検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

EVの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)3203 件中 1 - 40 件目

  • 中国、ハイブリッド車優遇に転換 トヨタなどに追い風  :日本経済新聞

    【北京=多部田俊輔】中国政府はハイブリッド車(HV)を優遇する新制度の導入に向け、検討を始めた。これまでガソリン車と同等としてきたHVを「低燃費車」とみなし、普及支援に転じる。中国は今月、世界...

    中国、ハイブリッド車優遇に転換 トヨタなどに追い風  :日本経済新聞
    • なぜ市民の血税1千万円が高級EV「テスラ」に? 千葉県市川市が公用車導入した理由とは | くるまのニュース

      2019年6月末から7月頭にかけて、千葉県市川市が公用車として導入したテスラ製の電気自動車が、高額過ぎるとして話題となりました。いったい、なぜ導入が決まったのでしょうか。 高額過ぎる公用車がマス...

      なぜ市民の血税1千万円が高級EV「テスラ」に? 千葉県市川市が公用車導入した理由とは | くるまのニュース
      • 日産の走る実験室「リーフNISMO RC-02」に試乗…おそろしく速く、そして曲がる | レスポンス(Response.jp)

        走る実験室「リーフNISMO RC-02」に乗った!低く平べったいスタイルの、どう見ても『リーフ』に違いないレーシングカー然とした一台だ。これ、正式名称を『リーフNISMO RC-02』と言う。 新型リーフのイ...

        日産の走る実験室「リーフNISMO RC-02」に試乗…おそろしく速く、そして曲がる | レスポンス(Response.jp)
        • 高額なJPNタクシーが導入できない地方都市を狙う中国EVメーカーの驚異(WEB CARTOP) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

          地方のタクシーでは型落ちクラウンのハイブリッドが人気に 長年“ニッポンのタクシー”として活躍し、日本国内で絶対的なクラウンブランドの構築にも貢献した、クラウン系(コンフォート、クラウンセダン...

          高額なJPNタクシーが導入できない地方都市を狙う中国EVメーカーの驚異(WEB CARTOP) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
          • 村田製作所が全固体電池を量産へ、容量は“業界最高レベル”

            村田製作所は2019年度内にセラミックス技術を応用した全固体電池の量産に乗り出す。野洲事業所(滋賀県野洲市)の電池関係の生産棟に量産ラインを新設する。当面の生産能力は月10万個を予定する...

            村田製作所が全固体電池を量産へ、容量は“業界最高レベル”
            • ペダル付きの電動スクーター、シャオミが約6万円で販売 - Engadget 日本版

              中国シャオミは、ペダル付きの電動バイク「HIMO Electric Bicycle T1」の販売を開始しました。電動スクーターのようにモーターとバッテリーだけで走行でき、さらにペダルをこいで移動することもできる...

              ペダル付きの電動スクーター、シャオミが約6万円で販売 - Engadget 日本版
              • トヨタの電動化ゲームチェンジ (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

                6月7日、トヨタは「EV(電気自動車)の普及を目指して」と題する説明会を開催した。「なんだ、EVに否定的だったトヨタが、出遅れに焦って慌ててEV計画をスタートしたのか」と思う人は多いだろうが、そ...

                トヨタの電動化ゲームチェンジ (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン
                • マツダ「2020年に初のEVを発売」CEOが発言。独自アーキテクチャ採用、2022年には複数のPHEVも - Engadget 日本版

                  マツダの代表取締役社長兼CEO丸本明氏が、Automotive News Europeのインタビューに応じ、2020年に独自アーキテクチャーによるEVを、そして2021~2022年には複数のPHVを発売するだろうと述べました。 EU...

                  マツダ「2020年に初のEVを発売」CEOが発言。独自アーキテクチャ採用、2022年には複数のPHEVも - Engadget 日本版
                  • テスラModel 3試乗 これはドライバーの理想ではなく、テスラの理想 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

                    テスラから借り出してきたのは、現在日本に2台しかないModel 3のうち1台だ。 試乗したのは北米の左ハンドルモデルをベースに、各部を日本仕様に合わせたいわばプロトタイプだ。バッテリー容量が大きい...

