検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

地学の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)1230 件中 1 - 40 件目

  • 天体衝突イベント由来の新たなエジェクタ層を中新世の深海堆積物から発見―約1,160万年前の生物大量絶滅イベントの原因解明か―<プレスリリース<海洋研究開発機構 | JAMSTEC

    2019年 11月 20日 国立研究開発法人海洋研究開発機構 国立大学法人東京大学 国立大学法人神戸大学 学校法人千葉工業大学 国立大学法人九州大学 国立大学法人東京工業大学 学校法人早稲田大学 1. 発表の...

    • 約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

      太平洋の南鳥島沖の海底で、およそ1100万年前に巨大な隕石が衝突したことを示す痕跡を、海洋研究開発機構などの研究グループが発見し、この時代に起きた生物の大量絶滅の原因になった可能性が高いとし...

      約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース
      • Earthquakes with exaggerated depth

        Earthquakes between July 2017 and July 2018 Earthquake depth is exaggerated by a factor of 8. Click on each earthquake to find out more about its magnitude and depth. Original data from U...

        • 巨大地震のきっかけは月なのか?->月っぽい - Qiita

          0. Abstract 巨大地震(M>8のもの)は多くの場合、月による潮汐応力による地球の変形が、発生のトリガとなっているらしい 過去に発生した地震を、統計的に扱って潮汐との関連を議論した論文もいくつか...

          巨大地震のきっかけは月なのか?->月っぽい - Qiita
          • フィンランドの海岸を「氷の玉」が埋め尽くす…世にも珍しい現象:らばQ

            フィンランドの海岸を「氷の玉」が埋め尽くす…世にも珍しい現象 フィンランド西部にある、ハイルオト島の海岸に無数の「氷の玉」に出現しました。 世界的にも非常に珍しい現象で、観光客や地元の人々を...

            フィンランドの海岸を「氷の玉」が埋め尽くす…世にも珍しい現象:らばQ
            • 「見てしまった男」地質学者ナウマンの知られざる一面とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

              いくつか重なった偶然により、人生が大きく左右されることがある。明治の初めに来日し、10年ほどの間に東大教授として地質学を教えたエドムント・ナウマンもそうだったのかもしれない。日本でも故国ド...

              「見てしまった男」地質学者ナウマンの知られざる一面とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
              • 大量絶滅後の100万年を示す貴重な化石を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                岩石を割って発見された、6600万年前の大量絶滅を生き延びた脊椎動物の頭骨。見えているのは、古生物学者タイラー・ライソン氏の手。(PHOTOGRAPH BY HHMI TANGELED BANK STUDIOS) 恐竜の時代を終わら...

                大量絶滅後の100万年を示す貴重な化石を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                • ありえないダイヤを発見、まるでマトリョーシカ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                  これまでに例のない新発見のダイヤモンド。小さなダイヤが、大きなダイヤの中で自由にカタカタと動いている。これほど珍しい構造がどうしてできたのか、科学者たちも首をかしげている。(PHOTOGRAPH CO...

                  ありえないダイヤを発見、まるでマトリョーシカ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                  • 徳川家康が利根川の流れを変える治水事業をやっていなければ台風19号でもっと大きな被害が出ていたかもという話 - Togetter

                    徳川家康が利根川付け替える治水始めなければ、台風19号による今夜の荒川二瀬ダム、利根川二俣ダム、渡良瀬川草木ダム、神流川下久保ダムの緊急放流は、全部今の荒川か中川か隅田川に注いで、水浸しに...

                    徳川家康が利根川の流れを変える治水事業をやっていなければ台風19号でもっと大きな被害が出ていたかもという話 - Togetter
                    • “日本のポンペイ”の悲劇…90日間にわたった浅間山「天明の大噴火」の最後の1日に起きた謎だらけの凄すぎる出来事の数々 #ブラタモリ - Togetter

                      リンク NHKドキュメンタリー - ブラタモリ「浅間山~江戸時代の大噴火!衝撃の1日に何があった?~」 178 NHKドキュメンタリー - ブラタモリ「浅間山~江戸時代の大噴火!衝撃の1日に何があった?~...

