検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

コンテナの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)2467 件中 1 - 40 件目

  • Announcing AWS Graviton2 Support for AWS Fargate – Get up to 40% Better Price-Performance for Your Serverless Containers | Amazon Web Services

    AWS News Blog Announcing AWS Graviton2 Support for AWS Fargate – Get up to 40% Better Price-Performance for Your Serverless Containers AWS Graviton2 processors are custom-built by AWS usi...

    Announcing AWS Graviton2 Support for AWS Fargate – Get up to 40% Better Price-Performance for Your Serverless Containers | Amazon Web Services
    • インフラが苦手でも大丈夫!紙芝居Kubernetes

      Transcript インフラが苦手でも大丈夫! 紙芝居 Kubernetes あおい 自己紹介 名前:あおい 会社:サイボウズ株式会社 職種:SRE アプリケーションを Kubernetes基盤に移行中 twitter: @_a0i 酒と漫画と...

      インフラが苦手でも大丈夫!紙芝居Kubernetes
      • レゴランドに行くあおなみ線がすごい

        変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。 前の記事:中...

        レゴランドに行くあおなみ線がすごい
        • Bottlerocket、1 年間のあゆみ | Amazon Web Services

          Amazon Web Services ブログ Bottlerocket、1 年間のあゆみ この記事は Bottlerocket, A Year in the Life を翻訳したものです。 先日、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) がマネージド...

          Bottlerocket、1 年間のあゆみ | Amazon Web Services
          • Kubernetesのつらいところ

            はじめに 本記事はKubernetesの嬉しいところではなくてつらいところについて書きます。Kubernetesを少しは触ったことがあって基礎的な用語がわかるくらいの人であれば読めると思います。 Kubernetesの...

            Kubernetesのつらいところ
            • SECKUN 2021/ProSec-IT 2021 コンテナ演習資料(公開版)

              SECKUN 2021 pub.md SECKUN 2021/ProSec-IT 2021 コンテナ演習資料(公開版) この資料について 九州大学のSECKUN 2021/ProSec-IT(enPiT-Pro) 2021の共通カリキュラムにおいて、近藤 @udzura が担当し...

              SECKUN 2021/ProSec-IT 2021 コンテナ演習資料(公開版)
              • 高速なアプリケーション起動と自動スケーリングのための GKE イメージ ストリーミングの導入 | Google Cloud Blog

                Try Google CloudStart building on Google Cloud with $300 in free credits and 20+ always free products. 無料トライアル ※この投稿は米国&#2617...

                高速なアプリケーション起動と自動スケーリングのための GKE イメージ ストリーミングの導入 | Google Cloud Blog
                • [AWS Black Belt Online Seminar] CON246 ログ入門 資料公開 | Amazon Web Services

                  Amazon Web Services ブログ [AWS Black Belt Online Seminar] CON246 ログ入門 資料公開 AWS Black Belt オンラインセミナー「CON246 ログ入門」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は Slid...

                  [AWS Black Belt Online Seminar] CON246 ログ入門 資料公開 | Amazon Web Services
                  • 社内勉強会 はじめてのDocker for インフラエンジニア | DevelopersIO

                    こんにちは。 ご機嫌いかがでしょうか。 "No human labor is no human error" が大好きな ネクストモード株式会社 の吉井です。 Docker に触れたことがないインフラエンジニア向けに勉強会を開催しまし...

                    社内勉強会 はじめてのDocker for インフラエンジニア | DevelopersIO
                    • Kubernetes上にサーバレス基盤を構築できる「Knative」リリース1.0に到達

                      Kubernetes上にサーバレスコンピューティングの基盤を構築するためのオープンソースソフトウェア「Knative」(ケイネイティブ)の開発チームは、Knativeがバージョン1.0に到達したことを発表しました。...

                      Kubernetes上にサーバレス基盤を構築できる「Knative」リリース1.0に到達
                      • [Terraform]ECS FargateでFireLensを使って複数サービスにログ出力する | DevelopersIO

                        こんにちは!コンサル部のinomaso(@inomasosan)です。 ECS FargateでFireLensからCloudWatch LogsやKinesis Data Firehoseへのログ出力を、Terraformでコード化したので紹介します。 検証にあたり、弊...

                        [Terraform]ECS FargateでFireLensを使って複数サービスにログ出力する | DevelopersIO
                        • なぜ我々はクラウドゲーミング基盤をKubernetesに移行したのか #CNDT2021|うなすけ|note

                          はじめにこれは、2021年11月4日から5日にかけて開催された、CloudNative Days Tokyo 2021 においての私の発表資料となります。 発表 こんにちは。今日は、OOParts というクラウドゲーミングプラットフ...

