検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

古生物の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)1051 件中 1 - 40 件目

  • 約5億年前のサソリやクモの祖先を発見 中国科学院の研究所 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

    Mollisonia plenovenatrixの復元図。カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供。(c)Xinhua News 【9月17日 Xinhua News】中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤル...

    約5億年前のサソリやクモの祖先を発見 中国科学院の研究所 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
    • 新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

      「北風の凍れる竜」を意味する名前をもつ新種の翼竜クリオドラコン・ボレアス(Cryodrakon boreas)が発表された。論文によると、この空飛ぶ爬虫類は翼を広げた長さが少なくとも5メートル近くあり、大...

      新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
      • 史上最大級の飛翔動物、新種翼竜を発見 翼開長10m 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

        新種翼竜「クリオドラコン・ボレアス」の想像図。ロンドン大学クイーンメアリー校提供(2019年9月10日提供)。(c)AFP PHOTO / QUEEN MARY UNIVERSITY OF LONDON / DAVID MAAS 【9月11日 AFP】飛行機ほ...

        史上最大級の飛翔動物、新種翼竜を発見 翼開長10m 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
        • 9歳少年が一発で発見! 巨大都市近郊で恐竜のタマゴが何万個も…(安田 峰俊) | ブルーバックス | 講談社(1/3)

          猛烈な抗議活動が続く香港。現地に飛んで精力的な取材を続ける大宅賞作家・安田峰俊氏からの最新報告は「恐竜のタマゴ」。読めば現地へ行ってみたくなるスケールの大きな物語です! 現在、私は大規模な...

          9歳少年が一発で発見! 巨大都市近郊で恐竜のタマゴが何万個も…(安田 峰俊) | ブルーバックス | 講談社(1/3)
          • 5.5億年前の「死の行進」、初期体節動物の運動解明の手掛かりに 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

            中国南部で採取された蠕虫(ぜんちゅう)様動物「Yilingia spiciformis」(右)と死の直前に残した痕跡の化石。バージニア工科大学提供(2019年9月4日提供、撮影日不明)。(c)AFP PHOTO/ VIRGINIA TECH...

            5.5億年前の「死の行進」、初期体節動物の運動解明の手掛かりに 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
            • 学名 カムイサウルス・ジャポニクスに 北海道で発見のむかわ竜 | NHKニュース

              全身の骨格の化石が残る国内最大の恐竜である「むかわ竜」が新種の恐竜であることがわかり、発見場所の北海道にちなんで学名にはアイヌ語を入れ、「カムイサウルス・ジャポニクス」と名付けられました...

              学名 カムイサウルス・ジャポニクスに 北海道で発見のむかわ竜 | NHKニュース
              • むかわ竜、頭にトサカあった? 学名はカムイサウルスに:朝日新聞デジタル

                北海道むかわ町で見つかった「むかわ竜」は新属新種の恐竜で、学名は「カムイサウルス・ジャポニクス」とする北海道大などの研究グループの論文が6日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで公開...

                むかわ竜、頭にトサカあった? 学名はカムイサウルスに:朝日新聞デジタル
                • 全生命の99.5%が死滅、地球で発生していた新たな「大絶滅」が発見される | VAIENCE

                  全生命の99.5%が死滅、地球で発生していた新たな「大絶滅」が発見される | VAIENCE
                  • ジュラしっく!(Jurassic!) 本編ショートムービー

                    東映アニメーションの若手社員が集まり企画したショートムービーが公開されました。 今後の活動はTwitterを通じてお伝えしていきます。 ハッシュタグ「(#)ジュラしっく」で感想をツイートしていただけ...

                    ジュラしっく!(Jurassic!) 本編ショートムービー
                    • 氷河時代のクマはなぜ絶滅したのか? 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                      イタリアで発見されたホラアナグマの頭骨。この動物が絶滅する直前のものだ。科学者たちは長い間、彼らの絶滅の原因を探ってきた。(PHOTOGRAPH BY MATTEO ROMANDINI) ネアンデルタール人がヨーロッパ...

