検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

論文の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)12602 件中 1 - 40 件目

  • 【Python】専門書や論文を読みたいけど数学が苦手・わからない人向けのコードを読んで学ぶ数学教本 - Qiita

    はじめに プログラミング自体は文系、理系、年齢関わらず勉強するばある程度ものになります。しかし、差が出てくるのが分析に関連した業務や機械学習法に対する理解度でしょうか。このギャップを埋めた...

    【Python】専門書や論文を読みたいけど数学が苦手・わからない人向けのコードを読んで学ぶ数学教本 - Qiita
    • 海外諸国の非実在ポルノ規制と性犯罪率|機械学習をするおによめ|note

      背景 非実在の表現に対する規制が懸念されています。表現規制派は、非実在児童ポルノによって、「未成年に対して性的な犯罪をしてもよい」という社会通念の形成を懸念しているようです。実際に先進国...

      • 僕は論文が書けない - Life is Beautiful

        この記事は、数理生物学会ニュースレター(2021年10月)に掲載された内容を、いくつかのタイポを修正した上で、掲載したものです。 追記: 本ブログは PV 広告収入 などを一切目的としておりません。し...

        • 小室圭さん、論文コンペで優勝 学生対象、NY州弁護士会:時事ドットコム

          小室圭さん、論文コンペで優勝 学生対象、NY州弁護士会 2021年10月22日11時16分 小室圭さん=18日、横浜市港北区(代表撮影) 【ニューヨーク時事】秋篠宮家の長女眞子さま(29)と26日に結婚...

          小室圭さん、論文コンペで優勝 学生対象、NY州弁護士会:時事ドットコム
          • 上腕を握ってスマートウォッチにこっそり入力 立命館大が開発

            Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 立命館大学 ...

            上腕を握ってスマートウォッチにこっそり入力 立命館大が開発
            • 研究効率化Tips Ver.2

              cvpaper.challengeはコンピュータビジョン分野の今を映し、トレンドを創り出す挑戦です。論文サマリ・アイディア考案・議論・実装・論文投稿に取り組み、凡ゆる知識を共有しています。 http://xpaperch...

              研究効率化Tips Ver.2
              • 合成背景に人が溶け込むよう照明を調節する技術 Googleが開発

                Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 米Google Re...

                合成背景に人が溶け込むよう照明を調節する技術 Googleが開発
                • 論文出版が多すぎると、科学は進展するどころか停滞する

                  科学実践・科学制度(3) 分野横断的心理学(3) (マインドフルネス)瞑想(8) 死(自殺・自傷含む)、犯罪の研究(14) 恋愛心理学(13) 男女心理学(・進化心理学)(13) 社会心理学(42) 発達心理学・発達障害(24) ...

                  • ヒトにおける音楽の進化を巡って2つの仮設が学術誌上で対決

                    慶應義塾大学(慶大)は10月13日、音楽学、神経科学、進化生物学、人類学、考古学、そして心理学からのエビデンスを統合し、個人がより大きな集団とつながることの促進という点から、音楽を作るための生...

                    ヒトにおける音楽の進化を巡って2つの仮設が学術誌上で対決
                    • 京都大、霊長類研究所の元教授の4論文 捏造と認定(京都新聞) - Yahoo!ニュース

                      京都大は15日、霊長類研究所(愛知県犬山市)の正高信男元教授(66)が過去に発表した4つの論文において、実験を行った事実が認められないため捏造(ねつぞう)と認定したと発表した。正高氏に論文撤回の...

                      京都大、霊長類研究所の元教授の4論文 捏造と認定(京都新聞) - Yahoo!ニュース
                      • 血流の動きをアバターの顔に反映したら、より人間的になった Microsoftなどが技術開発

                        3DCGの進化により、写実的なアバターを作成できるようになってきた。髪の毛や皮膚の繊細な再現、シワや呼吸の動きなど人間を模倣した追求が日進月歩で進んでいる。今回は、血流の変化によって生じる顔...