                      “日本のポンペイ”の悲劇…90日間にわたった浅間山「天明の大噴火」の最後の1日に起きた謎だらけの凄すぎる出来事の数々 #ブラタモリ - Togetter
                      • 「失われた大陸」を発見…南ヨーロッパの地下に眠っていた | BUSINESS INSIDER JAPAN

                        1億4000万年前にあった大アドリア大陸の地図。 Courtesy of Douwe van Hinsbergen 数億年前の地球には、すべての陸地がひとつに集まった、パンゲア大陸と呼ばれる巨大な超大陸が存在していた。パンゲア...

                        「失われた大陸」を発見…南ヨーロッパの地下に眠っていた | BUSINESS INSIDER JAPAN
                        • 書評 「恐竜の教科書」 - shorebird 進化心理学中心の書評など

                          恐竜の教科書: 最新研究で読み解く進化の謎 作者: ダレン・ナイシュ,ポール・バレット,小林快次,久保田克博,千葉謙太郎,田中康平,吉田三知世出版社/メーカー: 創元社発売日: 2019/02/26メディア: 単行...

                          書評 「恐竜の教科書」 - shorebird 進化心理学中心の書評など
                          • チバニアン研究妨害禁じる 条例成立、千葉・市原市 | 共同通信

                            「チバニアン(千葉時代)」との命名が申請されている地層周辺の研究行為に対する妨害を禁じる条例が19日、千葉県市原市議会で成立した。申請反対派が周辺に賃借権を設定したことへの対抗措置で、市に...

                            チバニアン研究妨害禁じる 条例成立、千葉・市原市 | 共同通信
                            • 地中海に「失われた大陸」があった 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                              雲の中からそびえ立つイタリア、アペニン山脈の最高峰コルノ・グランデ。イタリア中部に位置するアペニン山脈は、古代大陸である大アドリア大陸が削り取られた残骸の一部だということが地質構造の調査...

                              地中海に「失われた大陸」があった 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                              • 学名 カムイサウルス・ジャポニクスに 北海道で発見のむかわ竜 | NHKニュース

                                全身の骨格の化石が残る国内最大の恐竜である「むかわ竜」が新種の恐竜であることがわかり、発見場所の北海道にちなんで学名にはアイヌ語を入れ、「カムイサウルス・ジャポニクス」と名付けられました...

                                学名 カムイサウルス・ジャポニクスに 北海道で発見のむかわ竜 | NHKニュース
                                • 防災の日に思う、日本の地学教育を消滅に向かわせる文部科学省の無策  WEDGE Infinity(ウェッジ)

                                  9月1日は100年近く前の1923年に関東大震災が起こった日である。しかし、日本の子どもたちはこのことを授業で学ばない。防災訓練の前後の挨拶で触れるくらいで、実際に起こった大震災の原因も被害の状況...

                                  防災の日に思う、日本の地学教育を消滅に向かわせる文部科学省の無策  WEDGE Infinity(ウェッジ)
                                  • 海底下数千m、巨大地震の発生現場どう探る? 研究の最先端は異形の船「ちきゅう」に! | 乗りものニュース

                                    世界有数の地震多発国である日本は、国としてもその研究に力を入れており、世界初という試みも、いくつもなされています。そのひとつが発生現場の直接観察。海底下数千mというとてつもない深度へ、異形...

                                    海底下数千m、巨大地震の発生現場どう探る? 研究の最先端は異形の船「ちきゅう」に! | 乗りものニュース
                                    • 学校では大震災の原因も被害の状況も教訓も学べず 文部科学省の「地学」軽視が原因か - (1/3)|ニフティニュース

                                      9月1日は1923年に関東大震災が起きた日だが、日本の子どもたちは授業で学ばないという その理由は日本の地学教育の空洞化で、教師も学んでいないので教えられないとか 地学は自然災害の猛威や歴史も学...

                                      学校では大震災の原因も被害の状況も教訓も学べず 文部科学省の「地学」軽視が原因か - (1/3)|ニフティニュース
                                      • 4年かけて全国の「重力」を測る飛行機 :: デイリーポータルZ

                                        1975年宮城県生まれ。元SEでフリーライターというインドア経歴だが、人前でしゃべる場面で緊張しない生態を持つ。主な賞罰はケータイ大喜利レジェンド。路線図が好き。(動画インタビュー) 前の記事:...

