検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

農園の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)3087 件中 1 - 40 件目

  • 「ブロッコリーの葉っぱ、捨ててませんか!?」→農家の呼びかけが話題に

    有限会社安井ファーム @yasuifarm 「ブロッコリーの葉っぱ、捨ててませんか?」 おそらく調理しようと手に取った途端に捨てられがちなブロッコリーの葉ですが、食べられます! 少しクセになる苦みがあ...

    「ブロッコリーの葉っぱ、捨ててませんか!?」→農家の呼びかけが話題に
    • 日本一の看板守れ 梨の生産現場でスマート農業 実証実験始まる:朝日新聞デジタル

      【千葉】生産量日本一の梨の生産現場が抱える問題を解消しようと、県はロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用した「スマート農業」を導入するための実証実験を始めた。重労働となる収穫時の負担軽減...

      日本一の看板守れ 梨の生産現場でスマート農業 実証実験始まる:朝日新聞デジタル
      • 【横浜高島屋】“規格外野菜” を使ったカレーを限定販売!地元・神奈川県内で収穫された野菜もふんだんにトッピング!!

        横浜高島屋では、10月20日(水)~11月2日(火)の期間、“エコ&エシカルな暮らし方を考える” をテーマにしたプロモーション「TSUNAGU ACTION」開催にあわせて、規格外野菜を使ったカレーの販売を行い...

        【横浜高島屋】“規格外野菜” を使ったカレーを限定販売!地元・神奈川県内で収穫された野菜もふんだんにトッピング!!
        • 「起業したらいいじゃん」友人の言葉で決意。急成長「食べチョク」の原点とは | bizble(ビズブル)

          全国の農家や漁師から直接商品を購入できる日本最大の産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデン。創業者で代表取締役社長の秋元里奈さん(30)は、大学卒業後に入社したIT企業のDeNAを2...

          「起業したらいいじゃん」友人の言葉で決意。急成長「食べチョク」の原点とは | bizble(ビズブル)
          • スマート農業技術を応用した「根域制限栽培」を研究開発するGitobi社、相模原市・地権者と三者協定を締結

            Gitobi合同会社(本社:東京都世田谷区、代表社員:小野寺 類、以下 Gitobi社)は、スマート農業技術を活用した「根域制限栽培(こんいきせいげんさいばい)」によるフルーツの栽培に取り組んでおりま...

            スマート農業技術を応用した「根域制限栽培」を研究開発するGitobi社、相模原市・地権者と三者協定を締結
            • 「ほしいも列車」出発進行! 茨城のひたちなか海浜鉄道

              日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 茨城県ひたちなか市の第三セクター鉄道、ひたちな...

              「ほしいも列車」出発進行! 茨城のひたちなか海浜鉄道
              • 「農業は自然と共存する仕事ではありません!」農家の叫びに賛同の声

                ぬるまゆ★都城の農家 @nurumamiyakonjo なんか色んな人が反応してくれてるのでひとつだけ。 俺は自然論者じゃないし、恩恵を受けている以上、今の作物育成や品種のあり方が間違っているとは思わない。 ...

                「農業は自然と共存する仕事ではありません!」農家の叫びに賛同の声
                • 鯉(コイ)を使ったレトルトカレー誕生 福島県郡山市特産 広瀬養鯉場

                  福島県郡山市特産のコイを使ったレトルトカレーが誕生した。市内の広瀬養鯉場が、ご当地レトルトカレー協会と開発した。 ごろっとしたコイの身が入り、骨まで味わえる。トマトの隠し味、カレーのスパイ...

                  鯉(コイ)を使ったレトルトカレー誕生 福島県郡山市特産 広瀬養鯉場
                  • 特産の食用ほおずき 収穫期迎える 茨城 高萩 | NHKニュース

                    茨城県高萩市では市特産の「食用ほおずき」が収穫の時期を迎えています。 食用ほおずきは、果物のような甘酸っぱい味が特徴で、茨城県高萩市内では11軒の農家が生産しています。 このうち蓬田茂さんの...

                    特産の食用ほおずき 収穫期迎える 茨城 高萩 | NHKニュース
                    • <東北・米価危機>(上)主要銘柄全てが前年下回る | 河北新報オンラインニュース

                      <東北・米価危機>(上)主要銘柄全てが前年下回る 2021年10月11日 06:00 店頭に並べられた宮城県産の新米ひとめぼれ。買い物客が次々と訪れた=9月23日、仙台市宮城野区のみやぎ生協幸町店 東北の...

                      <東北・米価危機>(上)主要銘柄全てが前年下回る | 河北新報オンラインニュース
                      • 東京野菜でクラフトチップス まずポテチ、地産地消PR

                        原料の生産から加工、販売までを東京で手がけるポテトチップスが登場した。地酒やクラフトビールのような土地に根付いた商品として、地産地消や環境配慮などのテーマに関心の高い消費者に売り込む。今...