                        血流の動きをアバターの顔に反映したら、より人間的になった Microsoftなどが技術開発
                        • その個人情報はうそか本当か、AIが判定 4種類のうそのつき方が明らかに

                          ブリストル大学、Youtility、キングス・カレッジ・ロンドン、ソーレン・プライブッシュ氏による英国の研究チームが発表した「Truth or Dare」は、オンライン上で入力された個人情報が真実なのか虚偽な...

                          その個人情報はうそか本当か、AIが判定 4種類のうそのつき方が明らかに
                          • ソフトだけでタッチパネルを超解像化 スマホの画面で掌紋認証も

                            Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 米カーネギ...

                            ソフトだけでタッチパネルを超解像化 スマホの画面で掌紋認証も
                            • 矢野事務次官の寄稿は「財務省の事務方トップが“会計学に無知識である”ことを世界に晒した」 ~高橋洋一氏が指摘

                              ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月13日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。『文藝春秋』で発表された矢野康治財務事務次官の論考について解説した。 財政政策について 飯田)『文藝春...

                              矢野事務次官の寄稿は「財務省の事務方トップが“会計学に無知識である”ことを世界に晒した」 ~高橋洋一氏が指摘
                              • ステート・オブ・AI ガイド on Twitter: "このMITによる論文、重要すぎて機械学習に関わる人は必見だと思う ImageNetなど有名なデータのテストセットには平均3.4%ものラベル誤りが存在し、最近のSOTAモデルはこれに過適合している。ノイズが多い現実世界のデータでは… https://t.co/nz8LN3weZ8"

                                このMITによる論文、重要すぎて機械学習に関わる人は必見だと思う ImageNetなど有名なデータのテストセットには平均3.4%ものラベル誤りが存在し、最近のSOTAモデルはこれに過適合している。ノイズが多...

                                ステート・オブ・AI ガイド on Twitter: "このMITによる論文、重要すぎて機械学習に関わる人は必見だと思う ImageNetなど有名なデータのテストセットには平均3.4%ものラベル誤りが存在し、最近のSOTAモデルはこれに過適合している。ノイズが多い現実世界のデータでは… https://t.co/nz8LN3weZ8"
                                • サバクトビバッタの特異な繁殖行動を解明― 農薬使用量の減少に繋がる効率的な防除が可能に ― | 国際農研

                                  令和3年10月12日 国際農研 モーリタニア国立サバクトビバッタ防除センター フランス国際農業開発センター モロッコ国立サバクトビバッタ防除センター サバクトビバッタの特異な繁殖行動を解明 ― 農薬使...

                                  サバクトビバッタの特異な繁殖行動を解明― 農薬使用量の減少に繋がる効率的な防除が可能に ― | 国際農研
                                  • 通常より40%速く歩ける外骨格システム スタンフォード大学が開発

                                    Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

                                    通常より40%速く歩ける外骨格システム スタンフォード大学が開発
                                    • “ひらひら”落下を操作できる、葉っぱ型ロボットを開発 “ゆらゆら”泳いで浮上も可能

                                      “ひらひら”落下を操作できる、葉っぱ型ロボットを開発 “ゆらゆら”泳いで浮上も可能:Innovative Tech(1/2 ページ)

                                      “ひらひら”落下を操作できる、葉っぱ型ロボットを開発 “ゆらゆら”泳いで浮上も可能
                                      • アインシュタインが「宇宙項」を付け加えた本当の理由とは? (吉田 伸夫)

                                        科学史研究は、通常の歴史学とは異なる面を持つ。第一級の史料であるはずの原論文を、科学史家が必ずしも読解していないのである。研究の主目的は、当時の社会情勢や人間関係と科学の動向を結びつける...

                                        アインシュタインが「宇宙項」を付け加えた本当の理由とは? (吉田 伸夫)
                                        • 動く人をリアルに着せ替え合成 揺れる服の動きも詳細に再現

                                          Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 独ブラウン...

                                          動く人をリアルに着せ替え合成 揺れる服の動きも詳細に再現
                                          • 超音波で顔や手を“浮かべて”ビデオ会議 遠隔地からジェスチャーを反映

                                            Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 スイス連邦...

