検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

Technologyの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)59856 件中 1 - 40 件目

  • 世界初の生体ロボット、「生殖」が可能に 米研究チーム

    (CNN) 史上初の生体ロボット「ゼノボット」を作製した米国の研究者らがこのほど、ゼノボットは今や「生殖」が可能だとする論文を発表した。その生殖方法というのは、動植物では見られない異例のも...

    世界初の生体ロボット、「生殖」が可能に 米研究チーム
    • 塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」(要約)

      米国の研究チームが塩粒サイズの極小カメラを開発従来のカメラと同等のフルカラー画像の撮影が可能医療ロボットやスマートフォンのカメラ技術などへの活用に期待

      塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」(要約)
      • 顔写真1枚でリアルなアバター生成 声や表情、人格も再現へ 凸版「メタクローン」

        メタクローンは、GANなどのAI技術を活用し、クリエイター向けAIツールなどを提供するラディウス・ファイブと共同で開発したサービス。 正面を向いた顔写真をアップロードし、身長・体重を入力すれば、...

        顔写真1枚でリアルなアバター生成 声や表情、人格も再現へ 凸版「メタクローン」
        • 塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」

          体積が50万倍大きいカメラ用レンズと同じくらい鮮明なフルカラー画像を撮影できるとうたう塩粒サイズの極小カメラを、米プリンストン大学と米ワシントン大学の研究チームが開発。11月29日(現地時間)...

          塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」
          • 「秀丸エディタ」が10年以上ぶりのメジャーバージョンアップ ~v9.00が正式版に/.editorconfig自動検出などの新機能を導入。Windows 98/Me/2000対応は終了

            「秀丸エディタ」が10年以上ぶりのメジャーバージョンアップ ~v9.00が正式版に/.editorconfig自動検出などの新機能を導入。Windows 98/Me/2000対応は終了
            • 10年後にはクルマが普通に空を飛ぶ社会へ。空飛ぶクルマの現在と未来|KINTOマガジン

              福澤知浩さん 東京大学工学部卒業後、2010年にトヨタ自動車に入社。グローバル調達に従事。2018年に株式会社SkyDriveを設立し、「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」の開発を推進。経済産業省と国土交通...

              10年後にはクルマが普通に空を飛ぶ社会へ。空飛ぶクルマの現在と未来|KINTOマガジン
              • 犬から人へ電話をかけられる「DogPhone」 愛犬は飼い主にどのくらい着信を入れるか検証

                スコットランドのグラスゴー大学と、フィンランドのアールト大学の研究チームは、犬から人のスマートフォンへビデオ通話をかけられるボール型IoTデバイス「DogPhone」を開発。くわえて動かすことで、飼...

                犬から人へ電話をかけられる「DogPhone」 愛犬は飼い主にどのくらい着信を入れるか検証
                • 教育用GM管開発を振り返って(1) - 科学館員の回顧録

                  自作GM管への興味 株式会社東芝に長くいたが、最後の10年ほど(2004年3月まで)は原子力広報担当部長という肩書で、昔のいわゆる「原子力PA」を担当していた。PAはPablic Acceptance の略語で、原子力...

                  教育用GM管開発を振り返って(1) - 科学館員の回顧録
                  • 映像スイッチャーがクラウド化に進む 激変する「ライブのおしごと」

                    この動きを初めて見つけたのは、2017年に中国・北京で開催された映像機器展「BIRTV」を取材したときだっただろう。当時JVCの取材をしていた中で、カメラのライブ映像を直接クラウドにストリーミングで...

                    映像スイッチャーがクラウド化に進む 激変する「ライブのおしごと」
                    • mssn65 on Twitter: "ロープの結びは、この5つを覚えとけば大半の状況に対応できると思います。 https://t.co/tJucqFW19D"

                      ロープの結びは、この5つを覚えとけば大半の状況に対応できると思います。 https://t.co/tJucqFW19D

                      mssn65 on Twitter: "ロープの結びは、この5つを覚えとけば大半の状況に対応できると思います。 https://t.co/tJucqFW19D"
                      • 「マルチクラウド」の準備足りないデジタル庁、AWS・Google以外の選択肢は増えるか

                        デジタル庁は2021年10月、政府や地方自治体が共通で使う「ガバメントクラウド」の調達先として、米Amazon Web Services(AWS)と米Googleの2社を選定した。第1段となる調達からは、デジタル庁が進めるI...