                      氷河時代のクマはなぜ絶滅したのか? 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                      • 「化石フェア」「フリマアプリ」で売買してはいけない絶対的理由 恐竜学者・小林快次 | デイリー新潮

                        「週刊新潮」の発売前日に速報が届く! メールマガジン登録 デイリー新潮とは? 広告掲載について お問い合わせ 著作権・リンクについて ご購入について 免責事項 プライバシーポリシー 運営:株式会社...

                        「化石フェア」「フリマアプリ」で売買してはいけない絶対的理由 恐竜学者・小林快次 | デイリー新潮
                        • 'Human-sized penguin' lived in New Zealand - BBC News

                          Share this with These are external links and will open in a new window Email Share this with Email Facebook Share this with Facebook Messenger Share this with Messenger Messenger Share th...

                          'Human-sized penguin' lived in New Zealand - BBC News
                          • 『恐竜の世界史──負け犬が覇者となり、絶滅するまで』 失われた世界の新たな歴史 - HONZ

                            そこに描かれている恐竜の姿に圧倒されつつ、胸をワクワクさせてページを繰った子どもの頃。そのワクワク感を思い起こさせてくれるような快著である。 2010年代に描かれる恐竜は、かつてわたしたちが見...

                            『恐竜の世界史──負け犬が覇者となり、絶滅するまで』 失われた世界の新たな歴史 - HONZ
                            • 史上最大サイズのインコの化石が見つかる、体高1m 体重7kg…ニュージーランド:らばQ

                              史上最大サイズのインコの化石が見つかる、体高1m 体重7kg…ニュージーランド ニュージーランド南島で、過去に類を見ないインコの化石が発見されました。 体高1mと人の背丈の半分を超える巨大サイズで、...

                              史上最大サイズのインコの化石が見つかる、体高1m 体重7kg…ニュージーランド:らばQ
                              • 絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                木漏れ日の中、森にすむ草食動物を食べるサーベルタイガー。遠景には、草原でバイソンを追うダイアウルフが見える。(ILLUSTRATION BY MAURICIO ANTÓN) 1万年ほど前に絶滅したサーベルタイガーの一種...

                                絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                • 体高1メートル? 世界最大の超巨大オウム、化石発見 ニュージーランド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                  ニュージーランドで発見された体高1メートルになるという巨大オウムの想像図(2019年8月7日提供)。(c)AFP PHOTO / FLINDERS UNIVERSITY/ DR. BRIAN CHOO 【8月7日 AFP】1900万年前の地球に生息してい...

                                  体高1メートル? 世界最大の超巨大オウム、化石発見 ニュージーランド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                  • 1.5億年前の恐竜は新種、飛翔の起源を揺さぶる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                    現在の米国ワイオミング州にあたる森で狩りをする、新種恐竜ヘスペロルニトイデス・ミエススレリのつがいの想像図。ヴェロキラプトルの近縁種で、鳥が空を飛べるように進化した過程を解く手がかりとな...

                                    1.5億年前の恐竜は新種、飛翔の起源を揺さぶる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                    • 指が異様に長い太古の鳥を発見、新種、前代未聞 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                      恐竜時代の絶滅した鳥、エナンティオルニス類の新発見の種。イラストに見られるように、足の第3趾(中趾)が異様に長かった。現時点では、マダガスカル島のアイアイが長い中指でするように、樹皮の中を...

                                      指が異様に長い太古の鳥を発見、新種、前代未聞 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                      • 恐竜が丸のみしたトカゲ、新種だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                        1億2000万年以上前、羽毛恐竜ミクロラプトルがトカゲを頭から丸のみにした。その後間もなく死亡し、やがて化石となって中国北東部で発見された。この化石は、ミクロラプトルがトカゲを食べていたことを...

                                        恐竜が丸のみしたトカゲ、新種だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                        • 第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                          「本当に今、いろいろおもしろいことが分かってきていて、今年になって論文になったアメリカのノースダコタ州の化石産地なんて、僕はかかわっていないんですが、何千年どころか1時間とか45分という話な...

                                          第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                          • 第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                            昔は愚鈍とされていた恐竜。だが今は、鳥や哺乳類のような温血動物で、羽毛が生えていたものもいたことがわかっている。そこで、日本を含めた恐竜研究の変遷や、最新のトピックスを教わりに、日本の恐...

