検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

Scalaの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)7554 件中 1 - 40 件目

  • Scala + libGDXで、Androidアプリをリリースしてみた - Qiita

    AndroidもScalaで書きたい!という衝動に身を任せ、パズルゲームを作ってみました。 公開中のゲームはこちらです。 4方向にフィールドのあるパズルゲームです。ブロックを積んで消していく風のやつです...

    Scala + libGDXで、Androidアプリをリリースしてみた - Qiita
    • Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ

      ヌーラボの江口です。約8年間Backlogの開発を担当しており、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトには最初から最後まで関わりました(プロジェクトの概要は時系列でみる!4...

      Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ
      • 開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ "7つの取り組みと反省"【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ

        ヌーラボの松本です。「Backlog Playプロジェクト」に2017年2月から途中参加し、プロジェクト解散の2019年7月までメンバーの一員として動いていました(プロジェクトの概要は 時系列でみる!4年の歳月...

        開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ "7つの取り組みと反省"【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ
        • 時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】

          ヌーラボの松浦です。私がSREのエンジニアリングマネージャーとしてプロジェクトのサポートに携わっているプロジェクト管理ツールのBacklogは、2019年7月にJavaからScala / Play Frameworkに完全移行を...

          時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】
          • Performance guide · Bloop

            A major goal of Bloop as a build server for the Scala programming language is to be as fast as possible, by default, with no sacrifices in correctness or compromises in user experience. I...

            • 現在時刻が関わるコードを関数型で書いてテスタビリティを見てみた - Qiita

              最近、現在時刻が関わるプログラムを題材に、高テスタビリティなプログラミング作法を解説した素晴らしい記事が復刻されて、感想などがTLに流れてきたので、自分もそのお題を関数型プログラミングで解...

              現在時刻が関わるコードを関数型で書いてテスタビリティを見てみた - Qiita
              • "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 - ログミーTech

                "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 "Simple Made Easy" Made Easy #1/2 2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning T...

                "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 - ログミーTech
                • Introduction · Scala研修テキスト

                  はじめに 本資料は、Scala初学者向けの学習テキストです。本資料を読み進めることで、 プログラミング言語Scalaを用いたアプリケーションを開発できるようになること 『Scala スケーラブルプログラミン...

                  • Scala ZIOをバッチ処理で使ってみた - ログミーTech

                    2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に...

                    Scala ZIOをバッチ処理で使ってみた - ログミーTech
                    • Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から寄贈されました - ScalaMatsuri運営ブログ

                      まえおき こんにちは。Japan Scala Association (JSA)の水島(みずしま)です。 今回は、Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から、一般社団法人Japan Scala Associationに寄贈されたことを報告した...

                      Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から寄贈されました - ScalaMatsuri運営ブログ
                      • ScalaのコンパイラにFizzBuzz問題を解いてもらう - ログミーTech

                        2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に...

                        ScalaのコンパイラにFizzBuzz問題を解いてもらう - ログミーTech
                        • Introduction to Scala 3 - Opt Technologies Magazine

                          先日のScala Days 2019の基調講演などでも触れられた通り、いよいよDottyあらためScala 3のリリースが近づいて来ました。既にScala 3の仕様のかなりの部分は、Dottyとしてユーザが利用できる状態になっ...

                          Introduction to Scala 3 - Opt Technologies Magazine
                          • Scala秋祭り開催しました! - Septeni Engineer's Blog

                            こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。 先日サイバーエージェントさん、ビズリーチさん、チャットワークさん、そしてセプテーニ・オリジナルの4社で、「Scala秋祭り」を開催しました!! 【...

                            Scala秋祭り開催しました! - Septeni Engineer's Blog
                            • Scala Days 2019 に参加しました - Hatena Developer Blog

                              アプリケーションエンジニアの id:tanishiking24 です。 報告が遅くなってしまいましたが、2019年6月11日から2019年6月13日にかけてスイスのローザンヌで開催された、世界最大規模のScalaのカンファレ...