                        「マルチクラウド」の準備足りないデジタル庁、AWS・Google以外の選択肢は増えるか
                        • 「他市の教員にうらやましがられる」──小中学校のICT基盤をクラウド化、教員もPC持ち出し可能に 独自施策でAzure移行した埼玉県鴻巣市

                          「他市の教員にうらやましがられる」──小中学校のICT基盤をクラウド化、教員もPC持ち出し可能に 独自施策でAzure移行した埼玉県鴻巣市(1/5 ページ) 「GIGAスクール構想」に先駆けて教育現場のICT化...

                          「他市の教員にうらやましがられる」──小中学校のICT基盤をクラウド化、教員もPC持ち出し可能に 独自施策でAzure移行した埼玉県鴻巣市
                          • SFの世界が現実に、JR西「人型ロボット」のド迫力 | 経営

                            千葉県の幕張メッセで11月24〜26の3日間にわたって開催された「鉄道技術展」。国内唯一の鉄道技術に関する総合展示会で、今回が7回目。コロナ禍の中での開催となったが多くの来場者で賑わった。 ドイツ...

                            SFの世界が現実に、JR西「人型ロボット」のド迫力 | 経営
                            • 世界最大規模のディープラーニングを「富岳」で実施して世界一になりました - fltech - 富士通研究所の技術ブログ

                              はじめに こんにちは。富士通株式会社ICTシステム研究所のMLPerf HPC五人衆です。先週、国際学会SC’21 において、理化学研究所/富士通が共同で開発した新しいスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳」...

                              世界最大規模のディープラーニングを「富岳」で実施して世界一になりました - fltech - 富士通研究所の技術ブログ
                              • 加速するEdge Computing

                                Transcript 加速するEdge Computing JSConfJP 2021 1 whoami Shinobu Hayashi (@Shinyaigeek) - Web Developer - UTokyo B4 - work at Newspaper Company - 👀 : Browser, web standard, performance -...

                                加速するEdge Computing
                                • Next.js でリアーキテクトした話 / story-of-re-architect-with-nextjs

                                  Transcript Next.js でリアーキテクトした話 JSConf JP 2021 @Takepepe 吉井 健文 / Takepepe 株式会社リクルート 横断エンジニアリング部 APソリューショングループ フロントエンドエンジニア・アーキ...

                                  Next.js でリアーキテクトした話 / story-of-re-architect-with-nextjs
                                  • 大学生に『書くこと』の授業をしたときに 引き合いに出した本 / books on writing for students

                                    Transcript 大学生に『書くこと』の授業をしたときに 引き合いに出した本 Scrum Fest Osaka 2021 札幌トラック「旅するAgile本箱LT」 2021/06/26 @kondoyuko 自己紹介 近藤佑子 aka @kondoyuko / ゆう...

                                    大学生に『書くこと』の授業をしたときに 引き合いに出した本 / books on writing for students
                                    • 米国で近く始まる重力蓄電 500MWhシステムが半年で竣工?

                                      電力を位置エネルギーとして貯蔵するという点では揚水発電と同じなのが、古くて新しい蓄エネルギー技術「重力蓄電」だ。エネルギー密度は揚水発電と同様に非常に低いが、それ以外の、発電コストの低さ...

                                      米国で近く始まる重力蓄電 500MWhシステムが半年で竣工?
                                      • 「ネオジム磁石」AIで約1.5倍の強化に成功 物質・材料研究機構 | NHKニュース

                                        さまざまな電子機器に使われる「ネオジム磁石」と呼ばれる強い磁石を、人工知能=AIを使って製造の条件を改良し、さらに強い磁石を作り出すことに物質・材料研究機構が成功し、AIを使った材料開発の事...

