検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

妊娠・出産の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)576 件中 1 - 40 件目

  • 停電の特養「いつまで持つか…」 体調崩す高齢者が続出:朝日新聞デジタル

    台風15号に伴う停電が続く千葉県で、エアコンが使えなくなった介護施設では、体調不良を訴える高齢者が相次いでいる。熱中症が懸念されるなか、妊産婦ら配慮が必要な人を優先的に受け入れる避難所も...

    停電の特養「いつまで持つか…」 体調崩す高齢者が続出:朝日新聞デジタル
    • 障害者は子どもを産むべきではない?2児の母「どんな障害があっても子育てはできると知ってほしい」 | AbemaTIMES

      「一人では何もできないくせに」「子どもに面倒を見てもらいたいのか」「親が障害者だとかかわいそう」。 障害のある人たちが感じる、結婚、出産、そして子育てに関する不安。そして、子どもを持つとい...

      障害者は子どもを産むべきではない?2児の母「どんな障害があっても子育てはできると知ってほしい」 | AbemaTIMES
      • 児童虐待、米国は「介入から予防へ」 家庭訪問で5割減:朝日新聞デジタル

        子どもの虐待対策を強化するための改正法が6月に成立した。適切な保護などが柱だが、日本より約30年早く虐待防止法ができた米国では、様々な家庭訪問プログラムで虐待を未然に防ぐ取り組みなどにも...

        児童虐待、米国は「介入から予防へ」 家庭訪問で5割減:朝日新聞デジタル
        • 性的支配25年 6度の妊娠、その時だけ優しくなった夫 [性暴力を語り始めたひとたち]:朝日新聞デジタル

          夫婦間暴力は気づかれにくい。セックスの強要もその一つだ。 「25年間、元夫の暴力の支配下にあった。最初から恋愛感情はなく、ただ怖くて逆らえなかった」 始まりは、女性(41)が中学3年生の時...

          性的支配25年 6度の妊娠、その時だけ優しくなった夫 [性暴力を語り始めたひとたち]:朝日新聞デジタル
          • 「おろすか、乳児院か」障害ある夫婦、猛反対の中で選択:朝日新聞デジタル

            重い障害のある19人の命が奪われた、やまゆり園事件。「障害者は不幸を作ることしかできません」と被告は記した。事件から3年。出産を選んだ障害のある人を通し、命の重さについて改めて考えたい。 ...

            「おろすか、乳児院か」障害ある夫婦、猛反対の中で選択:朝日新聞デジタル
            • 「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相、パーティーで発言 - 毎日新聞

              自民党の桜田義孝前五輪担当相は29日、千葉市で開かれた会合で「結婚しなくていいという女の人が増えている」と少子化問題に言及し「お子さん、お孫さんには子どもを最低3人くらい産むようにお願いして...

              「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相、パーティーで発言 - 毎日新聞
              • 「子育ては命を削る」女性に出産を押し付ける人々に、出産育児の実体験を持って反論「気絶した」「他人にはおすすめできない」 - Togetter

                出産して2年経ち改めて思うのはあんな命がけの行為を誰かにどんどん産めと圧をかけられるのは断じておかしいってこと 私の場合その後腰痛の悪化、免疫の低下と産み育てるのは命を削るなと実感 産んで良...

                「子育ては命を削る」女性に出産を押し付ける人々に、出産育児の実体験を持って反論「気絶した」「他人にはおすすめできない」 - Togetter
                • コウノドリ - 鈴ノ木ユウ / TRACK71 梅毒(1) | コミックDAYS

                  コウノドリ 鈴ノ木ユウ 出産は病気ではない。だから通常の出産に保険はきかない。産科医療は怪我や病気を治す訳ではない。なので通常の出産に産科医は必要ない。だが、何かが起こりうるから産科医は必...

