WordPressに関するsakuragi_keiのブックマーク (35)

  • html に font-size: 62.5%; を指定するのはやめよう | Cherry Pie Web

    htmlタグに「font-size: 62.5%」を指定するのを、CSSのフォントサイズ指定にremを使用するうえでの便利技のように書かれているブログ記事を多く見かけますが、筋が悪い方法なのでやめましょう。 便利技どころか、制作作業が非常に面倒になる悪手です。 なぜ font-size: 62.5% なのか? remは root em の略でルート階層のemを意味します。 つまり、html要素のフォントサイズです。 現在主に使用されているブラウザのデフォルトフォントサイズは16pxです。 つまり、1rem = 16px です。 ここでフォントサイズを13pxの大きさにしたいとき、remで指定しようとすると font-size: 0.8125rem; と指定しなくてはなりません。 (13 / 16 = 0.8125) これではフォントサイズ指定の際にいちいち計算が必要になってしまいます。 そ

    html に font-size: 62.5%; を指定するのはやめよう | Cherry Pie Web
  • リニューアルの落とし穴。そのサーバーにはWordPressが入れられません | Cherry Pie Web

    昨年から今年にかけて、コロナ禍で対面の営業が難しくなり、企業のホームページをリニューアルして集客ができるウェブサイトにしようという動きが高まりました。 助成金が多く出たこともあり、ホームページビルダーで作ったようなサイトをWordPressで作り直して情報を発信できるようにしたいという案件がとても多かったのですが、どういうわけかことごとく「WordPressでサイト構築する以前の問題」にはまってしまいました。 この記事では、リニューアル時によくわからないからと見落とされがちなドメインとサーバーについて、実際にあった事例を紹介しながら書いていきたいと思います。 小規模の企業では、業務システムを納入・管理している会社がオプションでウェブサイト制作を請け負っていることがよくあります。 今回のお客様は、管理会社に業務システムを含めたサーバー周りを丸投げしていました。 そのため、自社のウェブサイトが

    リニューアルの落とし穴。そのサーバーにはWordPressが入れられません | Cherry Pie Web
  • Local by Flywheel で No input file specified | Cherry Pie Web

    WordPressのローカル環境「Local by Flywheel」において、サイトを表示させようとすると No input file specified になってしまう問題が発生しています。 下記の条件をすべて満たすと発生します。 PHP 7.3.5 または 7.4.1Web Server が ApacheLocal Site Path のパーティションが Local がインストールされているパーティションと異なる (Local が Cドライブにインストールされていて、サイト作成の際に Local Site Path をDドライブにした) 逆に言えば、上記のいずれかが満たされていなければエラーは発生しません。 PHPのバージョンとウェブサーバーの指定は本番環境と合わせるために必要な条件ですので、Local Site path を、Local がインストールされているパーティションと同じ

    Local by Flywheel で No input file specified | Cherry Pie Web
  • オンラインで開催してくれてありがとう!~WordCamp Ogijima 2020~ | Cherry Pie Web

    参加者を一気に引き込んだラジオ体操 まず今回のイベントで参加者を一気に「WordCamp Ogijima 2020」の世界に引き込んでくれたのが、YouTube Live で流れてきたラジオ体操です。 もう、この動画を見ただけで『今日のイベントは楽しそう! ワクワクする!』って感じられますよね? あまりに面白いので、私は体操せずにモニターをニヤニヤ眺めていました(笑) ながら参加が出来るYouTube Liveがいい イベント開催中は YouTube Liveでセッションの中継がされており、合間にはCM動画やスタッフへのインタビュー動画が配信されていて、家事をしながらとか食事をしながらとか、私のように急ぎの仕事をこなしながらでも参加することができました。 このユルさが、すごくありがたい! テレビを見るように流しながら、気になったときはチャットやTwitterで書き込み。 たまに他の参加者や

    オンラインで開催してくれてありがとう!~WordCamp Ogijima 2020~ | Cherry Pie Web
  • WordPress5.4.1でパーマリンクに「日付のみ」が使えなくなったので対策をしました | Cherry Pie Web