                        東京野菜でクラフトチップス まずポテチ、地産地消PR
                        • 「規格外野菜、捨てるくらいなら配ればいい」と思ってない? 農家が明かす「できない理由」に納得(全文表示)|Jタウンネット

                          「自転車での旅の途中、急に足から力が抜けた。フラフラになりながら見つけた店に入ったら...」(青森県・40代男性)

                          「規格外野菜、捨てるくらいなら配ればいい」と思ってない? 農家が明かす「できない理由」に納得(全文表示)|Jタウンネット
                          • 大型の鳥 エミュー 5羽は捕獲できず捜索打ち切り あす朝再開へ | NHKニュース

                            7日午前、熊本県菊池市の観光牧場から逃げ出した大型の鳥、エミューおよそ20羽のうち5羽を捕獲できていませんが、牧場は午後5時に捜索をいったん打ち切りました。 菊池市によりますと、7日午前7時20分...

                            大型の鳥 エミュー 5羽は捕獲できず捜索打ち切り あす朝再開へ | NHKニュース
                            • AIでユリに農薬を自動散布 宇都宮で実証プロジェクト

                              日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら ユリ生産のエフ・エフ・ヒライデ(宇都宮市)など...

                              AIでユリに農薬を自動散布 宇都宮で実証プロジェクト
                              • トマッタレ 青森県蓬田村 / 日本農業新聞公式ウェブサイト

                                2021年10月13日 煎茶ラテ・ほうじ茶ラテ 愛知県豊橋市 愛知県豊橋市で茶葉の栽培、加工品の製造・販売を手掛ける、岡本製茶の茶葉を使った煎茶ラテと、ほうじ茶ラテ。岡本製茶は全国... 続きを読む 神...

                                トマッタレ 青森県蓬田村 / 日本農業新聞公式ウェブサイト
                                • 堂島ロール「トマトミックス」 北海道・JA新はこだて / 日本農業新聞公式ウェブサイト

                                  北海道北斗市産のトマトを使用したロールケーキ。JA新はこだて大野基幹支店が、人気ケーキ堂島ロールなどを製造・販売するモンシェール(大阪)と開発した。 4月に登場したシュークリームに続き、J...

                                  堂島ロール「トマトミックス」 北海道・JA新はこだて / 日本農業新聞公式ウェブサイト
                                  • 再考エネルギー:脱「迷惑施設」 太陽光が救う荒廃農地 災害支援やふるさと納税も | 毎日新聞

                                    田畑を縫うように流れる小貝川のすぐ横に位置する太陽光発電所「いちご取手下高井北ECO発電所」(茨城県取手市)。一般家庭約326世帯分の消費電力を賄うことができる=いちご提供 脱炭素社会へ向け、温...

                                    再考エネルギー:脱「迷惑施設」 太陽光が救う荒廃農地 災害支援やふるさと納税も | 毎日新聞
                                    • その蒸留家は言った。「この薬草園の植物を好きに使って、飲み物を作ってください」

                                      2021年9月26日、mitosaya薬草園蒸留所とライター・JUNERAYのコラボドリンク「LE BOUQUET」が発売となった。 mitosayaの蒸留家・江口さんは、なんとデイリーポータルZからJUNERAYの存在を知り、声をかけ...

                                      その蒸留家は言った。「この薬草園の植物を好きに使って、飲み物を作ってください」
                                      • サッカーJ2水戸 農業を収入源に 選手らがにんにく植え付け | NHKニュース

                                        サッカーJ2の水戸ホーリーホックは、耕作放棄地の増加など地域の課題解決に貢献しようと新たに農業に取り組むことになり、先週、選手やスタッフたちがにんにくの植え付けなどを行いました。 この取り組...

                                        サッカーJ2水戸 農業を収入源に 選手らがにんにく植え付け | NHKニュース
                                        • 無人で種まき 熱視線集める北海道のスマート農業

                                          牧草地で播種作業を行う自動走行ロボット。手前の女性はスマートフォンで作業済みのルートを確認している=年9月15日、北海道江別市(坂本隆浩撮影)北海道でスマート農業の実証事業が盛んだ。高齢...

                                          • (現場へ!)自然を育む農業:3 養分失っても続けられる?:朝日新聞デジタル

                                            青森県でリンゴをつくる木村秋則(71)が自然栽培を試みるきっかけは、山に自生する木や草が肥料がなくても育っていることに気づいたことだった。早く大きく育てるためにリンゴの木に与えていた窒素...

