検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

Ansibleの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)2031 件中 1 - 40 件目

  • Ansible playbookを書くのが面倒くさいあなたへ - Speaker Deck

    playbookをゼロから書きはじめるのが面倒くさいひとむけに、既存のplaybookを探したりするためのヒント集。 ( ベストプラクティスを伝えるのではなく背中を押すのが目的なので「本来やるべきあれこれ(...

    Ansible playbookを書くのが面倒くさいあなたへ - Speaker Deck
    • [Ansible] 利用する Python をタスクごとに切り替える方法(ansible_python_interpreter をタスク変数で指定) - てくなべ (tekunabe)

      ■ はじめに Ansible では、ターゲットノード(SSH接続先)で利用する Python を ansible_python_interpreter という変数で明示的に指定できます。 この変数は、インベントリ変数や host_vars の他にも...

      [Ansible] 利用する Python をタスクごとに切り替える方法(ansible_python_interpreter をタスク変数で指定) - てくなべ (tekunabe)
      • Ansible使いの人はちょっと見逃せない。AWS Systems Managerで複雑な構成のAnsible-Playbookの実行が可能になりました | DevelopersIO

        Ansible使いの人はちょっと見逃せない。AWS Systems Managerで複雑な構成のAnsible-Playbookの実行が可能になりました | DevelopersIO
        • AWS Systems Manager で複雑な Ansible のプレイブックを実行可能に

          本日より、AWS Systems Manager には、GitHub または Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) から Ansible のプレイブックを直接実行する機能が導入されています。この機能を利用するには、System...

          AWS Systems Manager で複雑な Ansible のプレイブックを実行可能に
          • Now use AWS Systems Manager to execute complex Ansible playbooks

            Today, AWS Systems Manager introduces the ability to execute Ansible playbooks directly from GitHub or Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) through Systems Manager Run Command or Sta...

            Now use AWS Systems Manager to execute complex Ansible playbooks
            • [Ansible] Visual Studio Code で Playbook を書く時に便利な拡張たち - てくなべ (tekunabe)

              はじめに Visual Studio Code(以下、VS Code)で Ansible の Playbook を書く時に、私が便利に利用させてもらっている拡張をご紹介します。 「自分は Windows で VS Code 使ってて、Ansible は SSH 先...

              [Ansible] Visual Studio Code で Playbook を書く時に便利な拡張たち - てくなべ (tekunabe)
              • これ以上ないほど簡単にAnsibleを試すHow to #ansiblejp - 赤帽エンジニアブログ

                ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Katacodaというサイトで簡単にAnsibleを試すことができます。これからAnsibleを入門、学習する方はもちろん、Ansibleを使ったことのない人に普及したい人もこち...

                これ以上ないほど簡単にAnsibleを試すHow to #ansiblejp - 赤帽エンジニアブログ
                • Ansible の block でエラーハンドリング | | 1Q77

                  Ansible で一連の処理を実行する際に、途中で失敗したらそれまでの変更も元に戻したいといったことがあるかもしれません。そんな場合に使えるのが Block 機能です。Ansible 2.3 (2017年4月)から使え...

                  Ansible の block でエラーハンドリング | | 1Q77
                  • 【Ansible入門】EC2環境でAnsibleを実行してみよう – サーバーワークスエンジニアブログ

                    こんにちは、CI部の柿﨑です。 先日、洗濯槽の掃除をしようと専用の洗剤を入れたところ、黒い物体がたくさん浮いてきました。 どうやらn年間の汚れが溜まっていたようです。。。猛省。 つまり、何事も...

                    【Ansible入門】EC2環境でAnsibleを実行してみよう – サーバーワークスエンジニアブログ
                    • Red Hat Summit 事例翻訳:はじめに 0.Analog transformation: Scaling network automation culture with Ansible Tower at Microsoft - 赤帽エンジニアブログ

                      レッドハットのソリューションアーキテクト、金森です。 数回に渡り、今年5月にボストンで開かれたRed Hat Summit 2019で事例講演がされたMicrosoft社のAnsibleTowerの事例セッションについて翻訳した...

