検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

EVの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)4078 件中 1 - 40 件目

  • テスラEV、稼ぐ力向上 「排出枠」依存脱却へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラの利益の質が改善している。21日に発表した2020年7~9月期決算は最終利益が3億3100万ドル(約345億円)と前年同期の2.3倍に伸びた。環境規制に伴う排出枠販売益とい...

    テスラEV、稼ぐ力向上 「排出枠」依存脱却へ (写真=ロイター) :日本経済新聞
    • 「テスラ100%中国製」現実味 EV部品の供給網広がる (写真=ロイター) :日本経済新聞

      「米テスラの小型EV(電気自動車)『モデル3』は電池に続いてモーターも中国企業製になるらしい」。中国・北京で10月上旬に閉幕した世界最大級の自動車展示会「北京国際自動車ショー」。会場内ではこん...

      「テスラ100%中国製」現実味 EV部品の供給網広がる (写真=ロイター) :日本経済新聞
      • テスラ モデルX 車検とその費用 | EVsmartブログ

        私のモデルXも3年67105kmを迎え、最初の車検を受けることになりました。費用や車検整備内容をシェアします。自動車重量税は免税♪ 私は新車時に「メンテナンスプラン」というプログラムに入っていました...

        テスラ モデルX 車検とその費用 | EVsmartブログ
        • 【環境規制に対応できず】マツダ6、欧州でのディーゼルエンジン生産終了 自然吸気ガソリン車に移行 | AUTOCAR JAPAN

          長らく使用されてきた2.2Lディーゼルは、今後ますます厳しくなる排出ガス規制に対応するために再開発が必要になると考えられている。そのために必要な投資は、現状の販売台数では賄えないだろう。 しか...

          【環境規制に対応できず】マツダ6、欧州でのディーゼルエンジン生産終了 自然吸気ガソリン車に移行 | AUTOCAR JAPAN
          • マツダ、苦肉のEV投入 規制強化で難路の欧州市場  :日本経済新聞

            マツダは8日、初の量産型電気自動車(EV)「MX-30」を1月に日本で発売すると発表した。欧州の排ガス規制の厳格化に対応し、欧州で先行して9月に販売した。ホンダやスズキも規制対応を急ぐ。開発費など...

            マツダ、苦肉のEV投入 規制強化で難路の欧州市場  :日本経済新聞
            • 米新興EVニコラに詐欺疑惑 「空の器」上場に危うさ (写真=ロイター) :日本経済新聞

              新興の電気自動車(EV)メーカーとして脚光を浴びた米ニコラが詐欺疑惑に揺れている。誇示していた技術の多くがウソだったとの告発を受け株価が急落、創業者が辞任した。クルマを1台も売ったことのない...

              米新興EVニコラに詐欺疑惑 「空の器」上場に危うさ (写真=ロイター) :日本経済新聞
              • 全固体電池を採用したEV、一番乗りはTeslaかトヨタか? | 日経クロステック(xTECH)

                2020年、全固体電池を採用した電気自動車(EV)が登場するのか――。ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン:VW)のSUV(多目的スポーツ車)型EV「ID.4」、日産自動車のSUV型「アリア」、ホンダの小型EV...

                全固体電池を採用したEV、一番乗りはTeslaかトヨタか? | 日経クロステック(xTECH)
                • RAV4 PHVとHonda e予約打ち切り どうなるバッテリー供給 (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン

                  トヨタRAV4 PHVと、ホンダのHonda eの予約注文が中止になった。両車とも想定以上に売れたことが理由なのだが、トヨタははっきりとバッテリーの供給が間に合わないと説明している。ホンダは予定生産台数...

                  RAV4 PHVとHonda e予約打ち切り どうなるバッテリー供給 (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン
                  • 脱ガソリンで日本勢に逆風 トヨタ・スバル、対応急ぐ (写真=ロイター) :日本経済新聞

                    自動車業界に「脱ガソリン」を求める動きが米国でも本格化してきた。米カリフォルニア州のニューサム知事がガソリン車の販売を禁止する方針を明らかにした。厳格な環境規制は欧州などが先行してきたが...

                    脱ガソリンで日本勢に逆風 トヨタ・スバル、対応急ぐ (写真=ロイター) :日本経済新聞
                    • ソニー の 電気自動車 VISION-S を徹底チェック!日本で一番詳細に撮影してます!