                                            超音波で顔や手を“浮かべて”ビデオ会議 遠隔地からジェスチャーを反映
                                            • イベルメクチン、 誤った科学が生んだ新型ウイルス「特効薬」 - BBCニュース

                                              画像説明, ブラジルのボルソナロ大統領の支持者集会で抗寄生虫薬「イベルメクチン」を模したサインを掲げる女性 「イベルメクチン」は新型コロナウイルス感染症COVID-19の「奇跡の」治療薬と呼ばれ、ワ...

                                              イベルメクチン、 誤った科学が生んだ新型ウイルス「特効薬」 - BBCニュース
                                              • 人の気配を遠隔に伝える装置 静電気で体毛が“もわっ”と

                                                遠隔コミュニケーションが人々の生活に浸透しつつある昨今、ビデオ会議などの映像と音声のやりとりだけでなく、より実在感のある雰囲気を伝える方法が模索されている。触覚、鼓動、温度などを用いた手...

                                                人の気配を遠隔に伝える装置 静電気で体毛が“もわっ”と
                                                • ペラペラ曲がる紙に合わせて映像合成 NVIDIAなどが技術開発

                                                  Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 香港中文大...

                                                  ペラペラ曲がる紙に合わせて映像合成 NVIDIAなどが技術開発
                                                  • 人を乗せたまま変形する「折り紙タイヤ」、ソウル大学が開発 オフロードと高速走行を切り替え

                                                    人を乗せたまま変形する「折り紙タイヤ」、ソウル大学が開発 オフロードと高速走行を切り替え:Innovative Tech(1/2 ページ)

                                                    人を乗せたまま変形する「折り紙タイヤ」、ソウル大学が開発 オフロードと高速走行を切り替え
                                                    • 飛行中にプロペラを変形できるドローン 狭い場所の通過や運搬作業など自由自在

                                                      今回のドローンシステムは、4本の剛体アームが蝶番でボディーに接続されており、90度の可動範囲で展開と折りたたみが行える。蝶番を除けば通常のドローンとほぼ同じなため、飛行の妨げや消費電力に大き...

                                                      飛行中にプロペラを変形できるドローン 狭い場所の通過や運搬作業など自由自在
                                                      • Environment and culture shape both the colour lexicon and the genetics of colour perception - Scientific Reports

                                                        Environment and culture shape both the colour lexicon and the genetics of colour perception

                                                        Environment and culture shape both the colour lexicon and the genetics of colour perception - Scientific Reports
                                                        • なぜリベラルの声は中間層に届かないのか?(鳥海不二夫) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                          Scientific Reportsという論文誌に"Japanese conservative messages propagate to moderate users better than their liberal counterparts on Twitter"という論文が掲載されました. 日本国内の話です...

                                                          なぜリベラルの声は中間層に届かないのか?(鳥海不二夫) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                          • 外部プロジェクターの映像をAR表示する眼鏡型デバイス 東工大などが開発

                                                            通常のARディスプレイは眼鏡のように装着するため、光学部品、センサー、コンピュータ、バッテリーなどを組み込むと同時にコンパクトさも実現しなければならない。このため、処理能力、電力消費、発熱...

                                                            外部プロジェクターの映像をAR表示する眼鏡型デバイス 東工大などが開発
                                                            • ビデオ会議中のよそ見が可能に? 顔が常に前を向いているように見せる技術、NVIDIAが開発

                                                              Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 米NVIDIAの...

                                                              ビデオ会議中のよそ見が可能に? 顔が常に前を向いているように見せる技術、NVIDIAが開発
                                                              • 論文の書き方 - 主にメンタル面の対処を中心として

                                                                Transcript © SAKURA internet Inc. 論⽂の書き⽅ 主に「メンタル⾯」の対処⽅法を中⼼として 2021/10/01 さくらインターネット研究所 菊地 編 © SAKURA internet Inc. この資料は 初めて「論⽂」を書...