                              Scala Days 2019 に参加しました - Hatena Developer Blog
                              • サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019 - Speaker Deck

                                サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019

                                サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019 - Speaker Deck
                                • 面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう - Google スライド

                                  面倒なことは Scalaスクリプトにやらせよう 2019/09/16 Scala秋祭り Takumi Kadowaki @blac_k_ey

                                  面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう - Google スライド
                                  • From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style - Speaker Deck

                                    From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style

                                    From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style - Speaker Deck
                                    • Scala における継続モナドの実装と活用 - Speaker Deck

                                      All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                      Scala における継続モナドの実装と活用 - Speaker Deck
                                      • DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料 - Qiita

                                        昨日、2019年9月5日に 「DDD Talk MeetUp #2」というイベントを開催しました。 その名の通り、DDDに関してトークしようぜ? というイベントで、当日は大盛況でした! DDDトークもさることながら、イベ...

                                        DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料 - Qiita
                                        • 「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog

                                          はじめに こんにちは、19新卒バックエンドエンジニアの飛田です。 弊社では、プロダクトの一部にCatsという関数型プログラミングを行うためのライブラリを導入しており、今後、Catsをより多くのプロダ...

                                          「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog
                                          • コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より

                                            原文(投稿日:2019/06/26)へのリンク コンテキスト境界(bounded context)とは、特定の用語や定義、規則が一貫した方法で適用されるソフトウェアの定義部分である — Eric Evans氏は今年初め、DDD Europe...

                                            コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より
                                            • 10年モノのサービスをアーキテクチャから再設計─はてなブックマークがScalaとDDDを使う理由 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!

                                              改善1つに数カ月かかるなら全てを書き換えられないか 2000年代にトレンドだった開発手法の負債 過去の開発意図を探る考古学的手法 データセンター移行も見据えて刷新しよう ドメインモデル設計とScala...

                                              10年モノのサービスをアーキテクチャから再設計─はてなブックマークがScalaとDDDを使う理由 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!
                                              • プログラミング言語プロレス / Simple VS Easy - Speaker Deck

                                                All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                プログラミング言語プロレス / Simple VS Easy - Speaker Deck
                                                • 株式会社ドワンゴを退職します(5年2ヶ月ぶり1回目)

                                                  2019年8月末で、株式会社ドワンゴを退職します。これは主に社内の友人に向けた文章ですが、一応自己紹介は書いておきます。 誰 私はkinoppydという名前で、2014年にドワンゴへ入社し、Scala/Rubyエンジ...

                                                  • ScalaはKotlinの親 - Qiita

                                                    はじめに ここ数年で、Kotlinは急速な勢いで台頭してきており、Androidでは(おそらく)既に支配的な言語になっているかと思います。サーバーサイドKotlinはまだまだこれからというところがあるように...

                                                    ScalaはKotlinの親 - Qiita
                                                    • 非同期処理の歴史から見たコンピューティングの進化 - Speaker Deck

                                                      All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                      非同期処理の歴史から見たコンピューティングの進化 - Speaker Deck
                                                      • WEB+DB PRESSでScala特集記事を執筆しました - Fringe81 engineer blog

                                                        エンジニアの大沼です。 8/24に発売されるWEB+DB PRESS Vol.112にて、同僚の谷口、豊島の3人で『実践Scala オブジェクト指向×関数型』という題で特集記事を執筆しました。Fringe81エンジニアとしては前...

                                                        WEB+DB PRESSでScala特集記事を執筆しました - Fringe81 engineer blog
                                                        • PayPayの各種キャンペーンを支えるキャッシュバックエンジンの仕組み - ログミーTech

                                                          2019年7月24日、ヤフー株式会社が主催するサーバーサイドエンジニア向けの勉強会「Bonfire Backend #3」が開催されました。第3回となる今回のテーマは「モバイル決済の裏側」。急速に成長するモバイル...

                                                          PayPayの各種キャンペーンを支えるキャッシュバックエンジンの仕組み - ログミーTech
                                                          • IntelliJ・WebStrom・PhpStorm等のJetBrains製IDEで、文字列の直前に「language=JSON」と書くと、その文字列にJSONのシンタックスハイライトが効いて便利だった。 - Qiita

                                                            IntelliJ・WebStrom・PhpStorm等のJetBrains製IDEで、文字列の直前に「language=JSON」と書くと、その文字列にJSONのシンタックスハイライトが効いて便利だった。 IntelliJやWebStrom、PhpStormなどのJ...