    先日のWordPress5.4.1へのマイナーアップデートで、非常にショッキングな変更がありました。 パーマリンクに「日付のみ」の設定がされていた場合、投稿が表示されなくなったのです。 WordPressのサポートフォーラムに投稿があり、そこで経緯がわかります。 wordpress 5.4.1 からの障害について このウェブサイトはありがたいことに多くのウェブサイトから各記事にリンクをしていただいています。 しかし、今回のマイナーアップデートで記事が表示されなくなってしまいました。 この事実に気づいたとき、慌てて自身のFacebookにヘルプを出したのですが、ありがたいことにすぐに上記のサポートフォーラムの投稿を教えていただき対応することができました。 どのような問題が起きたのか 記事のパーマリンクが日時のみで構成されている場合、5.4以前は記事が表示されていたのですが、5.4.1からはタ

    WordPress5.4.1でパーマリンクに「日付のみ」が使えなくなったので対策をしました | Cherry Pie Web
  • WordCamp Tokyo 2019 に参加して、もっといろいろ繋がりたいなと思いました | Cherry Pie Web

    (2019年11月6日 各セッションのスライドを追加しました) (2019年11月9日 WordCamp Osaka 2019の応援バナーを貼りました) 11月2日(土)に、東京のベルサール新宿グランドコンファレンスセンターで行われた、WordPressの公式イベント「WordCamp Tokyo 2019」の2日目(セッションデー)に参加してきました。 今年の初めまで京都のほうに住んでいましたので、2014年に大阪で行われた「WordCamp Kansai 2014」から毎年、関西で行われる WordCamp には参加していたのですが、今年から東京に引っ越してきて初めて東京の WordCamp に参加するということで、ぼっちにならないか不安もありながらの参加でした。 昨日の夜遅くまで仕事をしていてどうしても朝起きれず、会場についたのは11時半ごろになってしまいました。 参加したセッション

    WordCamp Tokyo 2019 に参加して、もっといろいろ繋がりたいなと思いました | Cherry Pie Web
  • WordPressでは、なぜ固定ページの内容をテンプレートファイルに書いてはいけないのか? | Cherry Pie Web

    最近、WordPress界隈をにぎわしているTwitter上のアンケートがあります。 「WordPressの固定ページの内容は、テンプレートファイル(page-xxxx.php)に書くか? それとも、管理画面のエディタで書くか?」 というものです。 正直、私はこの質問を読んで『管理画面に書くにきまってるだろう。今どき、こんなことを聞く人がいるのか?』と驚いたのですが、もっと驚いたことに回答した人の中でテンプレートファイルに書くという人の割合がかなり多かったのですね。 結論から言うと、WordPressでテンプレートファイルにコンテンツを直書きするのはやめたほうが良いです。 その理由と、ではどうすればよいのかということを、この投稿では書いておきたいと思います。 テンプレートファイルに固定ページの内容を書くとはどういうことか? まず、テンプレートファイルに固定ページの内容を書くというのはどうい

    WordPressでは、なぜ固定ページの内容をテンプレートファイルに書いてはいけないのか? | Cherry Pie Web
  • 「WordPressのやさしい教科書。」は、作る人じゃなくて使う人のための本 | Cherry Pie Web

    2018年末に「ブロックエディタ」を導入し、大きく様変わりしたWordPress。 WordPressの関連書籍は数多く出版されていますが、「ブロックエディタ」に対応しているものはまだまだ少ない状況です。 そんな中、ブロックエディタに対応し初心者向けの書籍が出ましたので紹介させていただきます。 作る人ではなく、使う人のための本「WordPressのやさしい教科書。」は、WordPressに初めて触れる方や最新バージョンについて学びたい方に向けて書かれた本ですが、WordPressでウェブサイトを作りたい人ではなく、ウェブサイトを作るためにWordPressを選択した人のための本です。 自分のお店や会社のウェブサイトを持ちたいWixやJimdoのようなWebサービスではなく、オリジナリティのあるウェブサイトがほしい あるいは、自由度があり拡張性のあるサイトを作りたい。でも、HTMLやCSS

    「WordPressのやさしい教科書。」は、作る人じゃなくて使う人のための本 | Cherry Pie Web
  • Gutenbergを使えば、個別のページごとにCSSやJavaScriptを超簡単に追加できる | Cherry Pie Web

