検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

地学の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)1352 件中 1 - 40 件目

  • 恐竜の頭を調べてわかった、飛翔やコミュニケーションの進化 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

    白亜紀に、現在のモンゴルにあたる地域に生息していた恐竜シュヴウイア。この恐竜の目と耳の構造は、夜に狩りをしていたことを示唆している。(ILLUSTRATION BY VIKTOR RADERMAKER) 恐竜研究は今、黄...

    恐竜の頭を調べてわかった、飛翔やコミュニケーションの進化 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    • 淡路島で発見の化石 新種の恐竜と判明 | NHKニュース

      兵庫県淡路島でおよそ7200万年前の地層から見つかった化石が新種の恐竜のものだとわかり、島ゆかりの神話にちなみ「ヤマトサウルス・イザナギイ」と名付けられました。 この化石は、17年前の平成16年5...

      淡路島で発見の化石 新種の恐竜と判明 | NHKニュース
      • 「地球上にはこれまで25億頭のティラノサウルスが生息していた」という推測 - GIGAZINE

        ティラノサウルスは、約6800万年前から約6600万年前までの中生代白亜紀末期に、北アメリカ大陸を中心に生息していた大型肉食恐竜です。このティラノサウルスの約240万年間における総生息が25億頭以上に...

        「地球上にはこれまで25億頭のティラノサウルスが生息していた」という推測 - GIGAZINE
        • 翼竜の長い首はどのように支えられているのか? - GIGAZINE

          by Tim Evanson キリンやラクダ、アルパカなど、首の長い動物は数多く存在します。今日までに発見された最も首の長い動物群は恐竜であり、竜脚下目のブラキオサウルスなどは首の長さが最大11メートルに...

          翼竜の長い首はどのように支えられているのか? - GIGAZINE
          • 骨が「ミネラルの電池」に進化、4億年前の魚で証拠発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

            約4億年前に生きていた顎のない甲冑魚(かっちゅうぎょ)。骨細胞を含む骨があり、筋肉に重要なミネラル分を供給することが可能だった証拠が新たに発見された。(ILLUSTRATION BY BRIAN ENGH) 古生代...

            骨が「ミネラルの電池」に進化、4億年前の魚で証拠発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
            • 「クジラの歌」で地震や地下の断層の調査が可能との研究結果 - GIGAZINE

              クジラの一部は、求愛などのコミュニケーションのために音を発することが知られており、録音されたものを人間が聞くと歌のようにも聞こえることから「クジラの歌」と呼ばれています。このクジラの歌が...

              「クジラの歌」で地震や地下の断層の調査が可能との研究結果 - GIGAZINE
              • 南極の氷の下には「化石化した森」が広がっている 超大陸ゴンドワナの遺物 - ナゾロジー

                高等学校での理科教員を経て、現職に就く。ナゾロジーにて「身近な科学」をテーマにディレクションを行っています。アニメ・ゲームなどのインドア系と、登山・サイクリングなどのアウトドア系の趣味を...

                南極の氷の下には「化石化した森」が広がっている 超大陸ゴンドワナの遺物 - ナゾロジー
                • 「世界で一番寝ている人が多い時間帯はいつなのか?」実際に計算してみたら衝撃の結果が「その視点はなかった」 - Togetter

                  祖父江 慎(そぶえ しん) @sobsin 世界中の全人類ほぼ全員が同時におだやかな睡眠をとってる時間が訪れることってないんだろうな。一番多い%が眠りについてた瞬間って長い歴史の中のいつだったのかな ...

                  「世界で一番寝ている人が多い時間帯はいつなのか?」実際に計算してみたら衝撃の結果が「その視点はなかった」 - Togetter
                  • ロシア北極圏の永久凍土に巨大な穴 ドローンで調査すると… | 環境 | NHKニュース

                    ロシアの北極圏の永久凍土では、数年前から巨大な穴が相次いで確認され、周囲への影響が懸念されています。この巨大な穴について、ロシアの研究チームが初めてドローンを使って内部を調査し、穴ができ...

                    ロシア北極圏の永久凍土に巨大な穴 ドローンで調査すると… | 環境 | NHKニュース
                    • 馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明! - ナゾロジー

                      高等学校での理科教員を経て、現職に就く。ナゾロジーにて「身近な科学」をテーマにディレクションを行っています。アニメ・ゲームなどのインドア系と、登山・サイクリングなどのアウトドア系の趣味を...

