に大阪で行われた「WordCamp Kansai 2014」から毎年、関西で行われる WordCamp には参加していたのですが、今年から東京に引っ越してきて初めて東京の WordCamp に参加するということで、ぼっちにならないか不安もありながらの参加でした。 昨日の夜遅くまで仕事をしていてどうしても朝起きれず、会場についたのは11時半ごろになってしまいました。 参加したセッション

    WordCamp Tokyo 2019 に参加して、もっといろいろ繋がりたいなと思いました | Cherry Pie Web
  • 「WordPressのやさしい教科書。」は、作る人じゃなくて使う人のための本 | Cherry Pie Web

    2018年末に「ブロックエディタ」を導入し、大きく様変わりしたWordPress。 WordPressの関連書籍は数多く出版されていますが、「ブロックエディタ」に対応しているものはまだまだ少ない状況です。 そんな中、ブロックエディタに対応し初心者向けの書籍が出ましたので紹介させていただきます。 作る人ではなく、使う人のための本「WordPressのやさしい教科書。」は、WordPressに初めて触れる方や最新バージョンについて学びたい方に向けて書かれた本ですが、WordPressでウェブサイトを作りたい人ではなく、ウェブサイトを作るためにWordPressを選択した人のための本です。 自分のお店や会社のウェブサイトを持ちたいWixやJimdoのようなWebサービスではなく、オリジナリティのあるウェブサイトがほしい あるいは、自由度があり拡張性のあるサイトを作りたい。でも、HTMLやCSS

    「WordPressのやさしい教科書。」は、作る人じゃなくて使う人のための本 | Cherry Pie Web
  • Slickでclickイベントが動作しなかったりスライドが移動できないのは、全部こいつのせいでした

    Flashムービーを置き換えるだけの簡単な仕事のはずが・・・ Flashムービー(swf)で作られていたスライドショーを今の環境でも動作するようにしてほしいという案件があって、単純なスライドショーだったので、お手軽に使えるjQueryのスライダープラグイン「Slick」で置き換えました。 (WordPressのプラグインではありません) slick – the last carousel you’ll ever need https://kenwheeler.github.io/slick/ 元のスライドショーは「Skip」ボタンをクリックすると指定のスライドまでスキップできるようになっていました。 そこで、スライドショーでclickイベントが起きたら「slickGoTo」メソッドで指定のスライドに移動させれば良い と単純に考えて下記のようにしてみたのですが、なぜかうまく動きません。 全く

    Slickでclickイベントが動作しなかったりスライドが移動できないのは、全部こいつのせいでした
  • やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 | Cherry Pie Web

    HOMEブログ技術記事やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 Dreamweaverでは出力先は一つしか指定できない 以前書いた記事「ほぼDreamweaverだけでWordPressのテーマ制作をしてる話」で、 ソースフォルダと出力フォルダはサイト単位の設定となります。 テーマごとやプラグインごとに別のフォルダを指定することはできません。 と書いていたのですが、さっきふと思いついてやってみたら出来てしまったので紹介しておきたいと思います。 (みんな知ってることだったらごめんなさい・・・) 下記のようなフォルダ構成があったとします。 一つの管理サイト内で静的サイトとWordPressサイトが混在していて、それぞれでSassを使いたいと思ったらどうしますか? root └static └sass └css

    やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 | Cherry Pie Web
  • 4月のWordBench京都でブラックハットSEOについてお話してきました | Cherry Pie Web

    最高気温23℃。 昼夜の気温差が大きく服選びが難しかった 4月14日(土)に、WordPressの勉強会「WordBench京都」に参加しました。 今回のテーマは「運用の話」。 今回の会場は烏丸五条のコワーキングスペース「DAY ALIVE Inc. 烏丸オフィス」です。 失敗談から 運用しやすいサイトの作り方を 考えてみた 最初のセッションはYoriyasu Nishimuraさん。 制作後に運用でトラブルが生じた案件の話を基に、どうすれば運用時になってトラブルが起きなくなるのかを考察したお話でした。 値がない時を想定していない問題 何もないのに枠だけ表示される 実際の使い方を想定できていない問題 CSSのセレクタ指定が実際の使い方と違っている(リストの内部のaタグに反映されないとか) 最大値最小値を考えていない問題 floatにすると想定外の文字数で綺麗に横並びにならない どれも長く経

    4月のWordBench京都でブラックハットSEOについてお話してきました | Cherry Pie Web
  • 3月のWordBench京都でテーマやサイト改善について考えてきました | Cherry Pie Web

    (2018年4月3日追記:宮崎さおりさんのスライドを追加しました) (2018年4月3日追記:宮崎さおりさん、小原千秋さん、よしぱんさんのブログ記事へのリンクを追加しました) (2018年4月3日追記:当日のtogetterへのリンクを追加しました) 桜が開花し始めた3月25日(日)、WordPressコミュニティの勉強会「WordBench京都」に参加してきました。 WordBench京都 3月 テーマ作成とサイト改善の話 – connpass 今回は、特に狙ったわけでもないのに、登壇者5名がすべて女性でした。 『みんな女性だからゆるーい感じかなと思ってた』なんて人がいましたが、内容的に非常にレベルが高く、懇親会では『WordPressの勉強会でこんなに濃い話が聞けるとは思わなかった』という感想が多く聞かれました。 本日のWordBench京都まとめ。登壇者みんな女子で女子会🌸 @me

    3月のWordBench京都でテーマやサイト改善について考えてきました | Cherry Pie Web
  • 第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に参加してきました | Cherry Pie Web

    2018年1月27日に大阪で行われた、第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に参加してきました。 セミナー前日から私の住んでいる京都府北部は大雪に見舞われ、私の大阪入りは予定よりも1時間半も遅れてしまいました。 実はセミナーの前に行きたいところがあったので1時間早く出発していたのですが、それが幸いして、昼食抜きでどうにかセミナー開始時刻に会場に入ることができました。 ウェブデザインとセルフブランディング 2018 最初のセッションは、矢野りんさんと松田直樹さんによるマインドセッション「ウェブデザインとセルフブランディング 2018」です。 Web制作は自動化や標準化が進み、AI(人工知能)もいよいよ実用的なところに入ってきて、近い将来Web制作AIにとってかわられるなんて話も出てきているなか、『あなたに仕事をお願いしたい』と言われるようになるためには「セル

    第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に参加してきました | Cherry Pie Web
  • 1