                    テスラModel 3試乗 これはドライバーの理想ではなく、テスラの理想 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン
                    • わずか3秒で0-100km/h加速が可能というテスラ「モデルS」「モデルX」試乗レポート、その驚異的な加速ぶりを体験してきました - GIGAZINE

                      テスラが発売する自動運転対応の電気自動車(EV)「モデルS」と「モデルX」は、走行システムがすべて電子制御されています。また、走行モードを切り替えることで、モデルSは時速100キロまでわずか2.6秒で...

                      わずか3秒で0-100km/h加速が可能というテスラ「モデルS」「モデルX」試乗レポート、その驚異的な加速ぶりを体験してきました - GIGAZINE
                      • トヨタの電気自動車は「軽」より小さい! 2020年に超小型EVを発売 | マイナビニュース

                        トヨタ自動車が日本市場に投入する電気自動車(EV)の概要が判明した。大きさは軽自動車より小さい「超小型」で、乗車定員は2名。最高速度は時速60キロで、フル充電の走行可能距離は約100キロだ。発売は2...

                        トヨタの電気自動車は「軽」より小さい! 2020年に超小型EVを発売 | マイナビニュース
                        • トヨタ、中国電池最大手と提携 電動化計画5年前倒し  :日本経済新聞

                          トヨタ自動車は車載用電池で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と提携する。電気自動車(EV)の中核部品の調達先を広げ、自社の世界販売台数の半分を電動車にする目標時期を2025年と従来か...

                          トヨタ、中国電池最大手と提携 電動化計画5年前倒し  :日本経済新聞
                          • テスラ「Model 3」いよいよ日本で発売 安い? 高い? 「リーフ e+」とスペック比べてみた (1/2) - ねとらぼ

                            EV(電気自動車)メーカーの米テスラは5月31日、小型サイズのEVセダン「Model 3」の受注を日本で開始しました。 テスラ Model 3(写真:テスラジャパン、以下略) Model 3は、ベースグレードで897万円...

                            テスラ「Model 3」いよいよ日本で発売 安い? 高い? 「リーフ e+」とスペック比べてみた (1/2) - ねとらぼ
                            • テスラModel 3をどう評価すべきか? (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

                              テスラが自動車業界に与えたインパクトは大きい。立派な功績である。と筆者が書くと意外に思う人は多いだろうが、実はその点はずっと前から認めているのだ。 テスラの舌禍体質 自社の優れた点をアピー...

                              テスラModel 3をどう評価すべきか? (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン
                              • ダイソンの特許情報を分析すると、「新しいEV」のかたちが見えてきた|WIRED.jp

                                CHRISTOPHE ARCHAMBAULT/AFP/AFLO 電気自動車(EV)を開発する方針を発表してから18カ月間、ダイソンはそのクルマの外観や価格、あるいは性能や仕様に関して、まるでその静けさで知られるサイクロン掃...

                                ダイソンの特許情報を分析すると、「新しいEV」のかたちが見えてきた|WIRED.jp
                                • 韓国で日本のハイブリッド車がシェアを拡大させている理由とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                  <文在寅政権は大気汚染対策のために電気自動車の普及推進をはかる方針を掲げたが、日本のハイブリッド車がシェアを伸ばす結果となっている......> 韓国の輸入自動車市場で日本車のシェアが拡大してい...