                  コウノドリ - 鈴ノ木ユウ / TRACK71 梅毒(1) | コミックDAYS
                  • 「援助交際で妊娠した。1ミリも愛せない”異物”」赤ちゃんを育てられない特定妊婦たちをギリギリで支える支援者たち | AbemaTIMES

                    「赤ちゃん!赤ちゃん!」。退院の日、母親(25)に抱かれた弟との初対面にはしゃぐ2歳の女の子。しかし、これが3人一緒に過ごす最後のひとときだ。 シングルマザーの彼女は未婚のまま女の子を出産。...

                    「援助交際で妊娠した。1ミリも愛せない”異物”」赤ちゃんを育てられない特定妊婦たちをギリギリで支える支援者たち | AbemaTIMES
                    • 「子供を産まない選択は勝手」発言にモノ申す | 子育て | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                      今年6月26日、自民党の二階俊博幹事長が東京都内で講演し、「子どもを産まないほうが幸せじゃないかと勝手なことを考えている人がいる」と発言したことで、各方面から批判が相次いだ。 この発言を知っ...

                      「子供を産まない選択は勝手」発言にモノ申す | 子育て | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                      • 3人の子供を“無痛分娩”“自然分娩”“和痛分娩”でそれぞれ産んだ人の体験談が壮絶だった - Togetter

                        まず、1人目無痛分娩 当時住んでいた家から一番近くの病院が無痛分娩をしていて、それまでの生活で耳鼻科や歯科の処置で何度か痛みや恐怖で失神してしまうビビリの私は迷わず選択。 陣痛開始後すぐに硬...

                        3人の子供を“無痛分娩”“自然分娩”“和痛分娩”でそれぞれ産んだ人の体験談が壮絶だった - Togetter
                        • 旧優生保護法を問う:強制不妊 34道府県開示資料(その3止) - 毎日新聞

                          ◆鳥取 11 遺伝性の確認、厳密に行わず <主な資料> 審査会16回分に関する議事録や申請書など。49~58年が15回分、78年が1回分。 <内容> 計16回の審査会は、約20人について不妊手...

                          旧優生保護法を問う:強制不妊 34道府県開示資料(その3止) - 毎日新聞
                          • 旧優生保護法を問う:強制不妊 34道府県開示資料(その2) - 毎日新聞

                            ◆茨城 54 審査内容不明 <主な資料> 83年以降の審査会委員名簿。 <内容> 8~9人いた委員のうち医師、民生委員、学識経験者は開示の際に黒塗りされている。 他は家庭裁判所判事、地検次席検事...

                            旧優生保護法を問う:強制不妊 34道府県開示資料(その2) - 毎日新聞
                            • 強制不妊手術:GHQ「医学的根拠不明」 日本側押し切る - 毎日新聞

                              障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法が国会で審議された1948年、日本を間接統治していた連合国軍総司令部(GHQ)が、法案に強制不妊の対象として盛り込まれていた大半の疾患の遺伝性につ...

                              強制不妊手術:GHQ「医学的根拠不明」 日本側押し切る - 毎日新聞
                              • 強制不妊手術:「悔しい」手話で訴え 聴覚障害者6人会見 - 毎日新聞

                                旧優生保護法下で行われた強制不妊手術について、自らの体験を手話で伝える高木賢夫さん(左端)。左から2人目は妻・妙子さん=大阪市中央区で2018年6月9日午後0時28分、望月亮一撮影 旧優生...

                                強制不妊手術:「悔しい」手話で訴え 聴覚障害者6人会見 - 毎日新聞
                                • 旧優生保護法:優生推進、学会が検証 障害者不妊 戦前、法制定へ運動 - 毎日新聞

                                  優生保護法(1948~96年)の前身で、ナチス・ドイツの断種法をモデルにした国民優生法(40~48年)の法制化を積極的に進めた日本民族衛生学会(現・日本健康学会、渡辺知保理事長)が、法案...