                      Red Hat Summit 事例翻訳:はじめに 0.Analog transformation: Scaling network automation culture with Ansible Tower at Microsoft - 赤帽エンジニアブログ
                      • はじめてのAnsible Tower 〜チームによるITインフラの自動化を実現するフレームワーク〜

                        ログイン Red Hat アカウントを使用すると、メンバープロファイルや設定、さらにお客様のステータスに応じて以下のサービスにアクセスできます。

                        はじめてのAnsible Tower 〜チームによるITインフラの自動化を実現するフレームワーク〜
                        • AmazonLinux2 + Nginx + Python3.x + Ansible AWX 環境を構築する - らくがきちょう

                          AmazonLinux2 に AWX をインストールする手順をメモしておきます。 環境 今回は以下の環境を構築します。 ベースは AmazonLinux2 インスタンスサイズは t2.small pyenv で Python 3.7.4 環境を構築 フ...

                          AmazonLinux2 + Nginx + Python3.x + Ansible AWX 環境を構築する - らくがきちょう
                          • Ansible + CloudFormation を AWS CDK に移行する方法 v2 - Speaker Deck

                            All slide content and descriptions are owned by their creators.

                            Ansible + CloudFormation を AWS CDK に移行する方法 v2 - Speaker Deck
                            • Kubernetes Operators with Ansible Deep Dive: Part 1

                              This deep dive series assumes the reader has access to a Kubernetes test environment. A tool like minikube is an acceptable platform for the purposes of this article. If you are an existi...

                              Kubernetes Operators with Ansible Deep Dive: Part 1
                              • ソフトバンクがAnsibleで働き方改革――サーバー証明書の更新を最速20秒で! | ビジネスネットワーク.jp

                                半分のコストで2倍の成果を出す――。ソフトバンクは2015年頃、働き方改革で4倍の生産性を目指した。この目標達成のため、ネットワーク部門は内製ツールを開発したがうまくいかない。切り札になったのが...

                                • k8s クラスタを気軽に遊べる環境を作っている - nabeo がピーしているブログ (仮)

                                  k8s のマネージドサービスとして GKE や EKS などで出揃った感はあるけど、マネージドサービスでは k8s クラスタの全ての機能を使うことはできないという認識です。特にネットワークなどインフラよりな...

                                  k8s クラスタを気軽に遊べる環境を作っている - nabeo がピーしているブログ (仮)
                                  • How to install Datadog on AWS hosts with Ansible dynamic inventories | Datadog

                                    Ansible is an automation tool for provisioning, managing, and deploying infrastructure and applications. When building large-scale applications, Ansible enables users to manage and config...

                                    How to install Datadog on AWS hosts with Ansible dynamic inventories | Datadog
                                    • ボタン1つでサーバーを払い出し 構成管理ツールで手続き簡素化 | 日経 xTECH(クロステック)

                                      サーバーの払い出しは手続きが多く、時間がかかっていた。構成管理ツールやコンテナを活用すれば大幅に時間を短縮できる。新しい技術やツールを使って素早く開発に着手しよう。 システム開発のリードタ...

                                      ボタン1つでサーバーを払い出し 構成管理ツールで手続き簡素化 | 日経 xTECH(クロステック)
                                      • 社内勉強会ネタ:2週間で完全にマスターしたAnsible入門まとめ - Qiita

                                        Ansible全然わからん はじめに 仕事でAnsibleを使ってサーバ構築を自動化する機会があり、1から覚え直しをしたので、PlaybookやInventoryなどの書き方・ディレクトリ構成などをまとめてみました。 モジ...

                                        社内勉強会ネタ:2週間で完全にマスターしたAnsible入門まとめ - Qiita
                                        • 全部めんどいけんAnsibleで自動化しよ?❤️ | 奴隷インフラエンジニアの日常

                                          みなさま、こんばんわ。梶松です。 タスクに追われ、更新が不定期ですが、梶松は元気です。 最近は7payの1件などで世間は大騒ぎですね。 この件に限ったことではありませんが、セキュリティは仕事もプ...

                                          全部めんどいけんAnsibleで自動化しよ?❤️ | 奴隷インフラエンジニアの日常
                                          • Ansible2.8の新機能2 - Become Plugins - 赤帽エンジニアブログ

                                            Red Hatのさいとうです。 前回のAnsible2.8の新機能1 - Interpreter Discoveryから、だいぶ時間がたってしまいましたが、Ansible 2.8で実装された新機能2をお届けします。単に忙しかっただけで書くのを...