                          なぜ我々はクラウドゲーミング基盤をKubernetesに移行したのか #CNDT2021|うなすけ|note
                          • 脅威モデリングで考える Kubernetes セキュリティ / CloudNative Days Tokyo 2021 #CNDT2021 #CNDT2021_B

                            Transcript ,PIFJ�.PSJUB���(.0�1FQBCP �*OD�� �����������$MPVE/BUJWF�%BZT�5PLZP����� ڴҖϞσϦϯάͰߟ͑Δ� ,VCFSOFUFT�ηΩϡϦςΟ (.0�1FQBCP �*OD��4FOJPS�&OHJOFFS ,PIFJ�.PSJUB���!NSUD� ηΩϡϦςΟରࡦࣨ CMPH�TTSG�...

                            脅威モデリングで考える Kubernetes セキュリティ / CloudNative Days Tokyo 2021 #CNDT2021 #CNDT2021_B
                            • Kubernetesネットワーキング初級者脱出ガイド / Kubernetes networking beginner's guide

                              Transcript Kubernetesネットワーキング初級者脱 出ガイド -基本から最新動向まで- Kohei Ota, Architect at HPE/CNCF Ambassador © 2021 Cloud Native Computing Foundation 2 自己紹介 Kohei Ota (@i...

                              Kubernetesネットワーキング初級者脱出ガイド / Kubernetes networking beginner's guide
                              • container-dev-security

                                Transcript ����������������������� 5SBDL�'� !NPDIJ[VLJ��� ৐ͬऔΕίϯςφʂʂ� ʙ։ൃऀ͔ΒݟͨίϯςφηΩϡϦςΟͷߟ͑ํʙ !NPDIJ[VLJ��� /BNF� ɹ,FJUB�.PDIJ[VLJʢNPDIJ[VLJ���ʣ� 3PMF� ɹ$MPVE�&OHJOFFS �XIPBNJ �XIPBNJ ͨ͵͖Ͱ͸ͳ͘� ͖ͭͶͰ͢ɻ ...

                                container-dev-security
                                • Kubernetesオペレータのアンチパターン&ベストプラクティス

                                  Transcript None ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ None ⚫ ⚫ ⚫ None ⚫ ⚫ None type Reconciler interface { // コントローラのReconcile処理の実装 // 受け取ったRequestの内容に応じてリソースの作成や削除など...

                                  Kubernetesオペレータのアンチパターン&ベストプラクティス
                                  • 船のコンテナ不足 解消の見通し立たず 国内海運大手3社 | NHKニュース

                                    新型コロナウイルスの影響から経済が正常化するのに伴って、世界的に船のコンテナが不足していることについて、国内の海運大手3社は今後もアメリカや中国を中心に活発な荷動きが続くとして、コンテナ不...

                                    船のコンテナ不足 解消の見通し立たず 国内海運大手3社 | NHKニュース
                                    • マイクロソフト、コンテナをサーバレスで実行する「Azure Container Apps」発表。KEDAとDaprを採用。Ignite 2021

                                      マイクロソフト、コンテナをサーバレスで実行する「Azure Container Apps」発表。KEDAとDaprを採用。Ignite 2021 Azure Container Appsは、コンテナとしてパッケージングされたアプリケーションを、何...

                                      マイクロソフト、コンテナをサーバレスで実行する「Azure Container Apps」発表。KEDAとDaprを採用。Ignite 2021
                                      • コンテナ・Docker・Kubernetesについて初心者にも分かりやすく解説するとこうなる

                                        DockerやKubernetesなどのコンテナ技術は多くのシステムで用いられていますが、初心者が概要を理解するのは難しいもの。そんなコンテナ技術の概要について、クラウドストレージサービスを運営するBackb...

                                        コンテナ・Docker・Kubernetesについて初心者にも分かりやすく解説するとこうなる
                                        • GitHub ActionsがOpenID Connectをサポート。GitHubからクラウドへのデプロイがより安全に

                                          GitHub ActionsがOpenID Connectをサポート。GitHubからクラウドへのデプロイがより安全に GitHubは10月27日と28日の2日間(太平洋時間)、オンラインイベント「GitHub Universe 2021」を開催、GitHub ...

