検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

現代文学の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)246 件中 1 - 40 件目

  • 村上春樹さんがラジオで語った「ライバルに圧倒的な差をつける恋文のコツ」 - いつか電池がきれるまで

    2か月に一度、TOKYO FM系列で、村上春樹さんがDJのラジオ番組が放送されているのです。 ちょうど1年前、2019年2月の回の放送を聴きなおしていたら、こんな質問に村上さんが答えていました。 リスナーか...

    村上春樹さんがラジオで語った「ライバルに圧倒的な差をつける恋文のコツ」 - いつか電池がきれるまで
    • 《天冥の標》から『息吹』まで、多数の傑作SFが刊行された2019年を振り返る - 基本読書

      息吹 作者:テッド・チャン出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/12/04メディア: 単行本 傑作揃いの短篇集 今年のSFでまず中心的に語っておきたいのは*1、素晴らしい短篇集が多数出たことだ。たとえば...

      《天冥の標》から『息吹』まで、多数の傑作SFが刊行された2019年を振り返る - 基本読書
      • 純文学雑誌は転換期を迎えているーー『文藝』リニューアル成功が浮き彫りにした重い課題|Real Sound|リアルサウンド ブック

        季刊『文藝』(河出書房新社)が、2019年夏季号からリニューアルした。「韓国・フェミニズム・日本」特集を組んだ同秋季号が、同誌では17年ぶりの重版、創刊号以来86年ぶりの3刷となりニュースになった...

        純文学雑誌は転換期を迎えているーー『文藝』リニューアル成功が浮き彫りにした重い課題|Real Sound|リアルサウンド ブック
        • 楽しく生きるための100冊 2019|さとなお(佐藤尚之)|note

          ボクが主宰している「コミュニティ4th」では、毎月「Bookトライブ」という読書会をやっています。 一冊課題図書を決めて、みんなで読んできて感想を言い合う、という会ですね。 そこでここ数年、何を読...

          楽しく生きるための100冊 2019|さとなお(佐藤尚之)|note
          • ミステリーベスト100 - 破壊屋ブログ

            ハッシュタグ「#好きなミステリ10個あげると人柄がバレる」を集計しました。有効投票数483人が選んだ最高のミステリーは綾辻行人の『十角館の殺人』でした! 順位 タイトル 投票人数 1 位 十角館の殺人...

            ミステリーベスト100 - 破壊屋ブログ
            • 2019年に読んだ231冊から星5の15冊を紹介 - 海外文学読書録

              このブログでは原則的に海外文学しか扱ってないが、実は日本文学やノンフィクションも陰でそこそこ読んでおり、それらを読書メーターに登録している。 今回、2019年に読んだすべての本から、最高点(星...

              2019年に読んだ231冊から星5の15冊を紹介 - 海外文学読書録
              • 酒が飲めない人には理解しがたい酒飲みの発想 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                30年間毎日酒を飲み続けていた町田康さんと、酒の席には極力出ない武田砂鉄さんという対極な2人による対談。飲酒をめぐるそれぞれの価値観を語り合った(撮影:塚本 弦汰) 「酒を飲むことが、毎日の楽...

                酒が飲めない人には理解しがたい酒飲みの発想 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                • 世界に対する認識そのものが問われる、SF密室ミステリィ──『世界樹の棺』 - 基本読書

                  世界樹の棺 (星海社FICTIONS) 作者:筒城 灯士郎,淵゛出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/11/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この『世界樹の館』は、『ビアンカ・オーバーステップ』という作品で...

                  世界に対する認識そのものが問われる、SF密室ミステリィ──『世界樹の棺』 - 基本読書
                  • 犯罪者には田中が多い - 犯罪者には田中が多い(柞刈湯葉) - カクヨム

                    「田中はやめたほうがいいです」 編集のO田川氏は開口一番にそう言った。都内某所の喫茶店で「魔法少女探偵アガサちゃん」の次話ネームを見せていた時だった。 「月刊少年ボウイ」のO田川氏はもう5年も...

                    犯罪者には田中が多い - 犯罪者には田中が多い(柞刈湯葉) - カクヨム
                    • 「炎上を怖がっちゃいけない。電源を抜いたら消えてしまう世界です」――筒井康隆85歳が語る「表現の自由」 - Yahoo!ニュース

                      「炎上を怖がっちゃいけない。電源を抜いたら消えてしまう世界です」――筒井康隆85歳が語る「表現の自由」 「もうあらゆるものを書き尽くした」。作家・筒井康隆さん(85)は、60年近くにわたり、ジャン...