                                  旧優生保護法:優生推進、学会が検証 障害者不妊 戦前、法制定へ運動 - 毎日新聞
                                  • 性教育は「予防接種」親も逃げずに 正しく伝えるには:朝日新聞デジタル

                                    パソコンやスマートフォンの普及で、子どもたちがふとした拍子に過激な性的表現に触れてしまうことがある。一方で、学校での性教育には「寝た子を起こすな」という考えも根強い。保護者や身近な大人が...

                                    性教育は「予防接種」親も逃げずに 正しく伝えるには:朝日新聞デジタル
                                    • 旧優生保護法:強制不妊 厚生省研究班も批判 88年「人権侵害甚だしい」 - 毎日新聞

                                      旧優生保護法下の強制不妊手術に対する国内外からの批判の高まりを受け、旧厚生省内に設置された学識経験者らでつくる研究班が1988年、強制手術について「人権侵害が甚だしい」と指摘する報告書を...

                                      旧優生保護法:強制不妊 厚生省研究班も批判 88年「人権侵害甚だしい」 - 毎日新聞
                                      • 妊婦さんは救急車・タクシーを呼んでいいの? 消防庁・医師・タクシー会社の見解

                                        産婦人科医を名乗るTwitterユーザーが、陣痛妊婦が救急車を利用することを「不正利用」だと問題視したことをきっかけに、医療関係者などを中心に大きな議論が起きた。 妊婦さんが陣痛時に救急車を利用...

                                        妊婦さんは救急車・タクシーを呼んでいいの? 消防庁・医師・タクシー会社の見解
                                        • 誰にも言えないまま出産、母子の命を助けたい 熊本の病院が匿名で産める「内密出産」を計画 - 弁護士ドットコム

                                          熊本市は5月28日、親が育てられない子どもを匿名で受け入れる同市内の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の2017年度の運用について、「預けられた子どもは7人で、男の子が5人、女の...

                                          誰にも言えないまま出産、母子の命を助けたい 熊本の病院が匿名で産める「内密出産」を計画 - 弁護士ドットコム
                                          • 教科書に「社会から悪い遺伝性の病気除く」 強制不妊:朝日新聞デジタル

                                            かつての優生保護法のもとで障害者らが不妊手術を強制された問題で、当時の高校の保健体育の教科書にも法の重要性や「不良な子孫が生まれないように」などと手術の正当性を説明する記述があることがわ...

                                            教科書に「社会から悪い遺伝性の病気除く」 強制不妊:朝日新聞デジタル
                                            • 妊産婦の自殺防げ 産後うつ深刻、行政が専用相談窓口  :日本経済新聞

                                              妊婦や産後まもない母親の自殺を防ごうと、行政が専用の相談窓口を設けるなどの取り組みを始めている。子育てに悩み自殺願望を抱く母親は少なくないが、妊産婦に限った統計はなく、実態はよく分かって...

                                              妊産婦の自殺防げ 産後うつ深刻、行政が専用相談窓口  :日本経済新聞
                                              • 旧優生保護法を問う:48年議事録 強制不妊、反対なく立法化 超党派で障害者差別 - 毎日新聞

                                                障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法(1948~96年)は、保守・革新双方の国会議員が口を極めて障害者を差別しながら提案し、批判なく全会一致で成立したことが議事録から判明した。法施行...

                                                旧優生保護法を問う:48年議事録 強制不妊、反対なく立法化 超党派で障害者差別 - 毎日新聞
                                                • 強制不妊、道庁が「親子4代」の調査依頼 最多の要因か:朝日新聞デジタル

                                                  かつての優生保護法のもと、障害者らに不妊手術が強制された問題で、北海道庁が1950年代、保健所に対し「(対象者は)4代にわたって調査されたい」とする文書を送付していたことがわかった。「性...