                                          GitHub ActionsがOpenID Connectをサポート。GitHubからクラウドへのデプロイがより安全に
                                          • NTTドコモが実践、「Amazon EC2」の料金を“半額”にする方法

                                            関連キーワード Amazon Web Services | Oracle(オラクル) | 富士通 | IaaS IaaS(Infrastructure as a Service)に関するスキルを身に付けたいと思ったら、クラウドベンダーの無料サービスを利用する...

                                            NTTドコモが実践、「Amazon EC2」の料金を“半額”にする方法
                                            • 滞留するコンテナに罰金へ 物流の混乱が続く米ロサンゼルス港 | NHKニュース

                                              アメリカ各地で店に商品が届かないなど、サプライチェーン=供給網の混乱が続く中、西部のロサンゼルス港では、滞留したコンテナが物流の妨げになっているとして、来月から海運業者に罰金を科すことに...

                                              滞留するコンテナに罰金へ 物流の混乱が続く米ロサンゼルス港 | NHKニュース
                                              • AWS Batch ベストプラクティスまとめ | Amazon Web Services

                                                Amazon Web Services ブログ AWS Batch ベストプラクティスまとめ この記事はプリンシパル HPC ソリューションアーキテクトの Pierre-Yves Aquilanti、AWS Batch のプリンシパルプロダクトマネージャの...

                                                AWS Batch ベストプラクティスまとめ | Amazon Web Services
                                                • 新しいLinux namespaceである「CPU Namespace」について - inductor's blog

                                                  はじめに この記事は、以下のlwn.netの記事を抄訳したものです。 lwn.net CPU Namespaceのご紹介 これはCPU namespaceのインターフェスとそのメカニズムを証明するための初期プロトタイプです。 現状に...

                                                  新しいLinux namespaceである「CPU Namespace」について - inductor's blog
                                                  • 三菱UFJ銀行が「コンテナ開発」を選んだ理由、マネーツリーと見つけた“勝ちパターン”とは

                                                    IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)とは何か? 5つのメリットで理解する最新無線LAN規格の詳細

                                                    三菱UFJ銀行が「コンテナ開発」を選んだ理由、マネーツリーと見つけた“勝ちパターン”とは
                                                    • AWSで構築するSelenium自動テスト環境とその運用 - ZOZO TECH BLOG

                                                      はじめに こんにちは、Selenium 4の正式版がなかなかリリースされなく、ソワソワしている品質管理部・自動化推進ブロックの木村です。 私が所属する品質管理部は、ZOZOTOWNやWEARなどの開発プロジェク...

                                                      AWSで構築するSelenium自動テスト環境とその運用 - ZOZO TECH BLOG
                                                      • 「AWSコンテナ設計・構築 [本格] 入門」を執筆しました - horsewin's race records

                                                        はじめに AWS x コンテナに関する商業誌を執筆しましたので、本ブログにて少し内容を紹介できればと思います。 (しかし、見本誌をつみあげるとなかなか圧巻でした!) amzn.to 見本誌 こちら、共同執...

                                                        「AWSコンテナ設計・構築 [本格] 入門」を執筆しました - horsewin's race records
                                                        • 知らなくても困らないけど、知ると楽しいAWS Lambdaの裏側の世界 #devio2021 | DevelopersIO

                                                          CX事業本部の岩田です。 クラスメソッドオンラインイベントのDevelopersIO 2021 Decadeで「知らなくても困らないけど、知ると楽しいAWS Lambdaの裏側の世界」というテーマでお話ししましたので、内容を...

                                                          知らなくても困らないけど、知ると楽しいAWS Lambdaの裏側の世界 #devio2021 | DevelopersIO
                                                          • はてなリモートインターンシップ2021の講義資料を公開します - Hatena Developer Blog

                                                            CTOのid:motemenです。2021年8月から9月にかけて開催した「はてなリモートインターンシップ2021」も無事に終了しました。 今年のインターンシップは下記のエントリーで発表したように、前半の1週間が講...

                                                            はてなリモートインターンシップ2021の講義資料を公開します - Hatena Developer Blog
                                                            • AWS Protonを使用した本番運用を考える - NRIネットコム Design and Tech Blog

                                                              こんにちは、上野です。 2020年のAWS re:Inventで発表されたAWS Proton、以下のハンズオンを参考に色々触ってみました。(作者の山口さんありがとうございます!) AWS Proton で ECS Fargate のアプリ...

                                                              AWS Protonを使用した本番運用を考える - NRIネットコム Design and Tech Blog
                                                              • Container security best practices: Comprehensive guide - Sysdig

                                                                Sticking to container security best practices is critical for successfully delivering verified software, as well as preventing severe security breaches and its consequences. According to ...