                                            (現場へ!)自然を育む農業:3 養分失っても続けられる?:朝日新聞デジタル
                                            • 不動産大手が食・農業で社会課題の解決に相次ぎ挑む事情|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

                                              不動産大手が食・農業を通じた持続可能な社会の構築に取り組んでいる。一見、不動産と食・農業は遠い存在に映るが、各社が得意とする街づくりとは親和性が高い。人間が生きていく上で欠かせない食に関...

                                              不動産大手が食・農業で社会課題の解決に相次ぎ挑む事情|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
                                              • 無人販売の野菜盗んだ疑い 黒松内町職員を逮捕 北海道警:朝日新聞デジタル

                                                北海道警倶知安署は29日、黒松内町産業課の森本雅也容疑者(48)=同町字黒松内=を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「ばれないと思った」と認めているという。 署によると、森本容疑者は14日夜、ニセコ町...

                                                無人販売の野菜盗んだ疑い 黒松内町職員を逮捕 北海道警:朝日新聞デジタル
                                                • 作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園

                                                  運搬ロボットを使った収穫作業の様子=令和2年7月、太子町草刈り、農薬散布、運搬、全てリモコンひとつで-。ブドウ栽培が盛んな大阪府太子町で、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる。山の...

                                                  作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園
                                                  • 成長を見える化 IT技術者育成モデルをスマート農業分野に適用 農業版iCDを開発

                                                    浅間リサーチエクステンションセンター(長野県上田市)、トップリバー(長野県北佐久郡)、日立ソリューションズ東日本(宮城県仙台市)、ファインドゲート(東京都中央区)、iCD協会(東京都千代田区...

                                                    成長を見える化 IT技術者育成モデルをスマート農業分野に適用 農業版iCDを開発
                                                    • ”好き嫌い”と”アレルギー”は別モノです!自然派育成の卵を卵アレルギーの人でも食べられる卵と根拠のない発言に総ツッコミ

                                                      卵の生産者は今回の件を受けHPトップに「アレルギーの人でも食べられるという根拠は一切ありません」と一文を掲載しデマであると断言しています。過去にアレルギーに関するインタビューなどが当人も理...

                                                      ”好き嫌い”と”アレルギー”は別モノです!自然派育成の卵を卵アレルギーの人でも食べられる卵と根拠のない発言に総ツッコミ
                                                      • ブドウを海に沈める、イタリアで古代のワインづくりを復興

                                                        イタリア、エルバ島の急斜面に広がるブドウ園。エルバ島では2021年、2000年以上前につくられていたマリンワイン(海のワイン)が復活を遂げた。(PHOTOGRAPH BY DIRK RENCKHOFF, ALAMY STOCK PHOTO) ...

                                                        ブドウを海に沈める、イタリアで古代のワインづくりを復興
                                                        • 理想の「スマートセンサー」はどれ? いろいろ調べてみた【さわちんの「リアルタイム新規就農日記」第6回】 | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」

                                                          「SMART AGRI」をご覧のみなさん、こんにちは。 コケチンファーム代表のさわちんです! 前回は、さわちんの推しアプリ「アグリノート」についてお伝えしました。コケチンファームでは、さわちんと妻の...

                                                          理想の「スマートセンサー」はどれ? いろいろ調べてみた【さわちんの「リアルタイム新規就農日記」第6回】 | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」
                                                          • パソナ、淡路島に大型施設開業 農や食体験、自然の中での暮らし満喫 10月

                                                            総合人材サービス・パソナグループが10月、兵庫県淡路市野島常盤に農業や食の体験型施設「AwajiNatureLab&Resort(淡路ネイチャーラボ&リゾート)」を開設する。約3万8千平...

                                                            パソナ、淡路島に大型施設開業 農や食体験、自然の中での暮らし満喫 10月
                                                            • 「学びたい」と「人手足りない」酪農家が橋渡し 外国人に活躍の場 北海道稚内市・石垣さん / 日本農業新聞公式ウェブサイト

                                                              日本最北端・北海道稚内市の酪農家で、人材派遣会社「アグリリクルート」も経営する石垣一郎さん(41)は、「特定技能」の在留資格を持つ外国人を農家に紹介する仕組みを確立した。農家自らが紹介す...

                                                              「学びたい」と「人手足りない」酪農家が橋渡し 外国人に活躍の場 北海道稚内市・石垣さん / 日本農業新聞公式ウェブサイト
                                                              • 痛いニュース(ノ∀`) : 韓国「シャインマスカット栽培技術の起源は韓国、日本は諦めて品種登録しなかった」 - ライブドアブログ

                                                                韓国「シャインマスカット栽培技術の起源は韓国、日本は諦めて品種登録しなかった」 1 名前:エルビテグラビル(ジパング) [ニダ]:2021/09/20(月) 12:19:38.46 ID:/vL2U3TQ0 韓国放送局「シャインマスカ...