                      #ソニー #VISION-S #SONY LOVECARS!TV!メンバーシップも是非! https://www.youtube.com/channel/UCtLo4nwb3ObCDZ4m8b8u7fA/join YouTubeチャンネル登録はこちら!/Subscribe here→ http://goo.gl/Q...

                      ソニー の 電気自動車 VISION-S を徹底チェック!日本で一番詳細に撮影してます!
                      • 【速報】 テスラ「バッテリー・デー」のポイントを解説 | EVsmartブログ

                        日本時間の2020年9月23日5:30から、テスラの株主総会と、現在のバッテリー開発の進捗状況および将来の見通しについて発表がありました。この記事では第2部のバッテリー・デーについて主に私が気になっ...

                        【速報】 テスラ「バッテリー・デー」のポイントを解説 | EVsmartブログ
                        • テスラ、EV用セル内製化 3年後に260万円の新型車  :日本経済新聞

                          【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは22日、車載電池の基幹部品であるセルを自社生産すると発表した。設計や素材、生産プロセスを抜本的に見直し、容量当たりの生産コスト...

                          テスラ、EV用セル内製化 3年後に260万円の新型車  :日本経済新聞
                          • 三菱自「アイ・ミーブ」生産終了へ 世界初の量産EV  :日本経済新聞

                            三菱自動車は世界初の量産電気自動車(EV)として2009年に売り出した「アイ・ミーブ」の生産を20年度内にも終了する。日本や欧米を中心に50カ国以上で販売してきたが、米テスラ製のEVなどに比べて性能...

                            三菱自「アイ・ミーブ」生産終了へ 世界初の量産EV  :日本経済新聞
                            • フィアット500 ev 販売開始、ヌオーバ500 が電気自動車として蘇る | レスポンス(Response.jp)

                              チンクエチェント博物館(名古屋市瑞穂区)は、フィアット『ヌオーバ500』を電気自動車(EV)として蘇らせた『500 ev』の販売を開始すると発表した。 チンクエチェント博物館は、フィアット500を愛する...

                              フィアット500 ev 販売開始、ヌオーバ500 が電気自動車として蘇る | レスポンス(Response.jp)
                              • FIAT 500(チンクエチェント)クラシケ ev チンクエチェント博物館

                                これからの生き方。「FIAT 500ev」 眠っていた旧いFIAT 500(チンクエチェント)を救い出し、レストアして電気自動車として蘇らせた「FIAT 500ev」。 スタイリングやインテリアはクラシケ(イタリア語...

                                FIAT 500(チンクエチェント)クラシケ ev チンクエチェント博物館
                                • 仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「アミ」発売 大手家電チェーンでも取り扱い | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                  フランス自動車大手PSAグループのシトロエンは、他の主要大手メーカーが顧客対象としていない14歳以上の若者層を狙った、新電気自動車(EV)「アミ」を発売した。写真はパリで行われたメディアイベント、...

                                  仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「アミ」発売 大手家電チェーンでも取り扱い | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                  • EVが数分で満充電できる?植物材料で性能高めたスーパーキャパシター - Engadget 日本版

                                    テキサスA&M大学の研究者が、植物を材料とする新しいスーパーキャパシターを開発しました。この技術が実用化されれば、現在は数十~数時間かかる電気自動車の充電時間が数分で完了するようになると考...

                                    EVが数分で満充電できる?植物材料で性能高めたスーパーキャパシター - Engadget 日本版
                                    • Uber、「2040年までにゼロエミッション」宣言 ドライバーのEV購入支援で8億ドル - ITmedia NEWS

                                      米配車サービス大手のUber Technologiesは9月8日(現地時間)、世界中のすべての配車サービスを、2040年までにゼロエミッション車またはマイクロモビリティと公共交通機関を利用して行うと宣言し、ロー...

                                      Uber、「2040年までにゼロエミッション」宣言 ドライバーのEV購入支援で8億ドル - ITmedia NEWS
                                      • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した - webCG

                                        この記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早...

                                        あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した - webCG
                                        • ホンダ、新型EV「Honda e」の注文受付一時停止。第1期の販売予定台数完売 - Car Watch

                                          ホンダ、新型EV「Honda e」の注文受付一時停止。第1期の販売予定台数完売 - Car Watch
                                          • 普通免許で運転! 極太タイヤでハーレーっぽい18万円のEVトライク | ギズモード・ジャパン

                                            普通免許で運転! 極太タイヤでハーレーっぽい18万円のEVトライク2020.09.05 18:00125,415 岡本玄介 Image: 株式会社ブレイズ ちょっと珍しいネオ・クラシックなEVトライク。 あたかもハーレーのフェ...