                      「炎上を怖がっちゃいけない。電源を抜いたら消えてしまう世界です」――筒井康隆85歳が語る「表現の自由」 - Yahoo!ニュース
                      • タイトルによる読者の誘引手法が秀逸…小説『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』の内容がとても気になる人たち - Togetter

                        朱野帰子『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』読んだ。マイナスイオンだけじゃなくてパワーストーン、不正論文、自然分娩・母乳育児周辺、がん代替医療と全部盛りだけどすべて物語の中に...

                        タイトルによる読者の誘引手法が秀逸…小説『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』の内容がとても気になる人たち - Togetter
                        • どんでん返しが凄いミステリー小説! おすすめベスト10【第2弾】 - あれこれライフ

                          「どんでん返しが凄いミステリー! おすすめベスト10」【第2弾】をご紹介します。 前回の「どんでん返しが凄いミステリー! おすすめベスト10」が大変、ご好評いただきました。 www.grateful-feelings....

                          どんでん返しが凄いミステリー小説! おすすめベスト10【第2弾】 - あれこれライフ
                          • 嵐の夜に読むに相応しい小説を教えて欲しい

                            この雨風の音が臨場感を増すようなやつね

                            嵐の夜に読むに相応しい小説を教えて欲しい
                            • 「本を読め、深く読め」――パンク歌手から作家へ、町田康が語る創作力の源泉 - Yahoo!ニュース

                              先鋭的な作品で知られる作家の町田康(57)。10代でパンク歌手としてデビューし、バンド「INU」名義でのアルバム『メシ喰うな!』は、いまも名盤として聴き継がれている。不遇の時代を経て、小説家とし...

                              「本を読め、深く読め」――パンク歌手から作家へ、町田康が語る創作力の源泉 - Yahoo!ニュース
                              • #この岩波文庫がすごい総選挙 - Togetter

                                #この岩波文庫がすごい総選挙 デカルト『方法序説』 何度も何度も読み返し、今でも読み返す。デカルトが唱える「四つの準則」は私の中の柱になってる。 pic.twitter.com/bwEaQavRsn

                                #この岩波文庫がすごい総選挙 - Togetter
                                • 村上春樹に通じる癒やし作品も 文学者が選ぶ「メンタルに効く文学」5冊 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

                                  村上春樹作品を読むと癒やされる感覚を持つ人は多い。だが、村上作品以外にも落ち込んだ気分を改善させてくれる作品がある。そんなメンタルに効く「癒やしの文学」を紹介する。 【文学者が選ぶ、春樹以...

                                  村上春樹に通じる癒やし作品も 文学者が選ぶ「メンタルに効く文学」5冊 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
                                  • 芥川賞作家・西村賢太が自身の半生で見てきた食風景と、消えない郷愁の味 - メシ通 | ホットペッパーグルメ

                                    中篇小説『苦役列車』で、2011年に第144回芥川賞を受賞した西村賢太さん。中卒で日雇い仕事に従事する自意識過剰な主人公・北町貫多の無為な日々を描いた本作は、自身の実体験を織り交ぜた“私小説”の伝...

                                    芥川賞作家・西村賢太が自身の半生で見てきた食風景と、消えない郷愁の味 - メシ通 | ホットペッパーグルメ
                                    • 幻冬舎出版中止トラブル、作家・津原泰水さんが明かす、日本国紀と、盟友だった担当編集者の「変節」 | ハフポスト

                                      「日本製品は中国で売れる」では“スタートラインにすら立てない”。御社の商品、“立ち位置”ズレていませんか?

                                      幻冬舎出版中止トラブル、作家・津原泰水さんが明かす、日本国紀と、盟友だった担当編集者の「変節」 | ハフポスト
                                      • 中川右介 on Twitter: "いまの「白い巨塔」は役者の差もさることながら、脚本が過去作に劣る。いちばんダメなのは財前に「白い巨塔」と言わせたところ。原作では「白い巨塔」というフレーズは最後に、地の文で一回出てくるだけ。セリフで説明してはいけない。"

                                        いまの「白い巨塔」は役者の差もさることながら、脚本が過去作に劣る。いちばんダメなのは財前に「白い巨塔」と言わせたところ。原作では「白い巨塔」というフレーズは最後に、地の文で一回出てくるだ...

                                        中川右介 on Twitter: "いまの「白い巨塔」は役者の差もさることながら、脚本が過去作に劣る。いちばんダメなのは財前に「白い巨塔」と言わせたところ。原作では「白い巨塔」というフレーズは最後に、地の文で一回出てくるだけ。セリフで説明してはいけない。"
                                        • 見城徹がヤバい:ロマン優光連載135 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

                                          ロマン優光のさよなら、くまさん 連載第135回 見城徹がヤバい 最近、幻冬舎社長・見城徹さんのツイートが熱い! 映画『空母いぶき』に総理大臣役で出演する佐藤浩市さんのインタビューに対して百田さ...