                                  韓国で日本のハイブリッド車がシェアを拡大させている理由とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                  • 火鍋ぺろぺろ老師 on Twitter: "中国で一番びっくりしたことは、電池交換式のEVがすでに走ってること(北京汽車EU快换版) 。それもタクシーとしてばんばん走ってる。写真のようなスタンドでリフトアップされて車体の裏の電池が交換される。わずか3分。そしてこの事実が日本… https://t.co/cqFpoNISvP"

                                    中国で一番びっくりしたことは、電池交換式のEVがすでに走ってること(北京汽車EU快换版) 。それもタクシーとしてばんばん走ってる。写真のようなスタンドでリフトアップされて車体の裏の電池が交換さ...

                                    火鍋ぺろぺろ老師 on Twitter: "中国で一番びっくりしたことは、電池交換式のEVがすでに走ってること(北京汽車EU快换版) 。それもタクシーとしてばんばん走ってる。写真のようなスタンドでリフトアップされて車体の裏の電池が交換される。わずか3分。そしてこの事実が日本… https://t.co/cqFpoNISvP"
                                    • 自動車燃費、30年度に3割改善義務 EV普及2~3割へ  :日本経済新聞

                                      経済産業省と国土交通省は自動車メーカーに対し、2030年度までの燃費規制を課し、20年度目標から約3割の改善を義務付ける方針だ。現在は主にガソリン車やハイブリッド車を規制するが、電気自動車(EV)...

                                      自動車燃費、30年度に3割改善義務 EV普及2~3割へ  :日本経済新聞
                                      • 【動画】「テスラではなくゴジラだ」モデルS爆発で中国騒然 | BUSINESS INSIDER JAPAN

                                        上海の地下駐車場に停められていたテスラのモデルSが4月21日午後8時15分ごろ突然爆発し、そばにあった3台の車にも燃え移った。 監視カメラで撮影された動画が微博(Weibo)などSNSで拡散し、中国のソー...

                                        【動画】「テスラではなくゴジラだ」モデルS爆発で中国騒然 | BUSINESS INSIDER JAPAN
                                        • Tesla「2020年に無人タクシー乗れるよ。あと世界一の自動運転コンピューター作った」 | ギズモード・ジャパン

                                          Tesla「2020年に無人タクシー乗れるよ。あと世界一の自動運転コンピューター作った」2019.04.23 13:108,829 西谷茂リチャード Image: Tesla/YouTube モビリティー業界のアポー。 もうTesla(テスラ)が何...

                                          Tesla「2020年に無人タクシー乗れるよ。あと世界一の自動運転コンピューター作った」 | ギズモード・ジャパン
                                          • テスラのEVが爆発、上海の駐車場で 調査チーム派遣  :日本経済新聞

                                            【上海=松田直樹】米テスラの電気自動車(EV)が上海市内の駐車場で停車中に発火し、爆発する事故を起こした。複数の中国メディアが報じた。交流サイト(SNS)などでは現場の監視カメラの映像が投稿さ...

                                            テスラのEVが爆発、上海の駐車場で 調査チーム派遣  :日本経済新聞
                                            • 「全樹脂電池」ついに量産へ、巨大市場を開拓  :日本経済新聞

                                              電極を含めほぼ全てを樹脂で形成する「全樹脂電池」が量産に向かう。同電池を考案した慶応義塾大学の堀江英明氏が、低コストの大量生産技術を確立するための会社を設立。共同開発先の化学メーカーであ...

                                              「全樹脂電池」ついに量産へ、巨大市場を開拓  :日本経済新聞
                                              • ガソリン車以上に希少金属を必要とする電気自動車(EV)は、 本当に「エコカー」なのか? | ハーバービジネスオンライン

                                                次世代の「エコカー」として、電気自動車(EV)が世界的に急速に普及する勢いだ。これに対して筆者が疑問に思うことがある。EVは、運転する環境では「エコ」といえるが、その生産過程においては決して...

                                                ガソリン車以上に希少金属を必要とする電気自動車(EV)は、 本当に「エコカー」なのか? | ハーバービジネスオンライン
                                                • 「マツダ3」と「e-ゴルフ」で環境負荷はどう変わる? マツダの研究結果からエコについて考えた - webCG

                                                  「マツダ3」と「e-ゴルフ」で環境負荷はどう変わる? マツダの研究結果からエコについて考えた 2019.03.29 デイリーコラム 排ガス問題はトータルで 地球の環境を悪化させる温暖効果ガス。クルマで言え...