                                            普通免許で運転! 極太タイヤでハーレーっぽい18万円のEVトライク | ギズモード・ジャパン
                                            • 発電所並みの燃料電池バスから「電気のバケツリレー」、トヨタとホンダで実証実験 (1/2) - MONOist(モノイスト)

                                              燃料電池車:発電所並みの燃料電池バスから「電気のバケツリレー」、トヨタとホンダで実証実験 (1/2) トヨタ自動車とホンダは2020年8月31日、可搬型の外部給電機やバッテリーと、燃料電池(FC)バスの...

                                              発電所並みの燃料電池バスから「電気のバケツリレー」、トヨタとホンダで実証実験 (1/2) - MONOist(モノイスト)
                                              • 中国の「44万円EV」が農村市場で快走する背景 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                                                中国で農村市場をターゲットにした異色の電気自動車(EV)が快走している。低価格車を得意とする上海GM五菱汽車が開発した「宏光MINI EV」がそれで、2020年7月24日の発売から20日間で1万5000台を販売し...

                                                中国の「44万円EV」が農村市場で快走する背景 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                                                • ホンダ、新型EV「Honda e」を10月30日発売。価格は451万円から - Car Watch

                                                  ホンダ、新型EV「Honda e」を10月30日発売。価格は451万円から - Car Watch
                                                  • ホンダ、初の量産EV10月末発売 小型で都市需要開拓  :日本経済新聞

                                                    ホンダは27日、同社として初の量産型の電気自動車(EV)である「ホンダe」を国内で10月30日に発売すると発表した。希望小売価格は約450万円から。小回りの利く性能やドアミラーをなくした小型のデザイ...

                                                    ホンダ、初の量産EV10月末発売 小型で都市需要開拓  :日本経済新聞
                                                    • テスラの家庭用蓄電池「Powerwall」が日本国内で稼働 - 家電 Watch

                                                      テスラの家庭用蓄電池「Powerwall」が日本国内で稼働 - 家電 Watch
                                                      • EV最大手テスラ、中国でもトップに 1~6月の販売台数  :日本経済新聞

                                                        【広州=川上尚志】世界最大の電気自動車(EV)市場である中国で、米テスラが1~6月にトップに立った。同社初の現地工場が稼働を本格化し、「手が届く高級車」として販売を伸ばした。政府の補助金政策の...

                                                        EV最大手テスラ、中国でもトップに 1~6月の販売台数  :日本経済新聞
                                                        • EVは本当に環境に優しいか?VWが発表したCO2排出量の衝撃レポート | CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション | ダイヤモンド・オンライン

                                                          美しく、見やすい自動車誌の代名詞として、独自のジャンルを築いた総合自動車情報誌。国産・輸入車の新車解説、試乗記をはじめ、カーAV・ナビやアクセサリー紹介まで、クルマ生活を応援する幅広い情報...

                                                          EVは本当に環境に優しいか?VWが発表したCO2排出量の衝撃レポート | CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション | ダイヤモンド・オンライン
                                                          • いまの2倍以上は走る!? トヨタが研究開発する「全固体電池」はEVの救世主になるのか(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース

                                                            トヨタが研究する次世代バッテリー「全固体電池」の特徴とは 全固体電池(ぜんこたいでんち)という用語があります。EV(電気自動車)の開発にからんで、テレビやネットのニュースで見たことがある人...

                                                            いまの2倍以上は走る!? トヨタが研究開発する「全固体電池」はEVの救世主になるのか(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
                                                            • ソニー「VISION-S」試乗体験 これぞ新時代のEVかもしれない | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

                                                              ソニーは今年1月、アメリカで開催されたエレクトロニクスショー「CES」にEV(電気自動車)のコンセプトモデル「VISION-S(ビジョンエス)」を出展して、大いに話題をさらった。発表から半年が過ぎてVIS...

                                                              ソニー「VISION-S」試乗体験 これぞ新時代のEVかもしれない | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
                                                              • テスラ、トヨタ超え本物か 利益の2割超ソフトで稼ぐ (写真=AP) :日本経済新聞

                                                                世界最大の電気自動車(EV)メーカー、米テスラの勢いが止まらない。2021年中に年間生産能力は100万台を突破し、量産車メーカーの仲間入りを果たす見込みだ。株価は過去1年で6倍となり、時価総額はトヨ...