                                          見城徹がヤバい:ロマン優光連載135 - ブッチNEWS(ブッチニュース)
                                          • 幻冬舎社長の見城徹が、日本国紀のパクリを批判した作者の実売部数を公表し作家などから顰蹙を買う - Togetter

                                            ツイートまとめ 高まる幻冬舎への不信 佐久間裕美子氏「みんなウェルカム@幻冬舎plusをおやすみすることにしました」とその反応 見城氏への批判と尊敬が入り混じって、何とも言えないですね。 5312 pv ...

                                            幻冬舎社長の見城徹が、日本国紀のパクリを批判した作者の実売部数を公表し作家などから顰蹙を買う - Togetter
                                            • 花村萬月 on Twitter: "俺が駆け出しのころだ。見城がまだ角川書店にいた時代だ。角川書店担当Sに上司の見城を紹介された。編集者なのにチープな文学意識の抜けていない薄気味悪いマッチョだった。自費でつくったらしい阿部薫の本をわたされた。ま、それはいい。"

                                              俺が駆け出しのころだ。見城がまだ角川書店にいた時代だ。角川書店担当Sに上司の見城を紹介された。編集者なのにチープな文学意識の抜けていない薄気味悪いマッチョだった。自費でつくったらしい阿部...

                                              花村萬月 on Twitter: "俺が駆け出しのころだ。見城がまだ角川書店にいた時代だ。角川書店担当Sに上司の見城を紹介された。編集者なのにチープな文学意識の抜けていない薄気味悪いマッチョだった。自費でつくったらしい阿部薫の本をわたされた。ま、それはいい。"
                                              • 読書人必読! PR誌の魅力とその特徴とは? - 野上 暁|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

                                                出版界の活性化を、と10数年前にスタートした「本の街 神保町を元気にする会」が毎年1回発行する「神保町が好きだ!」という小冊子がある。故鷲尾賢也氏(講談社OB)の発案で創刊され、5号から野上が編...

                                                読書人必読! PR誌の魅力とその特徴とは? - 野上 暁|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
                                                • なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか?(津田 彷徨) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

                                                  一般のユーザーが自作の小説を投稿できるサイト「小説家になろう」。同サイトからデビューした作家の津田彷徨氏は、数字を武器にこのサイトの特徴を徹底的に分析してきた。津田氏によれば、このサイト...

                                                  なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか?(津田 彷徨) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
                                                  • 荻上チキ 上野千鶴子・東京大学入学式祝辞を語る

                                                    荻上チキさんがTBSラジオ『荻上チキSession-22』の中で東京大学の2019年入学式で上野千鶴子さんが披露した祝辞について話し、その中で取り上げられていた姫野カオルコさんの小説『彼女は頭が悪いから』...

                                                    荻上チキ 上野千鶴子・東京大学入学式祝辞を語る
                                                    • 開発インタビュー: 『文字渦』の文字はいかに作られたか──「作字」をDNPメディア・アートに聞く ● type.center

                                                      当サイトでもたびたび取り上げている円城塔氏の『文字渦』。ここでは文字について書かれた小説でありながら、実際の文字を作字したり、組版についての実験的なことなど、文字や文章、書籍についての形...

                                                      開発インタビュー: 『文字渦』の文字はいかに作られたか──「作字」をDNPメディア・アートに聞く ● type.center
                                                      • 森見登美彦氏、直木賞に敗北する。 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

                                                        熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 昨年のクリスマス・イブのことである。 万城目学氏が京都へやってくるとい...

                                                        森見登美彦氏、直木賞に敗北する。 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ
                                                        • 芥川賞後、廃人気分の作家に 将棋界から突然のオファー:朝日新聞デジタル

                                                          作家 高橋弘希さんの寄稿 朝日新聞には、A賞受賞時にもエッセイを寄稿した。一般の読者は知らぬと思うが、とゆうか私も知らなかったが、A賞を受賞すると各新聞紙へのエッセイ寄稿が慣例である。 し...

                                                          芥川賞後、廃人気分の作家に 将棋界から突然のオファー:朝日新聞デジタル
                                                          • 誰かを完全に理解するなんて無理。仮面をかぶって生きてもOKじゃん。平野啓一郎さんと話したらラクになった。 | ハフポスト

                                                            女性CFOたちは195兆円の超過利潤をもたらした。「女性が導く時、企業は勝利する」の背景は?【調査結果】

                                                            誰かを完全に理解するなんて無理。仮面をかぶって生きてもOKじゃん。平野啓一郎さんと話したらラクになった。 | ハフポスト
                                                            • この本がスゴい!2018: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

                                                              まとめ すごく長くなったので、まとめる。まず、今年のベスト。 この本がスゴい!2018のラインナップ。 この本がスゴい!2018の一覧は以下の通り。 ◆フィクション 『ランドスケープと夏の定理』高島雄...