                                                                Container security best practices: Comprehensive guide - Sysdig
                                                                • [レポート]AWS Container Anywhare!! #devio2021 | DevelopersIO

                                                                  はじめに 「最近コンテナのアップデート、なんか凄いのいっぱいあったよね、何って・・ええと?」 とあやふやで困っていた矢先に、「DevelopersIO 2021 Decade」Day2において、「AWS Container Anywher...

                                                                  [レポート]AWS Container Anywhare!! #devio2021 | DevelopersIO
                                                                  • 詳説 OCIコンテナランタイム youki@第15回 コンテナ技術の情報交換会

                                                                    Transcript 詳説 OCIコンテナランタイム youki
 第15回 コンテナ技術の情報交換会
 うたもく(@utam0k)
 1 自己紹介
 • うたもく(@utam0k)
 • 普段はWeb企業のバックエンドエンジニア(Scala)
 • 2021年...

                                                                    詳説 OCIコンテナランタイム youki@第15回 コンテナ技術の情報交換会
                                                                    • 加工なし CSS のみで画像にグリッチと RGB ずらし効果をかける

                                                                      グリッチとは 元々は「一過性の障害」という意味ですが、映像の世界ではしばしば「映像の乱れ」という意味で用いられます。ホラーやサイバーなどでよく見られる演出の一つ。 https://www.google.com/se...

                                                                      加工なし CSS のみで画像にグリッチと RGB ずらし効果をかける
                                                                      • 2021年コンテナ最前線〜今AWSでコンテナホストするならなにが現実解なのか?〜

                                                                        Transcript 2021年コンテナ最前線 今AWSでコンテナホストするなら なにが現実解なのか︖ 2021/10/7 CX事業本部 MAD事業部 濱⽥孝治(ハマコー) 2 とりあえず いつものアレやりますか 3 #devio2021 4 5...

                                                                        2021年コンテナ最前線〜今AWSでコンテナホストするならなにが現実解なのか?〜
                                                                        • CSSの新しい単位がすごく便利!コンテナベースの相対単位「コンテナ単位(qw, qh)」の基礎知識と使い方

                                                                          CSSでよく使用する単位といえば、px, em, remをはじめ、最近ではvh, vwなどだと思います。特にレスポンシブ対応のレイアウト・コンポーネントを実装する時には、ビューポート相対単位のvh, vwが非常に...

                                                                          CSSの新しい単位がすごく便利!コンテナベースの相対単位「コンテナ単位(qw, qh)」の基礎知識と使い方
                                                                          • コンテナ標準のOCI対応、クラウドネイティブなWebAssemblyランタイム「WasmEdge」が、CNCFのサンドボックスプロジェクトに採用

                                                                            コンテナ標準のOCI対応、クラウドネイティブなWebAssemblyランタイム「WasmEdge」が、CNCFのサンドボックスプロジェクトに採用 オープンソースのWebAssemblyランタイム「WasmEdge」を開発するSecond St...

                                                                            コンテナ標準のOCI対応、クラウドネイティブなWebAssemblyランタイム「WasmEdge」が、CNCFのサンドボックスプロジェクトに採用
                                                                            • 「AWSコンテナ設計・構築 [本格] 入門」を執筆しました - How elegant the tech world is...!

                                                                              はじめに 前回の投稿から少し日が空いてしまいましたが、AWS x コンテナに関する商業誌を執筆したので、本ブログにて少し内容を紹介できればと思います🚀 本日、無事校了しました(発売日が10/21なので...

                                                                              「AWSコンテナ設計・構築 [本格] 入門」を執筆しました - How elegant the tech world is...!
                                                                              • 第686回 Bubblewrap/bwrapを使って管理者権限なしで非特権コンテナーを作る

                                                                                LXDにしろDockerにしろsystemd-nspawnにしろ,コンテナーを作るには直接的であれ間接的であれ管理者権限が必要です。しかしながら,これらのコンテナー技術の基になっているLinuxカーネルの名前空間は...

                                                                                第686回 Bubblewrap/bwrapを使って管理者権限なしで非特権コンテナーを作る
                                                                                • GitHub - silenceshell/topic: top in container.

                                                                                  top in container. Running the original top command in a container will not get information of the container, many metrics like uptime, users, load average, tasks, cpu, memory, are about t...

                                                                                  GitHub - silenceshell/topic: top in container.