                      馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明! - ナゾロジー
                      • 扇状地に土砂が堆積する理由:田代博先生らとのやりとり - Togetter

                        地理学者で山の展望や富士山などに関する多数の著書を書かれた田代博先生(元筑波大学附属高校教諭、日本地図センター相談役)が先日他界されました。先生らと2014年に行った扇状地に関するやりとりを...

                        扇状地に土砂が堆積する理由:田代博先生らとのやりとり - Togetter
                        • 地球の「退屈な10億年」の謎を解明、造山運動が停滞していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                          プレート運動で押し上げられることのない米国南東部のアパラチア山脈は、風化によって侵食されて、少しずつ低くなっている。研究により、過去に地球上の高くそびえる山脈が約10億年にわたって成長を止...

                          地球の「退屈な10億年」の謎を解明、造山運動が停滞していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                          • 深海に眠る地震の歴史 宮城県沖に平安期の堆積物: 日本経済新聞

                            日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 深さ7500メートル、日本海溝の海底下の地層から、...

                            深海に眠る地震の歴史 宮城県沖に平安期の堆積物: 日本経済新聞
                            • 「ディメトロドンって恐竜じゃないのか」「ややこしすぎる」恐竜とよく間違えられる古生物たち!! - Togetter

                              KW032 @Orcinus32145122 @Dino55313051 アフリカのカルー盆地で単弓類の化石の研究しているある学者が化石の事を現地の人々に聞き込みをすると、 皆が「恐竜」と言うので一々説明しても「恐竜」が抜け...

                              「ディメトロドンって恐竜じゃないのか」「ややこしすぎる」恐竜とよく間違えられる古生物たち!! - Togetter
                              • 地図とかデザインとか on Twitter: "地質区分の境界である、構造線を路線図にしてみました。 #中央構造線 #糸魚川静岡構造線 #フォッサマグナ https://t.co/394PQSXZKb"

                                地質区分の境界である、構造線を路線図にしてみました。 #中央構造線 #糸魚川静岡構造線 #フォッサマグナ https://t.co/394PQSXZKb

                                地図とかデザインとか on Twitter: "地質区分の境界である、構造線を路線図にしてみました。 #中央構造線 #糸魚川静岡構造線 #フォッサマグナ https://t.co/394PQSXZKb"
                                • 世界で初めて発見された恐竜の「お尻の穴」の化石から分かる新事実とは? - GIGAZINE

                                  ティラノサウルスの完全な骨格が再現されるなど、恐竜の生態については多くの研究が行われていますが、新たに良好な状態の恐竜の「お尻の穴」の化石が発見され、さまざまなことが判明しています。 A cl...

                                  世界で初めて発見された恐竜の「お尻の穴」の化石から分かる新事実とは? - GIGAZINE
                                  • 絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                    赤毛のダイアウルフ(Canis dirus)とタイリクオオカミ(Canis lupus)の対決。アーティストのマウリシオ・アントン氏が研究者の意見を聞いて2020年に描いた。ダイアウルフはドール(アカオオカミ)や...

                                    絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                    • 「スーパームーン」が海岸地形の変化に影響与える 初確認 | NHKニュース

                                      月が地球に接近しいつもより明るく輝いて見える「スーパームーン」と呼ばれる現象の際、干満の差が大きくなることで海岸の地形の変化に影響を与えていることが、神奈川県横須賀市にある研究所の調査で...

                                      「スーパームーン」が海岸地形の変化に影響与える 初確認 | NHKニュース
                                      • 博物館の化石 新種恐竜の可能性|NHK 北海道のニュース

                                        胆振のむかわ町で見つかり地元の博物館で保管されていた化石が実は鳥類のルーツに近い新種の恐竜の可能性があることが分かり、鑑定した研究グループではさらに詳しく分析を進めることにしています。 こ...

                                        博物館の化石 新種恐竜の可能性|NHK 北海道のニュース
                                        • 「8年1ヶ月」という世界最長の露光時間で撮影した写真が公開中 - GIGAZINE

                                          ビール缶で作ったピンホールカメラによって撮影されたおよそ「8年1カ月」という長大な露光時間の写真が公開されました。 Longest known exposure photograph ever captured using a beer can | About u...