                                                  強制不妊、道庁が「親子4代」の調査依頼 最多の要因か:朝日新聞デジタル
                                                  • Dr.北村が語る現代思春期:東京都教委の性教育指導 「バッシング」はもうご免だ - 毎日新聞

                                                    3月16日に開催された東京都議会文教委員会で、自民党の古賀俊昭都議が、足立区の中学校で行われた性教育の授業を批判したという朝日新聞の記事が目にとまりました。古賀都議は、性教育の領域では知...

                                                    Dr.北村が語る現代思春期:東京都教委の性教育指導 「バッシング」はもうご免だ - 毎日新聞
                                                    • 長野の障害者施設に流産の胎児 性的虐待の疑いで調査:朝日新聞デジタル

                                                      長野県内の障害者支援施設で昨年5月、知的障害などがある女性が流産した胎児が衣類に包まれた状態で見つかっていたことがわかった。施設から報告を受けた女性の出身自治体が、性的虐待を受けた後に流...

                                                      長野の障害者施設に流産の胎児 性的虐待の疑いで調査:朝日新聞デジタル
                                                      • 「生理が来なくなって一人前」の幻想 ――10代スポーツ女子をむしばむ月経周期異常 - Yahoo!ニュース

                                                        中高生ら10代のスポーツ女子(クラブ活動などでスポーツをする女性)に無月経や月経不順が広がっている。無月経になると、骨粗しょう症になって疲労骨折のリスクを高めたり、不妊につながったりする恐...

                                                        「生理が来なくなって一人前」の幻想 ――10代スポーツ女子をむしばむ月経周期異常 - Yahoo!ニュース
                                                        • なぜ日本社会は虐待事件を防げないのか 『児童虐待から考える』杉山春氏インタビュー WEDGE Infinity(ウェッジ)

                                                          今年3月、全国の警察が児童相談所に虐待の疑いがあると通告した子どもの数は04年以来13年連続で増加していると警察庁が発表した。保護者と子どもに一体何が起きているのか。長年、虐待をはじめ、家族や...

                                                          なぜ日本社会は虐待事件を防げないのか 『児童虐待から考える』杉山春氏インタビュー WEDGE Infinity(ウェッジ)
                                                          • 妊娠で高校中退:母19歳、大学生に 社会福祉士の夢へ - 毎日新聞

                                                            全日制高校在学中に妊娠して中退し、その後定時制高校で学んだ埼玉県在住の唐澤たばささん(19)が今春、首都圏の大学に入学した。1歳の娘を育てていくために「必ず大学に入りたかった」と言う。社...

                                                            妊娠で高校中退:母19歳、大学生に 社会福祉士の夢へ - 毎日新聞
                                                            • 旧優生保護法を問う:精神科病院に連行 強制不妊「誰にも言えず」 57年、苦悩と痛み 氏名公表、札幌の76歳男性 - 毎日新聞

                                                              旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた小島喜久夫さん。最近、妻(右)に打ち明けた=札幌市西区で2018年4月11日、貝塚太一撮影 「不妊手術されたなんて、誰にも言えなかった」。10代後半で強...

                                                              旧優生保護法を問う:精神科病院に連行 強制不妊「誰にも言えず」 57年、苦悩と痛み 氏名公表、札幌の76歳男性 - 毎日新聞
                                                              • 強制不妊手術:障害児施設に手術促す 北海道が1951年に - 毎日新聞

                                                                北海道が開示した通知のコピー。「(不妊手術の)申請書を積極的に提出するようご配意願いたい」と記されていた=4日、竹内幹撮影 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術...

                                                                強制不妊手術:障害児施設に手術促す 北海道が1951年に - 毎日新聞
                                                                • 赤ちゃんポスト:「内密出産」法制化を 運営病院など要請 - 毎日新聞

                                                                  慈恵病院と熊本市が内密出産制度について話し合った意見交換会=熊本市中央区の熊本市役所別館で2018年1月30日、城島勇人撮影 子供を育てられない母親が匿名のまま病院で出産できる、「内密出産...