                                                                テスラ、トヨタ超え本物か 利益の2割超ソフトで稼ぐ (写真=AP) :日本経済新聞
                                                                • クルマのサイバー攻撃、「電池」が標的に  :日本経済新聞

                                                                  クルマへのサイバー攻撃で「電池」が標的になる可能性を独半導体大手インフィニオンテクノロジーズが指摘した。ハイブリッド車(HEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)などが搭載...

                                                                  クルマのサイバー攻撃、「電池」が標的に  :日本経済新聞
                                                                  • ソニー試作EV「VISION-S」公開 一定の自動運転、年度内に公道実験 - 毎日新聞

                                                                    ソニーは27日、東京都内で電気自動車(EV)の試作車「VISION―S」を報道機関に公開した。自社のセンサー技術や音響設備をアピールするために製作した4人乗りセダンで、一定の自動運転が可能。現時点で販...

                                                                    ソニー試作EV「VISION-S」公開 一定の自動運転、年度内に公道実験 - 毎日新聞
                                                                    • ソニー 開発中の電気自動車 走行の様子を初めて披露 | NHKニュース

                                                                      ソニーは、強みを持つ画像センサーなどの活用を広げることを目的に、みずから自動運転技術を備えた電気自動車を開発していて、27日、東京 港区の本社の敷地内で走行の様子が初めて披露されました。 車...

                                                                      ソニー 開発中の電気自動車 走行の様子を初めて披露 | NHKニュース
                                                                      • ソニーのEV試作車、日米欧で公道実験 SUVも視野  :日本経済新聞

                                                                        ソニーは2020年度中に電気自動車(EV)の試作車の公道走行の実験に乗り出す。27日に試作車「VISION-S(ビジョンエス)」を日本で初めて公開した。今後は多目的スポーツ車(SUV)など複数台を開発し、日...

                                                                        ソニーのEV試作車、日米欧で公道実験 SUVも視野  :日本経済新聞
                                                                        • 8億ドルを一瞬で溶かした中国新興EV「バイトン」、その崩壊の舞台裏(上)(36Kr Japan) - Yahoo!ニュース

                                                                          中国の新興電気自動車(EV)メーカー「BYTON(拜騰)」(以下、バイトン)のダニエル・カーチャート(Daniel Kirchert)CEOは6月29日、中国本土での事業を7月1日から一時的に停止すると従業員に通達し...

                                                                          8億ドルを一瞬で溶かした中国新興EV「バイトン」、その崩壊の舞台裏(上)(36Kr Japan) - Yahoo!ニュース
                                                                          • EV、国内市場に続々 道半ばの「充電インフラ」 本格的市場拡大は不透明 - 毎日新聞

                                                                            今年から来年にかけて、自動車メーカー各社が電気自動車(EV)を国内で相次いで投入する。各国の環境規制強化の影響で海外では普及が徐々に進んでいる。ただ、ガソリン車に比べて割高な上、長年の懸案...

                                                                            EV、国内市場に続々 道半ばの「充電インフラ」 本格的市場拡大は不透明 - 毎日新聞
                                                                            • 国内上場SaaS企業のマルチプル評価について|DNX Ventures|note

                                                                              今回は、日本の上場BtoB SaaS企業のマルチプル評価について、主に売上高マルチプル(EV/Revenue)に焦点を当てて考察したいと思います。 最初に本記事のサマリーを以下に記載しておきます。 1. EV/Reve...

                                                                              国内上場SaaS企業のマルチプル評価について|DNX Ventures|note
                                                                              • 見てわかる「EVの実力」 次世代車の本命候補に  :日本経済新聞

                                                                                日産自動車は新型電気自動車(EV)「アリア」を2021年内に世界で発売します。同社の「リーフ」は約10年で航続距離を2倍以上に延ばすなど、EVの利便性は高まっています。厳しさを増す環境規制が自動車各...

                                                                                見てわかる「EVの実力」 次世代車の本命候補に  :日本経済新聞
                                                                                • テスラ時価総額22兆円、トヨタ超え自動車首位に  :日本経済新聞

                                                                                  【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価上昇が続いている。1日の米国市場で時価総額は一時2105億ドル(約22兆6000億円)となった。日本市場の1日終値ベースで21兆7185億...

                                                                                  テスラ時価総額22兆円、トヨタ超え自動車首位に  :日本経済新聞