                                                  「マツダ3」と「e-ゴルフ」で環境負荷はどう変わる? マツダの研究結果からエコについて考えた - webCG
                                                  • 日本郵便、配達車をEVに切り替え 2020年度末までに1200台 - ITmedia NEWS

                                                    日本郵便は3月26日、郵便物や荷物の配送に使う軽自動車を電気自動車(EV)にすると発表した。今秋から2020年度末までに東京都内の近距離エリアを走る1200台のガソリン車をEVに切り替える。 郵便・物流...

                                                    日本郵便、配達車をEVに切り替え 2020年度末までに1200台 - ITmedia NEWS
                                                    • ヤマト、独DHLとEV開発 女性宅配員らの負担減  :日本経済新聞

                                                      ヤマトホールディングス(HD)は独物流大手のドイツポストDHLグループと、宅配便の配送に使う小型の電気自動車(EV)を共同開発する。ヤマトは2019年秋をめどにまず首都圏で500台を導入する。女性でも...

                                                      ヤマト、独DHLとEV開発 女性宅配員らの負担減  :日本経済新聞
                                                      • バッテリースワップ式EVへの期待と現実 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

                                                        時期はともかく、EVは必ず普及する。ただしそのためにクリアしなくてはいけないのがバッテリーの問題だ。EVの性能を決める心臓部品でもあるバッテリーは、高価な部品である。ではどうやって安いバッテ...

                                                        バッテリースワップ式EVへの期待と現実 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン
                                                        • 講談社、ATOMの地域密着型コンテンツ等を次世代対応型モビリティに提供 | ロボスタ

                                                          講談社は、本日2月27日から3月1日まで幕張メッセで開催されている「第2回 地方創生 EXPO」にて、豊田通商・EV ジャパン・CDS経営戦略研究所が開発する「次世代対応型モビリティ」に、コミュニケーショ...

                                                          講談社、ATOMの地域密着型コンテンツ等を次世代対応型モビリティに提供 | ロボスタ
                                                          • 6分充電でEV320キロ走行! 東芝が新型リチウム電池を開発 - SankeiBiz(サンケイビズ)

                                                            東芝は26日、急速充電が可能で、長寿命の新型リチウムイオン電池を開発したと明らかにした。小型の電気自動車(EV)の場合、6分の充電で従来に比べ約3倍の320キロを走行できるという。202...

                                                            6分充電でEV320キロ走行! 東芝が新型リチウム電池を開発 - SankeiBiz(サンケイビズ)
                                                            • あの「クラシック・ミニ」をEVとして販売、なぜ英国のエンジンメーカーは電動化に挑むのか?|WIRED.jp

                                                              英国を代表するクルマとして親しまれてきた「ミニ」を、英国のエンジンメーカーが電気自動車に改造して100台限定で販売すると発表した。多くの人に愛されてきたデザインそのままに電動化された「E Clas...

                                                              あの「クラシック・ミニ」をEVとして販売、なぜ英国のエンジンメーカーは電動化に挑むのか?|WIRED.jp
                                                              • マツダ神社藤原大明神新春大降臨祭・06:日経ビジネス電子版

                                                                みなさまごきげんよう。 フェルディナント・ヤマグチでございます。 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。 3連休は2月24日(竹富町は23日)に実施が予定されている「辺野古米軍基地建設のため...

                                                                マツダ神社藤原大明神新春大降臨祭・06:日経ビジネス電子版
                                                                • 焦点:「EV王座」狙う独VW、排ガス不正どん底からの復活劇 | ロイター

                                                                  [ボルフスブルク(ドイツ) 6日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)が、電気自動車(EV)で世界のトップに君臨するという野望を実現できるとすれば、それは、排ガ...