                                                                  赤ちゃんポスト:「内密出産」法制化を 運営病院など要請 - 毎日新聞
                                                                  • アクセス:「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 - 毎日新聞

                                                                    <access> 愛知県の私立保育園で、運営に支障をきたさないためとして園長が女性保育士の結婚時期や妊娠・出産の順番を決めていることが議論を呼んでいる。保育士の一人が順番から外れて妊娠。「...

                                                                    アクセス:「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 - 毎日新聞
                                                                    • 旧優生保護法:不妊目的で放射線 厚生省「研究」容認 - 毎日新聞

                                                                      旧優生保護法(1948~96年)が禁じた「不妊のためのレントゲン(X線)照射」について、旧厚生省が49年、学術研究が目的ならば「さしつかえない」と容認していたことが判明した。現在の医学的...

                                                                      旧優生保護法:不妊目的で放射線 厚生省「研究」容認 - 毎日新聞
                                                                      • 強制不妊:堕胎逃れた奇跡 ハンセン病母への手術「失敗」 - 毎日新聞

                                                                        白い砂浜から水平線にかけて続く、青のグラデーション。なぎさに沿うように建てられた国立ハンセン病療養所「宮古南静園」(沖縄県宮古島)を訪れた女性(59)がつぶやいた。「生まれたことに感謝し...

                                                                        強制不妊:堕胎逃れた奇跡 ハンセン病母への手術「失敗」 - 毎日新聞
                                                                        • 障害ない男性も…中2で不妊手術 「人生返して」提訴へ:朝日新聞デジタル

                                                                          旧優生保護法(1948~96年)のもと、10代の時に不妊手術を強いられたとして国に損害賠償を求めて訴えを起こす意向の東京都内の70代男性が25日、会見で思いを語った。4月にも東京地裁に提...

                                                                          障害ない男性も…中2で不妊手術 「人生返して」提訴へ:朝日新聞デジタル
                                                                          • 月経トラッキングや避妊薬デリバリーなど、女性を対象にした「フェムテック」が成長中 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

                                                                            Image Credit: Frost & Sullivan report 2017年は世界中の女性にとって画期的な年となった。#MeToo や #TimesUp , Women’s Marchのようなムーブメントが火を付けた形となった。 テック業界でもフェムテ...

                                                                            月経トラッキングや避妊薬デリバリーなど、女性を対象にした「フェムテック」が成長中 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
                                                                            • パレスチナにおける障害児・発達障害児に対する早期発見・治療改善のための支援に関する書簡の交換 | 外務省

                                                                              1 3月4日(現地時間同日),パレスチナのラマッラにおいて,我が方大久保武パレスチナ関係担当大使兼対パレスチナ日本政府代表事務所長と先方ジュネビエブ・ブゥタン国連児童基金(UNICEF)パレスチナ...

                                                                              • 不妊手術強制:資料散逸、救済の壁 「現存しない」8割 - 毎日新聞

                                                                                宮城県内で強制不妊手術の拠点の一つだった「愛宕診療所」の跡地。現在は駐車場となり面影は残っていない=仙台市太白区で2018年2月23日、岩崎歩撮影 旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害...

                                                                                不妊手術強制:資料散逸、救済の壁 「現存しない」8割 - 毎日新聞
                                                                                • 【速報】HPVワクチンと「副反応」に関係がなかったことが明らかに!~「名古屋スタディ」の成果~(駒崎弘樹) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                                                  日本において、年間約2900人の女性の命と1万人の子宮を傷つけ奪う子宮頸がん。 「マザーキラー」の異名を持つこの病気は、少子化に悩む日本にとって忌むべき敵です。 しかし喜ばしいことに、この子宮頸...

                                                                                  【速報】HPVワクチンと「副反応」に関係がなかったことが明らかに!~「名古屋スタディ」の成果~(駒崎弘樹) - 個人 - Yahoo!ニュース