                                        「ネオジム磁石」AIで約1.5倍の強化に成功 物質・材料研究機構 | NHKニュース
                                        • どうしてISS内では、無重力になるのだろうか? | JAXA 有人宇宙技術部門

                                          宇宙船の中のようすを、ビデオなどで見たことがあるだろうか。宇宙飛行士や、いろいろな物がプカプカ浮かんでいる。そればかりか、容器から出た水は流れることなく、シャボン玉のような球となって浮か...

                                          どうしてISS内では、無重力になるのだろうか? | JAXA 有人宇宙技術部門
                                          • 「スーパーゼリー」が誕生、80%水なのに車にひかれても即座に完全復活する素材

                                            イギリス・ケンブリッジ大学の研究チームが、80%が水にもかかわらず車にひかれてもたちどころに元の形状に戻るという「スーパーゼリー」を開発しました。このスーパーゼリーは、膝の軟骨の代替物とし...

                                            「スーパーゼリー」が誕生、80%水なのに車にひかれても即座に完全復活する素材
                                            • ”暴走するロボットがエレベータを通せんぼしてしまった”件についてのロボット会社からの説明と謝罪

                                              keijitakeda @keijitakeda 多くの方に見ていただいているようなので、もう少し詳しく状況を書いておきます。 エレベータには介助が必要な足の悪い高齢者(日本語のわからない外国人の大柄の男性)の方...

                                              ”暴走するロボットがエレベータを通せんぼしてしまった”件についてのロボット会社からの説明と謝罪
                                              • エンジニアキャリアというか働き方というか生き方|Takao Sumitomo|note

                                                こんにちは、すみともと申します。ユビーというヘルステック系スタートアップでソフトウェアエンジニア(社内ではSWEと略されています)をしています。最近はブログとかは全然書いてなかったので(社内...

                                                エンジニアキャリアというか働き方というか生き方|Takao Sumitomo|note
                                                • http://gaugan.org/gaugan2/

                                                  • 面接官の顔をアバター化すると緊張しない? 顔面モニター「デジタルカメン」で検証

                                                    就職活動など多数の受験者を複数の面接官が対面して審査をする場合、面接官の印象は、緊張に大きな影響を及ぼすため、公正な面接を実施するのは難しい。これまでにも採用面接における面接官の見た目(...

                                                    面接官の顔をアバター化すると緊張しない? 顔面モニター「デジタルカメン」で検証
                                                    • インキュベーター・ゲーム(1) ゲーム空間で技術革新

                                                      日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら ゲームはもう単なる遊びではない。現実世界を支え...

                                                      インキュベーター・ゲーム(1) ゲーム空間で技術革新
                                                      • 「サイボーグになって幸せです」61歳科学者の肉声 | 先端科学・研究開発

                                                        人類で初めて「AIと融合」し、「サイボーグ」として生きる決断をしたピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:著者) イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋...

                                                        「サイボーグになって幸せです」61歳科学者の肉声 | 先端科学・研究開発
                                                        • 指紋認証は500円あれば作れる「偽指紋」で簡単に突破できることを示すムービー

                                                          PCやスマートフォンの認証方法として指紋認証を利用している人も多いはず。しかし、実は指紋認証は本人不要・指紋で汚れた端末の写真さえあれば、5ドル(約550円)程度で作成した「偽指紋」で簡単に突破...

                                                          指紋認証は500円あれば作れる「偽指紋」で簡単に突破できることを示すムービー
                                                          • インドのIT産業「カーストは無関係」の大誤解 | アジア諸国

                                                            インドといえばIT産業というイメージが強くなった理由とは……?(写真:SeventyFour/PIXTA) 13億人がうごめくインドで、理不尽なカースト制度や広がり続ける格差にもひるまず生き抜く人々。彼ら彼女ら...

                                                            インドのIT産業「カーストは無関係」の大誤解 | アジア諸国
                                                            • 量子コンピュータでも解読できない暗号技術、東大らが開発

                                                              東京大学と九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、日本電信電話(NTT)の研究チームは11月24日、量子コンピュータでも解読できない新たなデジタル署名「QR-UOV署名」を開発したと発表した。 この...