                                            Ansible2.8の新機能2 - Become Plugins - 赤帽エンジニアブログ
                                            • Ansible Automates Tokyo 2019 ツイートまとめ - Togetter

                                              2019年6月20日に開催された、Ansibleの国内最大イベントAnsible Automates Tokyo 2019のツイート。

                                              Ansible Automates Tokyo 2019 ツイートまとめ - Togetter
                                              • RHCE研修コースの最新情報 〜目指せAnsibleマスター〜 - 赤帽エンジニアブログ

                                                Red Hatでソリューションアーキテクトをしている小島です。 Red Hat Certified Engineer (RHCE) の研修コースについての最新情報をご紹介します。 RHEL8の正式リリースに伴って、RHEL関連の研修コース...

                                                RHCE研修コースの最新情報 〜目指せAnsibleマスター〜 - 赤帽エンジニアブログ
                                                • AWX と Red Hat Ansible Tower の比較

                                                  ログイン Red Hat アカウントを使用すると、メンバープロファイルや設定、さらにお客様のステータスに応じて以下のサービスにアクセスできます。

                                                  AWX と Red Hat Ansible Tower の比較
                                                  • Ansibleもくもく会 (サーバ編)2019.03 in オイシックス・ラ・大地!のライトニングトークに弊社エンジニアが登壇しました。~性能検証をAnsibleにお任せした話 [インフラソリューション部 中原洋志]|ニュース|株式会社リクルートテクノロジーズ

                                                    リクルートテクノロジーズ ニューストップ Ansibleもくもく会 (サーバ編)2019.03 in オイシックス・ラ・大地!のライトニングトークに弊社エンジニアが登壇しました。~性能検証をAnsibleにお任せし...

                                                    Ansibleもくもく会 (サーバ編)2019.03 in オイシックス・ラ・大地!のライトニングトークに弊社エンジニアが登壇しました。~性能検証をAnsibleにお任せした話 [インフラソリューション部 中原洋志]|ニュース|株式会社リクルートテクノロジーズ
                                                    • Ansibleウェビナーまとめ

                                                      過去のウェビナーをこちらにまとめました。 オンデマンドでの視聴が可能です。ぜひご覧ください。 ※スマートフォンなどでも閲覧が可能です。

                                                      Ansibleウェビナーまとめ
                                                      • Ansible AWXでMySQLの構成管理を行う - MicroAd Developers Blog

                                                        マイクロアドでインフラエンジニアをやっている長田です。おもにMySQLなどのDBA業務に携わっていますが、今回はAnsible AWXを用いてMySQLのユーザやパラメータといった構成の管理を導入したことについ...

                                                        Ansible AWXでMySQLの構成管理を行う - MicroAd Developers Blog
                                                        • Ansible Nightで寄せられた取り上げてほしいコンテンツ一覧(2018年〜2019年前半) #ansiblejp - 赤帽エンジニアブログ

                                                          こんにちは、レッドハットでマーケティングを担当している中村(@fideleruuth)です。 Ansibleユーザー会は、Ansible(Ansible EngineやAnsible Tower, AWX)を使っている、もしくは興味を持っている人た...

                                                          Ansible Nightで寄せられた取り上げてほしいコンテンツ一覧(2018年〜2019年前半) #ansiblejp - 赤帽エンジニアブログ
                                                          • Excel運用からAnsible TowerとGitLab運用に変更してどう変わったかまとめてみた | 日常系エンジニアのTech Blog

                                                            Ansible TowerとGitLabを入れてどういう運用を実現したかったかを簡単な例と一緒にまとめてみようと思います。(自分への備忘録含め) ここに書くこと ここでは Ansible Night in Tokyo 2019.04 で話を...

                                                            Excel運用からAnsible TowerとGitLab運用に変更してどう変わったかまとめてみた | 日常系エンジニアのTech Blog
                                                            • ITインフラ管理の自動化を成功に導くAnsibleの実力と可能性を探る【後編】 | Think IT(シンクイット)

                                                              ITインフラ管理の世界で今、「自動化2.0」というキーワードが注目を集めている。クラウドサービスの拡がりは、アプリケーション開発だけでなく、その足腰を支えるインフラにも効率とスピードを強く求め...