                                        4年かけて全国の「重力」を測る飛行機 :: デイリーポータルZ
                                        • 地球のコア(核)は25億年前からダダ漏れだった(カナダ・フランス・オーストラリア共同研究) : カラパイア

                                          地球の磁場は、宇宙から降り注ぐ高エネルギー粒子から私たちを守ってくれている。その大切な磁場の発生源となっているのが、地球の深奥にあるコア(核)だ。 だが何しろそれは地下2900キロの深さにある...

                                          地球のコア(核)は25億年前からダダ漏れだった(カナダ・フランス・オーストラリア共同研究) : カラパイア
                                          • 第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                            昔は愚鈍とされていた恐竜。だが今は、鳥や哺乳類のような温血動物で、羽毛が生えていたものもいたことがわかっている。そこで、日本を含めた恐竜研究の変遷や、最新のトピックスを教わりに、日本の恐...

                                            第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                            • 日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました、おかわり :: デイリーポータルZ

                                              1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー) 前の記事:ミル貝のさばき方を魚屋さんに習う > 個人...

                                              日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました、おかわり :: デイリーポータルZ
                                              • ポンペイを滅ぼしたベスビオ79年噴火の日付 - Togetter

                                                ポンペイ最後の日。定説の8月24日は、小プリニーがタキツスの求めに応じておじさんが死んだときの様子を30年後に書いて送った手紙にそう書いてあるから。10月17日の落書きは興味深いが、それが西暦79年...

                                                ポンペイを滅ぼしたベスビオ79年噴火の日付 - Togetter
                                                • このチバニアン妨害がひどい! - Togetter

                                                  チバニアンの登録に向けて、何とか好転することを祈ります。それにしても、1970年代に、共産主義に影響されすぎた一部の地質学者が欧米発信のプレートテクトニクスを拒絶していたことは有名ですが、今...

                                                  このチバニアン妨害がひどい! - Togetter
                                                  • 金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部

                                                    和田 有希(物理学専攻 博士課程3年生 / 理化学研究所 研修生) 榎戸 輝揚(京都大学白眉センター 特定准教授 / 理化学研究所 客員研究員) 発表のポイント 2018年1月10日に石川県金沢市の市街地におい...

                                                    • 日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました :: デイリーポータルZ

                                                      1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー) 前の記事:トラックの荷台で飛んでるドローン、トラッ...

                                                      日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました :: デイリーポータルZ
                                                      • 「チバニアン」 研究のための自由な立ち入り定める条例制定へ | NHKニュース

                                                        「千葉時代」を意味する「チバニアン」として、地球の歴史の一時代を代表する「国際標準地」への登録を目指している千葉県市原市の地層をめぐり、申請に反対する研究者が土地の賃借権を得ている問題で...

                                                        「チバニアン」 研究のための自由な立ち入り定める条例制定へ | NHKニュース
                                                        • グリグリ動かせるよ! 7億5000万年前までさかのぼって地球を見られる大陸移動シミュレーター | ギズモード・ジャパン

                                                          グリグリ動かせるよ! 7億5000万年前までさかのぼって地球を見られる大陸移動シミュレーター2019.06.23 15:0024,801 岡本玄介 Image: Ancient Earth Globe 作ったのがGoogleの元エンジニアだけあって、...

                                                          グリグリ動かせるよ! 7億5000万年前までさかのぼって地球を見られる大陸移動シミュレーター | ギズモード・ジャパン
                                                          • 千島列島で噴火 噴煙高さ1万m以上に 旅客機はルート変更も | NHKニュース

                                                            気象庁によりますと、千島列島の火山で22日午前噴火が発生し、噴煙が1万メートル以上の高さに達しています。気象庁は、航空路火山灰情報を出して周辺を飛行する航空機に注意を呼びかけています。 この...

                                                            千島列島で噴火 噴煙高さ1万m以上に 旅客機はルート変更も | NHKニュース
                                                            • 『ブラタモリ』を学者たちが「奇跡の番組」と絶賛する理由(尾方 隆幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

                                                              千葉県・幕張メッセで毎年開催される「日本地球惑星科学連合大会」は、国内外の地球科学者が勢揃いする一大イベントである。2019年5月26〜30日に行われた今年の大会は、参加者数8390名に及んだ。その大...

                                                              『ブラタモリ』を学者たちが「奇跡の番組」と絶賛する理由(尾方 隆幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
                                                              • 『富士山はどうしてそこにあるのか』 美しい地形には、賞味期限がある - HONZ

                                                                HONZが送り出す、期待の新メンバー登場! 鎌田 浩毅は言わずとしれた京大の人気教授にして、火山学者。専門の地球科学のみに留まらない読書量や、その深い教養から、”HONZのイニエスタ”の異名をとる。...