                                                              量子コンピュータでも解読できない暗号技術、東大らが開発
                                                              • 旭化成が水素製造装置 世界最大級、25年に商用化

                                                                日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 旭化成は2025年に再生可能エネルギー由来の電気で...

                                                                旭化成が水素製造装置 世界最大級、25年に商用化
                                                                • より速い WEB を目指す Next.js / nextjs-make-the-web-faster

                                                                  Transcript より速い WEB を目指す Next.js 【Next.js Update!】 v12リリースを踏まえ、Next.jsの採用を考える 吉井 健文 / Takepepe 株式会社リクルート  APソリューショングループ フロントエンドエ...

                                                                  より速い WEB を目指す Next.js / nextjs-make-the-web-faster
                                                                  • Peritext: A CRDT for Rich-Text Collaboration

                                                                    Geoffrey Litt Slim Lim Martin Kleppmann Peter van Hardenberg November 2021 Collaborative editors like Google Docs allow people to work on a rich-text document in real-time, which is conve...

                                                                    Peritext: A CRDT for Rich-Text Collaboration
                                                                    • 42 things I learned from building a production database

                                                                      In 2017, I went to Facebook on a sabbatical from my faculty position at Yale. I created a team to build a storage system called Delos at the bottom of the Facebook stack (think of it as F...

                                                                      • 次なる食の革命「細胞農業」とは

                                                                        いま私たちが立ち会っているのは、次なる食の革命の幕開けなのかもしれない。そんな期待をかき立てるのが、細胞農業だ。 細胞農業とは、動物には手を触れず、広大な農地をより自然な生息地として動物た...

                                                                        次なる食の革命「細胞農業」とは
                                                                        • フロント開発を炎上させてしまった話

                                                                          はじめに お久しぶりです、皆様のサンドバックが帰ってまいりました。 投稿ができていない期間、Nuxtにボコボコにされて裸足で逃げ出し、逃げた先のReactにも強烈な左カウンターをお見舞いされました。...

                                                                          フロント開発を炎上させてしまった話
                                                                          • 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する|fabcross

                                                                            温室効果ガスの削減と食料不足の解消は地球規模の課題だが、中国の科学者達は両方の課題に同時に対処できる新たな処理系を開発、科学ジャーナル『Science』に発表した。 中国科学院(CAS)天津工業生物...

                                                                            二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する|fabcross
                                                                            • (社説)「経済安保」法案 かけ声先行は危うい:朝日新聞デジタル

                                                                              政府が「経済安全保障」の推進を掲げた法案づくりに動きだした。安全保障は狭義の軍事以外にもかかわるため、国際環境や技術の変化に応じて経済との関連を議論し、手を打つことは理解できる。ただし、...

                                                                              (社説)「経済安保」法案 かけ声先行は危うい:朝日新聞デジタル
                                                                              • サステナブルな漁業は本当にある?ノルウェーがニシン枯渇から復活し、世界トップの水産物輸出国であり続ける理由

                                                                                サステナブルな漁業は本当にある?ノルウェーがニシン枯渇から復活し、世界トップの水産物輸出国であり続ける理由 ノルウェーは気候的にトマトもキュウリも育てられません。魚がなければ、人々がノルウ...

                                                                                サステナブルな漁業は本当にある?ノルウェーがニシン枯渇から復活し、世界トップの水産物輸出国であり続ける理由
                                                                                • 野心と才能がひしめく「るつぼ」。松尾豊・東大教授の研究室は、なぜスタートアップを次々に生み出せるのか

                                                                                  野心と才能がひしめく「るつぼ」。松尾豊・東大教授の研究室は、なぜスタートアップを次々に生み出せるのか 【政策起業ケーススタディ第7回】東京大の松尾豊教授が、「AIのエコシステムを大学研究室か...

                                                                                  野心と才能がひしめく「るつぼ」。松尾豊・東大教授の研究室は、なぜスタートアップを次々に生み出せるのか