                                            第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                            • 「モフモフできる恐竜を教えてください」5歳の女の子の質問に、恐竜学者はどう答える?

                                              日本、そして世界を代表する恐竜研究者の一人、北海道大学総合博物館教授の小林快次(よしつぐ)先生。 多くの図鑑や展覧会を監修し、全国の恐竜好きキッズのあいだでは「憧れの人」「神様」として抜群...

                                              「モフモフできる恐竜を教えてください」5歳の女の子の質問に、恐竜学者はどう答える?
                                              • 第4回 あの「恐竜博士」の意外な経歴 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                「科博の恐竜の先生」である真鍋真さんは、恐竜好きの市民からしてみると、まさに「恐竜博士」であって、メディアもなにかわからない海外の恐竜ニュースがあると、かなりの確率で真鍋さんに連絡して解...

                                                第4回 あの「恐竜博士」の意外な経歴 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                • 第4回 あの「恐竜博士」の意外な経歴 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                  「科博の恐竜の先生」である真鍋真さんは、恐竜好きの市民からしてみると、まさに「恐竜博士」であって、メディアもなにかわからない海外の恐竜ニュースがあると、かなりの確率で真鍋さんに連絡して解...

                                                  第4回 あの「恐竜博士」の意外な経歴 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                  • 研究室に行ってみた。国立科学博物館 恐竜 真鍋真 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                    昔は愚鈍とされていた恐竜。だが今は、鳥や哺乳類のような温血動物で、羽毛が生えていたものもいたことがわかっている。そこで、日本を含めた恐竜研究の変遷や、最新のトピックスを教わりに、日本の恐...

                                                    研究室に行ってみた。国立科学博物館 恐竜 真鍋真 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                    • 第2回 恐竜絶滅の原因は本当に隕石なのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                      6600万年前の白亜紀の終わりに、直径10キロ級の巨大隕石がメキシコのユカタン半島に落ちた。 その衝突で放出されたエネルギーは、TNT火薬10兆トン分だとよく表現されている。いわゆる核兵器、原子爆弾...

                                                      第2回 恐竜絶滅の原因は本当に隕石なのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                      • 第1回 日本の恐竜新時代が今始まっている! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                        恐竜の夏だ。 国立科学博物館にて、「恐竜博」が開催される。 これは数年おきに科博が主催するもので、最大のティラノサウルス標本であるスー(2005年)や、史上最大級の肉食恐竜とされるスピノサウル...

                                                        第1回 日本の恐竜新時代が今始まっている! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                        • 恐竜時代、植物食のワニは珍しくなかった、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                          絶滅したワニ「パカスクス」の想像図。歯の化石の分析により、植物食だったことが明らかになった。(ILLUSTRATION BY JORGE GONZALEZ) 絵本でも漫画でも、ワニの口にはいかにも肉食らしいギザギザの歯...

                                                          恐竜時代、植物食のワニは珍しくなかった、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                          • 古代ワニは草食だった、外見はうろこ付きのイヌ? 米大研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                            水辺で日光浴をするワニ(2019年6月1日撮影、資料写真)。(c)ISHARA S. KODIKARA / AFP 【6月28日 AFP】ワニは見た目が恐竜に似ていて、しばしば「生きている化石」と呼ばれるが、およそ2億5000万年前...

                                                            古代ワニは草食だった、外見はうろこ付きのイヌ? 米大研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                            • カワセミのように青く光る鳥、化石ではじめて特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                              約4800万年前に生息していた鳥、Eocoracias brachyptera。研究者たちは、この鳥の羽毛が青かったと推測している。化石記録から青い羽毛が復元されるのは初めてだ。(ILLUSTRATION BY MARTA ZAHER, UNIV...

                                                              カワセミのように青く光る鳥、化石ではじめて特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                              • 砂漠に適応した新種の肉食恐竜の化石、ブラジルで発見 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                ブラジル南部パラナ州マリンガで、マリンガ州立大学が公開した恐竜の化石(2019年1月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / STATE UNIVERSITY OF MARINGA (UEM) / ROSI RODRIGUES 【6月27日 AFP】約9000万年前の...