                                                                『富士山はどうしてそこにあるのか』 美しい地形には、賞味期限がある - HONZ
                                                                • 研究者がブラタモリから学んだこと - Togetter

                                                                  キーワード:ブラタモリ、アウトリーチ、ジオストーリー、生涯学習、地球科学、科学コミュニケーション アブストラクト:ブラタモリは,地理学的事象や地質学的事象をわかりやすく学ぶ機会を一般市民に...

                                                                  • 世界の常識を磁極反転させた日本人と「チバニアン」 松山・ブリュンヌ反転の世界標準はなぜ日本にあるべきか?(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

                                                                    ティラノサウルス・レックス「スコッティ」の骨格標本。アルバータ大学提供(提供日不明)。(c)AFP PHOTO / UNIVERSITY OF ALBERTA / AMANDA KELLEY〔AFPBB News〕 地球の地質年代には様々な名前がつい...

                                                                    世界の常識を磁極反転させた日本人と「チバニアン」 松山・ブリュンヌ反転の世界標準はなぜ日本にあるべきか?(1/7) | JBpress(Japan Business Press)
                                                                    • 「チバニアン」で研究者対立 「双方の理解重要」文科相 | NHKニュース

                                                                      千葉県にある地層を地球の一時代を代表する「国際標準地」に登録すべきかどうかで、研究者らの対立が続いていることをめぐって、柴山文部科学大臣は、まずは、双方の理解が重要だとして、意思疎通が図...

                                                                      「チバニアン」で研究者対立 「双方の理解重要」文科相 | NHKニュース
                                                                      • チバニアンがピンチ 反対者が土地押さえ、申請に待った:朝日新聞デジタル

                                                                        新たな地質時代「チバニアン」命名に向け、研究グループが進めていた国際機関への申請ができない事態になっている。反対する男性が、地層がある千葉県市原市の土地の賃借権をとり、申請に必須な「自由...

                                                                        チバニアンがピンチ 反対者が土地押さえ、申請に待った:朝日新聞デジタル
                                                                        • 新しい火山形成のメカニズムを発見、バミューダ島 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                          国際宇宙ステーションから見るバミューダ島。非常に古い火山の上にある。(PHOTOGRAPH BY NASA, CHRIS HADFIELD) 火山は同じものが二つとして存在しないが、そのでき方は、みな似たり寄ったりだ。ただ...

                                                                          新しい火山形成のメカニズムを発見、バミューダ島 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                          • 史上最大のティラノサウルスと判明、約9トン | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                            1991年に発掘された史上最大のティラノサウルス「スコッティ」の想像図。生きていた当時の体重は8.85トンと推定されている。(ILLUSTRATION BY BETH ZAIKEN, THE ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM) カナダで...

                                                                            史上最大のティラノサウルスと判明、約9トン | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                            • 地球内部にエベレストより高い「山」を発見、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                              ヒマラヤ山脈に踊る影。国際宇宙ステーションから宇宙飛行士が撮影した。(PHOTOGRAPH BY NASA) 地底には確かに山が存在した。まるでジュール・ヴェルヌの小説『地底旅行』のような話だが、ただし、こ...

                                                                              地球内部にエベレストより高い「山」を発見、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                              • 知る人ぞ知る地下神殿十和田石採石場へ潜入! | なんも大学

                                                                                大館といえば、「秋田犬」発祥の地であり、秋田名物「きりたんぽ」の本場であり、天然秋田杉を使った工芸品「大館曲げわっぱ」が生まれた場所でもある、まさに秋田のスタンダードがつまった地域。 しか...

                                                                                知る人ぞ知る地下神殿十和田石採石場へ潜入! | なんも大学
                                                                                • 丸く固まる石「コンクリーション」 国内最大級の石公開 | NHKニュース

                                                                                  コンクリーションと呼ばれる、ボールのように丸く固まる独特の形をした石のうち、直径1メートルを超える国内最大級の石が、7日から宮崎市で公開されています。 長く建設会社の社長が自宅で保管してき...

                                                                                  丸く固まる石「コンクリーション」 国内最大級の石公開 | NHKニュース