                                                                論文の書き方 - 主にメンタル面の対処を中心として
                                                                • 著書・共著書は業績であり続けられるのか - digitalnagasakiのブログ

                                                                  ※書いていたら長くなってしまったので結論だけ先に書いておきますと、「学術出版社の皆さま、明示的に査読制度を作っていただくとよいと思います」という話を書いております。 研究業績とはどういうも...

                                                                  • メガネの鼻当てで個人を識別 スマートグラスやVRゴーグルのユーザー認証に活用

                                                                    Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 立命館大学...

                                                                    メガネの鼻当てで個人を識別 スマートグラスやVRゴーグルのユーザー認証に活用
                                                                    • 口の乾燥を検知する首用ウェアラブルデバイス 熱、匂い、圧力、3つの刺激で唾液分泌を促す

                                                                      Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 神戸大学 塚...

                                                                      口の乾燥を検知する首用ウェアラブルデバイス 熱、匂い、圧力、3つの刺激で唾液分泌を促す
                                                                      • 頬を膨らませてマウスをクリック ハンズフリー操作可能なマスク型デバイス

                                                                        Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 国際電気通...

                                                                        頬を膨らませてマウスをクリック ハンズフリー操作可能なマスク型デバイス
                                                                        • goto on Twitter: "Kaggle界隈では複数シードのアンサンブルとかにまつわる話。 CV界隈でのランダムシード数と精度の関係を分析する論文。 シード数によって生じる精度の差は有意と言える物で、多くの研究がラッキシードによるものではないかと著者が懐疑的… https://t.co/jHLRN0RyhI"

                                                                          Kaggle界隈では複数シードのアンサンブルとかにまつわる話。 CV界隈でのランダムシード数と精度の関係を分析する論文。 シード数によって生じる精度の差は有意と言える物で、多くの研究がラッキシード...

                                                                          goto on Twitter: "Kaggle界隈では複数シードのアンサンブルとかにまつわる話。 CV界隈でのランダムシード数と精度の関係を分析する論文。 シード数によって生じる精度の差は有意と言える物で、多くの研究がラッキシードによるものではないかと著者が懐疑的… https://t.co/jHLRN0RyhI"
                                                                          • 【論文紹介】統計学の過去50年における最も重要なアイディアとは? - Qiita

                                                                            こんにちは,株式会社Nospare・千葉大学の小林です.本記事ではGelman and Vehtari (2020)の`What are the most important statistical ideas of the past 50 years?'について紹介します.この論文は過...

                                                                            【論文紹介】統計学の過去50年における最も重要なアイディアとは? - Qiita
                                                                            • 「我々はあほなのだろうか?」人工知能の研究で知られる松尾豊先生が書いた「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」という論文が普通に面白かった

                                                                              三宅香帆 @m3_myk 「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」というド直球タイトルの論文を見つけたのだが普通に面白かった……。まず論文のサマリーが「今回もまた締め切りぎりぎりになる。なぜでき...

                                                                              「我々はあほなのだろうか?」人工知能の研究で知られる松尾豊先生が書いた「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」という論文が普通に面白かった
                                                                              • 三宅香帆 on Twitter: "「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」というド直球タイトルの論文を見つけたのだが普通に面白かった……。まず論文のサマリーが「今回もまた締め切りぎりぎりになる。なぜできないのだろうか?我々はあほなのだろうか?」… https://t.co/LlvV3Du6K2"

                                                                                「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」というド直球タイトルの論文を見つけたのだが普通に面白かった……。まず論文のサマリーが「今回もまた締め切りぎりぎりになる。なぜできないのだろうか?...

                                                                                三宅香帆 on Twitter: "「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」というド直球タイトルの論文を見つけたのだが普通に面白かった……。まず論文のサマリーが「今回もまた締め切りぎりぎりになる。なぜできないのだろうか?我々はあほなのだろうか?」… https://t.co/LlvV3Du6K2"
                                                                                • 新型コロナのmRNAワクチン 知られざる30年の開発史

                                                                                  日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら あと10日ほどで今年のノーベル賞が発表される。今...

                                                                                  新型コロナのmRNAワクチン 知られざる30年の開発史