    最初にお断りしておきますが、この記事で紹介している「投稿の本文内にstyleタグを書く」手法は厳密には文法違反です。 (HTML5では、bodyの子要素であればstyleタグを書けるが、WordPressの投稿本文は孫要素になるので文法違反) ただ、ほとんどのブラウザで動作するようですので「開発時の一時的なテスト」や「この方法しか手がない」時だけ使ってみてください。 なお、投稿の本文内にscriptタグを書くのは文法違反ではありませんが、ページの読み込みが遅くなったり、内容によっては脆弱性を生じるなどのデメリットがあります。 そのページだけにCSSやJSを追加したい WordPressで記事を投稿する際、まれに、そのページだけに CSSJavaScriptを追加したいことがあります。 技術記事でCSSJavaScriptに関する投稿をしたときに、ちょっとしたデモを入れたい場合などです。

    Gutenbergを使えば、個別のページごとにCSSやJavaScriptを超簡単に追加できる | Cherry Pie Web
  • 地方の多言語ウェブサイトの呆れた実態について | Cherry Pie Web

    ここ数年、日本では外国人観光客の数がとても多くなっています。 私の住んでいる京都府舞鶴市は、京都市に近いこともあり、地域活性化のために観光にも力を入れているようです。 そのためか、行政関係のウェブサイト制作案件でも「多言語化」はほぼ必須の要件となっています。 ただ、行政主導で作られている多言語ウェブサイトがあまりにも酷すぎて「これなら多言語化しないほうがマシ」と思うくらいの惨状なので、市民としては大変恥ずかしいのですが指摘させていただきたいと思います。 ちょっと酷いと思う公的なサイトたち 舞鶴引揚記念館 https://m-hikiage-museum.jp/ 舞鶴引揚記念館は、2015年にユネスコ世界記憶遺産に認定された『舞鶴への生還 1945-1956シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録』を所蔵しており、舞鶴市が特に力を入れている観光施設です。 そんな観光施設のウェブサイトです

    地方の多言語ウェブサイトの呆れた実態について | Cherry Pie Web
  • WordPressの常時SSL化では、.htaccessの順序に注意! | Cherry Pie Web

    今や常識ともいえる「ウェブサイトの常時SSL化」ですが、先日、既存のWordPressを常時SSL化する際にハマってしまいました。 下層ページがhttpsにリダイレクトされない! 既存のWordPressサイトを常時SSL化する際、私は下記のような手順で行っています。 SSL化プラグインを使うとプラグインが外せなくなるのと、WordPress以外に対して常時SSL化ができないので、多少面倒でも下記のようにしています。 サーバーでSSLを有効にする Search Replace DB で、WordPress内の文字列を http → https に置換 SearchRegexプラグインを使う記事を多く見かけますが、このプラグインではカスタムフィールド内の文字が置換されなかったりすることがあるのでお勧めしません。.htaccess に、httpでのアクセスをhttpsにリダイレクトする設定を追

    WordPressの常時SSL化では、.htaccessの順序に注意! | Cherry Pie Web
  • やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 | Cherry Pie Web

    HOMEブログ技術記事やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 Dreamweaverでは出力先は一つしか指定できない 以前書いた記事「ほぼDreamweaverだけでWordPressのテーマ制作をしてる話」で、 ソースフォルダと出力フォルダはサイト単位の設定となります。 テーマごとやプラグインごとに別のフォルダを指定することはできません。 と書いていたのですが、さっきふと思いついてやってみたら出来てしまったので紹介しておきたいと思います。 (みんな知ってることだったらごめんなさい・・・) 下記のようなフォルダ構成があったとします。 一つの管理サイト内で静的サイトとWordPressサイトが混在していて、それぞれでSassを使いたいと思ったらどうしますか? root └static └sass └css

    やっとわかった! Dreamweaverを使ってサイト内の複数のフォルダにそれぞれSass/LESSからCSSを出力する方法 | Cherry Pie Web
  • WordCamp Osaka 2018 に参加して、明日からも前向きに生きていけそうな感じがしてきました | Cherry Pie Web