                                          「8年1ヶ月」という世界最長の露光時間で撮影した写真が公開中 - GIGAZINE
                                          • 全国Q地図(旧・九州Q地図)|古い地形図(旧版地図)を含む各種地形図の統合閲覧サイト

                                            古い地形図(旧版地図)を含む各種地形図の統合閲覧サイト。「地理院地図」と同じ画面構成で各種地形図が閲覧できます。

                                            全国Q地図(旧・九州Q地図)|古い地形図(旧版地図)を含む各種地形図の統合閲覧サイト
                                            • 百貨店には化石が埋まっている~専門家と街の石材を見て歩く~ :: デイリーポータルZ

                                              百貨店は装飾に力を入れる。なので高級石材が使われる。そして高級石材に多い大理石には化石が眠っている。へぇ~、なるほど。 専門家の方には独自の視界があり、一緒に街を歩くとその視点にへえへえ言...

                                              百貨店には化石が埋まっている~専門家と街の石材を見て歩く~ :: デイリーポータルZ
                                              • 14年間隠されていた「決闘する恐竜」化石、ついに表舞台へ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                2006年に、民間の化石ハンターが発見したティラノサウルスとトリケラトプスの化石。最近になって米国ノースカロライナ州の博物館に買い取られたことにより、研究が進むと期待されている。(PHOTOGRAPH ...

                                                14年間隠されていた「決闘する恐竜」化石、ついに表舞台へ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                • 専門家と街の石を見て歩きへぇへぇ言わされまくる :: デイリーポータルZ

                                                  同じ街でも専門家と歩くと見方が変わる。今回は街の石材を見分ける西本昌司さんと石を見ながら二子玉川駅周辺を歩いた。 とはいえ、石である。地学の授業のことなど何も思い出せない自分におもしろがれ...

                                                  専門家と街の石を見て歩きへぇへぇ言わされまくる :: デイリーポータルZ
                                                  • 米南部にある民主党支持層の青い帯は、恐竜がいた一億年前の海岸に堆積した藻類の死骸の痕跡だという話 - Togetter

                                                    ACTIVE GALACTIC @active_galactic 恐竜がいた時代の沿岸に堆積した藻類の死骸が,1億年後の現代,綿花栽培の良い土壌となり,人口比で相当割合の黒人が奴隷としてつれてこられ,赤い南部州に民主党支...

                                                    米南部にある民主党支持層の青い帯は、恐竜がいた一億年前の海岸に堆積した藻類の死骸の痕跡だという話 - Togetter
                                                    • 日本唯一の「砂漠」は鳥取県じゃなく、実は「東京都」にあった(アーバン ライフ メトロ) - Yahoo!ニュース

                                                      伊豆大島の活火山「三原山」の北東「砂漠が正式な地名として国土地理院の地図に載っているのは、大島だけだそうです」 伊豆大島のジャズ喫茶でマスターからそう聞いたとき、なぜか妙に納得しました。そ...

                                                      日本唯一の「砂漠」は鳥取県じゃなく、実は「東京都」にあった(アーバン ライフ メトロ) - Yahoo!ニュース
                                                      • スピノサウルスの歯、太古の川から大量に見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                        スピノサウルスは、一生の多くを水中で過ごしていたことがわかりつつある。最新の研究で、かつての川の堆積物から歯が大量に見つかったことからも、泳ぎながら狩りをしていたことが示唆される。(MODEL...

                                                        スピノサウルスの歯、太古の川から大量に見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                        • エベレストの本当の高さは? ネパールと中国が最新の計測 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                          2019年の登山シーズン、モンスーンの雲に覆われたエベレストの頂上。(PHOTOGRAPH BY FRANK BIENEWALD, LIGHTROCKET, GETTY IMAGES) 2019年5月22日、ネパール人測量家で登山家のキムラル・ガウタム氏...

                                                          エベレストの本当の高さは? ネパールと中国が最新の計測 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                          • 知っておきたい月の話、驚きの誕生物語から白黒模様の正体まで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                            地球の唯一の衛星である月は、ずっと私たちとともにあった。地球の海で最初の生命が誕生したころどころか、地球が冷えて海ができる以前から、地球のまわりを何十億年も公転している。 今は夜空で何事も...

                                                            知っておきたい月の話、驚きの誕生物語から白黒模様の正体まで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                            • アップデートされる恐竜 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                              この記事は、雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版 2020年10月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。 解析技術の飛躍的な進歩と化石の発掘ラッシュで、恐竜研究の最...

                                                              アップデートされる恐竜 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                              • 大半の日本人が知らない……「福井県の水月湖」が世界の研究に決定的な影響を及ぼした理由(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) - Yahoo!ニュース

                                                                地学の仕事に「過去の時間を正確に測る」という大事な作業がある。日常生活で時間を計るのは時計であり、年月日や時分という単位が用いられる。そして地球が刻んだ時間を決めるのは地質学の仕事だ。そ...