                                                              この本がスゴい!2018: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
                                                              • 「ホモソに依存する男たち」湧き上がる怒りにむらむら――犬山紙子「むらむら読書」 | 文春オンライン

                                                                怒りがむらむらと湧いて湧いてしょうがなくて、いちいちそれを鎮めないと次のページに進めないくらいに感情的になってしまった本が『彼女は頭が悪いから』だ。 ©犬山紙子 姫野カオルコ先生のこの小説は...

                                                                「ホモソに依存する男たち」湧き上がる怒りにむらむら――犬山紙子「むらむら読書」 | 文春オンライン
                                                                • ホモソーシャルに生きる男性たちが、いとも簡単に「ヤバくなる」瞬間 - wezzy|ウェジー

                                                                  姫野カオルコ著『彼女は頭が悪いから』(文藝春秋)は、2016年に発生した東大生集団強制わいせつ事件に着想を得て書き下ろされた長編小説である。平凡な女子大生である美咲と、東大生であるつばさが出...

                                                                  ホモソーシャルに生きる男性たちが、いとも簡単に「ヤバくなる」瞬間 - wezzy|ウェジー
                                                                  • 平野啓一郎×小川洋子「フィクションだけがもつ力とは」 | 文春オンライン

                                                                    人間にとって過去とはなにか――。 ​究極の問いを突きつける平野啓一郎氏の最新作『ある男』。平野氏が「自分と違う書き方をされている作家」と考える小川洋子氏とともに、今の時代において、フィクショ...

                                                                    平野啓一郎×小川洋子「フィクションだけがもつ力とは」 | 文春オンライン
                                                                    • 芥川賞受賞・高橋弘希インタビュー「小説と将棋は似ているかもしれない」 | 文春オンライン

                                                                      「うれしいっちゃ、うれしいです。 でも、賞が欲しくて小説を書いている人なんていないだろうし、結果的に受賞できたのはよかったかなという」 気負わず飄々と、マイペース。7月18日に第159回芥川賞を...

                                                                      芥川賞受賞・高橋弘希インタビュー「小説と将棋は似ているかもしれない」 | 文春オンライン
                                                                      • 新芥川賞作家・高橋弘希が語った「僕が戦争を描く理由」 | 文春オンライン

                                                                        第159回芥川賞が高橋弘希さんの『送り火』(『文學界』5月号掲載)に決定しました。1979年生まれにして、これまで『指の骨』『朝顔の日』など戦争を題材にした小説にも取り組んできた高橋さん。その思...

                                                                        新芥川賞作家・高橋弘希が語った「僕が戦争を描く理由」 | 文春オンライン
                                                                        • ディストピア小説不完全ガイド全54冊ー今だからこそ読みたい古典から新作まで(随時更新) - ゴミ本なんてない

                                                                          その過激な発言と排斥主義で世間の耳目を集めたトランプがまさかの大統領として着任した2017年初頭。途端に「ビッグ・ブラザー」といった造語を浸透させた事でも有名な、ジョージ・オーウェルの『1984...

                                                                          ディストピア小説不完全ガイド全54冊ー今だからこそ読みたい古典から新作まで(随時更新) - ゴミ本なんてない
                                                                          • 翻訳家・岸本佐知子が子供の頃にハマった外国の本10冊(岸本 佐知子) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

                                                                            改めて感じた翻訳の凄さ 読み返した回数と衝撃の強さで考えると、『西瓜糖の日々』『にんじん』『バブリング創世記』が私のベスト3です。 『西瓜糖の日々』で驚いたのはその世界観です。 作品全体にア...

                                                                            翻訳家・岸本佐知子が子供の頃にハマった外国の本10冊(岸本 佐知子) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)
                                                                            • News Up 芥川賞・直木賞の舞台裏は… | NHKニュース

                                                                              きょうは第158回芥川賞・直木賞の選考会ですが、この賞のことどれくらいご存じですか。作家人生が一変するとも言われ、今や抜群の知名度を誇るこの文学賞の舞台裏、のぞいてみました。(ネットワー...

                                                                              News Up 芥川賞・直木賞の舞台裏は… | NHKニュース
                                                                              • 芥川賞2作品と直木賞1作品決まる | NHKニュース

                                                                                第158回芥川賞と直木賞の選考会が16日夜、東京で開かれ、芥川賞に石井遊佳さんの「百年泥」と、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」が選ばれました。また、直木賞に門井慶喜さんの「銀河...

                                                                                芥川賞2作品と直木賞1作品決まる | NHKニュース
                                                                                • 54001

                                                                                  『騎士団長殺し』だけじゃあらない!2017年の日本小説ベスト12 年末年始にぜひ読んでほしいオススメ本 今年は春樹旋風&地方小説がトレンド 今年もやってまいりました年末ジャンボベスト。国内、海外の...

                                                                                  54001