    6月2日(土)に大阪の関西大学梅田キャンパスで行われた、WordPressの大規模カンファレンス「WordCamp Osaka 2018」の1日目(セッションディ)に参加してきました。 今回はなんとセッションが5トラックも並行するという凄い構成。 面白そうなセッションが同じ時間に重なったり会場がいっぱいで入りきれなかったりと、興味があったのに聴けなかったセッションもたくさんありました。 なお、各セッションは録画されて後日 WordPress.tv にて動画が公開される予定ですので、楽しみです。 それでは、私が聴くことのできたセッションの感想などを書いていきたいと思います。 スライドは、一般公開されているもののみ引用させていただいています。 WordPress導入で変わったNPOのweb運用とその後 一昨年の「WordCamp Kansai 2016」で私は「熊本地震の支援サイトを30分で立

    WordCamp Osaka 2018 に参加して、明日からも前向きに生きていけそうな感じがしてきました | Cherry Pie Web
  • 4月のWordBench京都でブラックハットSEOについてお話してきました | Cherry Pie Web

    最高気温23℃。 昼夜の気温差が大きく服選びが難しかった 4月14日(土)に、WordPressの勉強会「WordBench京都」に参加しました。 今回のテーマは「運用の話」。 今回の会場は烏丸五条のコワーキングスペース「DAY ALIVE Inc. 烏丸オフィス」です。 失敗談から 運用しやすいサイトの作り方を 考えてみた 最初のセッションはYoriyasu Nishimuraさん。 制作後に運用でトラブルが生じた案件の話を基に、どうすれば運用時になってトラブルが起きなくなるのかを考察したお話でした。 値がない時を想定していない問題 何もないのに枠だけ表示される 実際の使い方を想定できていない問題 CSSのセレクタ指定が実際の使い方と違っている(リストの内部のaタグに反映されないとか) 最大値最小値を考えていない問題 floatにすると想定外の文字数で綺麗に横並びにならない どれも長く経

    4月のWordBench京都でブラックハットSEOについてお話してきました | Cherry Pie Web
  • 3月のWordBench京都でテーマやサイト改善について考えてきました | Cherry Pie Web

    (2018年4月3日追記:宮崎さおりさんのスライドを追加しました) (2018年4月3日追記:宮崎さおりさん、小原千秋さん、よしぱんさんのブログ記事へのリンクを追加しました) (2018年4月3日追記:当日のtogetterへのリンクを追加しました) 桜が開花し始めた3月25日(日)、WordPressコミュニティの勉強会「WordBench京都」に参加してきました。 WordBench京都 3月 テーマ作成とサイト改善の話 – connpass 今回は、特に狙ったわけでもないのに、登壇者5名がすべて女性でした。 『みんな女性だからゆるーい感じかなと思ってた』なんて人がいましたが、内容的に非常にレベルが高く、懇親会では『WordPressの勉強会でこんなに濃い話が聞けるとは思わなかった』という感想が多く聞かれました。 本日のWordBench京都まとめ。登壇者みんな女子で女子会🌸 @me

    3月のWordBench京都でテーマやサイト改善について考えてきました | Cherry Pie Web
  • ほぼDreamweaverだけでWordPressのテーマ制作をしてる話 | Cherry Pie Web

    (2018年11月1日追記:CSSプリプロセッサ―の設定で複数フォルダへの出力方法を追記しました) ※この記事は「WordPress Advent Calendar 2017」の17日目のエントリーです。 2017年の WordPress Advent Calender はQiitaだからか、参加者はプログラマ・エンジニアの方が多いようですね。 私は正直言って半分くらいの記事は内容が全然理解できません・・・私が使ってるWordPressと他の方が使ってるWordPressって本当に同じものなんだろうかと思っています(笑)。 さて、この記事は2017年10月に行った「WordBench京都 in 舞鶴」での私のセッションの後半部分を抜き出して詳しくしたものになります。 WordBenchではDreamweaver愛を語り過ぎましたので、今日は時間が無くなって駆け足になった後半の運用部分を詳し

    ほぼDreamweaverだけでWordPressのテーマ制作をしてる話 | Cherry Pie Web
  • 「Adobe InDesign」でスライドを作る私のこだわり | Cherry Pie Web