                                                                大半の日本人が知らない……「福井県の水月湖」が世界の研究に決定的な影響を及ぼした理由(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) - Yahoo!ニュース
                                                                • 大半の日本人が知らない……「福井県の水月湖」が世界の研究に決定的な影響を及ぼした理由 7万年の年縞が1年刻みで残る : 登山ちゃんねる

                                                                  2020年09月14日 大半の日本人が知らない……「福井県の水月湖」が世界の研究に決定的な影響を及ぼした理由 7万年の年縞が1年刻みで残る カテゴリニュース tozanch Comment(29) 1: 名無しさん 2020/09/1...

                                                                  大半の日本人が知らない……「福井県の水月湖」が世界の研究に決定的な影響を及ぼした理由 7万年の年縞が1年刻みで残る : 登山ちゃんねる
                                                                  • 地球は最初から青かった? 水の起源に新隕石説 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                    仏パリの国立自然史博物館に収蔵されている長さ約10センチの頑火輝石(エンスタタイト)コンドライト「サハラ97096」。国立自然史博物館提供(2020年8月27日提供)。(c) Laurett PIANI and Christine F...

                                                                    地球は最初から青かった? 水の起源に新隕石説 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                                    • 西之島、なくなっちゃうかも? 噴火の方式に変化の兆し:朝日新聞デジタル

                                                                      活発な噴火を繰り返している東京・小笠原諸島の西之島。ここに来て、噴き出す火山灰の組成が変化してきたことがわかった。マグマがこれまでより深くから上がって来ているとみられ、今後、島中央の火口...

                                                                      西之島、なくなっちゃうかも? 噴火の方式に変化の兆し:朝日新聞デジタル
                                                                      • 西之島の火口が2倍に 熱い火山灰が覆い生物死滅か

                                                                        火口が2倍以上に拡大。島全体が高温の火山灰に覆われました。 19日に海上保安庁が撮影した小笠原諸島の西之島です。 観測に同行した東京工業大学・野上健治教授:「山頂火口と呼んでいた所が非常に大き...

                                                                        西之島の火口が2倍に 熱い火山灰が覆い生物死滅か
                                                                        • 巨石の謎、興味尽きず 長野県信濃美術館工事で地中から発見 | 信濃毎日新聞[信毎web]

                                                                          「でかいなあ。こんな石がなぜここにあるのか」―。長野市箱清水の城山公園で、県信濃美術館本館の建設工事中に発見された巨石が、地元の地質研究者の興味を引いている。巨石は三つで、いずれも安山岩。...

                                                                          巨石の謎、興味尽きず 長野県信濃美術館工事で地中から発見 | 信濃毎日新聞[信毎web]
                                                                          • 驚きの「ブーメラン」地震、初の報告、衝撃波生む超高速で逆戻り | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                            2010年のある春の日の午後、メキシコのバハカリフォルニア州をマグニチュード7.2の地震が襲った。クカパーの先住民の長老であるロザリオ・ガルシア・ゴンザレス氏は、地震発生時に自宅で目にした驚きの...

                                                                            驚きの「ブーメラン」地震、初の報告、衝撃波生む超高速で逆戻り | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                            • 解説:「史上最小の恐竜」は実はトカゲだった、論文を撤回 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                              およそ9900万年前、現在のミャンマーにあたる場所で、垂れ落ちる樹脂にオクルデンタビス・カウングラアエ(Oculudentavis khaungraae)が閉じ込められる。この謎めいた生き物は、新たな研究でトカゲに...

                                                                              解説:「史上最小の恐竜」は実はトカゲだった、論文を撤回 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                              • 思わず二度見しちゃう。世界初のデジタル日時計の仕組みが面白い | ナゾロジー

                                                                                世界で初めてデジタル表記できる日時計が開発されるデジタル日時計は、太陽光の経路を調整することで時刻に合った数字を表現できるオープンソースで誰もが作成可能 太陽光と影を利用して時間を計測する...

                                                                                思わず二度見しちゃう。世界初のデジタル日時計の仕組みが面白い | ナゾロジー
                                                                                • 4億2900万年前の三葉虫、現代の昆虫のような視覚 研究 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                                  目の保存状態が極めて良い4億2900万年前の三葉虫の化石の3D画像。ケルン大学提供(2020年8月8日提供)。(c)AFP PHOTO /UNIVERSITY OF COLOGNE / DR. BRIGITTE SCHOENEMANN 【8月14日 AFP】恐竜の誕生前...

                                                                                  4億2900万年前の三葉虫、現代の昆虫のような視覚 研究 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News