                                                                痛いニュース(ノ∀`) : 韓国「シャインマスカット栽培技術の起源は韓国、日本は諦めて品種登録しなかった」 - ライブドアブログ
                                                                • “畑の上 ため池の水面…”太陽光発電 スペース有効活用の動き | 環境 | NHKニュース

                                                                  太陽光発電に適した場所が不足する中、畑の上やため池の水面といったこれまで使われていなかったスペースにパネルを設置する動きが広がっています。 脱炭素社会の実現に向けて、政府は太陽光発電の導入...

                                                                  “畑の上 ため池の水面…”太陽光発電 スペース有効活用の動き | 環境 | NHKニュース
                                                                  • 公務員が農作業バイトで戒告 人手不足の農業王国で副業解禁の声も(十勝毎日新聞 電子版) - Yahoo!ニュース

                                                                    カボチャの収穫に汗を流すアルバイトの人たち。人手不足の中、十勝の農業を守る社会貢献の意義も帯びている(9月上旬) 7月末、北海道十勝地方の20代消防士が許可なく農作業アルバイトの副業をしたとし...

                                                                    公務員が農作業バイトで戒告 人手不足の農業王国で副業解禁の声も(十勝毎日新聞 電子版) - Yahoo!ニュース
                                                                    • 徳之島を「世界最北端のコーヒー豆生産地」に――失敗と試練の40年、挑戦を続ける76歳 - 庄輝士 | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム

                                                                      鹿児島県の離島・徳之島。今年7月、奄美大島や西表島とともに世界自然遺産に登録された。この島を「世界最北端のコーヒー豆生産地」にするべく、約40年にわたって奮闘している人がいる。台風の被害を受...

                                                                      徳之島を「世界最北端のコーヒー豆生産地」に――失敗と試練の40年、挑戦を続ける76歳 - 庄輝士 | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム
                                                                      • 佐渡島は先進国初の「農業遺産」、トキと共生する農法の希望と課題:朝日新聞デジタル

                                                                        10年前、新潟県の佐渡島は石川県の能登半島とともに、国際連合食糧農業機関の「世界農業遺産」に認定された。野生復帰をめざすトキのえさを守れるよう環境に配慮した農業が、世界で認められた。自然と...

                                                                        佐渡島は先進国初の「農業遺産」、トキと共生する農法の希望と課題:朝日新聞デジタル
                                                                        • 高騰続く野菜 高値はいつまで?飲食店&生産農家の努力続く|TBS NEWS

                                                                          東京では9月に入り“20年ぶり”の異例とも言える日照不足が続いています。その影響で日増しに高値が続く白菜など野菜の高騰。野菜を多く使う飲食店や生産農家は、この苦境をなんとか打破しようと模索...

                                                                          高騰続く野菜 高値はいつまで?飲食店&生産農家の努力続く|TBS NEWS
                                                                          • 川崎市でワイン造り、都市農業の変革目指すカルナエスト・山田貢代表の熱情:地域経済の底力(1/4 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

                                                                            川崎市でワイン造り、都市農業の変革目指すカルナエスト・山田貢代表の熱情:地域経済の底力(1/4 ページ) 人口154万人を超える都市、神奈川県川崎市。2021年夏、この街で栽培されたブドウを使い、醸...

                                                                            川崎市でワイン造り、都市農業の変革目指すカルナエスト・山田貢代表の熱情:地域経済の底力(1/4 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン
                                                                            • 「土を食べるパフォーマンスを広めないで」それは北海道ではありえない行為…農家の注意喚起が話題に |まいどなニュース

                                                                              「土を食べるパフォーマンスを広めないで」それは北海道ではありえない行為…農家の注意喚起が話題に |まいどなニュース
                                                                              • シャインマスカット、出荷量トップに 「もう巨峰に戻らない」 山梨:朝日新聞デジタル

                                                                                【山梨】皮ごと食べられる甘いブドウとして人気の「シャインマスカット」。県内では昨年、出荷量で「巨峰」を初めて上回り、今季も好調な出荷が続く。緑にとどまらず、赤や黒の「次世代シャイン」の品...

                                                                                シャインマスカット、出荷量トップに 「もう巨峰に戻らない」 山梨:朝日新聞デジタル
                                                                                • コロナで減った外食需要、コメ農家を直撃「ちょっとショックな数字」:朝日新聞デジタル

                                                                                  JA全農あきたは10日、今年産の主食用米の「JA概算金」(全農あきたが各JAに支払う60キロあたりの仮渡し金)を昨年より2000円引き下げることを決めた。引き下げは2年連続。主力のあきたこまちは、過去10...

                                                                                  コロナで減った外食需要、コメ農家を直撃「ちょっとショックな数字」:朝日新聞デジタル