    ※この記事は「登壇者 Advent Calendar 2017」の13日目の記事です。 昨日までの「登壇者 Advent Calendar」の記事は、登壇者としての心構えとか感想とか、気持ちの面での記事が多くて『みなさん凄いな、見習わないとな』と思いながら読ませていただいています。 そんな中、私はちょっと違った視点で書かせていただきたいと思います。 登壇に欠かせないスライドですが、登壇される皆さんはどんなアプリケーションを使って制作されているのでしょうか? 多くの方は、いわゆるプレゼンテーションソフトを使われていると思います。 「PowerPoint」「Keynote」「Google Slides」「Prezi」などですね。 多くの方が使われているわけですから、それらのソフトは決して使い勝手が悪いわけではないと思うのですが、私は以前それらのソフトを使っていて、使い勝手が悪く感じイライラして

    「Adobe InDesign」でスライドを作る私のこだわり | Cherry Pie Web
  • WordBench京都 in 舞鶴 のご案内 | Cherry Pie Web

    (この記事は随時アップデートされます) WordPressのユーザーの地域コミュニティ「WordBench」 関西では非常に活発で、大阪・神戸・京都・奈良・和歌山・明石などで、平均して毎月2~3回以上行われています。 そんな中、今回はWordBench京都を初めて京都府北部で開催することになりました。 「WordBench京都 in 舞鶴」として、舞鶴赤れんがパークにほど近い、舞鶴市総合文化会館というコンサートホール内にある研修室で行います。 WordBench京都 in 舞鶴 – connpass 都市部から遠い舞鶴で開催するということで、アクセスや近隣の観光などをご案内したいと思います。 会場 舞鶴市総合文化会館は、東舞鶴の海岸沿いにあるコンサートホールです。 [map width=”100%” height=”300px”]京都府舞鶴市字浜2021番地[/map] 今回のWordBe

    WordBench京都 in 舞鶴 のご案内 | Cherry Pie Web
  • 8月のWordBench京都で、テストやCIについて学んできました | Cherry Pie Web

    (2017年9月8日追記:WordBench京都 in 舞鶴 について) 台風5号が迷走して九州南部に上陸しようとしているのに、気温が38℃と殺人的だった8月6日(日)、WordPressコミュニティの勉強会「WordBench京都」に参加してきました。 今回のテーマは「テスト・CI(継続的インテグレーション)」です。 お客様に納品するシステムを制作する場合、そのシステムが設計した通りの性能を満たしているかをテストするのは当たり前です。 ただ、「特に複雑なカスタマイズをしていない場合は、いくつかのパターンを手動でテストするだけで十分なのではないか?」と、私は思っていました。 「CI」も意義はわかるのですが、いざ実践しようとすると技術的な面はともかく、意識として難しいなと感じていました。 なので、実際にテストやCIを必要と考えて実践している人たちはどのような考えで、どんな風にやっているのか?

    8月のWordBench京都で、テストやCIについて学んできました | Cherry Pie Web
  • WordCamp Kyoto 2017 に参加して、懇親会でLTをしてきました | Cherry Pie Web

    梅雨に入っても晴れた日が続く6月末、京都大学にてWordPressの世界的カンファレンス「WordCamp Kyoto 2017」が行われました。 昨年・一昨年は「Kansai」という地域名を冠していたのですが、今年は都市名である「Kyoto」。 とはいえ、運営のメンバーは関西のコミュニティのメンバーが勢ぞろいです。(もちろん、他地域の方も多数いらっしゃいました) ちなみに、京都でWordCampが行われるのは9年ぶりだそうです。 6月24日(土)はセッションデー、6月25日(日)はコントリビューターデー。 今回はハンズオンは無しで、セッションデーでは3トラックでセッションがぎっしり走る内容となっています。 昨年はセッションスピーカーとハンズオン世話役という立場での参加となりましたが、今回は一般参加で、1日目のセッションデーおよび懇親会に参加させていただきました。 昨年と違ってたくさんのセ

    WordCamp Kyoto 2017 に参加して、懇親会でLTをしてきました | Cherry Pie Web