                                                                  焦点:「EV王座」狙う独VW、排ガス不正どん底からの復活劇 | ロイター
                                                                  • EVのバッテリー交換方式が復活する? 充電を「速く安く便利」にする中国メーカーの挑戦|WIRED.jp 2019.02.01

                                                                    PHOTO: VCG/GETTY IMAGES 中国のNIO(ニーオ、上海蔚来汽車)は、世界で最も新しい電気自動車(EV)のユニコーン企業だ。同社はEVをバッテリー交換方式にするという大きなアイデアを掲げている。 理論...

                                                                    EVのバッテリー交換方式が復活する? 充電を「速く安く便利」にする中国メーカーの挑戦|WIRED.jp 2019.02.01
                                                                    • EVタクシー乗り場、いつも閑古鳥 JR大阪駅 - 毎日新聞

                                                                      JR大阪駅(大阪市北区)に8年前、全国の駅で初めてできたエコタクシーの専用乗り場が苦境に立たされている。乗り入れを認められた電気自動車(EV)のタクシーが、激減したためだ。1日40万人以上が利用...

                                                                      EVタクシー乗り場、いつも閑古鳥 JR大阪駅 - 毎日新聞
                                                                      • ハーレー初の電動バイクLiveWire、8月発売。約324万円、パナソニックのLTE通信システム採用 - Engadget 日本版

                                                                        米ラスベガスで開催のCES 2019より。ハーレー・ダビッドソンが、初めてとなる電動バイク「Livewire」を2019年8月に2万9799ドル(約324万円)で発売すると発表しました。2014年にプロトタイプモデルで試乗...

                                                                        ハーレー初の電動バイクLiveWire、8月発売。約324万円、パナソニックのLTE通信システム採用 - Engadget 日本版
                                                                        • Teslaの中国工場と失われた成長機会 | TechCrunch Japan

                                                                          【編集部注】著者Chandrasekar IyerはTataコンサルタンシーサービスからClayton Christensen研究所に客員研究員として出向中。著作にDriving Disruption: Catching the Next Wave of Growth in Electri...

                                                                          Teslaの中国工場と失われた成長機会 | TechCrunch Japan
                                                                          • 売れないEV、原因は消費者との「期待値のズレ」  :日本経済新聞

                                                                            電気自動車(EV)にコネクテッド(つながる)、自動運転――。新技術を搭載するクルマが続々と登場しているが、大ヒットを記録しているものは少ない。どうすれば普及期に突入できるのか。 「消費者の期待...

                                                                            売れないEV、原因は消費者との「期待値のズレ」  :日本経済新聞
                                                                            • 米政府、電気自動車購入時の助成金を廃止へ=NEC委員長 | ロイター

                                                                              12月3日、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は、トランプ米政権は電気自動車(EV)などを対象とした補助金の廃止を希望していると明らかにした。写真は充電中のEV。カリフォルニア州で...

                                                                              米政府、電気自動車購入時の助成金を廃止へ=NEC委員長 | ロイター
                                                                              • 日産、4輪駆動EVレーシングカー新型「リーフ NISMO RC」。先代から2倍以上の最高出力&最大トルクで0-100km/h加速は3.4秒 - Car Watch

                                                                                日産、4輪駆動EVレーシングカー新型「リーフ NISMO RC」。先代から2倍以上の最高出力&最大トルクで0-100km/h加速は3.4秒 - Car Watch
                                                                                • マツダのエンジン革命、ルーツは「王シフト」  :日本経済新聞

                                                                                  【ロサンゼルス=湯沢維久】マツダは28日、2019年に世界で投入する新型の小型車「マツダ3」を当地で世界初公開した。製品ラインアップ刷新の第1弾で、燃費を最大3割向上させた新型エンジンも新たに搭載...

                                                                                  マツダのエンジン革命、ルーツは「王シフト」  :日本経済新聞