                                                                砂漠に適応した新種の肉食恐竜の化石、ブラジルで発見 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                                • むかわ竜は「新種の恐竜」 背骨などに特徴、学会報告へ:朝日新聞デジタル

                                                                  北海道むかわ町穂別で見つかった恐竜「むかわ竜」(通称)について、北海道大学総合博物館の小林快次教授は18日、「新属新種の可能性が極めて濃厚」と発表した。21日から静岡市で開かれる日本古生...

                                                                  むかわ竜は「新種の恐竜」 背骨などに特徴、学会報告へ:朝日新聞デジタル
                                                                  • 奇妙な新種ワニの化石を発見、雑食だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                    ハイギョを食べる古代ワニの新種Scolomastax sahlsteiniの復元図。現代のクロコダイルよりも小さく、およそ9600万年前、今のテキサス州アーリントンにあたる広大な河川デルタに暮らしていた。(ILLUSTR...

                                                                    奇妙な新種ワニの化石を発見、雑食だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                    • 南極で巨大首長竜の化石を発見、グループ最重量 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                      荒れる海を泳ぐエラスモサウルスを描いた復元図。今回、南極で化石が発見された個体は、先史時代の海生爬虫類の仲間であるエラスモサウルスの中で、最も重いものとなった。(PHOTOGRAPH BY STOCKTREK I...

                                                                      南極で巨大首長竜の化石を発見、グループ最重量 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                      • 3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル

                                                                        シベリアの永久凍土から、氷河期に生息していたホラアナライオンの赤ちゃんとオオカミの頭部が氷漬けの状態で見つかったと、ロシアと日本の共同研究チームが3日発表した。いずれも約3万年前の個体で...

                                                                        3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル
                                                                        • 5千万年前「めだかの学校」の化石発見 259匹の群れ:朝日新聞デジタル

                                                                          童謡「めだかの学校」よろしく、小さな魚が群れをなして泳ぐ様子がそのまま閉じ込められた化石が米西部の約5千万年前の泥岩から見つかった。 米アリゾナ州立大の水元惟暁(のぶあき)研究員、城西大水...

                                                                          5千万年前「めだかの学校」の化石発見 259匹の群れ:朝日新聞デジタル
                                                                          • 5千万年前「めだかの学校」の化石発見 259匹の群れ:朝日新聞デジタル

                                                                            童謡「めだかの学校」よろしく、小さな魚が群れをなして泳ぐ様子がそのまま閉じ込められた化石が米西部の約5千万年前の泥岩から見つかった。 米アリゾナ州立大の水元惟暁(のぶあき)研究員、城西大水...

                                                                            5千万年前「めだかの学校」の化石発見 259匹の群れ:朝日新聞デジタル
                                                                            • 地球最古、10億年前の菌類発見 従来の認識塗り替えるか 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                              イースト菌の検体(2016年9月1日撮影、本文とは関係ありません)。(c)DANIEL LEAL-OLIVAS / AFP 【5月23日 AFP】地球最古となる10億年前の菌類の化石が発掘されたとする研究論文が22日、発表された。陸...

                                                                              地球最古、10億年前の菌類発見 従来の認識塗り替えるか 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                                              • 「歩く前にハイハイした」恐竜が新たに見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                                孵化したばかりのムスサウルス・パタゴニクスは4足歩行だったが、成長するにつれて体の重心が移動し、2本足で歩行するようになった。(ILLUSTRATION BY GONZÁLE) ハイハイしていた赤ちゃんが2本の足で...

                                                                                「歩く前にハイハイした」恐竜が新たに見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                                • コウモリの翼持つ恐竜? 化石発見 中国 鳥への進化研究に一石 | NHKニュース

                                                                                  恐竜はどのようにして鳥に進化していったのか。コウモリのような翼を持つ新種の恐竜の化石が中国で見つかり、恐竜から鳥類へと進化していく過程をめぐる研究に一石を投じています。 体長は32cmとハト...

                                                                                  コウモリの翼持つ恐竜? 化石発見 中国 鳥への進化研究に一石 | NHKニュース