                                                              ITインフラ管理の自動化を成功に導くAnsibleの実力と可能性を探る【後編】 | Think IT(シンクイット)
                                                              • RHTN: Ansible 2.8 x Windows - Speaker Deck

                                                                All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                                RHTN: Ansible 2.8 x Windows - Speaker Deck
                                                                • [Ansible] EX407 (Red Hat Certificate of Expertise in Ansible Automation) 受験体験記 - APC 技術ブログ

                                                                  ■ はじめに はじめまして みなさん、はじめまして。システム基盤サービス事業本部 技術開発部 自動化グループの横地(@akira6592)です。 普段は、主にネットワーク自動化に関する業務を行っています。 ...

                                                                  [Ansible] EX407 (Red Hat Certificate of Expertise in Ansible Automation) 受験体験記 - APC 技術ブログ
                                                                  • 闇の深い AMI を Packer で Infra as Code する - Qiita

                                                                    闇が深いとは このくらいを指すものとします。 AMIの出所がわからない EC2インスタンスのAMI IDが、自前AMIになってる Linuxディストリはわかるが、起点にしたバージョンはわからない AMIがどうやって...

                                                                    闇の深い AMI を Packer で Infra as Code する - Qiita
                                                                    • ITインフラ管理の自動化を成功に導くAnsibleの実力と可能性を探る【前編】 | Think IT(シンクイット)

                                                                      ITインフラ管理の世界で今、「自動化 2.0」というキーワードが注目を集めている。クラウドサービスの拡がりは、アプリケーション開発だけでなく、その足腰を支えるインフラにも効率とスピードを強く求...

                                                                      ITインフラ管理の自動化を成功に導くAnsibleの実力と可能性を探る【前編】 | Think IT(シンクイット)
                                                                      • AWS での AWX - クイックスタート

                                                                        このクイックスタートを使って、AWS で Ansible インフラストラクチャを実行、管理するユーザーのために、AWS クラウドに AWX をデプロイします。 AWX は、Ansible プロジェクトを管理するためのソフト...

                                                                        AWS での AWX - クイックスタート
                                                                        • GitHub - ansible/workshops: Training Course for Ansible Automation Platform

                                                                          Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 40 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up

                                                                          GitHub - ansible/workshops: Training Course for Ansible Automation Platform
                                                                          • [Ansible] Ansible 2.8 リリース、便利機能や注意点まとめ - てくなべ (tekunabe)

                                                                            ■ はじめに 2019/05/16 に Ansible 2.8.0 がリリースされました。多数のモジュールの追加や、機能追加、バグ修正、機能削除、機能の非推奨化、仕様変更が含まれています。 大きめなトピックとしては以...

                                                                            [Ansible] Ansible 2.8 リリース、便利機能や注意点まとめ - てくなべ (tekunabe)
                                                                            • Ansible で大量のホストに対して実行する場合のメモリ対策 - Unyablog.

                                                                              Ansible で大量のホストを対象として Playbook を実行すると、大量の変数を保持する結果、メモリが足りなくなることがある。 以下はその対策。 gather_subset を用いて収集する fact を制限する Ansibl...

                                                                              Ansible で大量のホストに対して実行する場合のメモリ対策 - Unyablog.
                                                                              • Ansible Playbookでユーザ管理(登録・削除)をまるっとやる - SMARTCAMP Engineer Blog

                                                                                エンジニアの今川(@ug23_)です。 本番環境サーバのユーザ管理、みなさんはどうしていますか? みんなで同じユーザ・同じ鍵を使う 入社・退職時にはインフラ担当者がユーザ追加・削除する という感じの...

                                                                                Ansible Playbookでユーザ管理(登録・削除)をまるっとやる - SMARTCAMP Engineer Blog
                                                                                • Ansible2.8の新機能1 - Interpreter Discovery - 赤帽エンジニアブログ

                                                                                  Red Hatのさいとうです。 今月中に(おそらく)リリースされる予定の、Ansibleの最新バージョン2.8の新機能について、これから数回に分けて紹介しようと思います。 第1回として選んだのはInterpreter Dis...

                                                                                  Ansible2.8の新機能1 - Interpreter Discovery - 赤帽エンジニアブログ