                                                            IntelliJ・WebStrom・PhpStorm等のJetBrains製IDEで、文字列の直前に「language=JSON」と書くと、その文字列にJSONのシンタックスハイライトが効いて便利だった。 - Qiita
                                                            • ベルリンでScala Meetupを開催しました! - Fringe81 engineer blog

                                                              こんにちは! Fringeのエンジニアの藤野です。 今回ベルリンでScala Meetupを開催しましたので、開催レポートとベルリンのScala事情について紹介します。 開催するまでの経緯 そもそもなんでベルリンで...

                                                              ベルリンでScala Meetupを開催しました! - Fringe81 engineer blog
                                                              • プログラミング言語の習得に必要なもの - Qiita

                                                                はじめに 先日、エンジニアの能力と今どきの難しさというタイトルの記事(2018年)を読んで、「これはほんとにその通り」と思う一方で、具体例がないためにピンと来ない人や、マウント取りではという意...

                                                                プログラミング言語の習得に必要なもの - Qiita
                                                                • Scalaでカリー化はあまり役に立たない - Qiita

                                                                  タイトルは釣りではなくて、普通に真面目な話です。 結論だけ書くと、カリー化という手法を使う意義は、概念的には、N個の引数をとる関数という概念を、1個の引数をとる関数だけを使って表現できるこ...

                                                                  Scalaでカリー化はあまり役に立たない - Qiita
                                                                  • GitHub - topshell-language/topshell: TopShell - a purely functional, reactive scripting language

                                                                    Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 40 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up

                                                                    GitHub - topshell-language/topshell: TopShell - a purely functional, reactive scripting language
                                                                    • 依存性解決のセマンティクス | eed3si9n

                                                                      依存性リゾルバー 依存性リゾルバー (dependency resolver)、もしくはパッケージマネージャーは、ユーザーによって与えられた制約の集合を元に矛盾しないモジュールの集合を決定するプログラムだ。通常...

                                                                      • Scalaで関数型 再入門 - Speaker Deck

                                                                        よく遭遇する、Scala標準ライブラリだけだと大変なケースでも、 Catsを使うとうまく関心事を分離して、クリーンかつ拡張に対して頑強になることがあります。 このスライドでは、そういった場合のCatsの...

                                                                        Scalaで関数型 再入門 - Speaker Deck
                                                                        • Scalaプログラマが圏論を学ぶためのオススメ文献 - 3選 - Qiita

                                                                          圏論は数学の一分野です。これを学ぶのには「数学書」を手に取るのが王道なのですが、残念ながらこれは大部分のプログラマに理解できる言葉では書かれていません。「定義・命題・証明」の積み重ねで書...

                                                                          Scalaプログラマが圏論を学ぶためのオススメ文献 - 3選 - Qiita
                                                                          • 詳説implicitly(あるいはimplicitlyは黒魔術でないことの説明) - Qiita

                                                                            のようなコードを書いたことがあるのではないかと思います。この implicitly というメソッドですが、しばしばScalaの黒魔術であると思われるようです(誰か特定の方の発言ではなくて、そういう趣旨の発...

                                                                            詳説implicitly(あるいはimplicitlyは黒魔術でないことの説明) - Qiita
                                                                            • Actor Model meets the Kubernetes - CNDT 2019 - Speaker Deck

                                                                              All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                                              Actor Model meets the Kubernetes - CNDT 2019 - Speaker Deck
                                                                              • for文がわかるプログラマのためのモナド最速入門 - Qiita

                                                                                はじめに 近頃の for 文は、コレクションの要素を直接参照できたり、 yield で評価結果を返せたり、多重ループを一気に回せたり、便利なものが多いですね。たとえば Scala であれば、こんなふうに書け...

                                                                                for文がわかるプログラマのためのモナド最速入門 - Qiita
                                                                                • ScalaからAWS CDKを叩いてインフラを構築する - ぶらっ記ぃ

                                                                                  モチベーション 先日、TypeScriptとPython向けに AWS Cloud Development Kit がGAになりました。 aws.amazon.com 現在GAではないのですが、JavaもこのAWS CDKの対象言語となっています。 じゃあ、Java...

                                                                                  ScalaからAWS CDKを叩いてインフラを構築する - ぶらっ記ぃ